<   2014年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

町内の組長常会で「認知症サポーター養成講座」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は少し前、いやかなり前の話。
 駿河台3丁目の10月の組長常会は、前半は「認知症サポーター養成講座」を開催した。
f0141310_731039.jpg

f0141310_7312122.jpg

 吉原西部地域包括支援センターから、2人の方に講師として来ていただいた。
f0141310_7331887.jpg

f0141310_7334471.jpg

f0141310_7313146.jpg

 クイズ形式で、参加者全員が○×の旗揚げを行いながら、認知症について学んだ。
f0141310_7314096.jpg

 「認知症は、誰もがなる可能性のある病気」
 認知症サポーターは、「なにか」特別なことをやる人ではありません。
 あたたかい目で見守ることがスタートです。
 認知症の人が困っている様子が見えたら「なにかお手伝いすることがありますか?」と一声かけてみます。
 たとえ、具体的な援助はできなくても理解者であることを示すことができます。

 こうすることでご本人や介護する家族の気持ちはぐっと楽になるそうだ。
f0141310_732142.jpg

 認知症サポーターであることを周囲に示すこのオレンジリング。これを手に付けていれば、一声かける上でハードルが低くなる。
 (私は、7年前(議員になってすぐの研修)に養成講座を受けて、をいただいたが、何回かつけただけで終わってしまったので大きな声では言えないが)

 また静岡県では、全国で初めて「介護マーク」を作成し、配布しているそうだ。
f0141310_7323148.jpg

 もしも家族が認知症かな?と感じたら、お近くの地域包括支援センターか、病院だったら鷹岡病院へご相談を。
f0141310_7335520.jpg

by koike473 | 2014-10-31 07:35 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(0)  

今日で56歳になります

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日、10月30日は私の誕生日だ。
 昭和33年、西暦1958年生まれだ。
 満56歳になる。(正式には午前8時10分)

 去年のこのブログを振り返って見たが、同じように「あっと言う間の」56歳だ。

 2年前に、新聞小説(静岡新聞)で「55歳からのハローライフ」(村上 龍)が連載され、「ああ俺も、もうじきだな」と思いながら読んだが、あっという間にその55歳が過ぎてしまった。

 既に何人か孫がいる同級生も多い。
 我が家は、まだその気配すらないが。

 「まだまだ自分の仕事を精一杯がんばれ!」という神さんや先祖の声か?

 1年1年、まだまだ頑張らなきゃ!

by koike473 | 2014-10-30 07:17 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

少し硬い話で… 「都市計画」と「地方議会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、都市計画審議会があった。
 都市計画法で、審議会委員には議会の議員も入ることが規定されている。
 現在、富士市の都市計画審議会委員は16名で、うち議員は5名だ。
 私は、議員2期目になった4年前から委員として出席している。

 以前からこれでいいのだろうか?と感じていることを今日は紹介。

 都市計画は、現在の市民生活に直結することから、かなり先の将来的なまちづくりまで、富士市の土地の利用や建物等の建て方など、「物的」な計画や規制基準を決めたり変更したりする。
 重要かつ専門的なテーマ(議案)が大半だ。
 それを最終決定するのは市(または県)であり、それは首長だ。
 首長は、都市計画の案を作成し、それを審議会に諮問する。
 審議会では、案を審議し、市長に答申する。
 答申を受け、市(市長)は都市計画を正式に決定するという手続きだ。

 そこには「議会の審議・議決」という手続きは入っていない。
 相当の専門性が必要だからだろうか?

 私自身は、最も興味があり、一生懸命やらなくてはと思う分野だが、「地方分権」を声高に叫ぶ中では、議会としてもっと「都市計画」に正面から関わる必要があるのでは?と感じる。

 都市計画法は、そもそもどうしてこのような決定手続きにしたのだろうか?
 全国議長会では、このことについて議論したことがあるだろうか?

 少し調べてみようと思う。

by koike473 | 2014-10-29 07:50 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

初めて行った「マークイズ静岡」 県都・静岡市の商業施設は大激戦

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 24日(金)は、静岡市であったローカル・マニュフェスト勉強会に少し早めに出かけて、東静岡駅の北側の「マークイズ静岡」に寄った。
f0141310_791618.jpg

 昨年4月にオープンなので、既に1年半が経っているが私は初めて。
f0141310_793184.jpg

 とにかく「デカイ」の一言。

 商業床面積が36,000㎡、駐車場収容力が1,900台だそうだ。
 富士市では、アピタ富士吉原店が床面積10,600㎡、駐車場が620台なので、ほぼ「アピタの3倍」の商業施設だ。
f0141310_79468.jpg

 屋上から見ると、すぐ南に東静岡駅とグランシップ。
f0141310_7101997.jpg

 県庁方面は、すぐ近くに静鉄の柚木駅が。
f0141310_7102781.jpg

 東西を走る国道1号には、自転車専用道が整備されている。
f0141310_7104462.jpg

f0141310_7105525.jpg

 マークイズ静岡は、電車や自転車での来場も便が良い。
 しかし初年度の売り上げは、目標をずいぶん下回ったようだ。

 柚木駅から静鉄で新静岡へ。
f0141310_7111196.jpg

f0141310_7112860.jpg

 こちらも商業施設「新静岡セノバ」。
f0141310_7114039.jpg

 再開発が進む県都・静岡市。
 多くの新しい商業施設は、激戦が続く中、どこが生き残っていくのだろうか。

by koike473 | 2014-10-28 07:13 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

「議会は不要?」 「約束から成果へ」ローカル・マニュフェスト勉強会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 24日(金)は、夕方から「ローカル・マニュフェスト推進地方議員連盟 静岡県勉強会」に参加した。
f0141310_7541454.jpg

 会場は、静岡市の産業経済会館。
 まずはローカル・マニュフェストの提唱者である北川早稲田大教授(元三重県知事)の基調講演。
f0141310_7543519.jpg

 「地方は議会からでなければ変えられない」。
f0141310_7544549.jpg

 早稲田大マニュフェスト研究所の調査報告。
f0141310_7545672.jpg

 厳しいアンケート結果。「議会不要」と多くの人が思っている。
f0141310_7551030.jpg

 県内市町議会改革度。
f0141310_7551972.jpg

 富士市は全国164位、県内5位。
f0141310_7553325.jpg

 「可視化」と「成果」。その通りだと思う。
f0141310_7554525.jpg

 私が最も聞きたかった藤枝市議会の事業評価への取組み。
f0141310_7555920.jpg

f0141310_7561935.jpg

 富士市議会も事業評価に取組んでいるが、そのボリューム(対象事業本数)、検証のしくみ等は、富士市の上を行っている。
f0141310_7565991.jpg

f0141310_757995.jpg

f0141310_7572077.jpg

 改めて視察させていただきたいと名刺交換。

 後半は、「真の議会改革には何が必要か? ~私がすべきことは何か?~」をテーマに、グループに分かれワークショップ。
f0141310_7573485.jpg

 「議会はさまざまな考えの議員の『議論の場』なのに、議論されていない!」
f0141310_7585259.jpg

 みっちりと「議会改革」や「マニュフェスト」について考えた3時間半だった。
 「考え」から「行動」だ!
 そして「約束から成果へ」だ!

by koike473 | 2014-10-27 08:00 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

今年の我が家の収穫は計104本 ゴーヤに感謝、感謝

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今年は、我が家では久しぶりにゴーヤの苗を路地に3本植えた。
 スクスク育ち、7月末から収穫が始まり、合計104本の実の収穫があった。
 採るたびに、その日の本数をエクセルのシートに打ち込んで、増えていくのが楽しみだった。

 これは10月2日の最後の収穫の頃の一つ。
f0141310_7201142.jpg

 そしてこの頃からほとんど大きくならず、赤くなるがままに放って置き始めた。
f0141310_7202789.jpg

 一方、「緑のカーテン」としても充分すぎる働きをしてくれた。
 9月以降の2階のべランダからの写真。
 9月22日。まだほぼみっしりと覆っている。
f0141310_7204374.jpg

 10月2日。
f0141310_7205570.jpg

 10月18日。
f0141310_721679.jpg

 10月23日。スカスカ。
f0141310_7212379.jpg

 今は収穫していないが、こんな「ちびゴーヤ」がまだいくつもぶら下がっている。
f0141310_721343.jpg

 今年はゴーヤを飽きるほど食べ続けたが、本当に感謝、感謝だ。

 来年も、と思うが、その前にしっかりと「土づくり」が必要だ。
 しかしこの冬は、議会活動とともに4月の選挙に向け全力を傾注しなければ!

by koike473 | 2014-10-24 07:25 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

文化スポーツ観光部を新設して取組む「まえばし赤城山ヒルクライム大会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、昨日、文教民生委員会の視察で伺った前橋市の取組みを紹介。

 小長井富士市長は、スポーツ観光等を推進するために、現在教育員会部局にあるスポーツ担当課(スポーツ振興課)を、市長部局に移管させると表明している。
 私も同じ考えで、以前議会で一般質問を行った。

 前橋市は、本年度(26年4月)から移管し、さまざまな取組みを実施していると聞いていた。
 実際にヒアリングすると、かなり大胆な組織変更を行っていた。
f0141310_7523484.jpg

 従来、別々の部に所属していた文化国際課、観光課、スポーツ課を新設の「文化スポーツ観光部」としてまとめた。
 まさにスポーツ観光、あるいはスポーツや文化資源を活かしたまちづくり、地域活性化を進める部の新設だ。

 そうした中、具体的な取組み事例として「まえばし赤城山ヒルクライム大会」がある。
f0141310_7524963.jpg

 これは自転車で赤城山まで登る大会で、今年が第4回目だが、全国から3,300人の参加があるそうだ。
 県外からの参加者が47%と約半数で、静岡県からも14名(0.4%)が参加している。

 豚肉の生産や料理が全国トップクラスを背景にしたマスコットキャラ・コロトンの手ぬぐい。
f0141310_7595955.jpg

 こちらは、ヒルクライム(山・丘登り?)そのもの。参加選手へのおみやげだ。
f0141310_801397.jpg

 参加選手の荷物を入れるナップサック型荷物袋。
f0141310_802536.jpg

 我々もおみやげでいただいた。

 一つの部になったスポーツ課と観光課が合同で、かつそれぞれの専門分野を活かしながら、大胆な企画、細かな配慮に気を配った大会運営を行っている。

 特に関心したのは、他の大半のレースが人がいない山岳道路で行われるのに対し、なるべく市街地等も走り、前橋市民が沿道で応援し、参加選手とのさまざまな交流を組み込もうとしていることだ。

 さまざまな機関等との調整が必要で大変だが、単にスポーツ大会開催に終わらせない「地域活性化」の狙いが伺える。

 時間等の関係で、コースや市街地を見学できなかったが、組織論だけでなく実際の取組みも大変参考になった視察だった。

 最後に本会議場での記念撮影写真を。
f0141310_7533723.jpg

 前橋市の皆様、ありがとうございました。

by koike473 | 2014-10-23 07:55 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

文教民生委員会で視察に来ています

昨日から議会の常任委員会・文教民生委員会で行政視察に来ています。

昨日は、生活保護受給者、障害を持った方の就労支援に取り組む川崎市と、川崎市と協定を結び実際に就労支援や就労の場を作り出しているアイエスエフネットグループ(東京)を視察しました。

夜、前橋(群馬県)に泊まり、今日は前橋市で「スポーツ行政の市長部局への移管」について話を伺い、視察します。

詳しくは、富士に戻ってからこのブログで紹介したいと思います。

by koike473 | 2014-10-22 07:29 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

体育館は熱気いっぱい 富士市子連ドッジボール中央大会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、少し前の13日(祝)にあった「富士市子連ドッジボール中央大会」の話。
f0141310_6211688.jpg

 会場は富士川体育館。主催は富士市子ども会世話人連絡協議会(=市子連)。
f0141310_6213273.jpg

 市内各地区の予選会を勝ち上がった36チームが参加。
f0141310_6214284.jpg

f0141310_6255911.jpg

 私は議会の文教民生委員長として参加、というか見学した。
f0141310_6222319.jpg

 試合はボールトスで始まる。
f0141310_622329.jpg

 ルールの基本は、私達が子どもの頃やった40~50年前とほとんど一緒だ。
f0141310_6241847.jpg

 相手の内野をどっちが先に全て「当てる」かだ。
f0141310_6242633.jpg

 結構見ているだけではわからないビミョーなケースがあり、そこは審判がしっかり裁く。
f0141310_6243850.jpg

 小学生と言っても、しっかりした投げ方の子も多い。
f0141310_6244944.jpg

 「中学・高校に行ったら是非ハンドボールを」と思いながら見た。
 1試合10分ほどなので、次のチームはコート脇、次々のチームはここで待つ。
f0141310_625216.jpg

 やはり地区の選抜チームは強い。
f0141310_6251244.jpg

 今泉地区から勝ち上がった一の宮3丁目・ペガサスは、善戦むなしく1回戦で姿を消した。
f0141310_6261769.jpg

 私はここで失礼したが、優勝旗を手にしたのはどこのチームだっただろうか?

by koike473 | 2014-10-21 06:28 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

「であい・ふれあい・わかちあい  ~来て 見て 遊んで 参加して!~」 第34回市民福祉まつり

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、第34回市民福祉まつりが中央公園で開催された。
f0141310_7455012.jpg

f0141310_7461181.jpg

 昨年は、開会式後から雨が降り始めた。
 小長井市長選立候補予定者(当時)の事務所と行ったり来たりして、大変な思いをしたのを思い出した。
 その小長井氏が、1年後、市長としてあいさつしたのは感慨深かった。
f0141310_7462765.jpg

 暑いほどのいい天気の下、いろいろなブースが出展。
f0141310_7463638.jpg

 「みちのくの店」では、被災地に定期的に応援に行っている方から話を伺い、改めて「何とかしなくては」の思いが。
f0141310_7464585.jpg

 「いも煮」をおいしくいただいた。
f0141310_7465477.jpg

f0141310_7472499.jpg

 いろいろなボランティアの方々。
f0141310_747587.jpg

 私は、気になった災害ボランティアの皆さんのブースに。
f0141310_7473753.jpg

 防災力ゲーム「なまずの学校」。
f0141310_7475148.jpg

 富士宮から来たという若い彼女と参加。
 1月に災害ボランティア訓練で一度やったのに、高い得点の手段(カード)を忘れている。

 飛散防止フィルムが本当に飛び散らないかの体験。本当にOK!
f0141310_748587.jpg

 驚いた。

 最後は何のまつりだかわからなくなったが、実行委員会の皆様、関係者の皆様、本当にお疲れさまでした。

by koike473 | 2014-10-20 07:49 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)