<   2013年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

9月決算議会に向けて 24年度議会評価事業の勉強会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、議会の一般・特別会計決算委員会協議会が開かれた。

 9月10日から始まる9月議会は、前年度、つまり24年度の決算を審査する議会だ。
 2年前から、議会基本条例に基づき、前年度行政が取組んだ事業について、決算審査に併せて議会が「事業評価」を行っている。
 昨日は、そのための勉強会だった。
f0141310_715078.jpg

 選定した評価対象事業は全部で16事業。
 企業会計(上下水道、病院)を除く13事業が、今年私が所属する「一般・特別会計決算委員会」で評価する対象だ。
f0141310_72545.jpg
f0141310_722146.jpg

 行政の担当課から説明を受け、その後質疑。

 今後は、それぞれの会派で評価を行い、決算審査終了後に、議会としての評価をまとめる。
f0141310_723086.jpg

 9月議会に向けて忙しくなる。

by koike473 | 2013-08-30 07:04 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

富士市消防団第6方面隊が消防県大会に出場

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 夕べは、9月8日に開催される静岡県消防操法大会に出場する消防団の激励壮行会に出席した。
f0141310_729481.jpg

 7月7日に行われた予選会に当たる富士支部大会で、消防団第6方面隊の皆さんがポンプ車操法の部で優勝し、県大会の出場を決めたものだ。

 私は、議会の総務市民委員会(消防の予算や決算審査の担当委員会)の副委員長という立場で出席。
 一言、お祝いのあいさつをさせていただいた。

 富士市の代表として、全国大会出場を目指し、がんばっていただきたい。

by koike473 | 2013-08-29 07:30 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

「デリス愛鷹亭」の姉妹店、「レ・バケット」さんで奮発のコース料理を

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、少し前の話。
 お盆休みで帰省した娘が東京に戻る日、おいしい昼食を、ということで「レ・バケット」さん(吉原)へ。
 レ・バケットさんは、つけナポリタンもやっている気軽に入れるカジュアルレストラン。
 しかし、本店はフランス料理の「デリス愛鷹亭」さん。

 奮発してコース料理を。
 まずはアミューズブーシュ(一口のお通し?)。上品だが、しっかりした味。
f0141310_710851.jpg

 オードブル。スモークサーモンと鴨肉が抜群。
f0141310_7102032.jpg

 マダムお手製のパン。何回もおかわりを。
f0141310_7103288.jpg

 ジャガイモの冷たいポタージュスープ。夏にぴったり。
f0141310_7104969.jpg

 魚料理。イトヨリとシイラをサクラエビでくるみ、魚介風味のソースが食欲をそそる。
f0141310_7105937.jpg

 メインの肉料理。キノコとワインのソースがステーキと絶妙。
f0141310_7111115.jpg

 デザート。ブルーベリー、スイカ、洋ナシなど、季節感たっぷり。
f0141310_7111996.jpg

 昼食でワインを飲めなかったのが残念だが、大いに満足。
 娘も大喜び。
f0141310_711287.jpg

 おいしい料理と、楽しい話をしていただいたご夫妻、ごちそうさまでした。
f0141310_7113995.jpg

by koike473 | 2013-08-28 07:15 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

重機が入っての小潤井川の浚渫工事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 小潤井川で土砂の浚渫工事が行われている。
 お盆前(12日)と昨日の写真で比べるビフォーアフター。
 12日。
f0141310_7194439.jpg

 26日。
f0141310_720056.jpg

 場所は、旧国道1号線の下流側、JA富士市の東側だ。
 津田・荒田島地区の有志で組織する「小潤井川 友の会」で草刈り清掃を行っているエリアだ。
 水が流れる河川中央部を掘り下げ、洪水防止を目的にしている。
f0141310_7201453.jpg

 これまであった中洲がなくなった。
f0141310_7202855.jpg
f0141310_7203569.jpg

 ここには、よく大きなゴミが引っ掛かっていた。
 これからは流れもよくなるが、ゴミはどこへ行くのか?

 水路の両側土砂も幅が狭くなった。
f0141310_7205528.jpg
f0141310_721381.jpg

 県(富士土木事務所)に聞くと、予算の関係で今年は300mの区間しかできないとのことだが、友の会で草を刈るエリアも狭くなった。
 9月の草刈りは、これまで以上に集中して精度が高まるだろうか?

by koike473 | 2013-08-27 07:24 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

次郎長町の皆さん方のおもてなしが最高だった「村山登山道巡礼体験ウォーキングツアー」の後半

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、「村山登山道巡礼体験ウォーキングツアー」の後半の話。

 日吉浅間神社を出た後は、吉原商店街へ。
f0141310_7532380.jpg

 鯛屋旅館(吉原小宿)前では、大勢の皆さんが待っていた。
f0141310_7533786.jpg

 ここでもお加持を。
f0141310_7534696.jpg

 スケジュールが遅れ気味ということで、早めにスタートし、旧吉原宿の西木戸を通過。
f0141310_754049.jpg

 伝法に入ると。
f0141310_754965.jpg

 上り坂が始まる。
f0141310_7542511.jpg

 ビヨンズ北側に、村山道を示す古い石の道標が。
f0141310_7543382.jpg

 新東名のIC周辺は、登山道が分断され、何度も迂回を。
f0141310_75544.jpg
f0141310_7551388.jpg

 大渕・穴原釈迦堂での勤行。
f0141310_7552221.jpg

 民間霊園の駐車場をお借りして休憩。疲れがどっと出る。
f0141310_7553138.jpg

 徐々に暗くなってきたが、まだまだ距離はある。
 次郎長町に入る頃から、足がつり気味で膝も痛くなる。
f0141310_7554680.jpg

 次郎長町の皆さんの町内をあげての盛大なおもてなし。
f0141310_7565276.jpg

 生き返った思いだ。ありがとうございました。
f0141310_757366.jpg
f0141310_7571017.jpg

 皆さん、健康でありますように。
f0141310_7572675.jpg

 富士市に別れを告げ、富士宮市へ。
f0141310_7574423.jpg

 地元の皆さんが設置した新しい道標を曲がる。
f0141310_758733.jpg

 坂が更にきつくなる。
f0141310_7581750.jpg

 「あと30分くらいだ」というところで大粒の雨が。
f0141310_7582710.jpg

 このあたりが私の足の痛みのピーク。

 そして19時前、なんとか村山浅間神社に到着。
f0141310_7584934.jpg
f0141310_7585845.jpg
f0141310_7591271.jpg

 お堂の中で、最後の勤行。
f0141310_812510.jpg

 お堂の奥には、写真で見た修験道の開祖と言われる役行者(えんのぎょうじゃ)の木像が。
f0141310_82195.jpg

 陽はとっぷりと暮れていた。
f0141310_822045.jpg

 ここまで22km、標高500m差を登ってきた。
 峰入り修行の皆さんは、あと2日で、3200m以上登ったはずだ。
 残念だが、私にはおそらく難しいだろう。

 この日の晩はぐっすり眠れるかと思ったが、あまりの疲れと陽に焼けたかゆみで、なかなか寝付けなかった。

by koike473 | 2013-08-26 08:05 | 歴史・文化・芸術 | Trackback | Comments(2)  

初体験の「村山登山道巡礼体験ウォーキングツアー」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、18日(日)に参加した「村山登山道巡礼体験ウォーキングツアー」の前半。
f0141310_7374145.jpg

 主催は、「富士市まちの駅ネットワーク」と「タウンマネージメント吉原」。

 これは、かつて富士山が修験道の山として崇拝され、その拠点が村山(富士宮市)にあったことに由来している。
 富士市内各所から村山を経て、富士山頂に登り、降りてきながら各所で修験道の祈祷を行った。
 それを、修験道を引く継ぐ聖護院の山伏さん達が、数年前から2泊3日の「富士山峰入り修行」として復活して行っている。
 私は、昨年は吉原本町で出迎えた

 今年は、初日だけ同行し、田子の浦~村山浅間神社までの「村山登山道」22kmを歩くウォーキングツアーに参加した次第だ。

 朝8時に毘沙門天前の「立場旅館」(まちの駅「門前の宿」)さん前で出発式。
f0141310_738812.jpg

 帽子を持ってあいさつするのが富士市まちの駅ネットワークの久保田氏。その右が聖護院門跡の草分俊顕氏。

 まずは鈴川海岸に向かう。
f0141310_7382466.jpg

 山伏の皆さんは、ふんどし姿で海の中へ入り「水垢離」。
f0141310_739987.jpg
f0141310_7393928.jpg

 我々も足だけは海につけて祈る。
f0141310_7395261.jpg

 かつて吉原湊があった頃は、清水湊から船でここまで来て、水垢離で身体を清め、富士登山をスタートしたそうだ。
f0141310_740998.jpg

 本当に海抜ゼロmからの登山だ。

 田子の浦港のすぐ東側の「富士塚」。
f0141310_7402491.jpg

 登山者が海岸の石を運びできた塚だ。

 鈴川六地蔵。
f0141310_7403988.jpg

 最初の休憩場所である「鈴川氏子会館」では、鈴川地区の皆さんから冷たいお茶等をいただき生き返った思い。
f0141310_740539.jpg

 そして旧東海道を歩き、左富士神社へ。
f0141310_7413887.jpg

 依田橋地区の皆さんにお加持を。
f0141310_7414831.jpg
f0141310_7415544.jpg

 子ども達は、馬に乗り大喜びだ。
f0141310_742388.jpg

 平家超え。とにかくこの日も朝から暑い!
f0141310_7422177.jpg

 松栄堂薬局(まちの駅「東木戸のくすりやさん」)さん前でも勤行・祈祷。
f0141310_743260.jpg

 そして東本通り町内会の皆さんにお加持。
f0141310_7431192.jpg

 いよいよ吉原商店街に入るが、写真で見ても街がちょっと寂しい?
f0141310_7432198.jpg

 ツアーの事務局を担当する西川卯一さんが経営する「東海道 表富士」。
f0141310_7433988.jpg

 北に折れ、今泉・上和田の日吉浅間神社へ。
f0141310_744447.jpg

 ここはかつて「東泉院」という修験道の拠点だった。
 現神主の六所さんに、お祓いをしていただく。
f0141310_7443066.jpg
f0141310_7444078.jpg

 そして社務所をお借りして、待望の昼食。
f0141310_7445550.jpg

 御幸屋さん特製の「手づくり弁当」。
 つけナポリタンもうまい!
 休む間もなく、吉原本宿に向かったが、ここからが大変だった。
f0141310_745858.jpg

 ということで後半はまた後日。

by koike473 | 2013-08-23 07:50 | 歴史・文化・芸術 | Trackback | Comments(0)  

構成資産がない富士市だが  「オール富士さん」が始動

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 20日(火)の晩は、「オール富士さん!全体会」が開かれた。
f0141310_7364738.jpg

 富士山が世界文化遺産に登録された。
 だが富士市にはその構成資産がない。
 しかし富士山への思いは、市民それぞれの心(こころ)の中にあるはずだ。
 その「こころの資産」を、さまざまな活動を通じて後世に引き継いでいこう!というものだ。
f0141310_7371814.jpg
f0141310_7373076.jpg

 発起人の代表である漆畑氏(右)と小川氏(左)から、取組み趣旨が説明された。
f0141310_7374056.jpg

 発端は、富士芸術村(大渕)の村長である彫刻家の漆畑氏が熱く語っていた、富士市の地場産業である「紙」を活かした市民参加のイベントに集中して取組みたいとの思いからだ(と私は思う)。

 漆畑氏には、以前、議員有志で組織する「富士市芸術文化振興議員の会」にも来ていただきその思いを伺った。

 それを、今回の発起人となった皆さんも入り、「世界文化遺産・富士山のまち 富士市」としてバージョンアップした取組みにしていこうと言うのが「オール富士さん」だろうか。

 この日は、市内のさまざまな団体や個人で活動している方、80人ほどが集まった。
 6つのグループに分かれ、それぞれの「富士山への思いと、できること、やりたいこと」を披露した。
f0141310_738336.jpg

 私は、久しぶりにワークショップに参加メンバーとして加わった。
f0141310_7381721.jpg

 「こうしたい」、「自分はこんな活動を続けていきたい」等、いろいろな意見が出された。
f0141310_7382749.jpg

 しかし、ワークショップのルールを守らない人には「イエローカード」だ。
f0141310_7384392.jpg
f0141310_738492.jpg

 そしてグループごとの発表。
f0141310_7396100.jpg
f0141310_7391533.jpg

 観光、景観、環境、歴史・文化等々、幅広い分野から意見が出された。
f0141310_7393026.jpg

 今回は、それぞれの意見の書き出しだったが、発起人の皆さんは、次回からはそれを深めていくことを考えている。

 かなりの「絞り込み」と、この取組みを支える体制、財源確保の必要性を感じた。

by koike473 | 2013-08-22 07:43 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

猛暑の中の「つるあり莢豆(さやまめ)」と「ゴーヤ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 猛暑が続く。
 昨日の夕方から夜にかけては、雨が降りそうだったが、それもかなわず。

 こんな中、今日は2つの植物を紹介。
 1つは「つるあり莢豆(さやまめ)」。
f0141310_735378.jpg

 5月に畑に植えた後、6月頃からみるみる伸び始めた。

 花が咲いた様子もないので、いつ実(豆)がつくのだろう?と思っていた。
 ところが先週、お盆前によく見ると、枯れたり、干からびたりのこんな長い豆が何本かついていた。
f0141310_735265.jpg

 ネットで調べると「三尺ささげ」と出るように、とにかく長い。

 その後も莢(さや)が、何本かついた。
f0141310_7354733.jpg

 1本でインゲン2~3本分?
f0141310_736022.jpg

 ゆでて、マヨネーズで食べるとうまい!
f0141310_7361559.jpg

 もっとつくのを期待しているが。

 そしてこちらは、私の部屋の東側のプランターに植えたゴーヤのビフォーアフター。
f0141310_7365894.jpg
f0141310_7374100.jpg

 何の前後かというと、1日忘れた水やりの前後。
 ほんの1時間でこの通りだ。
f0141310_7372624.jpg

 でも、プランターでは今年も小さな実がいくつかなっただけだ。
f0141310_7373336.jpg

 「緑のカーテン」は、やはり実がならなければもったいない。

by koike473 | 2013-08-21 07:39 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

富士高の同窓会総会で小長井よしまさ氏が決意表明!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 17日(土)は、富士高の同窓会である「富友会」の年次総会が開催された。
f0141310_7201536.jpg

 今年は、私にとって2つの意味で特別な富友会だった。
 1つは、同窓会の副幹事学年として準備に関わったことだ。
f0141310_7293316.jpg

 60歳を迎える学年が幹事となり、その下5年ごと、つまり55歳(我々)、50歳、45歳となる学年が副幹事として幹事団を構成する。

 何度かの打合せを経て、我々の学年は受付を担当。
f0141310_7245575.jpg

 込み合ってきた。
f0141310_725813.jpg

 開会すると校旗入場。
f0141310_7254673.jpg

 旧制中学、新制高校の2本の校旗。新制高校の旗手も我々の学年が担当。
f0141310_7255417.jpg

 昨年から同窓会長に就任した小室前富士宮市長。
f0141310_726820.jpg

 3階にあたる上の部屋から見おろすと、年配の方が多い。
f0141310_7262088.jpg

 そして2つ目の「特別な意味」とは、小長井よしまさ氏を市長選候補として応援していこうという機運が盛り上がったこと。
f0141310_7263615.jpg

 総会の後の懇親会で、「小長井よしまさ後援会 富友会有志の会」会長の田辺前富友会会長から、「同窓生全体で応援していただきたい」との紹介があった。
f0141310_7265564.jpg

 前日に、鈴木尚市長が不出馬を正式に表明したこともあり、会場からは大きな応援の声が上がった。
f0141310_727680.jpg

 忙しくなる。

by koike473 | 2013-08-20 07:31 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

8月16日は「わきみず寺」(法雲寺)の灯篭流し

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 8月16日は、毎年、わきみず寺(法雲寺)の「灯篭流し」が行われる。
f0141310_7553143.jpg

 今年も、夕方の「お炊き上げ」から始まった。
f0141310_7554430.jpg

 檀家の皆さんには、灯篭をお配り。
f0141310_7555583.jpg

 私の義理の弟になる藤田住職の読経が続く。
f0141310_7565823.jpg
f0141310_757678.jpg

 とっぷりと陽が落ちた中で、炎があざやかだ。
f0141310_7571548.jpg

 皆さん移動して、最後に般若心経が唱えられ、それぞれの墓地に向かい先祖にお祈り。
f0141310_757314.jpg

 そして「わきみず寺」の所以である湧水の水路に灯篭を流す。
f0141310_7574989.jpg
f0141310_7575841.jpg

 リハーサルでは10分くらいかけて流れる予定だったが…。
f0141310_7581023.jpg

 本番では5分くらいでゴールに到着。
f0141310_7582424.jpg

f0141310_75929.jpg

 皆さん、思い思いの願いを。
f0141310_759941.jpg

 ご先祖様は、無事にお釈迦様のもとへ帰っただろうか。
f0141310_7592483.jpg

 これでお盆が終わった。
 秋めいてくれるといいのだが。

by koike473 | 2013-08-19 08:01 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)