<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

人間ドックとがんドック

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、昨年に続き2回目の人間ドック。
 昨年は9月に受けたが、今年は新年度早々に申し込みこの日となった。
 会場は、富士市医師会医療センター。
f0141310_7231254.jpg

 朝8時に入り、13時過ぎまでさまざまな検査を。
 結果は2週間後位とのこと。

 55歳になる今年は、「がんドック検診」の案内も届いている。
f0141310_7232637.jpg
f0141310_7233464.jpg

 私が社会人になった頃は、まだ定年55歳が当たり前だったことを思うと怖くなる。
 身体にいつガタがきてもおかしくない年齢になってきたということか。

by koike473 | 2013-05-15 07:24 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

5月の小潤井川の風景

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 正式に川を管理する県と小潤井川友の会がリバーフレンドシップ協定を結んだ小潤井川。
 すっかり草が伸びている。
f0141310_7213832.jpg

 4月の「吉原さくら祭り」に合わせ、昨年秋、菜の花の種をまいたが、カモにすっかり新芽を食べられてしまった。
 しかし、この白っぽい茎と種が残っているのは菜の花では?
f0141310_7221750.jpg

 下流側はきれいに草が刈られている。
f0141310_7222643.jpg

 近所で鉄工所を営むSさんが一人でそうじしてくれている。

 このゴミもおそらくSさんがまとめてくれたものだ。
f0141310_723840.jpg

 頭が下がるばかりだ。

 「友の会」も今月には会合を持ち、6月から草刈りを始める予定だ。

 そしてこちらは少し上流にある堰(水門)。
f0141310_723315.jpg

 この堰で水位を上げて、田植えの時期には水路に水を流し、田んぼに引いていた。
f0141310_7234748.jpg

 志軒橋下流の取水口。
f0141310_7242592.jpg
f0141310_7243578.jpg

 しかし現在では水田を営むお宅がなくなり、農業用水路としての役割が無くなる一方、環境用水として年間を通じて少量の水を流してほしいとの声も聞く。
 また一方で、これらの水路は雨水排水路としての役割も大きい。
 難しい問題だ。

by koike473 | 2013-05-14 07:25 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

今年も湧き水が豊富 田宿川の川そうじ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、本年度最初の「田宿川の川そうじ」が行われた。
f0141310_7574541.jpg

 昨年度は、私は自分が住む町内(駿河台3丁目)で組長だったため、川そうじと同じ日に行われる「町内清掃」を優先したため、久しぶりの川そうじだった。
f0141310_758477.jpg

 とは言うものの、「50肩」で左手をろくに動かせないこともあり、川には入らずにNPOふじ環境倶楽部が担当する「井出緑地」の草刈りを。
f0141310_7581413.jpg

 春先から伸びた草を刈っていきこの通り。
f0141310_7582465.jpg

 こちらもビフォー・アフターを。
f0141310_7583527.jpg
f0141310_7584224.jpg

 今年も湧水が豊富だ。
f0141310_7585557.jpg
f0141310_759150.jpg

 川そうじの後は、ご覧の通りブロック1段分、約30cmも水位が下がる。
f0141310_7591112.jpg

 次回7月の川そうじでは、体調を万全にし、しっかりと川に入ろうと思う。

by koike473 | 2013-05-13 08:00 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(0)  

富士市市民活動支援補助金を活用して取り組む「滝川の土手を彼岸花で埋め尽くす市民里親事業」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 夕べは、本年度最初の「そうだ!沼川プロジェクト」の幹事会があった。
f0141310_724154.jpg

 今年から、初めて富士市市民活動支援補助金を市からいただき取り組む事業がある。
 この3年ほど取り組んできた「滝川の土手への彼岸花の植付け」だ。

 今回の補助金を活用しながら、より広報を充実し、広い範囲の市民の皆さんに「一人土手10mの里親」になっていただき、数年後には滝川を彼岸花で埋め尽くそうというものだ。
f0141310_7243197.jpg

 会の中では「赤だけでなく、白い彼岸花も植付けアクセントを持たせよう」、「滝川の動植物マップをつくろう」、「彼岸花の研究者を招いて勉強会を」等の意見が出た。

 ようやく彼岸花の性質や他の植物との生育の違い等が、少しわかってきた。
 一歩一歩進めて行きたいと思う。

by koike473 | 2013-05-10 07:26 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

食べて、飲んで、大いに笑った 大阪の休日

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、連休中に行った大阪の話。
 京都も、そして大阪も、とにかく歩いた。
 特に5日(こどもの日)に滞在した大阪は、「浪花八百八橋」と言われる川沿いを歩き、橋を渡った。
f0141310_7372277.jpg

 大川沿いを下り、中之島公園に向かうとバラ園が。もう少しで満開だ。
f0141310_7373942.jpg

 川沿いのカフェ。
f0141310_7375958.jpg

 コーヒーを飲んでいると、初めて見た立ち姿のカヌー?が。
f0141310_7382057.jpg

 「スタンドアップパドル」と言うそうだ。

 夜は楽しみにしていた天神橋筋商店街の居酒屋と寿司屋に。
 とにかくどこも安くてうまい。
f0141310_7391544.jpg

 居酒屋「先斗」で串カツにチーズ盛り。
f0141310_7393469.jpg
f0141310_739431.jpg

 ビール大瓶が330円の店も。

 寿司も安いがうまい。
f0141310_7403929.jpg
f0141310_740487.jpg

 回転寿司でなく、しっかり職人が握る。
f0141310_741550.jpg

 今回の旅行の最後は天満天神繁昌亭で上方落語。
f0141310_7412848.jpg

 前から6列目のほぼ中央の席で、それぞれの師匠の細かな表情まで楽しんで笑いを満喫!
f0141310_7414813.jpg

 充分リフレッシュできた京都・大阪の旅だった。

by koike473 | 2013-05-09 07:45 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

「生涯青春都市・富士市」 小長井よしまさ市議が市長選立候補を正式に表明!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 夕べは、議会の会派の先輩である小長井よしまさ(義正)議員の「政策シンポジウム」が開かれた。
f0141310_8191092.jpg

 会場のロゼシアター中ホールは、700名で満員になった。
f0141310_8192453.jpg

 すでに新聞では報道されているが、このシンポの中で「今年12月の市長選に出馬します」と明言された。
f0141310_819393.jpg

 「26万人のチャレンジスピリット 生涯青春都市・富士市」を都市像に掲げ、バリバリ取り組んでいくと宣言した。

 そして力強い応援団が2人登場した。
 武雄市(佐賀県)の樋渡啓祐市長と富士宮やきそば学会の渡辺英彦会長。。
f0141310_820435.jpg

 樋渡市長は、「100の議論より1の実行」を合言葉に、市立病院の民営化、図書館の民間委託等々にチャレンジし、大きな成果をあげている。
f0141310_8201867.jpg

 「スピードは最大の付加価値」、「TTP=徹底的にパクル、大賛成」、「やって、見せて、修正、改善」・・・行政、そして議会がなかなかできないことに取り組んでいる姿は大変刺激的だ。
f0141310_8203131.jpg

f0141310_8211852.jpg

 渡辺会長からは「隣同士の富士と富士宮が、互いの長所を活かしながらウインウインでやっていきましょう」と。

 そして2人とも「徹底的に『富士山』を使おう」、「世界遺産がある市と組みたい自治体はいくらでもある。そこに徹底的に売り込もう」と、富士山の世界文化遺産登録を、まちを変える大きなチャンスにしていこうと結んだ。
f0141310_8213372.jpg

 市長選まであと半年。
 樋渡市長が言った「思い切って仕事ができる土壌をつくるのは市民の役目だと思います」がズシリと感じた。

by koike473 | 2013-05-08 08:23 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

大本山妙心寺の庭

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 皆様、連休はどのように過ごされたでしょうか。
 私は、後半はプライベートで京都・大阪に出かけました。
 どこに行っても、人、人、人でしたが、今日は落ち着いた古都・京都の庭の話。

 京都へ行った目的は大本山「妙心寺を見学すること。
 妻の実家である法雲寺(まちの駅「わきみず寺」)は、臨済宗妙心寺派の寺院であり、これまで何度か本山に参詣するツアーのお誘いがあったが、行く機会がなかった。

 そんな訳でJR花園駅で降りて。
f0141310_8134538.jpg

 10万坪の境内に、本山と46カ寺の塔頭寺院が並んでいる。
f0141310_8142752.jpg
f0141310_8144768.jpg

 大方丈には、全国3500カ寺の一覧表が。
f0141310_8151294.jpg
f0141310_8153397.jpg

 「静岡の法雲寺」を確認。
f0141310_8155340.jpg

 塔頭寺院の一つの「退蔵院」。
f0141310_816119.jpg
f0141310_816193.jpg

 日本画の狩野元信作庭の枯山水。
f0141310_8173966.jpg
f0141310_8174848.jpg

f0141310_8183646.jpg

 昭和を代表する作庭家・中根金作による「余香苑」。
f0141310_8191059.jpg
f0141310_8192016.jpg

f0141310_820072.jpg
f0141310_8193277.jpg

 国宝「瓢箪鮎(ひょうたんなまず)」の絵を伝える茶室。
f0141310_8202156.jpg

 まさに京都。
f0141310_8203320.jpg
f0141310_8204215.jpg

 ここだけでも、わざわざ出かけた甲斐があった。

by koike473 | 2013-05-07 08:25 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)  

富士市オープンガーデン2013 和風と南欧風の2つの庭

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、オープンガーデン見学報告の第2弾。

 最初は、一色(青葉台)の佐野さん宅。
 東西に長く広い敷地の入り口に大きな「富士市オープンガーデン」の看板が。
f0141310_7195458.jpg

 ご自宅まではざっと70~80mはあるだろうか。
 そこにさまざまな植物が植え込まれている。
f0141310_7201490.jpg

 メインは、ご自宅前のこの空間。
f0141310_720478.jpg

 半年前からご主人が手造りで完成させた「水琴窟(すいきんくつ)」と「鹿脅し(ししおどし)」。
f0141310_72117.jpg

 この砂利の下(地下)に、写真の奥に写っているのと同じ瓶(かめ)を置き、その中に水を溜め、水滴を落とし、反響する音を楽しむ。
f0141310_7211984.jpg

 じっと耳を澄ますと、確かに琴のように張りのある「ポターン、ポターン」という音が響いてくる。

 「鹿脅し」も動きと音が微妙で、昔の日本人の豊かで繊細な感性を感じさせる。
f0141310_7222164.jpg

 花の苗は、奥様が種から育て、自宅だけでなく地域の公共花壇にも植えているとのことだ。
f0141310_7223418.jpg

 こちらも奥様が育てている山野草で、いろいろ話をしている間に妻はちゃっかりいただいていた。
f0141310_7224656.jpg

 ありがとうございました。


 次のお宅は、ガラッと雰囲気が変わり本市場の赤石さん宅。
f0141310_723950.jpg

 ヘアーサロン「ベルソーさんだ。
f0141310_72321100.jpg

 娘さん2人が美容室を経営し、お母様が庭(ガーデニング)を担当とのこと。
f0141310_7234244.jpg
f0141310_7234862.jpg

 まだ始めたばかりとのことだが、南欧風な建物にオリーブ等を植えたテラコッタが映えている。
f0141310_724032.jpg

 2階の出窓も。
f0141310_7241194.jpg

 こちらには来年に向けて水車を設置する計画だそうだ。
f0141310_7242855.jpg

 1年後の訪問が楽しみだ。

 第1回目の公開は4軒のお宅しか回れなかった。
 バラの時期となる第2回目(5/25、26)も是非回りたいのだが…?

by koike473 | 2013-05-02 07:28 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)  

富士市オープンガーデン2013 早速見学に出かけました!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 富士山の世界文化遺産登録がほぼ確実になった。
 ただ静岡県民としては、三保の松原をはずすことが条件というのは納得できないが…。

 今日のブログは、オープンガーデンの話。
 昨年に続き、今年も4月28、29日に第1回目が公開された。
 昨年とは違う庭を4軒、見学させていただいた。
 今日は2軒のお宅を紹介。

 まずは一色(青葉台)の高橋さん宅。
 開園時間の10時に伺う。
 立派な門をくぐると。
f0141310_8234099.jpg

 滝が流れている。
f0141310_8235245.jpg

 石敷きの園路が続く。左側は地形を活かして斜面にさまざまな植物が植え込まれている。
f0141310_824551.jpg

 ところどころに鉢が。
f0141310_8242154.jpg

 こちらは木の枝を活かして。
f0141310_8243452.jpg

 ほぼ全てがランの仲間のセッコクだ。

 園路を上りきった高台にあるご自宅。風が通り夏は涼しそうだ。
f0141310_8244891.jpg

 植え込みの間から茶畑が拡がる。
f0141310_825036.jpg

 モミジの実が可憐だ。
f0141310_825125.jpg

 私たちが帰る頃には多くの見学の皆さんが入ってきた。
f0141310_8252778.jpg


 続いては富士岡(吉永)の荻野さん宅。
 まずは立派なお宅に圧倒される。
f0141310_8255078.jpg

 お話を伺うと、ガーデニング歴はご自宅を新築された後のわずか5~6年ほどとのこと。
 まだ時期が少し早いバラのアーチが庭園の入り口。
f0141310_8261978.jpg

 アーチをくぐると正面にステキなサンルームが。
f0141310_8263262.jpg

 既に何人かの皆さんが見学している。
f0141310_8264688.jpg

 「これは何ですか?」「『アイスプラント』と言って食べられます。しょっぱいですが」
f0141310_8265881.jpg

 早速いただくと、水滴がついたような肉厚の葉が少ししょっぱい。
f0141310_8271165.jpg

 塩水を与えて育てるという不思議な植物だ。

 芝庭に様々な花や工夫が。
f0141310_8275159.jpg
f0141310_828218.jpg
f0141310_828927.jpg

 これだけの庭を維持するには、毎日の作業が大変だ。
f0141310_8282720.jpg

 私たち夫婦も「少しは自分の家もきれいにしなければ」と、帰宅後草取りに取り掛かったが…。
 どのお宅も、その熱心さと美しさに驚くばかりだ。

by koike473 | 2013-05-01 08:31 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)