<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

母の傘寿のお祝いで「いわし亭」に

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 私の母親が今月80歳を迎えた。
 傘寿(さんじゅ)のお祝いに、母親、弟夫婦、私たち夫婦の5人で食事に出かけた。
 店は、国久保にある「いわし亭」。
f0141310_732203.jpg

 昨年10月に和田町(今泉)から移転した店だ。
 その名の通り、いわしづくしのコース料理をどうぞ。
 まずはお通し。
f0141310_7323296.jpg

 いそべ巻き。
 新鮮ないわしと海苔の相性が抜群。
f0141310_7324144.jpg

 生ビールから冷酒に切り替えて。
f0141310_7324812.jpg

 焼き物。
f0141310_7325659.jpg

 つみれのスープ。
f0141310_733816.jpg

 天ぷら。
f0141310_7331789.jpg

 酢の物。
f0141310_7332623.jpg

 しめは寿司としじみ汁で。
f0141310_7333444.jpg
f0141310_7334277.jpg

 母親もほとんど全部食べた。
 連休に京都・大阪に出かけた際も、毎日私たち夫婦と同じ距離を歩いた「スーパーばあさん」だ。

 これからも元気でいてほしい。

by koike473 | 2013-05-31 07:36 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

「NPO法人ふじ山 森の会」の「まき割り選手権」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日まで、所属する市民クラブで東日本大震災の復興状況等の視察(2泊3日)に行ってきました。
 この報告はまた改めてということで、今日は「NPO法人ふじ山 森の会」の活動紹介。

 26日(日)は、ふじ山 森の会(私も理事を仰せつかっているが「幽霊会員」で申し訳ない)が主催する「第4回 自然楽」が開かれた。
f0141310_7252128.jpg

 会場は、丸火自然公園。
f0141310_7253298.jpg

 私は午後からの参加。
 ちょうど「まき割り選手権」が始まるところだった。
f0141310_7254554.jpg

 5チームの参加者にルールの確認。
f0141310_7255725.jpg

 一斉にまき割りスタート。
f0141310_726794.jpg

 20分間でまきを割り、どれだけ高く積み上げられるかが勝負だ。
f0141310_726364.jpg

 この親子チームは、子供が積み上げ担当。
f0141310_7264654.jpg
f0141310_7265232.jpg

 こちらは小中学生の子供チーム。
f0141310_727911.jpg

 最初は、斧が上手に扱えない。

 TBS(BS)がテレビ番組で放送するとのことで、撮影クルーも。
f0141310_7273386.jpg

 会場の脇では、チェーンソーを使い「ふくろう」が出来上がりつつある。
f0141310_7274258.jpg

 賞品になる作品がこんなに。
f0141310_7275170.jpg

 後半の10分はいかに高く積み上げるかだ。
f0141310_7284631.jpg

 写真左側のチームは、残念ながら倒れてしまう。

 20分ちょうどの笛が鳴った時、子供チームの積み上げも・・・。
f0141310_729648.jpg

 計測を行い、最高は2m80cm。
f0141310_7292114.jpg

 表彰式では賞状と好きな木彫作品が授与。
f0141310_7293666.jpg

 「富士山 森の会」の活動趣旨は、富士山の伐採木・間伐材の有効活用と、その灰を富士山に還すことによる「森の健全育成」だ。
 来月には富士山が正式に世界文化遺産に認められる見通しだ。
 こうした地道な活動が、これからも拡がっていくことを期待したい。

 ちなみにテレビ放映は、6月4日(火)から4週に渡り「森の微笑」で放送されるそうです。
 ご期待を!

by koike473 | 2013-05-30 07:33 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(0)  

さわやかな5月の風の中で「滝川の草刈り」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 25日(土)は、「そうだ!沼川プロジェクト」の取組みで滝川の草刈りに。
 本年度第1回目の草刈りで、計18名の皆さんに参加いただいた。
f0141310_561485.jpg

 開会式後、草刈り機の刃を付け替えたり、燃料を補給して、3つのグループに分かれて作業開始。
f0141310_565773.jpg

 私は、ジヤトコ東側の区間。
 一人が100m位を担当し、土手の上を刈っていく。
f0141310_571247.jpg

 私の担当区間のビフォーアフター。
f0141310_573787.jpg
f0141310_574919.jpg

 ヒガンバナの里親区間を示す「看板」を草刈り機で切ってしまった。
f0141310_58598.jpg

 どの草も茎がまだ柔らかく、湿度も低いのでスムーズに作業が進む。
 途中でお楽しみの休憩を。
f0141310_582895.jpg
f0141310_583755.jpg

 そして最後に全員で、以前竹に覆われていた新滝川橋上流区間に挑む。
f0141310_591143.jpg

 ちょっと油断すると、こんな竹林になってしまうので、若い芽も切っていく。
f0141310_593438.jpg
f0141310_594871.jpg

 きれいになった。
f0141310_5101294.jpg

 参加された皆様、お疲れさまでした。

 今年は9月のヒガンバナウォークの前に、7月、9月とあと2回、草刈りを予定している。
 暑い夏の作業が、秋の開花につながることを期待している。

by koike473 | 2013-05-27 05:12 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(2)  

紙のまちを考えるシンポジウム その2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、昨日に続き「紙のまちを考えるシンポジウム」の後半に行われたパネルディスカッションの報告。

 パネラーには、さまざまな分野から5名の方に参加いただいた。
f0141310_8122396.jpg

 町内会連合会会長の杉山さんからは、町内会連合会として再生紙トイレットペーパーの使用・普及に努める議会決議を求める署名活動に、現段階で77,600名からの署名があったことが報告された。
f0141310_8124372.jpg

 また、高齢化が進む一方、無料回収ボックスが増加する中で、古紙回収方法について市全体で今後の在り方を考えるべきではとの提案があった。

 富士市環境アドバイザーで紙パルプ技術にも精通している壽(としなが)さんからは、人口減少、ペーパーレス化等が進み、紙全体の使用量が確実に減る中でも、トイレットペーパー等の家庭紙は横ばい傾向が続く。
f0141310_8125672.jpg

 そんな中でも、富士市のトイレットペーパーは、どの企業のものでも一定水準以上の品質を持つことで「メイド・イン・富士」を広められる。

 富士芸術村村長で彫刻家の漆畑さんからは、紙の生産や経済に加え、「紙のまち」をPRするには紙を活かした文化・芸術面からの情報発信が必要ではないか。
f0141310_8131461.jpg

 今年10月に開催される「紙フェア」に合わせて開催を予定している5回目となった「紙のアートフェスティバル」の紹介もあった。

 信栄製紙の佐野さんからは、基調講演に続き、まだ燃えるゴミとして出されている古紙が相当ある。
f0141310_8132544.jpg

 「ミックスペーパー」をきめ細かく回収することにより、川崎市ではゴミ焼却炉の新規更新をせずに済んでいる事例報告があった。

 消費者代表の立場で参加された田中さんからは、回収された古紙の一部が海外へ輸出されていると聞くが、それは腑に落ちない。必ず地域で回るようなしくみができないか。
f0141310_813413.jpg

 そしてこのような「紙のまち・富士市」のあり方を、それぞれがバラバラでなく、行政や事業者、市民が「一本の矢」になって考え、行動していくべきではないか。

 改めていろいろな視点があることを感じた。
 と同時に、この「紙のまち」については、最後に田中さんがおっしゃったように富士市が「一本の矢」になって考え、取り組むことが今必要だと思う。

by koike473 | 2013-05-24 08:14 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)  

紙のまちを考えるシンポジウム その1

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨夜は、「紙のまちを考える会」が主催する「紙のまちを考えるシンポジウム パート2 ~地域経済の主流・製紙産業の発展を願って~」が行われた。
f0141310_7343640.jpg

 会場は、ロゼシアターの会議室。
 80名の会場が埋まった。

 最初は、信栄製紙執行役員の佐野さんから「再生家庭紙と循環型社会 富士市の製紙産業」と題した基調講演が。
f0141310_7345633.jpg
f0141310_735760.jpg

 トイレットペーパー生産日本一の富士市の地場産業としての「再生家庭紙」の歴史や特性、自社のゼロエミッションへの取り組み等を紹介。
f0141310_7352225.jpg

 そしていくつかの提案が。
 まずは企業の自助努力。
f0141310_7355182.jpg

 「製紙で働くことに誇りを持てるように」…「5Kの払拭」は新鮮だった。

 生産合理化のために、複数の企業間における工程の再編、グループ化。
f0141310_7361232.jpg

 そしてそれらを進めるには、行政の強力なバックアップが必要だとのこと。
 自社が10年前に進出した川崎工場と川崎市の例を紹介しながら説明。
f0141310_7363938.jpg

 納得するとともに、富士市の姿勢はどうだろうか?と考える。

 パネルディスカッションの報告は、また後日ということで。

by koike473 | 2013-05-23 07:38 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)  

ソフト面での水害対策の強化 平成25年度富士市水防訓練

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 19日(日)は、25年度の「富士市水防訓練」が行われた。
f0141310_7435864.jpg

 会場は例年と同じ富士川沿いの「雁(かりがね)公園」。
f0141310_744845.jpg

 富士市だけでなく、大きな河川や海岸を管理する国や県の出先機関の職員も参加。
f0141310_7441945.jpg
f0141310_7443054.jpg

 しかしメインは何と言っても市内各所で組織する「水防団」の皆さん。
 最初の「土のう作り」は、各分団がそれぞれ200袋をつくる。
f0141310_7454181.jpg

 水圧に耐えるため、土のうはかなり重い。
f0141310_7455086.jpg

 次いで流れをゆるやかにする「川倉」づくり。
 今年は、新しい材木を使う分団も。
f0141310_7461410.jpg

 さまざまな道具。
f0141310_7463035.jpg
f0141310_7463664.jpg

 水分を含んでいるため、古い材木と比べ随分重いそうだ。
f0141310_7465353.jpg
f0141310_747298.jpg

 しかしみるみるうちに組み立てられていく。
f0141310_7472595.jpg

f0141310_7471424.jpg

 どの分団もリーダーの指示が適切だ。

 私はここで失礼したが、その後もさまざまな水防工法の訓練が行われた。
 水防団員の皆様、大変お疲れさまでした。
 集中豪雨等が発生しないことを祈るとともに、財政は厳しいが基本的なハード対策の充実が課題だ。

by koike473 | 2013-05-22 07:49 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

候補者3人の政治姿勢がわかる 静岡県知事選挙公開討論会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨夜は、富士交流プラザで「静岡県知事選挙公開討論会」があった。
f0141310_7415164.jpg

 会場内は写真撮影禁止だったので、新聞記事で。
f0141310_742679.jpg

 立候補予定者3氏が、5つのテーマについて、それぞれの考え方を述べていく。
f0141310_7422917.jpg
f0141310_7423636.jpg

 一人の持ち時間は基本的に3分、テーマをさらに絞り込んだ再質問には2分など短い。
 それぞれの発言、政治方針は別にしての私の感想。

 川勝氏は、現職らしくデータを基に実績と展望を展開。時間終了の鐘が鳴っても必ず一言言う、良い意味の「しつこさ」はさすが。
 広瀬氏は、スポーツマンらしく、わからないことは明確に「わかりません」と答える一方、電通マン=民間人らしさも随所に。
 島津氏は、誠実な人柄がにじみ出る。誰かに似ていると思っていたら「そうだ、党の志位委員長だ」。話し方、身振りもそっくり。

 そして3人に共通していたのは「歯切れの良さ」。
 見習わなくてはと思う。

 すべて持ち出し(自腹での自主事業)で主催した日本青年会議所(JC)静岡ブロック協議会の皆様、ありがとうございました。

by koike473 | 2013-05-21 07:44 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

「あと1点」が遠かったが「勇猛果敢」だった 富士高ハンドボール女子

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週末と言うか、一昨日・昨日(18・19日)は、高校のハンドボール県大会の準決勝、決勝があった。
f0141310_7471933.jpg

 会場は静岡市清水総合運動場体育館。
f0141310_7473614.jpg

 富士高の女子は東部大会を1位で通過し、順当に準決勝に進んだ。
 準決勝の相手は、3月の全国選抜大会で神奈川県と北海道の代表チームに2回勝ち、16強に進出した清水桜が丘(3月まで清水商業=清商)。
 黄色が富士高、青が清水桜が丘。
f0141310_7481714.jpg

 序盤にリードを許すも、徐々にポストシュートなどが決まり始める。
f0141310_7482912.jpg

 残り1分となった後半29分に逆転。
f0141310_7484072.jpg

 最後はダメ押し点を入れ20-18で勝利。
f0141310_7485545.jpg

 女子として初の優勝=インターハイ出場に一歩近づいた。
 私もOB会長として、「寄付金集めの算段をしなくては」と。

 そして昨日の決勝戦。相手はインターハイに30回以上出場している静岡城北。
f0141310_7501342.jpg

 一般生徒や父兄も大勢応援に駆け付けた。
f0141310_7503098.jpg

 冬の新人戦では富士高が勝っていたが、この日は前半、後半とも立ち上がりに主導権を取られ、最大5点差がついた。
f0141310_804365.jpg

f0141310_7504439.jpg

 後半の後半、城北に疲れが見え始め、富士高が追い上げ1点差。
f0141310_7524296.jpg
f0141310_7525141.jpg

 だが、相手の攻めに身体を張ったディフェンスで「退場」と「ペナルティスロー」を2回続けて取られた。
f0141310_7532868.jpg

 「万事休す」と思ったが、ゴールキーパーが神がかり的なセービングで、2本ともペナルティーを止める。
f0141310_7534886.jpg

 退場者2名で、フィールドプレイヤーが4人対6人でも果敢に攻める。
f0141310_7535930.jpg

 しかし最後まで1点差が縮まらず試合終了。
f0141310_7545899.jpg

 もっとも残念だったのは、写真右端のキャプテン(青いサポーター)。
f0141310_755956.jpg

 彼女は先々週の準々決勝でケガ(腕の剥離骨折等)をし、準決勝、決勝は出場できなかった。
 試合中、身体を動かしながらも、ゲームを見守るしかない姿は切なかった。
f0141310_7553267.jpg

 彼女を始め、部員全員に「よく頑張った、ご苦労様。ありがとう。これからの受験を、また頑張れ!」と言いたい。

by koike473 | 2013-05-20 08:00 | ハンドボール | Trackback | Comments(0)  

静岡県知事選挙まで1カ月 来週「公開討論会」が

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 6月16日の知事選まであと1カ月となった。
 ここにきて立候補者は3人となる見通しだ。

 私は静岡新聞を通じてしか情報はない。
 そんな中、日本青年会議所 静岡ブロック協議会の主催で以下の「公開討論会」が開かれる。
f0141310_739244.jpg

 防災、産業振興、エネルギー・原発など、市町単独では難しい課題にどう取り組もうとしているのか、立候補予定者の考えをしっかり確認したい。
f0141310_7393885.jpg

 それと「公開討論会」を通じて政治家を選ぶという「リンカーン・フォーラム」の考え方・取り組み方も、じっくり考えてみたい。
 知事選の後に続く、参議院選挙、富士市長選挙のためにも。

by koike473 | 2013-05-17 07:41 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

来週の水曜日、「『紙のまち』を考えるシンポジウム」です

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 来週の水曜日、22日の晩に以下のシンポジウムが開かれる。
f0141310_7152799.jpg

 市民有志で組織する「紙のまちを考える会」が主催するものだ。
 私もメンバーの一員として準備を進めている。

 富士市の「紙」に関してさまざまな視点から意見交換できればと思う。

 是非、多くの市民の皆さんにも参加いただければと思います。

by koike473 | 2013-05-16 07:16 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)