<   2012年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

建築・デザイン作品集 「川口の空間美」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先日、私が前職で11年間在職し、お世話になった川口建築都市設計事務所(現デザイン・アープ)の川口良子さんから、「川口の空間美」という作品集をいただいた。
f0141310_757175.jpg

 川口宗敏(静岡文化芸術大学大学院教授)、川口良子(デザイン・アープ代表)、川口昌巨(前川口建築都市設計事務所所長)の3人の「川口」氏が携わった建築・デザイン作品の写真集だ。
f0141310_7573111.jpg

 勝手ながら少し紹介させていただくと、昌巨氏が兄、宗敏氏が弟、良子さんが宗敏氏の奥様という関係だ。
 現在は、昌巨氏は事務所経営を引退され、宗敏氏は大学に、良子さんが合同会社として組織再編した事務所(デザイン・アープ)の代表となったが、私がお世話になっていた当時は、3人がともに事務所にいる時間も結構多かった。

 ●ユネスコ世界青年建築家国際設計コンクール「あすの住まい」グランプリ受賞作品
f0141310_7574881.jpg

 私は建築・デザインが専門ではないが、近く(同じ事務所内)で仕事の仕方を見ていて、大変驚くとともに、(おこがましい言い方だが)感心させられ、仕事の姿勢を教わる場面が多かった。

 ●料亭・待月楼(静岡市)
f0141310_7584763.jpg
f0141310_7585597.jpg

 「理想を追い求める」、「妥協を許さない」、「施主の立場に立って、いかにいいものを安く創るか」、こうした姿勢、考えが、どの仕事・作品にも貫かれていた。

 ●玉露の里・瓢月亭(旧・岡部町)
f0141310_7591435.jpg
f0141310_7592464.jpg
f0141310_7593362.jpg

 特に昌巨氏、宗敏氏のご兄弟は「追い求める」姿勢で、それを良子さんが「そうは言っても、この条件では現実的にこうでは?」と落とし所を決めるような感じだった。

 ●静岡市立登呂博物館
f0141310_759543.jpg

 ●「みかんの家」(川口ご夫妻のご自宅)
f0141310_801351.jpg

 作品集の中の石や金属を用いたモニュメントは、宗敏氏が実際に事務所に隣接する作業小屋で石を削り、粘土をこねて創り上げたものが多い。
 何日も小屋にこもる姿は、建築家と言うより、芸術家の執念のようなものを感じた。

 ●静岡市呉服町通りアーケード・モニュメント
f0141310_803271.jpg
f0141310_804329.jpg

 ●浜松市アクト通り(私も少し手伝った)
f0141310_81119.jpg

 ●富士川駅前公園(旧・富士川町)
f0141310_812032.jpg

 ●新稲子川温泉ユー・トリオ・モニュメント(旧・芝川町)
f0141310_813696.jpg

 ●静岡県わかふじ国体炬火台(聖火台)
f0141310_81595.jpg

 上司だった3人の方々を、勝手に書き連ね、怒られそうだがお許しを!

 他にも多くの作品が収められています。
 発行は静岡新聞社(TEL:054-284-1666)です。
 よろしかったらお問い合わせを。

by koike473 | 2012-12-14 08:03 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

この1カ月間の悩み事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日で11月定例議会が終了した。
 まだ今後も特別委員会や勉強会があったり、その前に衆議院選挙もあるが、とりあえず一段落だ。

 実は1カ月ほど前から「顔の皮膚炎」に苦労していた。
 私は髭そりに、毎日T字型のカミソリを使っている。
 その刃をしばらく交換せず使っていたら、そりにくい右あごの下を何回か続けて切ってしまった。
 すると、そこから吹き出物が出来て、次第に顔中に拡がってしまった。

 自宅にあった軟膏を塗ったり、妻に市販の髭そり負け用の薬(クリーム)を買ってきてもらったが効果はなかった。

 そうこうしている内に議会が佳境となり、「皮膚科に行かなくては」と思っていたが、時間がとれなかった。

 髭もそれず、小汚い顔で毎日いた。
 特に本会議場で暖房が入ると、一気に顔が赤くなり、猛烈にかゆくなった。

 10日(月)の一般質問終了後、時間が落ち着いたので「たかいクリニック」さん(津田)に行った。
 先生は「ニキビと同じですから、清潔にして薬を塗り、髭そり前には蒸しタオルで顔を覆ってください」と言って薬を処方してくれた。
f0141310_810407.jpg

 すると一晩で効果が出始めた。
 3日目の今朝はほとんどなくなっている。

 こんなことならもっと早く医者に行けば良かった。
 やはり「餅屋は餅屋」だ。

by koike473 | 2012-12-13 08:10 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

いよいよ選挙も最終盤!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今週の日曜日、16日は衆議院選挙の投票日だ。

 先週には投票所入場券が届いた。
f0141310_7481813.jpg

 また昨日は、朝刊に併せ各候補者の政見を載せた選挙公報が届いた。
f0141310_7481778.jpg
f0141310_7484380.jpg

 テレビ、インターネットでも、各党の主張、情勢分析が盛んだ。
 しかしこの選挙期間中、直接候補者の姿勢や主張に触れることはほとんどない。
 あと4日間、しっかり有権者側から候補者や政党の政見を聴いて、判断することが重要だと思う。

 そして何より、投票日までには必ず投票しましょう。

by koike473 | 2012-12-12 07:50 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

昨日の一般質問と「安心のまち今泉をめざす大集会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、私の一般質問があった。
 昨年の9月議会に引き続き、「電力の地産地消」に関し、富士市に発電所を誘致すべきではないか?との提案だが、今回も「そのような考えは持ち合わせていない」との答弁だった。
 本会議場で、同じテーマで同じ答弁を2回もらうと、かなり「ガクッ」とくるのを実感した。

 ただ最後に、発電所建設については富士市だけでは難しいも問題なので、県東部地区での電力自給という観点から富士山ネットワーク会議で議題として議論してほしいとの提案に対しては、市長から「富士山ネットワーク会議で、エネルギー問題として検討していきたい」との話があった。
 LNG火力発電についてはパイプラインでLNGが供給できれば内陸でも可能だ。また冷却水も1日2万トンなら富士山麓は地下水が豊富な上、県工業用水の供給も可能だ。
 そんなことも議論してほしいと思う。

 そんな一般質問は、富士市議会のこのHPで録画を視聴できます。
 私の質問は、1時間44分07秒から2時間44分00秒までです。
 ちょうど1時間ですが、飛ばし飛ばしでもご覧いただければと思います。

 今日の写真は、9日(日)に開催された「第33回 安心のまち今泉をめざす大集会」。
f0141310_7101564.jpg

 朝から風が強く、冷たい日だったが、今泉地区の各町内から吉原二中の体育館が一杯になる皆さんが集まった。
f0141310_7103166.jpg
f0141310_7104086.jpg

 和田町交番からは「富士市は県内でも『おれおれ詐欺』の被害額がダントツに一番多い」との報告があった。
 いまいずみ幼稚園の園児による演奏と誓いの言葉。
f0141310_7111235.jpg
f0141310_7112435.jpg
f0141310_7113181.jpg

 今泉小学校生徒の寸劇。
f0141310_7114253.jpg

 不審者の「声かけ」に対する対応を、名探偵コナンの動画で学習。
f0141310_7115882.jpg

 これからの年末年始、交通事故、火災、非行、犯罪に、一人ひとりが気をつけましょう!

by koike473 | 2012-12-11 07:15 | 今泉 | Trackback | Comments(0)  

今日午後1時から一般質問します。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日は、今定例議会での私の一般質問が行われる。
 時間は午後1時から。
 テーマは、前回のブログでも書いたたように「産業都市・富士市の基幹インフラである電力の地産地消について」だ。

 週初めの仕事の時間だと思いますが、良かったら富士市議会のHPでネット中継をご覧ください。
 もちろん、後刻でも視聴できます。

 それではもう一度質問内容を確認し出かけます。

by koike473 | 2012-12-10 07:36 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

10日(月)に「富士市の電力の地産地消」について一般質問します

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 開会中の11月議会は、今日から後半戦だ。

 午前中、常任委員会で審議された議案の採決が行われ、午後から一般質問が始まる。
 今定例会は一般質問に18名が通告した。

 私は6番目で10日(月)の13:00からだ。

 今回は「産業都市・富士市の基幹インフラである電力の地産地消について」質問する。
 実は、この「電力自給」については昨年9月議会でも質問している。
 東日本大震災後、電力・エネルギー政策の見通しが立たない中、産業都市・富士市はどう電力を安定的に確保していくのか?
 そのあたりをしっかりと確認し、提案していきたいと思う。

 いつものように以下に通告文を載せます。
 お目通しいただければ幸いです。

産業都市・富士市の基幹インフラである電力の地産地消について
 私は、平成23年9月議会で「富士市の電力・エネルギー政策について」一般質問した。
 東日本大震災での地震、津波による福島第一原子力発電所の大きな事故等により、地震直後の計画停電、7月から9月にかけての電力使用制限等が実施される中で、大量に電力を使用する富士市としては、
 ①富士市の電気・エネルギー政策を検討し、計画としてとりまとめ行動するべきではないか。
 ②安定的な電力供給の具体策の一環としてLNG火力発電所を誘致することは考えられないか、等だった。
市長は、
 ①については「現行の枠組みにおいては、エネルギー政策は都道府県をも超えた極めて広域的な課題であり、基礎自治体の単位では実効性のある体系的な計画を策定し、実行することは甚だ困難。国のエネルギー政策が総合的に見直され始めたことから、より分権的な新しい枠組みが構築されるものと期待され、その動向を注視していきたい」。
 ②については「現在でも本市は工業都市として地球環境に大きな負荷を与えていることや、東海地震の震源域に近いエリアへの発電所の立地は本市産業のリスク回避に貢献するとは考えにくいことから、発電所誘致の考え方は持っていない」と答弁された。

 その後一年以上が経過したが、国においては未だ新しいエネルギー政策の枠組みが見えてきていない。
 そんな中東京電力は、「原子力発電所が停止し、その分火力発電所の炊き増しを行い燃料費等の負担が大幅に増加している」ことを理由に、本年4月から企業向けである自由化部門(契約電力50kw以上の高圧電力)の、更に9月からは商店や一般家庭向けの規制部門(低圧電力及び電灯)の値上げに踏み切った。
 今後の安定的な電力供給が見通せない中で、産業都市・富士市の基幹インフラである電力の地産地消体制をどう確保・構築していくかという観点から以下の質問を行う。

1 今回の電力料金値上げの影響について 
 (1)市内企業への影響をどのように把握しているか。

 (2)緊急的な対策が必要と考えるがいかがか。

2 「富士市都市活力再生ビジョン(案)」の取組43「電力の地産地消の促進」等について
 (1)ビジョン(案)の取組は、県が主催する「分散型エネルギーシステム推進協議会」とリンクしたものだが、協議会での検討の進捗と見通しはいかがか。

 (2)PPS事業参画への支援として「環境調査への支援」、「地元説明会などの開催支援」が挙げられているが、PPS事業のスキームはどのように考えているか。また具体的にはどのような参画事業者を想定しているか。

 (3)現在ある余剰電力、更にはコージェネレーション設備の新規導入による新たな余剰電力を活用しようとしても、地域の需要量を賄えない可能性が高いと言われている。賄えない部分の手当対策に、富士市としてどのように関与していこうと考えるか。

 (4)「分散型エネルギーシステム推進協議会」の前身である「平成23年度 分散型エネルギーシステム活用研究会」の検討結果報告書の最終ページには、富士・富士宮地域における電力確保のための将来像の例示として、「高効率火力発電所の新規設置」が記載されている。富士市としてどのように取り組んでいく考えか。

by koike473 | 2012-12-07 07:28 | 原発・エネルギー | Trackback | Comments(0)  

今日はこんな言い訳で・・・。


 夕べは、友人と少し遅い時間から一杯やり始めた。
 結構やって、朝起きたらブログを書く時間がなくなってしまい・・・。

 そんなことでまた明日です。

by koike473 | 2012-12-06 08:07 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

いろいろな課題が明確になった冬の地域防災訓練

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 2日(日)は、市内各地で自主防災会の冬の防災訓練が行われた。
 私が自主防災会長を務める駿河台3丁目では、今年は各組合(班)の最寄りにある消火栓計14カ所を使い訓練を行った。
 まずは、8:30の市の同報無線を合図に、「我が家は大丈夫」を発信する「黄色いバンダナ掲示訓練」。
f0141310_893977.jpg
f0141310_895183.jpg

 隣接する駿河台2丁目の訓練集合風景。集合場所は駿河台市営住宅の広場。
f0141310_810818.jpg

 私の組合は町内でも一番南端であり、2丁目とともに訓練をやることで事前調整していた。

 まずは、40トンの防火水槽を使った消火訓練。
f0141310_8103012.jpg

 消防団5分団の皆さんに来ていただき訓練開始。
f0141310_8105023.jpg

 確認してわかったが、現段階では2丁目は可搬ポンプがなく、3丁目の防災倉庫から運ぶには遠すぎる(400mほど離れている)。
f0141310_8115051.jpg

 通常の火災時は、住民は消防車が来て防火水槽の場所を伝えることで対応できそうだ。
f0141310_8124267.jpg
f0141310_8125799.jpg

 しかし大規模地震時は、消防車も簡単には来れず、我々に消火活動のすべがないのは大きな問題だ。

 次は、市営住宅前の消火栓を使った訓練。
f0141310_8141749.jpg

 車の往来が結構ある道路上だが、消防団の誘導で安全に実施できた。
f0141310_8143729.jpg
f0141310_8144714.jpg

 消火訓練終了後は、公会堂に各組長さんがバンダナ掲示軒数や訓練参加者数を伝え、集計する情報収集訓練。
f0141310_815643.jpg

 バンダナ掲示軒数は367軒で全戸数の81.2%(夏の訓練時は81.4%)、訓練参加者数は267人(夏は242名)。
 参加者数は冬の朝にしては予想以上だったが、バンダナ掲示軒数が頭打ちだ。
 残り約20%の家庭に促す方法を考えなければ。

by koike473 | 2012-12-05 08:18 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

「幸せ軸」を経営理念に! 坂本光司先生の「人を幸せにする会社を選べ!」講演会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週の水曜日11月28日は、fきゃる(若者のためのキャリアデザイン支援室)がラ・ホール富士で開催した「人を幸せにする会社を選べ!」という講演会に参加した。
f0141310_7381941.jpg
f0141310_738288.jpg

 講師は、法政大学大学院教授の坂本光司氏だ。

 坂本先生は、地域経済論、地域企業論が専門の経営学の先生だ。

 先生は、全国7000社以上の中小企業を訪問し、その経営者に経営理念や従業員の育て方等をヒアリングしてきた。
f0141310_7385846.jpg

 そうした中で、「業績重視ではなく、人の幸せ重視」、「拡大・成長重視でなく、継続重視」、「株主重視型でなく、社員とその家族を重視」するような「幸せ軸」を基本に経営するべきだと考えるようになったそうだ。
 そして「幸せ軸」で経営する企業が、結局は業績を伸ばしているそうだ。
f0141310_7391735.jpg

 この日は、「就職活動中・就職を控えたお子さんを持つ保護者や若者」を対象とした講演で「人を幸せにする会社を選べ!」という講演タイトルだった。
f0141310_7411928.jpg
f0141310_7412764.jpg
f0141310_7413642.jpg

 一番わかりやすいのは、「社員食堂」と「トイレ」を見ることだと断言された。
 そこで働く社員がリラックスし英気を養う社員食堂が、日当たりよく、きれいな会社、社員だけでなくお客様も使用するトイレがきれいな会社は、社員が大切にされ、また社員がお客様を大切にし、業績が伸びているそうだ。

 先生が著書の中でも紹介し、昨年私が所属する市民クラブで視察させていただいた伊那食品工業さんがまさしくそうだったのを思い出した。

 実は、先生にお会いするのは20年ぶり位だった。
 先生には前職で何度か講演をお願いしお世話になった。
 また平成4年度には県が主催し、これからのまちづくりを1年間塾形式で学ぶ「静岡・未来・人づくり塾」に、私が塾生として参加したとき、先生は3つあるゼミのゼミ長だった。
f0141310_7415499.jpg

 「あっという間の20年」と、ほとんど変わらない姿の坂本先生が少しうらやましかった。

by koike473 | 2012-12-04 07:46 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)  

多くの人で賑わったが、少し残念な気もした「環境フェア」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 2日(土)は、毎年この時期にふじさんめっせで開催される「富士市環境フェア」に出席した。
f0141310_834612.jpg

 旧昭和自動車学校跡地まで自転車で行き、そこからシャトルバスに乗る。
f0141310_84134.jpg
f0141310_842894.jpg

 ジヤトコさんに協力いただき、社員送迎バス3台も動いている。
 9:30発のバスはこのくらいの乗員。
f0141310_844238.jpg

 会場内では、開会式の後、市民の皆さんのさまざまな環境活動に関する表彰式や、発表会、生ごみ処理の「だっくす食ん太君」の紹介などが。
f0141310_85384.jpg
f0141310_851761.jpg

 省エネ等の環境関係の企業や団体のブースが100ほど揃う。
f0141310_873125.jpg

 私が目を惹かれたのは、この2つ。

 まずは県内在住のプロの競輪選手による自転車やエコのPRブース。
f0141310_88155.jpg

 その隣りでは、自転車をこいで電気を起こしミニ新幹線を動かす体験コーナーが。
f0141310_881975.jpg

 外では、太ももが一見して違う選手たちも。
f0141310_883914.jpg

 「電動アシスト自転車?そんなものは邪道だ!」と言われそうだが・・・。

 2つ目は、市都市計画課による「公共交通を考える」ブース。
f0141310_89252.jpg

 ブースをのぞく皆さんに対し、市職員が1対1で富士市の自家用車、バス、鉄道の使われ方や、それがまち全体に及ぼす影響などを説明し、なるべく公共交通を使いませんか?と話している。
f0141310_891745.jpg

 最後はアンケートに記入いただく。
 モビリティマネジメント(MM)と言われる「コミュニケーションを通じて公共交通を自発的に利用する方向に促していく取り組み」だ。

 その他にもいろいろ見学し、またシャトルバスで戻った。
f0141310_895936.jpg
f0141310_81093.jpg

 ただ、目を惹かれたのがバスや自転車などの取り組みだっただけに、広い駐車場がガラガラなのが残念だった。
f0141310_810316.jpg

by koike473 | 2012-12-03 08:13 | 環境 | Trackback | Comments(2)