<   2012年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

鈴木富士市長の24年度施政方針演説が行われました

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日から2月定例議会が始まった。

 23年度の補正予算案の説明、質疑の後、鈴木市長から「平成24年度 施政方針」が発表、読み上げられた。
f0141310_7484343.jpg

 前段部分では昨年の東日本大震災を踏まえ「自然の猛威に対する人間の限界を痛感し、特に津波対策については、従来の認識を根底から覆されることとなりました」。
f0141310_7511231.jpg

 原発事故に関しては「これまでの私達の便利で快適な生活が、脆弱で大きな危険をはらんだシステムの上に成り立っていたことが露呈し、いまだに根の深い不安感が日本中を覆っています」。
 また本市の動向を「大手事業所の生産縮小や海外工場の建設計画等が明らかとなり、『産業都市ふじ』にとって今後のあり方が問われる事態となっております」。
f0141310_7512760.jpg
との課題認識で、「歴史的な転換点に直面した今、前例にとらわれず、変えるべきものを変え、新しい発想と次の段階に跳躍する勇気をもって、諸施策を展開していく覚悟であります」と述べている。
f0141310_7514399.jpg

 その上で234年度の市政運営に向けては、新年度を「富士市の都市活力再生元年」と位置付け、
  1 都市活力再生に向けた取組み
  2 安全と安心の実現に向けた防災対策
  3 未来への投資としての子育て支援
を3本柱としながら、それぞれの施策や事業に取組んでいくとした。

 課題認識は、その通りだと思う。
 では、その認識の下、どんな戦略、事業で市政を進めていくのか?
 その部分は後段の計15ページに及ぶ「施策の大要」の中で読み上げられた。
f0141310_752838.jpg

 2月議会では、この「市長の施政方針」に関し、会派ごとに代表質問を行う。
 私が所属する会派「市民クラブ」では、昨年秋に会派として提案した事項がどのようには反映されているかを軸に、今日から細かな検討作業を始める。

 昨日は最後に会派内で、代表質問メンバーを決めながら、施政方針に関する「一言感想」を発言し合った。
 私を含め、ほぼ全員がかなり厳しい見方をしている。

 そろそろ出かける支度だ。

by koike473 | 2012-02-15 07:53 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

2月議会のスタートと議会の招集権

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日から2月定例議会が始まる。

 次年度の予算審議をはじめ、今年は特に防災対策、日本製紙の規模縮小への対策に象徴される都市活力再生、そして年末から表面化した岳南鉄道と今後の富士市のまちづくりのあり方を踏まえた公共交通政策、喫緊の課題である被災地のがれき処理問題等、重要なテーマが議論、審議されるべき議会だ。
f0141310_738373.jpg

 私が議員になって5年、市政の根幹に関わる課題がこれまでで最も多く表れてきている。

 ところでこの定例議会、誰に招集権があるかというと首長(富士市では市長)だ。
f0141310_738576.jpg

 議会の運営や採決は、議長が全て采配を振るうが、「さあ、これから議会を開催します。議員のみなさん準備をして集まってください」と号令をかけるのは首長だ。
 議長は、「(市長により)召集されましたので、ご参集願います」という通知を発するしかない。
f0141310_739964.jpg

 これは、地方自治法で決められていることだ。
 ちなみに、平成18年の法改正で、臨時議会については議長が召集できることとなっている。

 全国議長会等では、議長が招集権を持つよう法改正を主張しているが、知事会、市長会等は「臨時会が議長招集となったことで十分」というようなニュアンスの声明を出している。
 これまでの5年間、市長が議会を招集することで不都合があったわけではない。
 しかし考えてみれば、自治体は、それぞれの選挙で選出された首長、議員(議会)がそれぞれの役目を果たすことを基本とする「二元代表制」だ。
 であるならば、議会のチェック(審議)が中心となる議会の招集権は、当然議長が持っているのが自然だと思うのだが。

by koike473 | 2012-02-14 07:40 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

「お花見ウォーク」に向けた滝川の草刈り

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 11日(土)は、滝川の土手の草刈り清掃を行った。
f0141310_755394.jpg

 26日(日)に開催する「お花見ウォーク」に備えての草刈りだ。
 実行委員会のメンバー、毎回参加いただく市民有志の方々、そして昨年NPO法人ふじ環境倶楽部の取組みを取材し、これからの市民と行政の協働のあり方を提案してくれた市役所若手職員など、計19名に参加いただいた。
f0141310_7552016.jpg

 「刈り払い機」は、ふじ環境倶楽部の持ち物、市役所からの借用、そして個人所有のものを合わせて16台揃った。これまでの最多記録だ。
f0141310_7554350.jpg

 一斉に草刈りスタートだ。
f0141310_7555524.jpg

f0141310_7563076.jpg

 遊歩道(土手の上)の歩く部分は、ほとんど刈られているので、法面の肩部分や法面(斜面)そのものを刈っていく。
f0141310_7564446.jpg
f0141310_7565342.jpg

 お父さんとともに高校生も参加してくれた。
f0141310_7571057.jpg

 こちらは、川沿いの企業さんに草刈りをしてもらった区間。歩く部分は終わっているが、今後に備え歩道の両脇も刈る。
f0141310_7572451.jpg

 滝川の土手を挟んだ西側を流れる今泉用水路には、ゴミがこんなに。取ろうと思っても斜面が急で入れない。
f0141310_7573879.jpg

 ウォーキングで歩く人たちには見せたくないが・・・。

 11:30を回り、それぞれの担当エリアから上がってくるころには陽が出てきた。
f0141310_7575287.jpg

 女性陣は、ノンビルとセリをみんなに分けて。
f0141310_758741.jpg

 朝とは違った陽ざしの中で「おつかれさまでした!」
f0141310_7582186.jpg

 26日、みなさん田宿川、滝川、沼川沿いを歩いてみませんか、お待ちしています!

by koike473 | 2012-02-13 08:00 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

30年、40年後の市民に評価されるまちづくり 富山市の「公共交通を軸としたまちづくり」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、午後からロゼシアターで開かれた「富士市の公共交通を考えるシンポジウム」に参加した。
f0141310_8112957.jpg

 基調講演は富山市の森市長による「公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり」だ。
f0141310_8115325.jpg

 強いリーダーシップを持った市長さんだ。
f0141310_812844.jpg

 富山市は、富士市と同じように拡散した市街地を持つまちだそうだ。
f0141310_8123989.jpg

 今後高齢化、人口減少が進む中で、住むに値する魅力を持ち、安全・安心して企業にも進出していただけるような魅力あるまちをつくる、という大きな目的のためにとった方針が「富山市が目指すコンパクトシティ」だ。
f0141310_8133339.jpg

 市街化区域の中心部の地価が下ったら、多くの割合を占める固定資産税、都市計画税の税収が減少してしまう。
 中心市街地の魅力を高め、そのエリアの人口を減らさない、更に増やすことは、市全体にとって重要なことなのだ、という考え方でLRT(次世代型路面電車)やバスを組み合わせた公共交通網の整備にこの7~8年取組んできている。
 
f0141310_8141813.jpg
f0141310_8142645.jpg

そしてその成果が徐々に形や数字になって現れてきている。
f0141310_8151829.jpg
f0141310_8152558.jpg

 森市長曰く、「30年、40年後の市民に評価されるまちづくりでなければいけないと思う。そのためには将来ビジョンを持って、ぶれずに説明、説得を続け、小さなことから目に見える成果を積み重ねていくことです」。

 富山駅が全ての中心=一極集中という富山市と、核が複数ある富士市とは都市構造は異なるが、コンパクトシティという目指す将来像と、それを支える手段としての公共交通という「まちづくりの構図」は同じだ。

 DMV(デュアル・モード・ビークル)で「まちなか」を循環させ、市内の各地域からDMVの最寄駅まではコミュニティバス等を走らせることにより、市内の移動性を確保する。
 私は、以前から何度かこのブログにも書いてきたが、鈴木市長のこの考え方に賛成だ。

 現在、岳南鉄道の存続問題が俎上に上がっている。
 2月議会では、富士市の30年、40年後の将来像と、それを実現する手段の一つとしての公共交通のあり方、取り組み方について、市長の考え方を改めて確認していきたい。

by koike473 | 2012-02-10 08:18 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

駿河台地区 第3回ガーデンコンテストの募集が始まります

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 私が住む駿河台地区(今泉)では、3年前から私の後援会が主催し「ガーデンコンテスト」を開催している。

 これは、5年前の最初の選挙の際、町内のお宅にあいさつに伺うと、花や植物を上手に育て、美しい庭づくりに熱心なお宅が多いことに驚いた。
f0141310_7455299.jpg

f0141310_744139.jpg

 「こんなきれいな庭が近所にあることを、みんな知ったら楽しいだろうな」、「この庭を自由に見学させてもらえたら、それをきっかけに近所のいろいろな人と知り合いになれるだろうな」などと思い、密かにあたためていた?取組みだ。
f0141310_7462225.jpg

 3年前の春は、駿河台3丁目だけだったが、一昨年の2回目は1、2、3丁目を含めた駿河台地区のコンテストとして秋に開催した。
f0141310_7463460.jpg

 今回は、3回目で春3月の開催だ。
f0141310_7464722.jpg

 今週から、各町内でコンテスト募集のチラシが回覧されている。
 このコンテストをきっかけに、丹精込めて育てている美しい庭や花とそのオーナーを、たくさん紹介できればと思う。

by koike473 | 2012-02-09 07:47 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)  

いよいよ「2月議会モード」です!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、来週から始まる2月定例議会の進め方を検討・確認する議会運営委員会が開かれた。
 その後、議案書、そして2月議会ならではの来年度(24年度)の予算書案等が各議員に配布された。
 毎年、「そのまま立つ」分厚い予算書や資料が一式だ。
f0141310_757995.jpg

 予算案は、市の基本的な会計である一般会計は788億円で前年比4.1%減だが、特別会計、企業会計を合わせた総額は1,550億円と過去最大となっている。
f0141310_757225.jpg

 午後からは、早速会派で勉強会が始まった。
 まずは昨年、議会として初めて取組んだ「事業評価」を行なった事業が、議会からの提言を踏まえ、どのように予算措置されているかを確認。

 さらに財政課長を招き、来年度予算案のポイントなどについて説明を受けた。
 ただ、予算編成が押し詰まった昨年暮れに、来年度の税収見通しが約10億円も減収となることがわかり、年末年始に相当の金額をカットせざるを得なかったこと。しかしそれでも投資的経費は金額、割合とも前年度を上回る額を確保したことなどの「苦労話?」も聞けた。

 まずは一人ひとりで資料を読み込み、それから会派での勉強会が続く。
 いよいよ議会モードだ!

by koike473 | 2012-02-08 07:58 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

岳鉄に乗ってグランシップ(東静岡)へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 3日(金)は、ある会合でグランシップ(静岡県コンベンションアーツセンター:静岡市)に出かけた。
f0141310_7413148.jpg

 会合の内容でなく、グランシップの写真をどうぞ。

 500億円かけて1999年にオープンした。
f0141310_7415189.jpg

 オープン当時、グランシップを設計した礒崎新氏の講演を聴いた。
 礒崎氏は「こうした文化施設は、毎年建設費の10%くらいは運営費などのソフト面、施設の維持管理費にかけなければ文化が育ち、根付かないし、長持ちする施設にならない」と言っていたのが印象的だった。
f0141310_7421616.jpg

 でも毎年50億円?それはいくらなんでもできないだろう。

 外壁落下問題も聞いているが。
f0141310_7423420.jpg

 この日は、大学の地方入試の会場にも使われていた。
f0141310_7424769.jpg

 会議室では、ある会社の就職試験も。
f0141310_7431364.jpg

 10階ロビーからの富士山。
f0141310_7432862.jpg
f0141310_7433936.jpg

 最寄り駅の「東静岡駅」駅舎。
f0141310_7435183.jpg

 何だかまとまらないブログですが。
 ただこの日は、行きも帰りも岳鉄で出かけた。
 行きは昼過ぎだが、ちょうど20人が吉原駅で降りた。
f0141310_7514454.jpg

 帰りは17:40過ぎで、通学の高校生を含め30人以上が乗っていた。
f0141310_7515326.jpg

 減っているとは言え、地域の生活の足であることを実感する。

by koike473 | 2012-02-07 07:45 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

富士高ハンドボール部男子が全国選抜大会に出場!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村
 
 やはり今日はこれを書かなくては。
 富士高ハンドボール部男子チームが3月に開催される全国選抜大会に出場を決めた。
f0141310_7244373.jpg

 新人戦県大会で優勝し、「選抜」の予選となる東海大会(4日(土)、5日(日)に岐阜県で開催)に出場していた。
 初日の各県の1位校による1回戦では、強豪・愛知県の大同大大同高校に大差(41-8)で負けたそうだ。
 しかし、2日目の3位決定戦では、2位校グループで勝ち上がってきた三重県の四日市高校に18-15で勝ち、東海3位で選抜の出場権を得た。
 この試合終了と同時に、何名かのOBや関係者から電話、メールで連絡があった。
 前回出場(初出場)は、昭和59年なので実に28年振り2回目だ。

 富士高ハンドボール部は、2年前に女子が新人戦県大会で優勝するなど、男女ともここ3年ほどでかなり戦力が上がってきた。
 良い指導者(男女ともOB)が揃ったことに加え、練習や試合の多くで体育館を利用できるようになったことが大きいと思う。
 県大会をはじめ、県中部、西部の地区大会は相当前から体育館=屋内で開催していたが、東部の大会はずっと屋外だった。
 土のグラウンドと体育館では、身体の切れや膝への力のかかり方、ボールの手のひらへのつき具合がずいぶん違う。
 それが、3年前から市立体育館などを多くの場面(練習、大会)で利用するようになり、その成果が出てきているのだと思う。
 これは、OBと高校生が練習試合を何度も行う正月の「初投げ」の様子だ。
f0141310_7252414.jpg

 また、10年前から、富士高ハンドボール部のOB会が中心になり、富士市ハンドボール協会で子供達の「ハンドボール教室」を開催している。
f0141310_727761.jpg
f0141310_7271766.jpg

 愛知県などのハンドボール強豪県は、子どもの頃からハンドボールになじんでいるので、多くの選手が身体とボールが一体になった動きをする。
f0141310_7282853.jpg
f0141310_7284087.jpg

 富士市でも、そうした子供の頃からの取組みが実り、このハンドボール教室を卒業した子供達が地域の高校でハンドボールを続けるようになったことも大きい。
f0141310_7285210.jpg

 さあ、OB会としては金銭面をはじめ、さまざまな支援の準備だ!

by koike473 | 2012-02-06 07:31 | ハンドボール | Trackback | Comments(0)  

「土管坂」とは? さすが陶器の街・常滑(とこなめ)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週、会派の視察で宿泊した碧南市(愛知県)は、伊勢湾沖合いにセントレア(中部国際空港)があるが、やきもの(陶器)の街としても有名だ。

 宿泊した次の朝、会派の先輩である川窪議員と「やきもの散歩道」を歩いた。
 6:15に目覚ましをセットし、6:30にホテルを出発。
 5分ほど歩くと「やきもの散歩道」のスタート地点だ。しかしまだこの時間はうす暗い。
f0141310_7415099.jpg

 しゃれた地面設置型の照明灯。
f0141310_742624.jpg

 寒さが尋常ではない中、茶色の土管が埋め込まれた「土管坂」(どかんざか)を登る。
f0141310_7423030.jpg

 「土管坂」の由来を説明したポケットパーク。
f0141310_7425198.jpg

 この坂は、全て陶器製?
f0141310_743466.jpg

 陶器を焼く特徴的な煙突。
f0141310_7432247.jpg

 土管のよう壁も。
f0141310_7433858.jpg

 散歩道の途中には、何箇所もの陶芸教室や喫茶店があります。
f0141310_7435536.jpg

 常滑を訪れたら、歩いてみてはいかがでしょうか。約1時間でゆっくり回れます。
f0141310_744866.jpg

by koike473 | 2012-02-03 07:45 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

岳南鉄道に乗って早咲きサクラを楽しもう!「田宿川・滝川・沼川のお花見ウォーク」

 2月26日(日)は、「そうだ!沼川プロジェクト実行委員会」が主催する「お花見ウォーク」がある。
f0141310_7584174.jpg

 先日、その広報チラシの印刷が上がり、プロジェクト幹事会のメンバーで仕分け作業を行った。
f0141310_804715.jpg

 富士市・富士市教育委員会、そして富士市町内会連合会から後援をいただき、市内全町内会に回覧する。
 8,000部、町内会・区の組合・隣保班数ずつに分けて、封筒に入れていく。
f0141310_813199.jpg

 そして3,000部は、さまざまな関連団体や施設に届け、配布していただく。
f0141310_814191.jpg

 町内会・区の回覧用のたばは、次の日に市役所の配布物集積所へ。
f0141310_815625.jpg

 他の配布物と一緒に、各地区別に並べ、後はまちづくりセンターから町内会長さん、区長さん等に5日から回覧していただく。
f0141310_82766.jpg

 今回は、是非多くの人に「岳南鉄道」に乗って参加いただきたい。
 岳鉄そのものの魅力、沿線の魅力をたっぷり楽しんでください!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2012-02-02 08:03 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)