<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

日本で最大、世界でも最大級の石炭火力! 碧南火力発電所

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、昨日に続いて「電力」の話。
 先週、所属する会派・市民クラブで視察した「碧南火力発電所」の報告だ。
f0141310_811366.jpg

f0141310_8102864.jpg

 碧南火力発電所は、愛知県の知多半島の東側にある中部電力が所有・運転する石炭火力発電所だ。
f0141310_810418.jpg

 敷地面積208ha(名古屋ドーム40個に相当)で1~5号機まである。
 平成3年(1号機)から14年(5号機)にかけて順次稼動を開始し、石炭火力としては国内最大、世界でも最大級の出力410万kWの発電所だ。

 当初、「なぜ石炭?」と思ったが、燃料となる石炭の価格(LNGの約2/3)、安定確保(政情が安定している複数の国に分布し、輸入可能)の面からの選択だそうだ。
f0141310_811471.jpg
f0141310_811563.jpg

 また、電源構成上もこれまでの原子力と並び一定量の電気を安定的に供給できる「ベース電源」として重要な役割を占めている。
f0141310_812939.jpg

 新エネルギーで先端を行くイメージがあるドイツでも、石炭火力は全電力の50%を占めているそうだ。

 1隻9万トンクラスの船に積み込まれオーストラリアやインドネシアから輸入された石炭は、この88万トン収容力を持つ貯炭場に貯められる。
f0141310_8123486.jpg

 手前のプールが3万トンのプールだが、これがベルトコンベアーでボイラーに運ばれ1日で使用、つまり燃されている。
f0141310_813823.jpg
f0141310_8131885.jpg

 写真左側が1号機が入っている建屋だが、建屋の中はこのように配管で一杯だ。
f0141310_8133772.jpg

 福島第一原発の映像で見るように、発電施設は建屋で覆われているものが多いが、中部電力でも古い発電所はむき出しだが、昭和57年以降に建設された発電所は、全て建屋で覆い、景観的にも配慮しているそうだ。

 石炭は、価格や安定確保面でのメリットの一方、環境への負荷の大きさが懸念される。
 そのため、敷地の広い部分、右側の青い建屋から煙突までの間のパイプの数々は集じん施設や脱硫施設等の環境対策施設だ。
f0141310_8142362.jpg

 これにより、環境負荷指数は、世界でもトップの低さを保っている。
f0141310_8143680.jpg

 また環境対策の一環として平成22年9月から木質バイオマス(カナダ産のマツ)を石炭と一緒に混燃している。
f0141310_8145484.jpg

f0141310_8155867.jpg

 サイロから木質チップを運び出すベルトコンベアー。
f0141310_8163523.jpg

 現在は10万トン/年の混焼だが、近い将来30万トン/年に増やすことにより、石炭を燃すことによるCO2の発生を20~30万トン/年削減することを目指している。

 燃された石炭からは、年間約100万トンの石炭灰が発生する。
f0141310_8171792.jpg

 これは大半がセメント原料として再利用されている。
f0141310_8172963.jpg

 視察をして第一に感じたことは、「日本は資源がない」ということだ。
 石炭はもちろん、原油、LNGなど、大半の燃料資源はほぼ100%輸入に頼っている。
 安定的かつ安価な燃料確保のために、電力会社や商社だけでなく国策として進めなければならないことを強く感じた。
 第二は、そうした中での「電気のありがたさ、大切に使わなければという気持ち」だ。
 1日にあの大きなプール1杯分、3万トンの石炭を全て燃やしてしまう。それが休みなく毎日だ。
 帰りのバスの中で、「あんなに石炭を掘ったら地球がべっかっこうになりそうだ」という話が出るほどの量だ。
 発電の際の熱効率を更に上げる効率化の研究開発に期待したいし、産業・民生部門全てでの継続的な節電が本当に重要だと思う。

by koike473 | 2012-01-31 08:19 | 原発・エネルギー | Trackback | Comments(0)  

エネルギーも時(時間)も「金なり」、分散型エネルギーシステム活用研究会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 27日(金)は、「分散型エネルギーシステム活用研究会」を傍聴した。
f0141310_7163149.jpg

 この研究会は、自前の発電施設を有する企業、工場が多い富士地域で、天然ガス(LNG)を使ったコージェネレーション(電熱併給)を活用してエネルギーを融通しあう仕組みづくりを目指す県が主催する研究会だ。
f0141310_7164734.jpg

 今回が3回目で、メンバーは静岡理工科大学の荒木学長を会長に、富士地域の大手企業、東電、中電、静岡ガスなどのエネルギー供給事業者、商工会議所、金融機関、行政機関などで構成されている。
f0141310_717144.jpg

 今回は、25年度からモデル事業としての取組みを目指す事業案が事務局から示され、検討が行なわれた。
f0141310_7171530.jpg

 PPS(特定規模電気事業者)という、電力会社の送電網を使いながら電気の売り買いをする事業体を富士地域で立ち上げ、そこが融通業務を担うというものだ。
f0141310_717524.jpg

 感心(と言ったら怒られるが)したのは、どの企業の皆さんも、コストの面を押さえながらポイントを絞った話し方をすることだ。
 普段からのコスト意識と「時は金なり」を実践されている様子が伝わってくる。
f0141310_7182063.jpg

 また私は昨年の9月議会で「富士市にLNG火力発電所の誘致を!」と一般質問したが、この日の検討の中でも、企業自前の発電施設以外に中核となる発電所の必要性を提言する方もおり、改めて電力の地域自給の必要性を感じた。

 一方、荒木会長が前回までの検討を踏まえ議論を前に進めようとするのに、その検討を忘れてしまったのか、前回欠席したがその議事録を読んでこなかったのか、話を元に戻すような発言を繰り返す委員もいた。

 時間がない中、皆が調整して集まりテーマに沿って議論し方向性を出すという「会議の基本」を、自戒を込めて感じた研究会だった。

by koike473 | 2012-01-30 07:19 | 原発・エネルギー | Trackback | Comments(0)  

反省点と刺激が多かった私の「市政報告会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、先週18日(水)、19日(木)に行った私の市政報告会の話。

 私は、自分なりに勉強し、いろいろな皆さんと話し、意見交換し、富士市の課題やこれからのあり方について考え、行動しているつもりだ。
 しかしそれでは、どうしても独りよがりの考え、行動になりがちだ。
 と言うか、いろいろな方と話せば話すほど、「そうか、そんな考え方もあるんだ」ということがあることに、やっと気がついた(遅い!)。

 そんなことで、2期目はいろいろな場面で大小の「市政報告会」、もっと言えば「意見交換会」、気軽な「小集会」を頻繁に開催したいと思っている。

 その第一弾として開催したのが今回の今泉地区、吉原地区での市政報告会だ。
 こちらが今泉。
f0141310_8213049.jpg

 最初のあいさつをする勝亦後援会長。
f0141310_8214272.jpg

 こちらが吉原。
f0141310_8224322.jpg

 どちらもパワーポイントを使い報告や提案したが、反省点が多い。
 特に私の声と話し方だ。
f0141310_823164.jpg

 私の声は滑舌(かつぜつ)が悪く、くぐもってしまう。そして抑揚がない。
 吉原地区の報告会は、鈴木すみよし県議にゲストとしてお越しいただいたが、声の張りやポイントを押さえた話の仕方は抜群だ。
f0141310_8235419.jpg
f0141310_824060.jpg

 もっと話し方を工夫しなければと思う。
 加えて内容的には、参加者の皆さんから、時節柄「防災対策」に関する質問や提案がどちらの会場でも多かった。
f0141310_8243764.jpg

 「待ったなし」の状況と、「議会・議員もしっかりしろ!」という叱咤をひしひしと感じる。
f0141310_8245326.jpg

 冒頭にも書いたが、これからは、より「小集会」で多くの皆さんとじっくり意見交換していきたいと思う。

by koike473 | 2012-01-27 08:26 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

受け入れ側、参加側も重要! 災害ボランティア支援本部開設訓練

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日夜、視察から帰ってきた。
 この報告はまた後日と言うことで、今日は22日(日)に行われた「災害ボランティア支援本部開設訓練」の話。
f0141310_813539.jpg

 会場は、フィランセとその周辺の区の公会堂等。
 この日は、私達自主防災組織の関係者が「市外から参加した災害ボランティア」という役になりきり、それを 富士市の支援本部がどう受け入れるかという訓練だ。私は、一昨年に続き2回目の参加だ。
 フィランセのホール内には、この支援本部が開設された。
f0141310_815311.jpg

 まずは、ボランティアの受付。
f0141310_82890.jpg

 どこから来たか、名前は、ボランティア保険に加入しているか等を確認する。シール(テープ)にカタカナで名前を書き込み、胸に貼って互いに名前を確認できるようにする。

 どんなボランティア作業があるかを確認。沼津のボランティアの方々も参加。
f0141310_824181.jpg

 私は、厚原や駅南、そして今泉からの参加者が計7名のグループに入った。岩沼や石巻のボランティアセンターでの受付の場面を思い出した。
f0141310_83397.jpg

 私のグループは、5種類の作業の中から「ニーズ調査体験 簡易担架製作」を選択。
f0141310_832223.jpg

 「ニーズ調査」とは、被災した地域に入り、被災者の皆さんから2次災害への懸念や避難生活を送る上での救助・救援要望を細かく聞き、それを支援本部に伝える作業だ。
 本市場の公会堂でその議事体験を。
f0141310_834631.jpg

 訓練の狙いや無線機の使い方の説明を受ける。
f0141310_835772.jpg

 ここで被害が発生していることを想定し、無線機を使い本部に「本市場3区公会堂にいる災害ボランティアの○○です。がけ崩れの危険性があるので避難したい。誘導員を3名派遣してほしい」と要請。
f0141310_841576.jpg

 同じグループの皆さん(どなたも自主防災役員)からは、「無線機を是非補助金の対象物品に!」との意見が。
f0141310_843165.jpg

 そして簡易タンカの製作訓練も。
f0141310_844883.jpg
f0141310_845352.jpg

 更に、地震体験車、煙ハウスの体験も。
f0141310_851655.jpg
f0141310_852435.jpg

 震度7では何もできないことを改めて実感。
f0141310_854450.jpg

 家の中のものは全て飛ぶ。家具の固定は急務だ。
f0141310_855750.jpg

 訓練終了後は、女性ネットワークの皆さんがおいしく作ってくれた豚汁、けんちん汁をいただいた。
f0141310_861551.jpg
f0141310_862167.jpg
f0141310_862739.jpg

 多くの市民の皆さんが、何度かこういう訓練に参加することにより、実際の災害時にボランティアの方々をスムースに受入れできるのだろうと感じる。
 来年は、是非多くの皆さんに参加いただければと思う。
 関係者の皆様、おつかれさまでした。

by koike473 | 2012-01-26 08:09 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

今日は中部電力の電力・エネルギー施設の視察です

今日のブログは、常滑市のホテルから書き込み。

一昨日から、所属する会派・市民クラブで三重、愛知県に視察に来ている。

初日は四日市市(三重県)の石油コンビナート等の防災対策。
昨日は、亀山市(三重県)の企業誘致・留置施策について。
「亀山モデル」で一躍有名になったシャープの拠点工場とその関連企業の立地誘導の三重県・亀山市取り組みや、数年単位でダイナミックに方針を転換し世界市場を切り開き、牽引しようとするシャープの姿勢には驚くばかりだ。

今日はこれから中部電力の新エネルギー研究開発施設や火力発電所を視察する。
今日の報告書は、私の担当だ。
しっかり視察してきます。

まもなく出発します。

by koike473 | 2012-01-25 08:53 | 原発・エネルギー | Trackback | Comments(0)  

県高校新人ハンドボール大会で富士高男子が16年ぶりに優勝!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、やはりこれを書かなくては。
f0141310_719326.jpg

 昨日は、午前中は災害ボランティア支援本部開設訓練とその後の自主防災会の打合せ。
 午後からは、「平成23年度静岡県高校新人ハンドボール大会」、いわゆる新人戦の県大会を観戦に清水総合体育館に出かけた。
f0141310_720397.jpg

 母校・富士高ハンドボール部は、先週までの予選を勝ち上がり、4校で争う決勝リーグが行われた。
f0141310_7203356.jpg
f0141310_7204188.jpg

 私が観戦した最終試合「富士高ー清水商業」の結果で1~3位が決まる三つ巴の接戦だった(向かって右側の白が富士高)。
f0141310_7215824.jpg
f0141310_722830.jpg

 私は現在OB会長だが、今年のチームの試合をしっかりと見るのは実は初めてだった。
f0141310_7231147.jpg

 前半は、清水商業の高い位置のディフェンスに戸惑っていたように見えたが、しつこくボールを拾って得点を重ねた。
f0141310_7234494.jpg
f0141310_7235378.jpg

 前半は3点リードで折り返す。
f0141310_7241268.jpg

 後半は、相手のディフェンスが変わり、かえって攻めやすくなり、ボールも回る。
f0141310_7243659.jpg
f0141310_7244452.jpg

 最後は突き放し、連続得点で試合終了。
f0141310_7245994.jpg

 応援席も大喜びだ。
f0141310_7253228.jpg
f0141310_7255058.jpg

 2年前に女子が優勝したが、男子は16年ぶりの優勝だ。
f0141310_7291471.jpg

 ハンドボールは漢字で書くと「送球」だ。
f0141310_7261374.jpg

 3年前に就任した筒井監督(教員)は、富士高のOBで彼自身も夏のインターハイ予選で優勝し全国大会に出場している。
f0141310_7262788.jpg

 春の全国選抜大会は、2月に行われる東海4県大会で勝ち上がらないと出場できない。
 静岡県勢は、ここ数年大きな壁に跳ね返されているが、何とか頑張って全国を目指してほしい。
 そうなったら、OB会も寄付金を集めなくては!

 今日から3日間、会派の視察に出かけます。

by koike473 | 2012-01-23 07:31 | ハンドボール | Trackback | Comments(4)  

「定年は乗り換え駅」と「55歳からのハローライフ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日までの2日間、今泉、吉原で私の市政報告会を開催した。
 両日とも50名、40名以上の皆さんに来場いただいたが、はなはだ反省しきりだ。
 この市政報告会の話はまた後日と言うことで、今日はまず、この新聞記事をご覧いただきたい。
 1月13日(金)の静岡新聞だ(記事の上をクリックすると拡大して見やすくなります)。
f0141310_812536.jpg

 昨年11月に開催された還暦フェスティバル「還暦世代のつどい」の実行委員長である塚田充宏さんの本音インタビューの記事だ。
 塚田さんは、「今後高齢化社会が進展する中、還暦世代が活性化することで地域コミュニティ再生の担い手になってほしい」。
 最後には「定年は終着駅ではなく、乗り換え駅。これからどこへ行こうと自由。それも豊富な経験や知識を背負っている。夢とやる気があれば再び自分を生かせると思う」と結んでいる。

 「そうかあ、『定年は終着駅じゃなくて乗り換え駅』か、そう考えると前向きになれるよなあ」と私も思うし、50代以上の方にはどの人もそんな姿勢でいていただきたいと思う。

 一方、昨年12月から静岡新聞で連載が始まった村上龍の「55歳からのハローライフ」が毎日楽しみだ。
f0141310_8122952.jpg

 村上氏は、連載前に「希望は、自ら手に入れなければならない。55歳からの生き方、『格差を伴って多様化した定年後』のサバイバルの方法を考える小説」として、全員がセカンドライフ=ハローライフではないと言っている。
 毎回話は少しずつ進んでいくが、話の最後は「次回はどうなるのだろう?」と興味や期待を持たせて次の日につなぐ小説の構成技術は、さすが一流の作家だ。
 そして「サバイバル」がどう展開していくのかが楽しみだ。

 実は、この「55歳からのハローライフ」のことを連載開始時にこのブログで書いたところ、「55歳からのハローライフ」をキーワードとして私のブログを見に来る人が急増している。
 これまでは毎月、一応「小池としあき」がトップだったが、1月は既に「55歳からのハローライフ」が「小池としあき」の3倍以上で断トツだ。

 これからの私達のセカンドライフは、世界の歴史上一度も経験したことがない少子高齢化の中で過ごすことになる。
 どう生きるか?
 やはり「サバイバル」がぴったりの形容詞であり、「乗り換え」てどこに向かうかは自分自身の判断が基本だろう。
 であるなら、なおさらのこと自分で自分の準備をしなければ。
 その上での社会的、行政的な応援、支援だろうと思うのだが?

by koike473 | 2012-01-20 08:13 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

岳南鉄道存続問題は、今後の議論は議会の場へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、富士市公共交通協議会を傍聴した。
 昨年末の前回の協議会で明らかになった岳南鉄道の継続困難に関する問題が議論された。
f0141310_8252834.jpg

 今回も多数のマスコミが取材に入った。
f0141310_8254090.jpg

 国や県の専門家がメンバーとして入った「鉄道分科会」で暮れから新年にかけて検討した「公共交通としての岳南鉄道のあり方」案がメンバーに示された。

 まず岳南鉄道は「公共交通ネットワークの基軸」として位置付けられることを確認するデータ。
f0141310_826019.jpg

 その上で、3つの論点から客観的なデータを基に考え方を整理している。
 1 岳南鉄道は市民ニーズがあり、将来的な可能性があるか?
   →利用者数のトレンドも上昇傾向にあり、市民ニーズがあり必要性、可能性も高い

 2 岳南鉄道は鉄道事業者として経営努力がなされているか?
   →効率的に運行され生産性も高い。更なる経営努力は言うまでもないが支援する価値はある

 3 岳南鉄道は存続させるだけの価値があるのか?
   →採算性だけで判断すれば赤字事業者だが、富士市にもたらす社会的便益が大きく、鉄道として存続する価値は大きい
f0141310_8263635.jpg

 こうした分析、検討の結果、分科会からは「岳南鉄道は富士市における社会基盤として、事業者の自助努力と行政の適切な関与によって存続すべきである」との結論が報告された。

 これに関して委員からは、
 「『事業者の自助努力』と『行政の適切な関与』の具体策が示されなければ議論ができないのでは?」
あるいは、
 「この公共交通協議会では、どこまで議論し、結論を出すのか?出せるのか?自助努力あるいは支援の金額までも議論するのか?」
などの意見が出された。

 これに対しては、別の委員や事務局から
 「方向性が協議会で確認できれば、具体的な方策や金額等に関しては、富士市の行政側で案を作成し、それを議会に諮り、議論いただき決めていくのが筋では」との意見だった。

 こうした議論の上で、分科会からの案が協議会として承認された。
 つまり「岳鉄の自助努力と行政の適切な関与の具体的な方策」については、議会がそのあり方について審議することになる。
 市民の皆さんの中では、岳鉄存続に向けた様々な動きが広がっているが、議会・議員の中ではどうだろうか?
 昨日の協議会は、何名かの議員が傍聴したが、私が所属する会派・市民クラブでは10名中8名が傍聴した。
 31日には、関係する担当課(都市計画課)を招いて会派の勉強会を開催する。
 議会・議員はうかうかしていられない。

by koike473 | 2012-01-19 08:27 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

議会・議員の仕事と議員定数は? 「議員定数のあり方」を考える研修会 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 16日(月)は、議会改革検討の一環として「議員定数のあり方」を考える議員全員参加での研修会が開かれた。
f0141310_8123824.jpg

 私もメンバー(副委員長)である議会改革検討委員会で、昨年4月の選挙後、新たに検討すべき議会改革のテーマを各会派で検討し、持寄ったところ、「議員定数の検討」は全ての会派から出されたテーマだった。

 そうしたことから、16日は「議員定数」に関する第1回目の勉強会として行った。
 講師は、新潟県立大学の田口一博准教授だ。
f0141310_8125246.jpg

 田口先生は、歴史的に議会・議員はどのような人が選出されてきたかを振り返りながら、
  ・昨年地方自治法が改正され、人口に比例した議員定数の上限が撤廃された。これは、各自治体で必要な議会・議員の仕事を考えた上で自主的に議員の数を決めましょうということ
  ・富士市における議会・議員の仕事を皆さんで改めて考えることから始めるべきではないか
  ・議会・議員の仕事を考える上では、若者や女性など、現在議員が少ない層を始めとする多様な市民の意見をどのように吸い上げるかという視点が重要だ
とした上で、結論的には「安易な議員定数の削減はいかがなものか」という講演だった。
f0141310_8131627.jpg

 しかし多くの市民の皆さんから「無駄な議員が多すぎる。減らすべきだ」という声をよく聞く。
 多くの自治体で議員を減らしているのも事実だ。

 またつい先日、富士市政をよく見ているある方から「日本製紙の操業停止、ガレキの受入れ、岳南鉄道の存続など、多くの課題が出てきていますが議会は何か動いているんですか?」と指摘された。
f0141310_8132898.jpg

 田口先生が指摘した「富士市における議会・議員の仕事」を考え、実践した上でこそ初めて、と言うかそうしなければ「議員定数」についての議会内での議論や市民の皆さんへの投げ掛けを始められないのでは?と感じた研修会だった。

by koike473 | 2012-01-18 08:14 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

急がれる新富士駅周辺整備 新富士駅南地区土地区画整理事業の勉強会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 13日(金)は、所属する議会の会派・市民クラブで新富士駅南地区土地区画整理事業の勉強会を行なった。
f0141310_7341770.jpg
f0141310_734254.jpg

 この区画整理事業の対象エリアは、新幹線と国道1号バイパスに挟まれた新富士駅南側から東方向に伸びる面積29.21haの区域だ。
f0141310_7344063.jpg

 この事業は、昨年初めて実施した「議会の評価」の対象となった事業だ。
 私は、市の担当課が行う事業説明に関して何点か質問したが、勉強不足の面もあり理解できずにいた部分があった。
 ずっともやもやしていたこともあり、せっかくなので自分だけでなく、会派の勉強会として急遽実施することとなった。

 勉強会の会場は、現場(新富士駅南口の東側)にある担当課(新富士駅南整備課)の事務所だ。
 急な話だったこともあり、会派からは6名の参加だ。
f0141310_7351252.jpg

 相場課長以下、それぞれの担当職員から説明を受ける形で進んだ。
f0141310_735264.jpg

 これまで机上で理解していた(つもりの)既成市街地で主に実施する公共施行の土地区画整理事業の特徴が良くわかった(ような気がする?)。
f0141310_7355528.jpg
f0141310_736027.jpg

 区画整理と言うと、保留地処分金を財源に進める組合施行の土地区画整理事業がまず頭に浮かぶが、事業の組立てが公共施行の場合はずいぶん違う。
f0141310_7361274.jpg

 説明を受けた後、意見交換を行った。
 議員側から出された質問や意見は、これからの新富士駅、いや富士地域の玄関となる南口周辺の整備の進捗状況についてが多かった。
f0141310_7363746.jpg

 現在は、移転先の確保が比較的容易で、また水害対策上重要でもあるエリア東側(流域の下流側)から工事が進んでいる。
f0141310_737025.jpg
f0141310_737646.jpg

 一方、実際にはまだ相当の年月がかかるようだが、広域的に考えれば何と言っても南口周辺のなるべく早い整備が求められる。

 事業評価の会議でも発言したが、これからは基盤整備(新富士駅南整備課が取組む土地区画整理事業)に併せ、南口周辺にどんな都市的機能(商業やホテルなど)を誘導するかは、他の部署(市街地整備課、商業労政課、観光課など)と連携した取組みが重要だ。
 土地区画整理事業による道路や街区の整備が竣工した翌日には、新しいビルの起工式が行われるくらいの「目に見える進捗」を期待したい。

by koike473 | 2012-01-17 07:40 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)