<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

来年こそは良い年に!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今年も残すところあと3日。
 誰が考えても今年は、日本にとって大きな転換点になる年だったことになるだろう。
 来年こそは少しでも展望が開ける年にしたいものだ。

 私自身も今年は市議会議員2期目となった。
 財政の優等生・富士市も、そんなことは過去の話で、これから大きく変わっていかざるを得ない。
 そうした中での議員の役割と責任。
 しっかり果たしていかなければと思う。

 年末にはぎっくり腰でペースダウンしたが、暮れから正月にかけてしっかり体調を整え、新年から再びスタートダッシュでいかなければと思う。

 ということでブログを見ていただいた皆様、1年間ありがとうございました。
 今年は今日で最終とします。
 新年は、5日くらいから書こうと思っています。

 皆様、良い年をお迎え下さい。

by koike473 | 2011-12-29 09:12 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

初めて観戦したトップリーグ(ラグビー)「ヤマハvs東芝」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村 

 18日(日)は、ラグビーのトップリーグ(社会人)の試合(「ヤマハvs東芝」)を観戦にヤマハスタジアム(磐田市)に出かけた。
 もっと早く書こうと思っていたが、ぎっくり腰になり書けなかった。

 18日(日)は、自転車、そして岳鉄、東海道線と乗り継いでゆっくり出かけた。
f0141310_7374425.jpg

 16日に「運行継続困難」が表面化したが、人件費の削減等、経営努力がこんなところにも現れている。
f0141310_738089.jpg

 磐田駅に着くと、駅前の観光案内所でレンタル電動アシスト自転車を借りた。
f0141310_738138.jpg

 ヤマハからRASを10台磐田市に寄付され、それを貸し出している。
f0141310_7382649.jpg

 結構起伏がある市内を走るには快適だ。
 さあ、目的のヤマハスタジアムが近づいた。
f0141310_7383830.jpg

 スタジアム入口は人の波でいっぱいだ。
f0141310_7391184.jpg
f0141310_7392682.jpg

 1,500円の自由席チケットを購入。
f0141310_7393957.jpg

 バックスタンドに入るときれいな天然芝のグラウンドだ。
f0141310_7394935.jpg

 そしてメインスタンドの看板には「PAS」の広告が。
f0141310_740171.jpg

 私はやはり地元のヤマハを応援。今年から監督は名将・清宮監督だ。
f0141310_7454319.jpg

 青がヤマハ、赤が東芝。
f0141310_7403218.jpg

 社会人ラグビーは初めてナマで見たが、身体もスピード、迫力も大学生とはずいぶん違う。
f0141310_7413215.jpg
f0141310_741819.jpg

 前半、ヤマハも攻め込むがなかなかトライが取れない。
f0141310_7404568.jpg

 そして後半は完全に東芝のペース。
f0141310_7414978.jpg

 ゴール下にトライされた。
f0141310_742333.jpg

 子供達の懸命の応援も届かなかった。
f0141310_7422180.jpg

 結果はこの通り。
f0141310_7423792.jpg

 それでも前の週までの11月議会が終わり、久々にゆっくりした休日だった。
 だが、ぎっくり腰によるここ1週間の病人生活は、元気にラグビー観戦に出かけたのが遠い昔のように感じさせる。

by koike473 | 2011-12-28 07:47 | ラグビー他スポーツ | Trackback | Comments(0)  

神の手、神の鍼!?「川窪健康堂」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 ぎっくり腰の回復は、日柄ものでじっくり時間をかけなければダメなようだ。
 昨日は午後から会合に出かけたが、杖が必要だ。
f0141310_7494358.jpg

 実はこれ、ポールウォーキング用のポールだ。
f0141310_7415967.jpg

 今年の誕生日に、母親からの息子(私のこと)への誕生プレゼントとしてもらったものだが、まだ一度もポールウォーキングには使っていなかった。
 まさか、最初の使用がぎっくり腰の杖替わりとは。 トホホ・・・。

 今日のブログは、そのぎっくり腰の治療をしてもらった「川窪健康堂」(元吉原)の話。
 何を隠そう、ここの先生は市議会の会派の先輩・川窪吉男議員だ。
f0141310_7422429.jpg

 21日(水)の朝、ぎっくり腰のようだが診てもらえませんかと電話すると「わかった、パジャマのままでいいからすぐに来い」との返事(命令?)。
 足を引きずり、苦痛に歪んだ顔で元吉原に向かった。
f0141310_743221.jpg

 背中から腰を一目見るなり「背骨がSの字に曲がってるなあ」、「高校生の頃、ヘルニアのなりかけで医者に通いました」、「そうだらなあ、4番と5番の間がずれてるよ」と言いながら、鍼(はり)とお灸(おきゅう)を打ってもらった。
f0141310_7433411.jpg

 また「飲みすぎで内蔵が疲れているかもしれなゃーな」、「背骨から内臓に神経がつながっているだよ」とこの図を説明しながらマッサージもしてもらった。
f0141310_7434760.jpg

 「あの石のような手で、俺の身体は何をされているのだろう?」と不安になったが。
 すると不思議、というか魔法にかかったように楽になった。

 普通に歩ける!
 奥様にもお礼を言って帰ってきた。
f0141310_744418.jpg

 しかし半日すると・・・。また元に戻って痛みが増してくる。

 2日後には、「最初は直った気になるから、また痛みが出ると、最初よりもっと痛くなった気がするけど、確実に良くはなっているだよ」と言いながら、2回目の治療をしていただいた。

 治療のたびに楽になり、日に日に良くなってきている。
f0141310_7442573.jpg

 皆様もぎっくり腰や捻挫の際には、「川窪健康堂」へ是非どうぞ。お薦めです!

by koike473 | 2011-12-27 07:51 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

いまいづみ幼稚園の食育館「げんきッズハウス」が完成!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 腰の痛みは、やはり「ぎっくり腰」だったようだ。
 一昨日あたりから痛みが少しずつ引き始め、何とか歩けるようになってきた。
 それでもまだおっかなびっくりだ。
 そして少しPCに向いブログを書くこともできるようになってきた。

 今日は22日に出席させていただいた「いまいづみ幼稚園」の食育館(ランチルーム)「げんきッズハウス」のお披露目会の報告。

 私立いまいづみ幼稚園は、今泉地区の多くの子どもが通い、お世話になる幼稚園だ(私の子どもは、まだ当時吉原に住んでいたため違う幼稚園だった)。
f0141310_7521876.jpg

 3学期(年明け)からの新給食システム稼動を目指し建設を進めていたランチルーム「げんきッズハウス」が完成した。
f0141310_7525497.jpg

 そのお披露目に、様々な関係者が招かれ参加した(会費制のパーティーです)。
 今泉園長のごあいさつ。
f0141310_753862.jpg

 食育は大変重要であり、炊き立てご飯と和食中心の自園調理給食をいつかは実施したいと構想を暖めてきたことを熱心に語られた。
 おいしいご馳走を前にして乾杯!
f0141310_7532918.jpg

 テーブル一杯に料理が並ぶ。
f0141310_7534638.jpg
f0141310_7535284.jpg

 この料理は、給食を調理し盛り付けまで行う「㈱アイコーメディカル」のスタッフの皆さんが厨房でつくる。
f0141310_7541815.jpg
f0141310_7542421.jpg

 給食を出す幼稚園はかなりあるようだが、厨房とランチルームを備えた園は全国的にも珍しいとのこと。
f0141310_754427.jpg

 私は腰が痛く、椅子に腰掛けることができず、立ったままだったが。

 園児だけでなく、親子一緒に食べたり、地域の各種団体にも開放し、地域に開かれた「幼児教育センター」を目指すとのことだ。
 これは園児用のかわいい食器セット。
f0141310_755223.jpg

 先生からは、いまいづみ幼稚園が目指す食育の5つの考え方の説明が。
f0141310_7552391.jpg

 これまでパン給食でお世話になった松林堂さん(和田町)には、子供達から「ありがとう」の絵が。
f0141310_7554479.jpg

 園庭の隣には、子供達が野菜を育て、収穫できる「畑」もある。
f0141310_7555654.jpg

 園の周りを流れる湧水の水分を十分吸った美味しい野菜が盛られた給食が楽しみだ!
f0141310_75693.jpg

by koike473 | 2011-12-26 07:58 | 今泉 | Trackback | Comments(0)  

「ぎっくり腰」ではなかったようですが・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は腰の痛みで何もできなかった。
 ぎっくり腰ではなく、身体全体の疲れからくるものらしい。
 そう言われると歳を感じずにいられない。
 治療をしてもらうと非常に良くなるのだが、立っていても座っていても(その変化動作が一番の苦労だが)、上体を立てていると上半身の体重が腰にかかるのか痛くなる。
 結局横になっているしかないのだが。
 今日は、どうしても出席しなければならない都市計画審議会がある。
 腰の爆弾が破裂しないことを祈りつつがんばろう。

by koike473 | 2011-12-22 07:08 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

2度目のぎっくり腰

 昨日午後4時頃から急に腰が痛くなり、5時過ぎには立てなくなってしまった。
 10年ほど前に一度やったことがある「ぎっくり腰」ではと思い、夜予定していた「そうだ!沼川プロジェクト」の会合はやむなく欠席せざるを得なかった。

 ピリピリ痛み、このままダメになるかと思っていたが、21時過ぎに少し楽になり、何とか風呂にさっと入りすぐ寝た。
 しかし今朝もダメだ。
 コルセットをつけると少し楽だが、立ったり座ったりが一苦労だ。
 まいった、いろいろ予定が入っているのに。

 そんなことで今日はここまでです。

by koike473 | 2011-12-21 07:59 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

わき水田宿川委員会(今泉)が静岡県と「リバーフレンドシップ協定」を締結

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日このブログで書いた「沼川流域の河川整備計画案」の中では、治水計画に加え、人と川との関わりを再構築するために、行政と流域住民等が一体となったリバーフレンドシップ等の取組みも位置付けられた。
f0141310_7423985.jpg
f0141310_7424550.jpg

 そして日にちは変わるが、16日(金)には、このリバーフレンドシップ協定が、「わき水田宿川委員会」と県富士土木事務所の間で締結された。
f0141310_743061.jpg

 リバーフレンドシップ制度は平成15年度から始まったが、わき水田宿川委員会(旧・田宿川6町内河川委員会)の自主的な河川清掃への取組みは30年以上に及び、制度ができる20年以上も前から県内でも先駆的な取り組みを行ってきている。
f0141310_7431398.jpg

 この日は、役員4名の方が出席し、県から支給される物品も受け取った。
f0141310_7433165.jpg

 大半の他の河川と異なり、田宿川では川の中に入り、水草を刈り取る作業が中心になるため「カマ」と「胴長」が必需品だ。
f0141310_7434699.jpg
f0141310_7435238.jpg

 協定締結は遅きに失した感もあるが、改めて田宿川の保全や活用を行政と地元とで考えるきっかけになればと思う。

by koike473 | 2011-12-20 07:46 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(0)  

沼川やその支流が安全で、自然豊かで、楽しく遊べるための「河川整備計画」意見交換会

 12日(月)の晩は、須津まちづくりセンターで正式名称「富士川水系富士山麓沼川ブロック河川整備計画(原案)に関する流域住民意見交換会」という会に参加した。
f0141310_7455060.jpg

 「河川整備計画」とは平成9年に改正された河川法に基づき、向う20~30年を見越した河川の長期整備計画を定めるものだ。
f0141310_747344.jpg

 既に県内の1、2級河川の多くで策定されている。
 長い名前でどのエリアの河川かわかりにくいが、潤井川を含まない富士市東側から沼津市にかけての県が管理する河川が対象で、現在はその多くが沼川に注いでおり(沼川の支流)、更に沼川本川も含むもの(沼川流域)だ。
f0141310_7462849.jpg

 具体的には、小潤井川、伝法沢川、和田川、田宿川、滝川、赤渕川、昭和放水路、須津川、江尾江川、春山川、駒瀬川、沼津大沢川、沼川第2放水路、高橋川、そして沼川の15河川だ。

 この意見交換会は、県富士土木事務所が主催し、「広報ふじ」(11/20日号)にも掲載され3会場で日を変えて行なわれた。
f0141310_7552891.jpg

 しかし「沼川」が前面に出ており、浸水被害が多い小潤井川、伝法沢川などが対象になっているとは普通は想像もできないことから、この方面の住民の皆さんを想定したであろう6日、7日は参加者が少なかったようだ。

 最後の須津会場は、「沼川」に近く、広報も行き届いたせいか近隣の皆さんで会場が埋まった。
f0141310_7475146.jpg

 計画では近年の水害頻発エリアである青野(沼津市)、吉原、伝法、江尾地区の被害状況を紹介。
f0141310_7481752.jpg
f0141310_7482371.jpg

 重点整備河川として沼川新放水路、江尾江川、小潤井川、伝法沢川の4河川を位置付けている。
f0141310_7485168.jpg

 会場の皆さんからは、江尾江川の現状の堤防の強度や整備スケジュールについて質問が上がった。
f0141310_7492037.jpg

 20~30年で完成を目指すことは位置付けられるが、具体的なスケジュールはこれからだ。
f0141310_7493753.jpg

 だが水害への危険を考えれば、重点河川についての整備は緊急を要し、市も県に強く要望していく必要がある。
 市議会としても、この計画を注視していかなければならない。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-12-19 07:50 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

岳南鉄道から「運行継続困難の申し出」と「じゃあ、富士市、富士市民はどうする?」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 土曜日はこのブログを書かないことが多いが、今日はやはり書かなくては。

 昨日、市の公共交通協議会が開かれ、岳南鉄道から「運行継続困難の申し出」についての説明があり、傍聴した。
f0141310_7511117.jpg

 既に、夕べのニュース(私は直接見なかったが、テレビ局が数社取材に入っていた)や今日の朝刊でも報道されている。
f0141310_7512574.jpg

 資料として示された輸送量の推移等を見れば、経営が非常に厳しくなっているだろうことは一目瞭然だ。
f0141310_7514356.jpg

 更に貨物輸送休止が追い討ちをかけ、ダメを押すような形になりつつある。
 社長さんの説明を聞けば、利用客確保の営業、職員の削減、数々のイベント、不動産事業収益からの赤字補填等、打てる限りの手は打ってきたと感じる。
 平成15年頃からは、毎年1%ずつ旅客数が増えている。これは全国でもまれなケースだそうだ。
 だが、車両や線路、橋梁、駅舎等の施設保有に関する経費が全体コストの約45%を占めるのが大きな負担だ。
f0141310_752063.jpg

 「もう限界です。鉄道は無理です」。正直なところだと思う。

 しかし協議会で発言した委員の全員が「何とか存続を!」との意見だった。

 ではどうしたらいいのだろう?
 協議会では何名かの委員から「公共負担」という言葉が出たが、その前に確認しなければならないことがあると思う。
 利用する側の市民がどう考えるかだ。
 協議会の中に専門の鉄道分科会を設け検討することになったが、それに平行して市民の側がどう考え、動くかが必要ではないだろうか?
 市民が「いろいろ考えたけど、やっぱり必要ないよ」となれば、公共負担は無駄になりかねない。
 富士市の市民力、総合力が試される場面だと思う。

 一方、利用客が減少しているとは言っても、1日に2,100人が乗っている。
 これは現在11路線(デマンドタクシー含む)走っているコミュニティバス1日400人の5倍以上だ。
 この固定客とも言える2,100人の内訳はどうなっているのだろうか?
 そのあたりを明らかにして、現状のニーズ、これからの考えられるニーズを掘り起こすことも重要ではないだろうか?

 議員、議会も評論家のようなことは言っていられない。

by koike473 | 2011-12-17 07:54 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

小潤井川の草刈り&ソバの種まき

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 14日(水)で11月定例議会が終了した。
 その晩は、ほとんどの議員が所属する「富士市議会野球部」の納会があり、遅くまで飲み、語り、また飲んで、すっかり遅くなってしまった。
 そのせいか、昨日の朝はブログが書けなかった。

 と言い訳をしつつ、今日は11日(日)にあった「小潤井川の草刈り&ソバの種まき」の話。

 11月に「小潤井川 友の会」の設立芋煮会があった。
 その時に「少しでも草が出るのを抑える方法はないか?」、「ソバの種をまけば草抑えになる」、「『ソバがき』にして一杯飲めるよ」と話が一気にまとまり、この日の取組みが決まった。
 いつものように集合して開会式。
f0141310_7432089.jpg

 まずは寒い中でもぐんぐん伸びる草を刈る。
f0141310_7442278.jpg

f0141310_7434259.jpg
f0141310_743577.jpg

 草刈りはなかなかの重労働だ。冬でもしっかり汗をかく。休憩のお茶と一服がうまい。
f0141310_7445519.jpg

 ここは、畝を切って種まきの準備を。
f0141310_7451471.jpg

 長野から取り寄せたソバの種を畝にまいていく。
f0141310_7452667.jpg
f0141310_745455.jpg
f0141310_7455765.jpg

 こっちは草を刈る前に先行してばらまき。
f0141310_7461780.jpg

 これでもソバが芽を出し伸びるなら、草抑えも期待できそうだ。
f0141310_7463344.jpg

 今回は畝を切ってまいたのが1ヶ所、ばらまきが2ヶ所の実験だ。
 今後は様子を見ながら取組みを見ようということで、お楽しみのご苦労さん会兼忘年会へ。
f0141310_7464942.jpg
f0141310_7465563.jpg

 なんだかんだ言いながら、この日も遅くまでやってしまった。

by koike473 | 2011-12-16 07:47 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)