<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

富士芸術村で「紙のアートフェスティバル」が開催中

 13日(日)は、朝から「消防まつり」に出かけた後、昼前から大渕にある富士芸術村で開催された「富士芸術祭」に向かった。
f0141310_731986.jpg
f0141310_7312559.jpg

 芸術村は、かつて市議会議員を務めた故藤田久幸氏の木造住宅が市に寄付され、それを活用した形で「富士芸術村」市民有志(村長(代表)は彫刻家の漆畑勇司さん)の皆さんにより運営されている。
f0141310_7314411.jpg

 今回で5回目の芸術祭だ。
f0141310_733175.jpg

 木造の建物の中では「第3回 紙のアートフェスティバル」が開催され、若い5人の造形作家の作品が展示されている。
f0141310_7332141.jpg

 写真でご覧下さい。
 「START」(川崎絵里子さん)。
f0141310_7333361.jpg

 丸い和紙の玉が風に揺れると、人間の細胞がブルブル震え、今にも分裂・成長を始めるような感じ。
f0141310_7334572.jpg

 「ゆらぎ」(降矢友美さん)。
f0141310_734562.jpg

 何だか異次元の空間に入ったようだ。
f0141310_7341770.jpg

 赤ちゃんはどう感じただろうか?
f0141310_7342867.jpg

 「ドット」(高木智美さん)。
f0141310_7344244.jpg

 小さな紙コップを1万個以上使い、何か(着色したコップ)が侵食していく様子を表しているそうだ。
f0141310_7345676.jpg

 場所によってコップを2~3個重ね、凹凸を出すことにより、微妙に表情が違うところが心憎い?
f0141310_735751.jpg

 「蜘蛛の糸」(遠藤真由美さん)。
f0141310_7352424.jpg

 芥川龍之介の同名作品を連想し、どこかの糸を誰か登ろうとしていないか捜したくなった。
f0141310_735368.jpg

 「紙からの脱出」(田中 恵さん)。
f0141310_7355739.jpg

 私は、この作品が一番おもしろく、紙の作品としての可能性?を感じた。
f0141310_7364757.jpg

 生物のように飛び出し、家の外に出ようとしている?
f0141310_737063.jpg
f0141310_737844.jpg

 畳と紙同士に写る陰が立体感を余すところなく表現している。
f0141310_7372686.jpg

 紙が湿気を吸うと、重みで少しずつ形を変えるそうで、それも紙ならではなのでは。
f0141310_7373767.jpg

 この「紙のアートフェスティバル」、一昨年、国民文化祭で大々的に行なわれたが、その後は芸術村の皆さんが手弁当で続けている。
 紙のまち・富士市としては是非これからも続けてほしいし、市の支援も必要だ。
 今回のフェスティバルは12月18日まで開催されています(ただし金・土・日のみ)。
 是非出かけてみてはいかがでしょうか?

 外では地元・大渕二丁目町内会の皆さんの出店も出て、ステージ演奏も。
f0141310_738251.jpg
f0141310_7382760.jpg
f0141310_7383625.jpg

 11月とは思えない暖かな屋外で、一杯やりながら楽しんでいる。
 私も仲間に入れていただき、豚汁をご馳走になった。具は全て大渕産だそうで、とてもおいしかった。
f0141310_739756.jpg

 先日、20数名の有志議員有志による「芸術文化振興議員の会」が発足したところだ。
 こうした会の活動を通じて、富士市の芸術文化面の振興を応援していきたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-15 07:41 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

600人以上が参加した「還暦世代のつどい」

 12日(土)は、「還暦世代のつどい」に実行委員会委員として参加した。
f0141310_7312161.jpg

 これは、昨年初めて行なわれた「還暦フェスティバル」の第2回目に当たるものだ。
 まずは、8時に、会場の富士常葉大体育館に約70名の実行委員が集合。
f0141310_7314292.jpg

 塚田実行委員長(左)と事務局の「まちの遊民社」篠原代表(右)があいさつ。
f0141310_7315516.jpg

 私は駐車場係を担当し、第1部(記念講演会)の始まる10分前に次の人に引継ぎ講堂に向かう。
 多くの人が歩き、受付に並ぶ。
f0141310_7321389.jpg
f0141310_7323058.jpg

 講堂は開演時には、ほぼ満席に埋まった。
f0141310_7325417.jpg

 記念講演は、元共同通信記者の小岩井忠道氏による「東海大地震 報道の背景」。
f0141310_733690.jpg

 35年前(昭和51年)、東京大学理学部の石橋克彦助手(当時)が研究していた「駿河湾巨大地震(東海大地震)説」を初めて報道し、それがきっかけで世論や国の取組みが大きく動いていった流れや裏話をお話いただいた。
f0141310_7333357.jpg

 東日本大震災の後だけに、講堂を埋めた皆さんは真剣に話を聴くとともに、小長井氏の科学技術分野の記者としての専門性や取材・報道姿勢に誰もが「さすが!」と感じたのでは。

 第2部は、会場を体育館に移し「セカンドライフのヒントを」。
f0141310_734259.jpg

 ステージの楽しい演奏を聞きながら、さまざまな市民団体や相談・情報提供ブースで「これからの生活や活動のヒント」を探そうというものだ。
f0141310_7341767.jpg
f0141310_7343251.jpg

 若い家族の皆さんも結構来場した。
f0141310_7345914.jpg
f0141310_735156.jpg

 そして昼食は、学生時代に戻り本物の大学の「学食」を。
f0141310_7352785.jpg

 午後は、体育館ではなつかしのフォークソングをみんなで歌うコーナーも。
f0141310_7354384.jpg
f0141310_7355356.jpg

 ブースの中で、私が一番興味を持ったのがこの方、鈴木さん。
f0141310_736767.jpg

 還暦を目標に、2年間かけて日本海軍の戦艦(名前を忘れてしまった!)の模型を造り上げたそうだ。
f0141310_7373296.jpg

f0141310_7362125.jpg

 それも材料は全て廃材の活用だそうだ。
f0141310_7364177.jpg

 来年の元旦から第2号の製作に取りかかるそうだ。
 模型造りの工夫を、楽しそうに話していただいたのがとても印象的だった。

 そして最後はやっぱりこれでしょ?みんなで「青春時代」を歌って終了。
f0141310_7375568.jpg

 今回のこの「還暦世代のつどい」、最終的には600名以上が来場した。
 一人500円の入場料(ほとんどは学食のランチ代)を払ってだ。
 タイムリーな記念講演、楽しいステージもあるが、還暦世代だけでなく多くの皆さんが自分のセカンドライフに「改めて何かに取組みたい」、「自分が地域社会で何かの役割を果たしたい」という意思を持っているからではないだろうか?
 この意思、気持ちを行動に移していただくことが、富士市の今後の安定的なまちづくりの推進力の一つになるはずだ。

 会場を無償で快くお貸しいただいた富士常葉大学には、感謝してもしきれないほどだ。
 しかし、それ以外の部分でかかった実費は相当なものだ。
 改めて市としての支援の姿勢・考えを確認しなければと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-14 07:43 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

昨日から富士市議会報告会が始まりました

 夕べから議会基本条例に基づく「富士市議会報告会」が始まった。
 初めて取組む今年は、全議員36名が6人ずつの計6班に分かれ、市内6ヶ所のまちづくりセンターで行う。
f0141310_7351145.jpg

 昨日は、富士見台、鷹岡の2つのまちづくりセンターで行なわれ、私は富士見台の報告会を傍聴?した。
f0141310_7353084.jpg

 報告会は、決算審査、中でも今年初めて議会として取組んだ「議会による事業評価」を中心に9月議会での報告・意見交換を行なう形で進められた。
f0141310_7354517.jpg

 参加いただいた皆さんには9月議会の結果を取りまとめた「市議会だより」を配り、これを基に説明する。
f0141310_736821.jpg

f0141310_7364941.jpg
f0141310_7365525.jpg

 当初議会内では、「資料が『市議会だより』だけでは、飽きてしまう。パワーポイントを使いもっとビジュアルにした方が良いのでは」との意見もあった。

 しかし今年は初めての取り組みで、準備も日程的にも厳しかったことから「市議会だより」のみとなったが、後方から見る限りでは、皆さんじっくりと「市議会だより」を見ながら報告を最後まで聞く方が多くほっとした。
f0141310_7371282.jpg

 その後、報告に対する質疑や意見交換が行なわれた。
f0141310_7372798.jpg

 議会として市内各所に出向き、このような報告会を開催することを評価する意見もあった。
 しかし一方、「懸案の政策について行政に意見を言いっ放しにするだけでなく、議会・議員がもっと汗をかくべきではないか。それが選挙の時に皆さんが言う真の『市民と市政のパイプ役』ではないか」との厳しい指摘もいただいた。

 これらの意見は、全6ヶ所の報告会が終了後、改めて議会内部で整理、検討する予定だ。
 私の出番は、今夜(11日)の富士駅北まちづくりセンターだ。

 今夜は岩松でも、また15日にも吉原、吉永で開催されます。
 報告内容はどの会場も同一の内容です。事前の申し込みは不要です。都合のつく方は、是非会場に足をお運び下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-11 07:40 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

石巻市での泥出しボランティア

 昨日まで3日間(7~9日)、東日本大震災被災地のボランティアと視察に出かけた。
 所属する会派「市民クラブ」の有志計5名(川窪、井上、荻田、渡辺、小池)でだ。
 宮城県女川町、石巻市、名取市、岩沼市を中心に、私の車を交互に運転しながら往復1300kmの行程だった。
 5月末に、川窪議員と2人で行った。
 その時、継続的な支援(ボランティア等)の必要性を強く感じた。
 また8ヶ月が過ぎ被災地が、復興に向け動いている中での課題等について自分なりに確認する必要も感じていた。

 今日は、石巻市での泥出しボランティアの報告。

 石巻市の災害ボランティアセンターは、石巻専修大学に置かれている。
f0141310_884999.jpg

f0141310_892684.jpg

 まずは、ここで受付の確認とネームプレートへの名前の書き込み。そして泥出しの活動をするお宅の場所を教えてもらう。
f0141310_891183.jpg

 このお宅(事務所)の周囲は、高さ2mほど津波で水没し、今でも5~10cmほどのヘドロが溜まっている。
f0141310_8112212.jpg
f0141310_8114277.jpg

 これをスコップ等で運び出す。
f0141310_81282.jpg
f0141310_8121610.jpg

 狭い場所での作業は大変だ。
f0141310_8123086.jpg

 フェンスには、近くにある日本製紙石巻工場から流れてきた古紙がへばりついている。
f0141310_8125340.jpg

 言い訳がましいが、写真ばかり撮っているようだが、私もしっかり作業した。
f0141310_8142430.jpg

 午後は、こちらの狭い場所を。
f0141310_8144080.jpg
f0141310_8144874.jpg


 これだけの量のヘドロが出た。
f0141310_8151725.jpg

 何とか予定分を終了し、記念撮影。
f0141310_8154664.jpg
f0141310_8155144.jpg

f0141310_8212520.jpg

 私達以外の若い二人は、栃木県から来たそうだ。
 一度に大量の作業はできないが、こうした少しずつの手作業がまだまだ必要だと感じた。
 同時に、ボランティアを受け入れ、作業を調整する組織(石巻市は社会福祉協議会)の運営の重要性も痛感する。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-10 08:22 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

議会の会派「市民クラブ」で市長に「平成24年度 重要施策に対する要望書」を提出

 最初に前回の「マーノ・エ・マーノ」さんのことを書いた中で大きな間違いがありました。
 メインディッシュは「ラムステーキ」ではなく、「和牛のステーキ」です。
 モモ肉の中でも最高級といわれる「ラムシン」という部分だそうです。
 食べなれていないので、おいしいだけで、後は何もわかりませんでした。困ったものです。

 そして今日の記事は、4日に会派「市民クラブ」で市長に提出した「平成24年度 重要施策に対する要望書」の話。
 次年度の予算編成作業がスタートするこの時期、毎年提出しているものだ。
f0141310_456589.jpg

 特に来年度は「災害」と「日本製紙の規模縮小」等の影響により不足がちな財源の中で、防災、産業・雇用を始めとする各種分野に効果的な事業選定と集中的な投資が、これまで以上に求められる。
f0141310_4572151.jpg

 そんな背景の中で、以下の8分野について要望を行なった。
 1 行財政改革と効率的な行政運営について
 2 医療・福祉の充実について
 3 ゴミ処理対策について
 4 自然環境の保全と地下水の涵養について
 5 安全・安心なまちづくりの実現について
 6 産業振興について
 7 教育と文化の振興について
 8 旧富士川町地域のまちづくりについて

 市長は「2月議会に提出する予算案にどのように反映できるか検討したい」とのことだった。
f0141310_4573955.jpg

 要望にあたっては、会派の議員全員での検討に基づき、担当分野を決め文章にまとめた。
 私は、今年は1と3の2分野を担当した。
 少し長くなりますが、読んでいただければ幸いです。

1 行財政改革と効率的な行政運営について
 《時間軸に沿った都市活力再生ビジョンの策定、展開を求める》
 (1)都市再生本部においては、市内外の英知を結集し、短期的には大手事業所の生産縮小に伴う影響を最小限に抑えつつ、中長期的には「ピンチをチャンスに」と捉え、相手先等との情報交換を密にした中で事業所の敷地をも取り込んだ都市活力再生のグランドデザインとそれに基づく施策を早期に策定、展開するよう求める。

 (2)またビジョン策定にあたっては、全国の原子力発電所の再稼動が見通せない中で、分散型発電による電力自給の観点に立ち、改めて本市への電源立地についてその必要性、可能性の両面から検討するよう求める。

 《都市活力再生ビジョンと第五次総合計画の整合確保、進行管理を求める》
 (3)第五次総合計画は23年度を初年度にスタートしたが、策定段階では今回の事態は想定していなかった。都市活力再生ビジョンの策定、実施に伴い、第五次総合計画基本計画との整合を図ることはもとより、整合のための見直しが必要な場合は、速やかに両計画の整合が議会に提示されるよう求める。

 (4)総合計画の進行管理にあたっては、以下の取り組みを求める
 ①大手事業所の生産縮小と関連事業所等への影響に伴う歳入減、都市活力再生ビジョンに基づく取り組みによる歳出増など、各種の変動要因を織り込んだ中・長期的収支計画を策定し、公表すること
 ②総合計画と行政評価を連動させたマネジメントシステムを確立する中で、議会の決算審査に際しては、事務事業評価に基づく詳細かつこれまで以上に成果がわかりやすい資料を、より早期に提出すること
 ③「富士市まちづくり活動推進計画」に基づき、スムースな地区別組織の再編、地区別行動計画の策定と事業実施につながるよう、一括交付金制度を含めた地区自立のための支援制度、まちづくりセンターによる地区支援、地区班職員の参画などの体制拡充について明確にすること

 《公有財産の積極的な活用を求める》
 (5)公有財産活用指針に基づく公有地等の進捗管理を徹底し、売却、貸付、転用等の内容を決算時の資料として議会に提示するよう求める。

 《入札制度の見直しを求める》
 (6)入札制度について、循環型地域経済の確立という観点から実績を検証しつつ、次の点の見直しを求める。
 ①指名競争入札制度については、事業の地域性や公共事業に対するボランティア参加などを考慮した制度の活用を図ること
 ②総合評価方式の拡大を図るとともに、契約方法割合の目標値(総合計画における一般競争入札方式の割合を32年度に90%)を抜本的に見直し、かつ公契約条例の制定について積極的な検討を進めること
 ③予定価格の事後公表への切り替えに伴い談合が発生しないよう、監視を徹底すること

 3 ごみ処理対策について
 《新環境クリーンセンター建設に向けた一層の取り組みを求める》
 (1)平成24年度中に建設事業のスタートが切れるよう、地元との合意形成の判断となる基準(「地元」の定義など)を明確にするとともに、合意形成に向け反対姿勢を崩さない近隣地区を含め、一層の誠意を持って精力的に話し合いを重ねるよう求める。

 《ごみ減量化の抜本対策を求める》
 (2)平成26年度目標値である一人一日当りごみ焼却量640gの完全達成に向けて、さらなる分別の精度の向上や生ごみの水切りの徹底になどについて、ごみマイスターの協力・活用をはじめ、あらゆる手法を通じて、市民の理解と協力を得られるよう努めることを求める。

 (3)環境クリーンセンター規模250t(日量)のさらなる縮小化に向けて、生ごみ減量の強化が急務かつ絶対条件である。既存事業(ダンボールコンポスト)の検証とともに、民間事業者との連携処理(生ごみの収集と民間プラントでの委託処理)の可能性を喫緊の課題として検討し、劇的な減量を実現されるよう求める。

 ところで、先日の市長の記者会見で「被災地のガレキ受入れの件」に関する発表があったが、それに関する私の考えは以下の通りです。

 私は、安全面の確認・確保ができ、受入れ処理余力があるのなら、受入れすべきとの考えです。
 県知事は「1%の受入れ協力を」と言っていますが、静岡県の人口は全国の4%です。
 今回の災害は大きな国難であり、それを乗り越えていくには全国各地で役割を分担しなければならないと思います。
 そうであるなら静岡県は4%、富士市は0.2%(人口割合で2/1000)を基準に考えるべきだと思います。
 これは今回の東北地方の被災地を支援するとともに、次に静岡県、富士市で何かあった場合の相互支援・協力という面からも必要だと考えます。
 ただし、安全の確認・確保が大前提であることは言うまでもありません。
 しかしこれについては、地方自治体(県、市町村)で高い精度での基準設定、検査ができません。
 まずは国がしっかりとそのあたりの方針、基準、検査、管理体制を明確にした上でなければ、個々の自治体での検討に入れないと考えます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-07 04:58 | 富士市議会 | Trackback | Comments(2)  

父親の命日と私の誕生日 イタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」さんで食事会

 市町村アカデミーの報告はまた後日ということで、今日は見ているだけで楽しくなるおいしい料理の話と写真。

 先週の土曜日(29日)は、私の母、弟夫婦、私達夫婦の5人で、イタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノに食事に出かけた。
f0141310_7325721.jpg
f0141310_7331460.jpg

 父親が亡くなって9年(命日が11月1日)と、ついでに私の誕生日(10月30日)も兼ねての食事会だ。
f0141310_7332695.jpg

 父親にとっての孫達(私と弟の子ども)は、みんな既に家を離れているので食事会に顔を揃えた5人の平均年齢は高いが、食欲は旺盛だ。

 なんだ、かんだ言うより、写真でどうぞ。
 まずは、「ニンジンのムース」。冷たいゼリー状のスープとムースがぴったり。
f0141310_7333789.jpg

 そして「冷たい前菜」。4種類も!
f0141310_7335299.jpg

 「豚のテリーヌ」。これはいける。
f0141310_7341093.jpg

 「サーモンの瞬間燻製」。燻製のいい匂いが食欲をそそる。
f0141310_7343750.jpg

 「エビとホタテのなんとか?」。プリプリの食感がたまらない。
f0141310_7345160.jpg

 「生ハムとモッツァレッラチーズ」。ワインが進む。
f0141310_735432.jpg

 次は、「温かい前菜」。アカザエビのなんとか?。味噌の部分までベリーグー。
f0141310_735263.jpg

 そして「キノコと生ハムが入ったパスタ」。今日のパスタはマカロニ状のなんとか?
f0141310_7353965.jpg

 ソースがからんだパスタも最高。最後はパンにソースをつけてきれいに完食!
 最後のメインディッシュ「和牛のステーキ」。これがまたやわらかくてうまい!満腹!
f0141310_7355931.jpg

 そして本当の最後の「デザートとコーヒー」。リンゴ(紅玉)のタルトとマロンアイスクリーム。
f0141310_7361314.jpg

 最初に写真を撮るのを忘れ、アイスクリームを一口かじってしまった。

 5人とも大満足の食事会だった。父親が天国で「俺も仲間に入れてくれ~」と言ってたかも?

 接客を担当の奥様と話していたら、シェフ(ご主人)と私が同い年であることが判明。
 そんなことで最後は、誕生日記念にシュフと記念撮影。
f0141310_736304.jpg

 家庭的な雰囲気で旬の食材をふんだんに使ったイタリア料理を堪能できます。
 「マーノ・エ・マーノ」さん、是非皆様もお出かけになってはいかがでしょうか。
 電話で予約してからがお薦めです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-04 07:37 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(4)  

昨日から研修で幕張(千葉県)に来ています

昨日から1泊2日で幕張(千葉市)にある市町村職員中央研修所、通称「市町村アカデミー」に研修に来ている。
今日のブログは、研修所のPCルームからの書き込み。

大きな研修テーマは「これからの地域医療、福祉」だ。
カリキュラムは、昨日が
 ●「これからの政治の行方」 朝日新聞政治担当編集委員 星 浩氏

 ●「大震災と地域医療の連携」 宮城県涌谷町町民医療福祉センター長 青沼孝徳氏

今日が、
 ●「地方議会の役割と改革の行方」 法政大学法学部教授 廣瀬克哉氏

 ●パネルディスカッション「地方議会の役割を考える ~福祉・医療の分野から~」
   コーディネーター 法政大学法学部教授 廣瀬克哉氏
   パネラー 公益社団法人地域医療振興協会常務理事・西吾妻福祉病院管理者 折茂賢一郎氏
         東京有明医療大学看護学部准教授新学科設置室長 千葉喜久也氏

昨日は、特に宮城県涌谷町町民医療福祉センター長の青沼孝徳氏の講演が勉強になった。
医療の進歩により、病気や怪我で死亡する人はこれまで以上に少なくなったが、反面、全快とはいかず障害を持ちながら生活する人が非常に増えている。
そうした中では、よく言う「保健(予防)・医療・福祉に加え、介護(リハビリ)」の連携」が非常に重要だ。
それを1~2万人の中学校区程度の地区(コミュニティ)で機能させることで涌谷町では大きな効果を上げているそうだ。

詳しくは、富士に帰ってからまた報告したい。

今日も1日、しっかり勉強して帰ります。

by koike473 | 2011-11-02 08:01 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

手間をかけるのが楽しみになりそうな「彼岸花の移植実験」がスタート

 29日(土)は、滝川で「彼岸花の株分け・植付け」を行なった。
 「そうだ!沼川プロジェクト」の取組みで、これまで草刈りなどに参加いただいた方に声かけしたら、形10名の方が参加してくれた。
f0141310_6565071.jpg

 事前に、堤防の土手に約10m間隔に赤いテープを巻いたポールを立てておいた。
f0141310_6571854.jpg

 基本的に一人の担当区間がこの10mだ。
 まずは自分の担当区間の草刈り。
f0141310_6581298.jpg

 斜面なので平地の何倍も大変だ。これが、次の日、その次の日の足腰に来るとは・・・。
f0141310_6583392.jpg
f0141310_6584641.jpg

 しかしどの人も刈り払い機の使い方は慣れたもの。1時間ほどで徐々に終了。
f0141310_659086.jpg

 早く草刈りが終わった人は、株分け用の彼岸花をスコップですくい取る作業を。
f0141310_6592039.jpg

 土手の通行部分にある彼岸花が対象だ。
f0141310_6593416.jpg

 ここでお楽しみの休憩タイム。
f0141310_6594764.jpg

 あずきバーと飲み物で身体に水分を。
f0141310_6595986.jpg

 結構暑くなったこの日は、自然に皆さん日陰に集合?
f0141310_701081.jpg

 再開後は植付け作業。
 上流側を担当した4名は、事前にすくい取った彼岸花を移植する場所の法肩に並べておく。
f0141310_703888.jpg

 移植・植付けはこんなかっこうで。
f0141310_71674.jpg

 これも斜面なのでかなり大変だ。
f0141310_712473.jpg
f0141310_713927.jpg

 それでもお昼前には、全員が担当区間の植付けを終了。
f0141310_75549.jpg

 閉会式で「皆さん、自分の区間はこれからも愛情を持って見に来たり、草刈りして下さい」と言うと、「じゃあ肥料をくれに来るか(笑)」などの声も上がった。
f0141310_72185.jpg

 約150mの「彼岸花法面の実験区間」がスタートした。
 来年はちょぼちょぼの花かもしれない。
 でも再来年は?、更に次の年は?手間をかけるのが楽しみな実験になりそうだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-01 07:05 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)