<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

廃棄物最終処分場の建設安全祈願祭に出席して

 昨日は、第3セクターの㈱富士環境保全公社が建設する「廃棄物最終処分場(管理型)」の安全祈願祭に出席した。
f0141310_865871.jpg

 私は、議会の環境経済委員会副委員長という立場での出席だ。
 ㈱富士環境保全公社は、市内の産業廃棄物排出業者と富士市が出資して平成9年に設立した3セクだ。
 産業都市ならではの多量の産業廃棄物と家庭から出る一般廃棄物の最終処分=破砕、焼却、埋立てを行なっている。
 最終処分場(埋立て)は、平成15年に完成し埋立てを開始したが、既にほぼ満杯だ。
f0141310_871619.jpg

 4年前の6月に会派で処分場の視察に行った。
 その時の様子が私が初めて書いたブログなので強く記憶に残っている。
 下の2枚の写真のようにまだずいぶん余裕があった。
f0141310_874632.jpg
f0141310_87543.jpg

 しかしこの4年間で全て埋め尽くされた。

 これは当初から想定されていたことなので、早い段階から第2期の埋立て処分場の確保が課題となっていた。
 公社では、浸出水を同じ処理施設で安定処理できる、処理した排水を公共下水道に放流できることなどから、第1期の処分場に隣接する形で第2期処分場を計画し、下流部に位置する吉永北、神戸、吉永地区の皆さん等と協議を続け、この日の安全祈願祭となった。
 浸出水処理施設。
f0141310_884540.jpg

 会場には、大きなテントが張られている。
f0141310_8914.jpg

 中も広い。
f0141310_8913100.jpg

 式次第。
f0141310_892962.jpg

 市長、公社社長、施工者代表による「鍬入れ式」。
 まずは鈴木市長による「斎鎌(いみかま)」、草を刈るしぐさ。
f0141310_894498.jpg

 次いで高木社長による「斎鍬(いみくわ)」、鍬を入れるしぐさ。
f0141310_895718.jpg

 最後は石井・石井組社長による「斎鋤(いみすき)」、鋤を入れるしぐさ。
f0141310_810880.jpg

 現地では、一部伐採工事が行われている。
f0141310_81024100.jpg

 安全な工事と、早期の完成を改めて祈願したが、新しい処分場は第1期の処分場と同規模であるため、現在のままでは10年程度しか持たないことは明らかだ。

 抜本的なゴミの減量化と、次(第3期)の最終処分場の確保を早い段階から検討しなければならない。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-30 08:12 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

9月定例議会で質問します 「富士市の今後の電力確保は大丈夫か? 」

 現在開会中の9月定例議会では、来週いっぱい一般質問が行なわれる。
 質問順や時間は、正式には明日(30日)の議会運営委員会で決まるが、私は20人中2番目の通告だったので、10月3日(月)の2番目、14:00少し前位になると思う。

 今回は、「富士市の電力・エネルギー政策について」をテーマに質問する。
 3月11日の東日本大震災以降、ずっと気になっていたことだ。
 追い討ちは、8月初めの日本製紙富士工場の大幅な操業停止発表だ。
 「このままでは富士市は本当にヤバイ!」
 そんな考えで質問を通告した。

 以下、長文になりますが読んでいただければと思います。


 東日本大震災では、地震・津波による福島第一原子力発電所の大きな事故により、我が国だけでなく世界中が今後のエネルギー政策を見直さざるを得ない状況となっている。
 しかし現実には、今年の夏の電力需給が綱渡りだったように、原発が次々と停止し、再稼動の見込みがなかなか立たない中で、今後の電力・エネルギー確保に向けた方針が描けない状況にある。

 富士市の電力事情は、家庭用に加え、製紙業をはじめとする産業分野を合せると年間約60億kWh程度(東京電力からの購入電力が約34億kWh(東電販売量からの推計)、自家発電が約23億kWh等)の使用量であり、これは高知県全体(人口約77万人)とほぼ同様の大量の電力を使用していることになる。
 そして東電からの購入電力は、遠く離れた柏崎刈羽原発(新潟県)からの送電が全体の約7割を占め、それ以外もほぼ全てを県外からの送電に依存している。
 これは、東京を始めとする首都圏が電力大消費地であるものの、東京都、神奈川県、千葉県は、それぞれ沿岸部に火力発電所が立地し、相当分は自給しているのとは対照的である。
 新潟県から約300kmに及ぶ送電の間には、送電線から放電される送電ロスが相当量になると聞く。

 一方富士市は、このような電力大消費地でありながら、東京から見れば東京電力管内の最西端、名古屋から見れば中部電力管内の最東端=それぞれの電力会社の電力網の末端に位置し、万が一の場合には、首都圏、中京圏の電力防衛のために最初にカット=停電する地域と考えても不思議ではない。

 電力確保を原発に頼ることが極めて困難になる中で、今後は生活、業務、産業各方面での停電等のリスク回避、送電ロスに伴う燃料・エネルギー等の浪費、C02発生回避の観点から電力自給=分散型発電の必要性と施策を自治体、特に富士市は検討しなければならないと考える。
 こうした中で以下の点について質問する。

 1 平成以降の富士市の電力使用量の内訳(東電からの購入電力、自家発電、その他)概況と、東日本大震災以前と以降の需給の変化をどのように把握しているか?
 
 2 今後の電力供給(原子力、化石燃料、再生可能エネルギー等)の安全性・安定性に関する見通しと課題をどう考えるか?

 3 本市の今後の安定的な電力供給確保のため、市内企業(電力使用企業、電力・エネルギー供給企業)、産業団体等と情報交換、意見交換を行なっているか。行なっているとすればどのような形(会議形態、個別ヒアリング等)で、どのような意見・課題を把握しているか?

 4 電力自給を含めた富士市としての電気・エネルギー政策を検討し、計画として取りまとめ、行動するべきではないか?

 5 先日発表された「都市活力再生」への取組みの中では、策定する「(仮称)都市活力再生ビジョン」の中で、産業戦略の一つに「新エネルギーの導入検討」が上げられているが、その意図は何か?またこのビジョンの中でも、4で提案した「電気・エネルギー政策」の考え方をしっかり示すべきではないか?

 6 安定的な電力供給の具体策の一環として、LNG火力発電所を誘致することは考えられないか?

 こんな質問・提案を行ないますが、皆さんにもともに考えていただければと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-29 07:10 | 原発・エネルギー | Trackback | Comments(0)  

秋風が心地よい「ホルモンきむらや」での草刈り反省会

 9月定例議会は今週から後半戦が始まった。
 今日からは、補正予算や条例の審議が行なわれる。
 私は環境経済委員会に所属しており、今日9:30からだ。
 審議の結果や来週行なわれる一般質問のことは明日にでも書きたいと思う。

 今日は、19日(祝)に行なった小潤井川の草刈りの反省会で行った「ホルモンきむらや」の話。

 いつものように草刈り終了後、津田の「ホルモンきむらや」さんに再集合。
f0141310_7571539.jpg

 前回(7月)に比べ日暮れが早く、少し涼しくなったが、やはり最初は生ビールを。
f0141310_7572985.jpg

 店主の木村さんと同級生のこのIさんが持ち込んだ「シカ刺し」でまずは乾杯!
f0141310_7594665.jpg

 うん、これはいける。
f0141310_801097.jpg
f0141310_801659.jpg

 この日は、木村さんが肉を鉄板で焼いてくれることとなった。
f0141310_804374.jpg

 豚ホルモン。
f0141310_805960.jpg

 カシラ。
f0141310_811370.jpg

 このあたりで全員がそろい記念撮影。
f0141310_81309.jpg

 ハツ。
f0141310_814359.jpg

 うまそうに口に運ぶMさん。皆さんの精神的な取りまとめ役。
f0141310_815580.jpg

 タン。
f0141310_8286.jpg

 初めて焼酎体験という若手のSさんは恐る恐る・・・。
f0141310_822029.jpg

 そして私が大好きな牛ホルモン。
f0141310_823237.jpg

 飲みながら、食べながら今後の取り組みについて正副会長や取り組み方針が決まった。
 「芋煮会は、11月6日(日)にやろう」、
 「当日は草刈りと清掃をしっかりやった後で」、
 「肉は『きむらやさん』から仕入れて」、
 「飲んでばっかりじゃなくて、長く続ける活動にしなきゃ」、
 「よし、会長の俺が会の名前はしっかり考えるから」、
等々で盛り上がった。

 最後は、別腹のヤキソバを。
f0141310_824928.jpg

 I会長を中心に、まずは11月6日の企画を煮詰めることから始まりそうだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-28 08:06 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

300人の方々に参加いただいた「のんびり彼岸花ウォーク」

 24日(土)は、そうだ!沼川プロジェクト実行委員会主催の「のんびり彼岸花ウォーク」が開催された。
 この2ヶ月ほど、幹事会を何度も開き、草刈りも行い準備を進めてきたウォーキングだ。
 JR東田子の浦駅から、沼川、滝川、田宿川沿いを歩く8kmのコースだ。
f0141310_892181.jpg

 集合時間の9:40には、東田子の浦駅に約300人の方が集まった。
f0141310_810542.jpg

 開会式では、鈴木すみよし県議や地元・元吉原の川窪吉男市議にもあいさつをいただいた。
f0141310_8102748.jpg

 いよいよスタート。
f0141310_8105879.jpg

 まずは浮島ヶ原自然公園。台風15号により、ヤナギの倒木が木道を塞ぐように倒れたが、関係者の皆さんの力で何とか通ることができた。
f0141310_8111214.jpg

 土曜日で道路にはトラック等も多い。毎回、幹線道路を安全に横断するのに必要な旗振り誘導員(スタッフ)の確保に苦労するが、この日は市の若手職員5名が手伝ってくれてとてもありがたかった。
f0141310_8112731.jpg

 私は、沼川と滝川の合流点に立って2つの役割を。
f0141310_8114667.jpg

 一つは転落防護柵がない沼川沿い200mの区間の安全確認。
f0141310_8121614.jpg

 毎回この臨時バリケードの準備・設置には労力がかかる。
f0141310_8122849.jpg

 もう一つは、「滝川の企業町内会」の取組みの説明。
 「この土手は、2年前まで藪がひどく、人が入れませんでした。しかし、周辺に立地する8社の企業さんの協力で、年に3~4回定期的に草刈り清掃を行なうことで歩けるようになりました」と。
f0141310_8124967.jpg

 ちなみにその8社とは、
  ・日本製紙㈱富士工場
  ・㈱イワマワークス東海オートリサイクルセンター(会長)
  ・キャタピラーウエストジャパン㈱静岡東部支店
  ・㈱ユタカエンジニアリング
  ・志賀ステンレス㈱
  ・中田屋㈱富士工場(副会長)
  ・ジヤトコ㈱
  ・日本大昭和板紙㈱吉永工場
の企業さんだ。

 そろそろ土手の日陰でお弁当を広げる人も。
f0141310_81367.jpg

 そしてこの日のメイン「彼岸花」が咲き誇る滝川だが・・・。
 土手沿いの大木が遊歩道を塞ぐように倒れている。これも台風15号だ。
f0141310_8133453.jpg

 このあたりが彼岸花が一番多く咲いていたのだが。
f0141310_8134811.jpg

 実は、倒木があることはウォーキングが終わる頃知った。
 前日にルートの確認をしたのだが、この倒木がある区間は一本道で迷うことはなく、また車も入れないため事前確認をしなかった。
 参加者の皆さんは大木をくぐりながら歩いていただき、大変な思いをさせてしまった。反省!

 そして休憩・弁当会場に想定した芙蓉橋の親水護岸。
f0141310_8141122.jpg

 この写真は遅い時間に撮ったが、最盛期には護岸に人が溢れるほどだったようだ。
 
f0141310_8142353.jpg

 参加者の皆さんは、この後、清流・田宿川まで歩き、その清冽な「わき水」を楽しんでいただいた。

 このコースのウォーキングは、秋の「彼岸花」、春の「お花見」をテーマに今回で5回目だ。
 歩くことはもちろんだが、カヌーをしたり、水辺の植物や自然を発見するなど、様々な楽しみ方ができる川が地元・富士市にあることを多くの皆さんに知ってもらおう!そしていつでも楽しめる川にしよう!ということで始めた。

 次のステップにどう進むか、進められるか、知恵と力(?)が必要だ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-27 08:17 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

このプルプルの食感がたまらない! 田子の浦漁協「しらす祭り」

 昨日は、田子の浦漁港で行なわれた「しらす祭り」に参加した。
f0141310_7235279.jpg

 あいさつする外山田子の浦漁協組合長。
f0141310_724692.jpg

 「昨年は異常に駿河湾の海水温が高い状況が続き、シラスが湾内に入ってこれずこの『しらす祭り』を開催できなかった。
 これも3月11日の大地震の前兆ではなかったかと思う。今回も台風15号の影響が心配されたが何とか開催できた。
 東北地方の漁業復興を応援する祭りとしたい」とあいさつされた。

 写真集でどうぞ。

 朝早くから、多くの皆さんが列を作った。
f0141310_7243036.jpg
f0141310_7243832.jpg

 お目当ては、何と言っても「しらす丼」だ。通常600円のしらす丼が今日は200円!
f0141310_725123.jpg

 皆さん、気持ちいい朝日を浴びながらおいしそうにほおばる。
f0141310_7252355.jpg
f0141310_725295.jpg

 私も、もちろんいただいた。
f0141310_7254455.jpg

 このプルプル感は、一艘曳きでていねいに引き上げる田子の浦の取れたてでなければ味わえない。

 会場では、釜揚げシラスなどの販売や・・・。
f0141310_7255830.jpg

 こちらは田子の浦で上がった太刀魚。
f0141310_7261194.jpg
f0141310_7262095.jpg

 スピードが出るしらす漁船への体験乗船も。
f0141310_7263196.jpg
f0141310_7264266.jpg

 最後まで長い列ができていた。
f0141310_7265787.jpg

 10月30日(日)は、(名前をうろ覚えで申し訳ないが)「大感謝セール」が開かれるそうだ。
 また昨年に引き続き、11月には三島、沼津、そしてシラスを目当ての田子の浦漁港に立寄る東京方面からの大型バスツアーが連日訪れる予定だそうだ。

 「シラス」は、これからの富士市の観光の大きな柱の一つだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-26 07:29 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(2)  

「秋の芋煮会」を目標?に今年3回目の小潤井川の草刈り清掃

 台風15号は、富士市内にも大きな影響を与えました。
 行方不明者1名、負傷者9名(22日11時現在)の他、各地で建物等の被害や停電が発生しました。
 地震だけでなく、風水害にも万全の備えをしなければと、改めて感じました。
 我が家でも4時間ほど停電し、それに伴い、インターネットの通信機器が壊れてしまい、昨夜やっと復旧しました。
 そんなことで1日遅れましたがブログをアップします。

 19日(祝)は、午後から小潤井川の草刈りに出かけた。

 津田・荒田島地区の有志の皆さんと今年3回目の草刈りだ。
 皆さん、すっかり慣れた手つきで刈り払い機のエンジンをかける。
f0141310_8143725.jpg

 2班に分かれて作業開始。
f0141310_8145287.jpg

 上流側のビフォーアフター。
f0141310_8151074.jpg
f0141310_8151789.jpg

 下流側のビフォーアフター。
f0141310_8153999.jpg
f0141310_8154615.jpg

 下から見ると、前回(7月19日)からちょうど2ヶ月で人の背の高さ近くまで伸びた草が。
f0141310_815591.jpg

 このようにきれいに。
f0141310_8163127.jpg

 休憩時間の西日は、もう秋の気配が。
f0141310_8164495.jpg

 私は、橋の下の川の中で休憩。いい風が吹く。
f0141310_8165730.jpg

 考えてみたら、8月の末から毎週どこかで草刈りをしている。
 そのたびに身体の毒を抜き、また新たに毒を注ぎ足しているような感じだ。まあいいか。

 休憩後刈って行くと、草の中にヒガンバナが。
f0141310_8171837.jpg
f0141310_8172451.jpg

 でもこれだけを残すのは難しい。
 「来年はヒガンバナが伸び始める前に草刈りをしなければ」と思いながら、仕方なく刈り取る。
f0141310_8173673.jpg

 こちらは、近所で鉄工場を営む佐野さんが、定期的に手入れをしていただいている区間。
 ヒガンバナがきれいだ。
f0141310_8174960.jpg

 ちょうど2時間で予定の区間が終了した。
 13名が参加したが、お楽しみの反省会に備え、早くシャワーを浴びようと帰ってしまった人もいたので、この人数で記念撮影。
f0141310_818790.jpg

 おつかれさまでした!

 しかし台風の接近で、小潤井川の様子はどうだっただろうか?
 気になるところだ。

 恒例となったこの後の反省会「ホルモンきむらや」の様子は、また後日ということで。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-23 08:19 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

30数年ぶりの修学(酒学?)旅行

 今日のブログは、全くのプライベートな旅行の話。
 17日(土)の夕方から高校時代の同級生と伊豆長岡温泉に30数年ぶりの修学(酒学?)旅行に出かけた。
 4月の選挙の際も、出陣式を大いに盛り上げてくれた心強い仲間だ。
f0141310_6531362.jpg
f0141310_6532054.jpg
f0141310_6532780.jpg

 仕事などの都合で参加できなかった者もいたが、7名で楽しい一晩を過ごした。
f0141310_6542254.jpg

 2日目は、修学旅行らしく「韮山反射炉」と「江川邸」を見学。
f0141310_6544821.jpg

 そしてお昼は清水町に住むK君の家に寄り、奥様のとてもおいしい手料理でまた一杯。
f0141310_6562864.jpg

f0141310_6552212.jpg

f0141310_6564516.jpg

 「いやー、こんなにうみゃーとまた寄りたくなっちゃうな」と言いながら、食べて、飲んで、話し続けた。
 おいしい料理の一つひとつを写真でどうぞ。
f0141310_657571.jpg
f0141310_6571869.jpg
f0141310_6573131.jpg
f0141310_6574528.jpg
f0141310_6581074.jpg
f0141310_6582534.jpg
f0141310_6583546.jpg
f0141310_65845100.jpg
f0141310_6585421.jpg

 K君、そして奥様、ごちそうさまでした!
f0141310_659942.jpg

 次回もまた、楽しい酒学、いや修学旅行を!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-21 06:52 | 同級生 | Trackback | Comments(0)  

吉原公園再整備検討ワークショップが始まりました

 17日(土)は、午後から「吉原公園再整備検討会」を見学した。
f0141310_812859.jpg

 会場は、吉原公園の東隣にある青少年相談所のホールだ。
f0141310_813959.jpg

 吉原公園は、吉原本町通りから北に500m、和田川の北側、ちょうど吉原地区と今泉地区の間に位置する公園(現在の面積は1.9ha)だ。
f0141310_81546.jpg

 昭和34年に都市計画決定され、都市公園の種別では、公園から500mくらいの範囲のエリアに住む方々が利用する「近隣公園」に位置付けられている。
 しかし、街なかに近く、公園そのものが少なかった時代からあったため、小学校の遠足などでも出かけた方も多いのではないか。
 また昔は「サル」が飼われ、動物園のようなイメージで、市内ではけっこう知名度が高い公園のような気がする。

 今回、隣接する六所家敷地跡(東泉院跡)が公園拡張予定地(0.8ha)となったため、そちらも含めた新たな吉原公園として再整備する。
 そこで、今泉地区、吉原地区にお住まいの方20名に参加いただき、ワークショップ方式で再整備の方向性をまとめようというものだ。
f0141310_822331.jpg

 まずは、室内で公園の現状、アンケート結果、そして拡張予定の東泉院の歴史などについて勉強。
f0141310_823829.jpg
f0141310_824456.jpg

 その後、現場を確認。
 公園の敷地図面を持ち、説明を聞きながら各自チェックしていく。
f0141310_83415.jpg

 現在の公園は、北側はクスノキなどの大木がうっそうとした斜面地だ。
f0141310_831943.jpg

 斜面を縫うように園路が通っている。
f0141310_833134.jpg

 ヒガンバナが満開だ。
f0141310_834624.jpg

 交番?をイメージした詰所(管理事務所)。私はずっとトイレだと思っていた。
f0141310_84571.jpg

 ここで急に雨が強くなり、急いで東泉院跡地へ。
 まだ発掘調査が続いている。
f0141310_842757.jpg

 黒塀の立派な玄関。
f0141310_844011.jpg

 東泉院は、かつては富士山修験道の一大拠点であり、また江戸時代までは富士郡下方五社別当(三日市場の富知六所浅間神社、原田の滝川神社、今宮浅間神社、入山瀬浅間神社、今泉日吉浅間神社の五社をたばねる役)を務めていたそうだ。
 その頃(安政時代)に建てられた宝殿(蔵)。
f0141310_845475.jpg

 かつての東泉院の図。
f0141310_85659.jpg

 現場確認の後、部屋に戻り各自が公園の「良いところ」、「改善したいところ」をカードに記入していく。
f0141310_862713.jpg
f0141310_863315.jpg

 私は用事があり、ここで失礼した。

 今回のワークショップは、計4回かけて再整備の方向性をまとめていく。
 富士山の世界遺産構成資産に富士市内で位置付けられる可能性がある唯一の場所が、この東泉院跡だと言われる。
 こうした歴史を守りつつ、多くの市民に愛される新たな吉原公園の方向性が示されることを期待したい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-20 08:08 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)  

貫通! 24日の「彼岸花ウォーク」に備えた滝川の草刈り

 昨日までの3日間で、決算委員会での「議会による事業評価」の行政側への質疑が終了。
 委員17名はそれぞれ、7つの事業に関し自分なりの評価を行ないシートに記入した。
 今日は、午前中そのシート17枚をもとに各会派で議論し、会派としての評価をまとめる。
 更に午後、会派の代表者が集まり、「自由討議」を踏まえ、決算委員会=議会としての評価をまとめる。
 会派によっては、「青少年の船事業」のように大きく評価が異なりそうな事業もあり、どのようなまとめになるだろうか。

 今日の写真は、11日(土)に行なった滝川遊歩道の草刈りの話。

 そうだ!沼川プロジェクト実行委員会では、24日(土)に「のんびり彼岸花ウォーク」を開催する。
f0141310_7104269.jpg

 今回で秋・春通じて5回目の開催だ。
 今回初めて、市内全町内会・区の組合・隣保班にこのチラシを回覧させていただいた。
 回覧板でご覧になった方はいるだろうか?

 この日は、それに備えた草刈りだ。
 有志の皆さん、10名ほどが集まり、まずは刈り払い機の確認。
f0141310_711459.jpg
f0141310_711117.jpg

 2つのグループに分かれ作業開始だ。
 私がリーダーになり担当したのは、沼津線にかかる芙蓉橋の下流側。
f0141310_711252.jpg

 前回は6月初旬に刈ったが、3ヶ月の間にすっかり伸びてしまっている。
f0141310_7114893.jpg

 一人約100mの区間を担当に刈り始める。
f0141310_712110.jpg

 初めて参加いただいたHさんも、上手に刈り払い機を使い刈り進んでいく。
f0141310_7121666.jpg

 見事に貫通。
f0141310_712273.jpg

 こちらもこんな生い茂ったところが。
f0141310_7124643.jpg

 きれいに切り開かれた。
f0141310_7125749.jpg

 既にヒガンバナ(彼岸花)がチラホラ咲いている。
f0141310_7131417.jpg

 と思いながら刈っていくと、あるわあるわ、スーッと茎が伸びている。
f0141310_713315.jpg

 どうも9月第2週の草刈りでは遅いようだ。
 来年からは9月第1週に行なわなければ。

 滝川沿いに立地・営業する企業の皆さんにお願いした区間は、既にきれいに草が刈られている。
 キャタピラーウエストジャパンさん。
f0141310_7143682.jpg

 ユタカエンジニアリングさん。
f0141310_7144795.jpg

 そして「企業町内会」の会長を務めるイワマワークス東海オートリサイクルセンターさん。
f0141310_715348.jpg

 準備は着々と進んでいます。
 9月24日は、是非多くの皆様に彼岸花を楽しみに歩いていただき、富士市にこんなに楽しめる水辺があることを知っていただければと思います。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-16 07:18 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

賛否両論が白熱する「議会による事業評価」

 昨日は、決算委員会での「議会による事業評価」の2日目。
 青少年の船事業については、さまざまな視点から行政当局(教育委員会)に質疑が行なわれた。
 委員のそれぞれは、この事業に関しては評価や事業継続について賛否がさまざまだった。
 しかしこのような一つのテーマについて、多くの委員からの異なる考え方をベースにした質疑は、これまで委員会ではほぼありえなかった光景だ。
 今日3日目の質疑を行ない、明日は、これらの質疑で浮かび上がった課題点を議論しながら議会としての「事業評価」を整理する。
 この議論・整理こそが、富士市議会基本条例で重要視した「議員間の自由討議」だ。
 私は、所属する市民クラブの代表としてこの議論に参加する。
 どんな自由討議になるか楽しみだ。

 今日は時間がなくなってしまったので、写真はまた後日ということで。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-15 08:08 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)