<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

コンパクトシティに向けた第一歩・・・特別用途地区、高度地区制度の導入検討

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 一昨日(27日)は、今年から委員となった都市計画審議会があった。
f0141310_8315675.jpg

 正式な議案は、数年前から地元の皆さんと市で検討・協議していた件であり、審議委員ほぼ全員が一致して了承した。

 私が興味を持ったのは、「特別用途地区及び高度地区の導入について」の検討報告だ。
 富士市は、まちの核がもともと分散し、その上市街化区域が広いため、低密度な市街地が拡散しながら都市を形成してきた。
 しかしこれからは、このブログでも何度も書いているが、人口が減少・高齢化する一方で、道路、上下水道、公共施設等の維持管理に金がかかる中では、さまざまな機能を「まちなか」や市街化区域内の「拠点」に集約するコンパクトシティ=集約型都市構造に切り替えていかなければ「まちが持たない」。
f0141310_8335270.jpg

 これまでは、総合計画の中や、都市計画の考え方の中でそうした考えが述べられてはいた。

 しかし、昨日の報告の中では、都市計画制度という事務レベルにおいて、コンパクトシティに向けた歩みが始まりつつあることを感じた。

 現在適用されている用途地域(例えば、戸建て住宅が拡がる富士見台団地の大半は「第一種低層住居専用地域」など)では、それぞれの用途地域に応じて建築できる建物の用途や規模(延べ床面積)、高さなどが規定されている。

 だが、用途地域の規定だけでは、今回報告された、「商業施設(ショッピングセンター)のような大規模な集客施設」(延床面積で3000~10,000平米)が、市街化区域外縁の住居系あるいは工業系の用途地域に分散立地してしまう傾向が続いてしまう。
f0141310_8321978.jpg

 そこで、既存の用途地域の上に「特別用途地区」というもう一つの網(規制)をかけようというものだ。
f0141310_8323624.jpg

 その結果として、今後は大規模集客施設は、本来商業施設が立地すべき「商業系用途地域」のみ(下図の黄色のエリア)に誘導していこうという考え方だ。
f0141310_8325741.jpg

 また建物の延床面積だけでなく、高さの規制についても住居系、工業系用途地域の中で導入しようというのが「高度地区」の考え方だ。
 高さ規制の現状と、「高度地区」制度を導入しようと検討しているエリア。
f0141310_833146.jpg

 こちらも結果として、本来高い(様々な機能集積が可能)建物の建築が可能な「商業系用途地域」に誘導していこうということだ。
f0141310_8332717.jpg

 このようにコンパクトシティを目指す手段だが、特別用途地区も高度地区も、新たな私権制限を伴うことから十分な情報公開と議論が必要だ。
 その上で、確かに必要だと判断されれば都市計画で位置付け、市の条例も制定していくこととなる。

 都市計画審議会は、今後のまちづくりに関し大変重要で、責任を持たなければならない審議会だ。

by koike473 | 2011-07-29 08:40 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

吉原身代わり地蔵尊と初めて聴いた「琵琶」の音

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、23日(土)の晩に出かけた「吉原身代わり地蔵尊」大祭の話。
 身代わり地蔵さんは、岳南鉄道の吉原本町駅南側の陽徳寺にあるお地蔵さんだ。
f0141310_7345711.jpg

 身体が弱い子ども、病気の子どもがお願いすると、お地蔵さんが「身代わり」になり、あっという間に病気が治るという言い伝えからこう呼ばれる。
f0141310_7355137.jpg

 陽徳寺は住職がおらず、以前から法雲寺(まちの駅「わきみず寺」、私の妻の実家)が管理しており、この大祭も法雲寺の住職と役員さんが運営している。
f0141310_736572.jpg

 本尊の前で供養読経をあげる藤田住職。
f0141310_7361821.jpg

 子供の頃、見るのがとても怖かった「地獄絵」。
f0141310_7363068.jpg

 露天も出ている。
f0141310_7364184.jpg

 全国の「まちの駅」つながりで、東日本大震災で被災した会津地方(福島県)の物産を販売している。
f0141310_7365722.jpg

 店に立つのは富士市内のまちの駅の藤田さん(まちの駅「鯛屋旅館『吉原本宿』」と西川さん(まちの駅「日本一の駅」)。
f0141310_7371551.jpg

 向いのまちの駅「吉原宿・東木戸のくすりやさん」(松栄堂薬局)前では、灯籠が並べられ、多くの人が集まっている。
f0141310_73730100.jpg
f0141310_7373754.jpg

 松栄堂薬局の奥様・久保田湖水さんによる琵琶の演奏だ。
f0141310_7375193.jpg

 「平家物語」の一節を、少し物悲しい琵琶の音にあわせ、じっくりと聴かせていただいた。
f0141310_738792.jpg

 初めて琵琶の生演奏を聴いたが、少し湿気を含んだ涼しい夏の夜風に似合う琵琶の音だった。

by koike473 | 2011-07-28 07:40 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

はつらつとした皆さんが歌う「歌声散歩道」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、23日(土)に樟泉閣(伝法)で開かれた「歌声散歩道」の話。
f0141310_781693.jpg

 これは、昔からの日本の童謡や唱歌をみんなで歌おうと、60歳代後半の有志の皆さんが企画し今年の4月から行ない、今回で4回目を迎える取組みだ。
 私は、知り合いの方に誘われて初めて参加したが、そのエネルギーに驚いた。
 150名の定員に対し、180名近い参加者で会場は満席で、補助椅子まで用意された。
f0141310_783449.jpg

 ざっと見渡すと、60~70代の皆さんが大半で、私が一番若そうだ。
 司会の堀内氏の軽妙な司会。
f0141310_784633.jpg

 そして歌にまつわる話と楽器演奏で会場をリードする先生方。
f0141310_79079.jpg

 一人ひとりに歌集が配られる。
f0141310_791353.jpg
f0141310_792298.jpg

 リーダー格のこの方、船津先生は、私は直接教わらなかったが吉原一中の時の音楽の先生だ。
f0141310_793657.jpg

 一つひとつの歌の誕生の背景やエピソードを、ユーモラスにお話いただき、会場は大きく盛り上がる
f0141310_710049.jpg

 1時間半、声をあげて歌ったのは以下の計18曲。
  ・富士山
  ・かわいい魚屋さん
  ・あざみの歌
  ・北帰行
  ・海
  ・バラが咲いた
  ・一杯のコーヒーから
  ・埴生の宿
  ・箱根八里
  ・若いお巡りさん
  ・みかんの花咲く丘
  ・美しい十代
  ・下町の太陽
  ・線路は続くよどこまでも
  ・憧れのハワイ航路
  ・花の街
  ・蛍の光

 世代が少し異なるせいか、私がしっかり歌える歌は数曲しかなかったが、大変楽しい時間があっという間に過ぎた。

 それとともに、まだまだ元気ではつらつとしたこの世代の皆さんのパワーに圧倒された。
 「高齢者」の基準(65歳以上)は考え直さなければ、と強く思った次第だ。

 次回は8月20日(土)です。
f0141310_710433.jpg

 カラオケとは違った楽しさです。
 皆さんもいかがでしょうか。

by koike473 | 2011-07-27 07:15 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

いろいろなことがわかった「田宿川をもっと学ぼう!」講演会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 21日(木)は、今泉地区まちづくり推進会議主催で「田宿川をもっと学ぼう!」というテーマの講演会が開かれた。
f0141310_785821.jpg

 講師は、地元・富士常葉大学社会環境学部の藤川教授だ。
f0141310_79124.jpg

 藤川先生は、富士常葉大に着任以来、ずっと学生達と田宿川を始めとする富士山周辺の湧水調査を行っている。
 この日は、こうした調査に基づき明らかになったことをわかりやすくお話いただいた。
 まずは、何故富士山は山の周辺で湧水が多いのか?
 溶岩の一番外側(写真では下側)の大気に触れてガサガサの状態で固まったクリンカーと呼ばれる部分が水を通す。
f0141310_792693.jpg

 何重にも重なった溶岩流の間のクリンカー部分から水が湧き出すということだ。
 では、どのあたりに降った雨や雪が地下水を涵養しているのかというと、おおよそ標高1000~2500m付近の雨や雪だそうだ。
f0141310_794063.jpg

 富士市を含む富士山南麓の地下水涵養量は95万トン/日に対し、かつて高度成長期には140~157万トンもの水を汲み上げていた。
f0141310_7101495.jpg

 そのため塩水化がかなり内陸部まで進み、今でもその影響が残っている。
f0141310_7102514.jpg

 ではいよいよ本題の田宿川。
 田宿川の流量から湧水の涵養域(どこに降った雨や雪を集めているか)を計算すると、その面積は32.8km2。
f0141310_7104048.jpg

 何とこれは、地表の流域(図の青い四角)の数十倍にも相当するエリア(図の赤い四角)から水を集めていることになる。
f0141310_7105937.jpg

 つまり、地表の地形に関係なく、地下のクリンカーが形成する流域を伝って大量の地下水が田宿川に集まっているということだ。

 では田宿川の水質はどうか?
 湧玉池(富士宮)と比較すると、窒素分(NO3)が非常に高い。
f0141310_7111762.jpg

f0141310_7114685.jpg

 健康に直接影響を及ぼす値ではないが、富士山麓の土地利用から見ると、茶畑にまく肥料や東名高速道路からの排気ガスがその原因ではないだろうかとのこと。図のピンクの部分が茶畑。
f0141310_712717.jpg

 田宿川のシンボルの一つでもあるナガエミクリ(水草)は、この窒素分の富栄養化により、刈っても刈ってもこんなに成長するようだ。
f0141310_712597.jpg

 本当は各地で減少が危惧されている「貴重種」だが、田宿川ではやっかいな「嫌われ者」になっているのは皮肉な話だ。

 そして最後は田宿川の水位の話。
 地下水を汲み上げている企業が休みになる正月やお盆、そして岳南排水路の点検期間は水位が5~8cm上がっている。
f0141310_7132236.jpg

 そしてそれ以上に水位変化が大きいのが、「河川清掃活動」つまり嫌われ者のナガエミクリなどの水草を刈る「川そうじ」の前後だ。
f0141310_71335100.jpg

 10cm以上水位が下る。
 逆に言えば、水草の生長によって流速が下り、水位が上がるということだ。

 こうした水位の上昇と災害を防ぐことを目的に始まった「田宿川たらい流し川祭り」が今週の日曜日・31日に行なわれます。
 第25回、四半世紀を迎えます。
 是非、多くの皆さんに「清流・田宿川」と、源泉である「富士山の湧き水」を体験いただければと思います。

by koike473 | 2011-07-26 07:17 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(0)  

富士まつりと「2250(フッコー)風船プロジェクト」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は富士まつりが行われた。
 今年は、「2250(フッコー)風船プロジェクト」と名付けられたオープニングイベントに参加した。
f0141310_7354880.jpg

 東日本大震災からの復興を願って2250個の風船を上げようというものだ。
 議会の環境経済委員長が、富士まつりの実行委員になっていることから、環境経済委員会のメンバーである笠井議員と私が参加した次第だ。
 まずは、2250個の風船にヘリウムガスを入れてふくらませる。
f0141310_736725.jpg

 最初に風船につなげる紐を用意して。
f0141310_7362675.jpg

 ボンベから伸びたノズルでガスを入れる。
f0141310_7364188.jpg
f0141310_7364718.jpg

 ふくらんだ風船の口をしばる。
f0141310_737039.jpg

 紐をつけて出来上がり。
f0141310_7371363.jpg

 来場した皆さんに復興への願いを一言カードに書いていただく。
f0141310_7374182.jpg

 13:00のオープニングに合わせて2250個が飛んでいく。
f0141310_738579.jpg
f0141310_7382153.jpg
f0141310_7393281.jpg
f0141310_739412.jpg

 南風に乗って飛んでいくのを見ながら復興を願ったが、「この風船が富士山麓に落ちて、ゴミになるんだな」と思うと何だか複雑な気分。
f0141310_7395673.jpg

 会場には様々な店が出ており、TMO吉原の「つけナポリタン」も。
f0141310_7401543.jpg

 お昼の段階で予想以上の売れ行きとのこと。
f0141310_7403179.jpg

 私も一つ食べたが、少し塩が効いていて濃い味だ。
f0141310_740432.jpg

 これがオリジナルに近い味だそうだ。これはビールを飲みながら食べるのに最高の感じだ。
f0141310_740563.jpg

 例年、夜のかぐや姫絵巻(パレード)に参加させていただいていたが、今年は昼間の「風船ふくらまし」でドッと疲れるだろうと思い、こちらは欠席。
 そのかぐや姫絵巻の山車も出番を待っている。
f0141310_7411318.jpg

 竿燈も。
f0141310_7412629.jpg

 帰り道からのぞいたかぐや姫コンテスト。
f0141310_7414593.jpg

 9月の定例議会では、今年から決算審査に併せ、議会として市が取り組んでいる事業の効果を評価する。
 その候補事業に「富士まつり」が上がっている。
 どんな評価になるだろうか?

by koike473 | 2011-07-25 07:44 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(2)  

やっぱりヘビが出た!小潤井川の草刈り

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 18日(月・祝)は、2回目の小潤井川の草刈り清掃を行った。
 6月19日に1回目を行ったが、残ってしまった区間があったり、刈った所も1ヶ月で結構草が伸びていた。
 前回は私の同級生等の有志が中心だったが、今回は川沿いに住む皆さんも何名か参加いただいた。
 当初は、午前中の予定だったが「終わってお昼に『反省会』をやると、すっかり酔っ払って一日つぶれるから、午後からにしよう」ということで、3時からの作業に。

 刈り払い機に燃料を入れ、3つのグループに分かれて草刈り開始だ。
f0141310_721311.jpg

 1つのグループがこのくらいの人数だとバリバリ進む。
f0141310_7243540.jpg

 1時間やって半分以上進んだところで「休憩しましょう!」と声をかけて歩いていると、「出た~っ!」
f0141310_7244974.jpg

 1.5~2.0mもある青大将だ。
 見るのもいやだが、あわててカメラを取り出しシャッターを切ったら、水辺の穴に逃げ込む後姿が写っていた。
 休憩場所には、近所の方から冷たいものの差し入れも。
f0141310_725447.jpg

 休憩後、更に約1時間。疲れ切った後姿。
f0141310_7252215.jpg

 しかしどうでしょう、このビフォー・アフター!
f0141310_7254383.jpg
f0141310_7255114.jpg
f0141310_726572.jpg
f0141310_7261342.jpg
f0141310_7262717.jpg
f0141310_7263446.jpg

 旧国道1号のホワイトパレス側から見るとこんなにきれいに!
f0141310_7274525.jpg

 皆様、おつかれさまでした。
f0141310_7275826.jpg

 そしてこの後の「お楽しみ反省会」でさまざまな意見が。
 「ホルモンきむらや」での話はまた後日のブログで。

by koike473 | 2011-07-22 07:30 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

祭りを通じて伝統、コミュニティを守り、育てる西仲町

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、昨日のブログに書いた西仲町(吉原)の皆さんの話。

 西仲町には、私の同級生が何人かいて、そんなご縁もあって駿河台三丁目での「太鼓披露」となった。
f0141310_6595162.jpg

 「伝統ある太鼓を披露するには、しっかり練習しなくては」と、2週間前から練習すると聞いていた。
 てんのさんの前日になってしまったが、公会堂で行なわれている練習を見学に出かけた。
f0141310_701543.jpg

 1階と2階に分かれ、練習している。
 こちらは1階で「呼び太鼓」。
f0141310_703419.jpg

 2階では、長老の方々が厳しく?見守る中、若い皆さんが太鼓、鐘、笛の練習を。
f0141310_704888.jpg
f0141310_70559.jpg

f0141310_72085.jpg

 ホワイトボードには、練習の日程や当日のスケジュール、役割分担が。
f0141310_721270.jpg

 21時に練習が終わると、「毎晩飲る」というミーティング=一杯会が。
f0141310_723244.jpg

 音を合わせようと、しっかり汗をかいた後の一杯は、とてもうまそうだ(もちろん私もいただいた)。
f0141310_73066.jpg

 一杯やりながらも、「あれはどうだっけ?」、「ここで2台が並び合って競り合うだぞ」と最後の確認を。
f0141310_731237.jpg

 そして「今年は吉原のてんのさん(祇園祭)で太鼓をたたけなかったから、喜んで参加させてもらうよ」と言っていただき私もうれしい限りだ。
f0141310_732791.jpg

 公会堂には、昔からの祭りの写真が何枚も掲示されている。
f0141310_734113.jpg

 神社の祭りを軸に、伝統と地域コミュニティが守り、育てられる西仲町の「地域力」を感じた夜だった。

by koike473 | 2011-07-21 07:05 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(0)  

暑い熱い一日 駿河台三丁目のてんのさん

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 16日(土)は、私が住む駿河台三丁目の「てんのさん」(天王祭)だった。
 暑い熱い一日を朝からの写真集でどうぞ。
 まずは神事。
f0141310_6253126.jpg

 私も玉串を奉奠。
f0141310_6254871.jpg

 午前中は、2隊に分かれたこども神輿が町内を回る。
 私は先導役だったが、神輿の写真を撮り忘れた。
 休憩所での「呼び太鼓」。
f0141310_62618.jpg

 2隊とも無事帰ってきた。
f0141310_6261991.jpg

 午後からは売店を開店。
 私は毎年「焼きそば」担当。
f0141310_626339.jpg

 焼いた焼きそばをパックに盛り付け。
f0141310_626487.jpg

 店頭に並べるがどんどん売れていく。
f0141310_62748.jpg

 隣りは「焼き鳥」コーナー。
f0141310_6272742.jpg

 反対隣は町内の女性グループ「CCクラブ」が。
f0141310_6273990.jpg

 団子スタイルの五平餅。
f0141310_6275113.jpg

 そして今年は西仲町(吉原)の皆さんに太鼓を披露していただくことに。
 富士ニュースさんに取材していただいた(昨日(19日)の新聞記事)。
f0141310_628456.jpg

 まずは「祭りが始まるよ!集まってよ!」とたたく「呼び太鼓」。
f0141310_6282223.jpg

 威勢のいい太鼓の音を響かせてトラックが入場。
f0141310_6283886.jpg

 更にもう1台が入ってきて、2つの隊が競り合う「競り太鼓」。
f0141310_6304536.jpg
f0141310_631059.jpg

 近くで写真を撮っていたら足元に飛んできたこれ。
f0141310_6311588.jpg

 鐘のバチが折れたもの。実はこの頭の部分はシカの角で、折れた竹を入替えて使い続けるそうだ。
f0141310_6312771.jpg

 陽が落ちる頃には、早くも500食の焼きそばが完売に。
f0141310_6314038.jpg

 太鼓教室も始まった。
f0141310_6315717.jpg

 お楽しみの「抽選会」の発表。
f0141310_632951.jpg

 西仲町の皆さんも入っての盆踊り(これはジェンカ?)。
f0141310_6322538.jpg

 最後はバテバテだったが、今年も熱く燃えたてんのさんだった。

by koike473 | 2011-07-20 06:36 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(0)  

特別委員会の重み・・・地震防災対策特別委員会を傍聴して

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 15日(金)は、6月議会で新たに設置された「地震防災対策特別委員会」を傍聴した。

 この特別委員会は、3月の東日本大震災、静岡県東部地震を受け、議会としてもこれからの防災対策をしっかり議論し、施策に反映させるべきだとの考えで議会自らが設置したものだ。
 残念ながら私は委員になれなかったが。
f0141310_7165987.jpg

 私は、後援会長である勝亦正人前議員を始め、何人かの先輩議員から「特別委員会は、本当は常任委員会より格が高いんだ。議員・議会が必要性を感じて設置するのだから、委員長がより積極的に主導して開催するのが当然だし、議会のレベルが問われるんだ」と聞いていた。

 私が議員になってから初めての特別委員会設置なので、どのような進め方をするのか興味を持って傍聴した。
 案の定と言うか、第一回目の委員会であり、防災対策の内容以外に、この委員会の目標、進め方などについて各委員からさまざまな意見が出された。
 ある委員の発言が印象的だった。
 「これは議会が必要だと判断してつくった特別委員会なんだ。当局(行政側)は別にして、まずは委員だけでしっかり勉強、議論していくべきだ」

 そうだ、その通りだ!まさしく議会基本条例で位置付けた「議員間の自由討議」だ。

 具体的な議論・目標は、この厚い地域防災計画の修正案を作成することだ。
f0141310_7171787.jpg

 かなりの労力と時間、粘り強い議論が必要だ。
f0141310_7172894.jpg

 委員会を切り回していく正副委員長の手腕が問われる。

by koike473 | 2011-07-19 07:20 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

富士山本体とともに富士市の水源涵養などに大切な「内山財産」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 12日(火)は、昨年から委員となった「内山財産委員会」が開かれ、内山の現地を視察した。

 内山財産は、愛鷹山西麓から富士山麓にかけて広がる約2300haの土地で、古くは旧吉原市内の6つの村の人々が薪やカヤなどを採りに入る「入会地」だった。
 明治時代からは、金原明善翁の指導で植林が行なわれ、現在も貸付林、また市の直営林として育林が行なわれ、富士市の特別会計で運営されている。

 視察した場所を写真集でどうぞ。
 ワゴン車2台に分乗しての視察だ。
f0141310_6281164.jpg

 まずは、シカの食害の現場。
f0141310_6283963.jpg

 富士山麓には現在推定約10,000頭のシカがいるそうだ。これは適正とされる1平方キロ当り4~5頭に対し、17~18頭の密度だそうだ。
 このように枯れてしまう。
f0141310_6285786.jpg
f0141310_629633.jpg

 ここでは、フェンスを張って、シカの侵入を防いでいる。
f0141310_6292673.jpg
f0141310_6293287.jpg

 こちらは勢子辻分校跡地に3月に完成した「勢子辻ひのきの家」。
f0141310_6294460.jpg
f0141310_6295017.jpg

 立派なヒノキの大黒柱。
f0141310_63041.jpg
f0141310_6301095.jpg

 森林内を流れる沢の氾濫を防ぐために施工された砂防堰堤。
f0141310_6302556.jpg

 上流側は、現場で発生した木材を化粧に使っている。静岡県の「木使い県民運動」の一環だそうだ。
f0141310_6303755.jpg

 3月15日の静岡県東部地震で崩落した林道の斜面。
f0141310_6305391.jpg

 東日本大震災の一環の「災害復旧事業」に認められたことを示す標柱。
f0141310_631629.jpg

 内山のほとんどは、このような急傾斜地だ。
f0141310_6313059.jpg

 林業が産業として成り立ちにくい中、市街地上流に位置し、水源涵養、土砂流出防止等の役割を果たしている内山財産の健全な運営は、富士市全体にとっても大きな課題だ。

by koike473 | 2011-07-15 06:33 | 環境 | Trackback | Comments(0)