<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

10年間の富士市のまちづくりの方針を審議する「総合計画等審査特別委員会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日(29日)は議会で「総合計画等審査特別委員会」が開かれた。
 数日前のこのブログでも書いたが、総合計画は、今後10年間の富士市のまちづくりの方針や基本的な施策を決める重要な計画だ。

 9月議会で議員発議による条例が制定され、今回の第五次総合計画(平成23年から32年までの10年間を対象)から、従来の基本構想だけでなく、その「内訳」とも言える基本計画までが議会の議決対象となった。

 私も特別委員会の委員になり、計画書案を「今後の10年間」を前提に「これでいいのか?」という見方で、この2週間ほどかなり読み込み、自分なりの改善箇所を整理してきた。
f0141310_23234285.jpg

 しかし整理している最中、大きな疑問が湧いてきた。
 「この特別委員会で修正するということは、議案に対して『反対』ということになるが、それはどういうことになるだろう」、
 「計画案は、2年間かけて当局はもちろん、いろいろな立場の市民の方々が参加し作成され、審議会でも半年かけて審議し、それを受けて修正もされてきている。更に審議会には市議会議員8名も参加し審議している。それを更に修正とは・・・」???

 当日の特別委員会では、私を含め質疑を行なった委員は、こうした背景もあり「私は○○○と考えるが、そうした議論は審議会等ではなかったか?」という聞き方が大半となった。
 私も10数箇所の質疑を行ったが、「もっと○○○のような議論をしてほしかった。そうした考えも踏まえて取り組んで欲しい」というような要望を付す形の質疑に終始した。

 その結果、この特別委員会としては全員一致で計画案を認めた。
 順調に進めば、12月6日(月)の本会議でこの計画案が議決されることとなる。
 この議決責任は大きい。
 議決するからには、今後の計画の進行管理においても、特別委員会の審議を踏まえしっかりチェックしていかなければならない。

 しかし振り返ってみると、「これでよかったのか?」と思うことが多い。
 今後は審議会への議員の委員としての参加の是非を含め、議会としての審議のあり方を事前に十分議論しておく必要があると感じている。

by koike473 | 2010-11-30 23:24 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

富士市まちの駅ネットワーク等の主催「曽我兄弟物語サミット」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日28日(日)は、田宿川の川そうじ終了後、午前中だけだったが、鷹岡で開催された「第2回曽我兄弟物語サミット」に参加した。
 サミット会場の鷹岡まちづくりセンター。10月にオープンしたばかりの立派なまちセンだ。
f0141310_23294179.jpg

 これは、富士市まちの駅ネットワークと鷹岡地区まちづくり推進会議が主催するもので、私は「まちの駅」の関係者の方から案内をいただき、午前中の現地視察だけ参加した。
 参加できなかったが、既に準備万端の午後のサミット会場となる多目的ホール。
f0141310_23295474.jpg
f0141310_2330065.jpg

 皆さん、「曽我兄弟物語」をご存知でしょうか?

 私は、おおまかな「あらすじ」しか知らなかったが、「日本三大仇討ち」の一つだ。
 幼いときに父親を殺された曽我兄弟(兄:十郎、弟:五郎)が、源頼朝の部下であった仇(相手)を、富士の巻狩りに来ていた現在の富士宮市白糸あたりで見事に討ち取った話だ。
 またこの話には、十郎の恋人、虎御前が大きく関係している。
 江戸時代には、歌舞伎で大ヒットし、正月の興行にはなくてはならない演目になったそうだ。

 鷹岡地区には、この曽我物語に関連する史跡や神社・仏閣が多く、その見学会だった。
 見学は、バスに乗って回った。
f0141310_23315817.jpg

 解説は、富士市まちの駅ネットワーク副代表の久保田豪氏だ。久保田さんは富士市にまつわる「歴史フリーク」?のような人で、とにかく詳しい。
 曽我兄弟に縁が深い、伊東市から参加の方々もご一緒だ。

 まずは、曽我兄弟の墓がある「曽我寺」。
f0141310_2332144.jpg

f0141310_2333132.jpg
f0141310_23331025.jpg

 山門にある山号「鷹岳山」(何と読むのか忘れた)の文字は、金原明善翁によるものだそうだ。
f0141310_23323783.jpg

 続いて「虎御前の腰掛石」。
f0141310_23332470.jpg

 こちらも虎御前が十郎のために、七日七晩念仏を唱えたという「玉渡神社」。
f0141310_23333630.jpg

 「五郎の首洗い井戸」。
f0141310_23335177.jpg

 最後は「曽我八幡宮」。兄弟の勇気、忍耐、孝養に感激した源頼朝が兄弟の霊を祀り、造営した神社だ。
 ちょうどこの日は、秋の例祭が行なわれていた。
f0141310_23341493.jpg

 地元の杉山さんから、全国の仇討ちの記念に建てられた灯籠の説明を伺った。
f0141310_23342634.jpg

 確かに1本1本、形が違う。
f0141310_23343769.jpg

 宝物殿も、この例祭で見せていただけた。
 数十年前には、映画も撮られ、その時の写真や衣装も。
f0141310_2334558.jpg
f0141310_2335183.jpg

 物語の武者絵は、近所の大工さんの作品だとか。
f0141310_23351375.jpg

 いろいろ見学し、話を聞いて、自分の中でも大盛り上がりになり、「大河ドラマは?」と伺うと、伊東市では以前に一度機運が盛り上がったとのこと。
 今日の朝刊によれば、午後のサミット(曽我兄弟物語にゆかりの5市町が参加)でも「大河ドラマの誘致」が今後のサミットのテーマになったそうだ。
 夢がある取組みだ。

 一度、改めて「曽我物語」をじっくり読んでみたいと思う。

by koike473 | 2010-11-29 23:36 | まちの駅 | Trackback | Comments(4)  

田宿川 今年最後の川そうじ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今朝は、今年最後の田宿川の川そうじがあった。
 田宿川沿川の8つの町内の皆さんは、「わき水田宿川委員会」を組織し、年6回、水草を刈ることを中心に川そうじを行なっている。
f0141310_23255650.jpg

 前回が10月3日だったから、約2ヶ月が経過している。
 しかし、春から夏の日射量が多い時期に比べ、水草の成長スピードは遅い。
f0141310_23264925.jpg

 また、この時期になると、水温(14~15℃)より外気温の方が低いため、水があたたかく感じる。
f0141310_23262422.jpg

 しかし、今日はやけに水位が高かった。
 例年は、夏から秋、冬にかけて湧水量が減り、それに伴い水位も下るのだが。
 富士宮市で異常湧水が話題になったが、富士市でもその傾向があるのだろうか?
f0141310_23271314.jpg

 私は毎回、妻の実家(法雲寺=わきみず寺)がある栄町の区間の川そうじを手伝う。
 しかし、栄町は計25軒の小さな町内だ。
 その上、高齢化が進み、川に入るのが危険な方もおり、人手不足は明らかだ。
f0141310_23272775.jpg

 私は別件もあり、お会いすることができなかったが、今日は別の町内の担当区間の川そうじに県富士土木事務所の方々が参加していただいたそうだ。
 田宿川は、過去30数年間、今で言う「協働の川づくり」を県内で先駆的に取り組んできた川と言える。
 しかしここにきて、30数年間続けてきた皆さんが高齢化し、次の世代でどんな形(参加範囲、協働形態等)の「新たな協働」を進めていくのか、いやいけるのかターニングポイントを迎えつつある。
 河川管理者である県、そして地元の皆さんで話し合い、知恵を出す時が来ている。

by koike473 | 2010-11-28 23:28 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(0)  

「防災用ろ過浄水機」使い方 わかりますか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、防災用のろ過浄水機の話。

 12月5日は、毎年冬の防災訓練が行なわれる。
 私が自主防災会長を務める駿河台3丁目でも4つのブロックに分かれ、消火栓を使った放水訓練を行なう。
 先日、自主防の副会長さんから「小池さん、浄水機があるけど、ずっと使ってないみたいだから防災訓練の時に動かしてみるか?」との話があった。
 副会長さんも防災の役員になってから数年だが、私も、10数年前に浄水機を購入した時に、「このように水を浄化できます!」という「お披露目式」?で見ただけだ。
 当時の役員は引っ越したり、引退したりで、使い方そのものがわからない。
 取り扱い説明書も行方不明だ。

 そんなことで先日、「一度動かしてみよう」ということになった。
 購入当時、立ち会ったことがあるという近所のWさんにも来てもらい、エンジンはかかった。
 そして円筒形のろ過機の外ふたをはずす。
f0141310_0301326.jpg

 「吸い込んだ水がここに当たるのか?」
f0141310_0303442.jpg

 「じゃあ、この汚れたような筒をはずして、水で洗おう」(いいのかな?)
f0141310_0305667.jpg
f0141310_031211.jpg
f0141310_0311052.jpg

 筒の1本1本は中が空洞になっていて、「どうしてろ過されるんだろう?」
f0141310_0312680.jpg
f0141310_0313732.jpg

 もう一度、筒を戻してセットして。
f0141310_032333.jpg

 外ふたをしっかりはめ込み、水が漏れないように閉めて。
f0141310_0325114.jpg

 「でも、浄化した水はどこから出てくる?」、「こっちはドレンだよね?」
f0141310_033865.jpg

f0141310_0332955.jpg

 結局、現在防災備品で取引がある機器扱い店の人にも来てもらったが、ずいぶん古いタイプの機器らしくよくわからない。
 しかし、10数年前でも、相当高い値段だったらしい。
 メンテナンスして、何とか使えないか、メーカーに当たってもらうこととなったが・・・。
f0141310_03344100.jpg

 自分のところを棚に上げて言うのも恥ずかしいが、市内の他の自主防では、防災機器のメンテナンスはしっかりやっているのだろうか?

by koike473 | 2010-11-26 00:37 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

今日から11月議会が始まります

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日25日から12月10日までの会期で、11月定例議会が始まる。

 今年の11月議会の特徴は、向こう10年間の富士市のまちづくりの最も基本的かつ最上位の方針となる「第五次総合計画」の審議が行なわれることだ。
 10年に一度の審議だ。

 加えて、今回からはその審議範囲が拡大する。
 総合計画は、大きく「基本構想」、「基本計画」、「実施計画」の3つから構成される。
 これまでは、「基本構想」のみが議会の議決対象だったが、更に踏み込んだ議会の関与、チェックが必要との考えから、前回の9月議会で条例を制定し、「基本計画」も議決対象に加えることとなった。
f0141310_5172922.jpg

 11月議会では、各会派から選出された計11名の委員により、特別委員会を組織し、そこで審議をすることになる。
 私も委員になることが決まった。
f0141310_5174469.jpg

 先週から会派での勉強会が始まった。
 特別委員会は29日(月)に朝から開かれる。
 通常の常任委員会(私は今年は「文教民生委員会」)の審議に加え、今回も一般質問を予定している。
 更に、来年4月の選挙に向けた準備活動も本格化させなければならない。

 今年は風邪などひいている暇はない。
 改めて「やって、やって、やり抜くぞ!」

by koike473 | 2010-11-25 05:17 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

いいお手前でした 駿河台3丁目文化祭

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、私が住む駿河台3丁目の「町内文化祭」が、公会堂で行なわれた。

 今年で第4回目で、主催は町内の女性団体「桔梗の会」。
 2週間ほど前から、町内の交差点などに看板が掲げられ、また回覧板でも「お知らせ」が回った。
f0141310_23161255.jpg

 私は例年、出品物を展示する「ボード」を今泉地区生涯学習推進会から借用し、まちづくりセンターから公会堂まで運ぶのを担当しており、今年は20日(土)に運んだ。

 10時からのオープンに合わせて公会堂に行くと・・・、写真集でどうぞ。
f0141310_23162757.jpg

 玄関を上がると「ごあいさつ」が。
f0141310_23164363.jpg

 既に10数人の方が訪れている。
f0141310_23165759.jpg

 書道の大作。
f0141310_2317919.jpg

 紙バンド作品。
f0141310_23172230.jpg

 ちょうど季節の「菊の花」。
f0141310_2317388.jpg

 今年は隣接する駿河台2丁目からも出品があり、これは以前このブログでも紹介した「ハンカチ姫着物」。
f0141310_23175376.jpg
f0141310_23175936.jpg

 つるし雛。
f0141310_23181055.jpg

 なぜか、ガンダムも。
f0141310_23182121.jpg

 奥では、お茶席も設けられている。
f0141310_23184224.jpg

 「桔梗の会」の皆さんが中心になり運営している「土曜サロン」でお茶を習っている子供達が出してくれる。
f0141310_23185726.jpg

 女の子はおしとやかだが、男の子は・・・。
f0141310_23191722.jpg
f0141310_23192455.jpg

 私もゆっくりいただいた。
 「いいお手前でした!」。

by koike473 | 2010-11-23 23:21 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(0)  

フォトライター 近藤正寛氏の写真展

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、午前中はJA富士市の島田支店で開かれている「農協祭」に出かけ、その後ロゼで開催中の「近藤正寛写真展 出会い~ひと、モノ、自然~」へ。
f0141310_23294512.jpg

 近藤さんは、元富士ニュース社の新聞記者をされていた方で現在59歳。
 私は、10数年前、前職で富士宮市の仕事をしている時、よく富士宮市役所でお会いし、なんとなくあいさつをするようになった。
 その後、私が議員になる少し前に富士ニュースを退職し、若い頃からの夢だったカメラマンとして再出発されたと聞いていた。
f0141310_2330175.jpg

 写真展開催のご案内をいただき、「どんな写真だろう?」と思いながら出かけた。

 会場は、約400枚の写真で一杯だ。
 いくつかのテーマに分け、複数の写真を組み合わせた「組写真」という形で展示されている。
 「フランス、イタリアの街の風景」
f0141310_23301686.jpg

 「ベトナムの風景」
f0141310_23302793.jpg
f0141310_23303686.jpg

 「富士高野球部の甲子園出場」(1979年)
f0141310_23305191.jpg

 近藤さんが、新聞記者としてのこれからに迷っていた頃、新聞写真を通じたメッセージの可能性に気付き、新聞記者として「本格的にやろう」と気持ちの整理をつけたのが、この甲子園出場時の取材だそうだ。

 そしてこちらが、私が一番興味を持った35年前の「ヒッピー」の写真。
f0141310_2332048.jpg

 近藤さん自身、大学を卒業し、これからどう生きようかと模索していた時、自ら九州のヒッピーの共同体に入り込み撮った写真だ。(中央が近藤さん)
f0141310_23321490.jpg

 そして30年後に、そこを再訪し、撮った写真もある。
f0141310_23322657.jpg

 私とは、わずか(?)7歳の違いで、世代の大きな違いを感じさせられる。

 そしてこれは、現在も富士ニュースのカラー版で掲載されている「岳麓百景」。
f0141310_23324489.jpg

 あえて富士山の写真は入れずに、富士地域の「今」を季節ごと?位に写真と文章で紹介している。
 文章の最後に(近)とあるのが、近藤さんの印し。
f0141310_23325718.jpg

 この「岳麓百景」は、現在80数回まで続いている。「あと3年、100回までは何とかやり遂げたい」とのこと。

 還暦を目前にしながら、若い時の夢を実現し、更に求め続けるフォトライター・近藤正寛さんに「あっぱれ」!

 写真展は23日(祝)まで開催しています。
 皆さんも是非出かけてみてはいかがでしょうか。

by koike473 | 2010-11-21 23:34 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

ウルウルしてくる手紙ばかり 「拝啓 60歳のあなたへ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、「拝啓 60歳のあなた」をテーマに書いていただいた手紙の審査の話。
 これは、12月17日(金)に開催される「還暦フェスティバル」に併せ「公募書簡」として募集したもので、11月10日に締め切られた。
f0141310_23503233.jpg

 事務局である一般社団法人「まちの遊民社」には、計63作品が寄せられた。

 私も「還暦フェスティバル」の実行委員になり、この公募書簡担当委員になった。
 最終審査は審査委員長が行なうが、一次審査は、担当委員それぞれが評価し、それを集計して行なうこととなった。

 先日、その63作品が私のところにも郵便で届いた。
f0141310_2351150.jpg

 今日18日までに全てを読み、自分なりに3段階評価(◎、○、△)をしなくてはならなかった。
 「やばい、時間がないなあ」と思いながらいたが、読み始めると止まらない。
 どの手紙も、心を込めて書かれている。

 60年を振り返り自分自身にあてた手紙、60歳になったご主人に奥様があてたもの、60歳になった後輩や兄弟にあてたもの、そして将来なるであろう60歳の自分自身に書いたもの等々。
f0141310_23512137.jpg

 多くの手紙が、これまでの苦労を乗り越え、現在に至ったことをさりげなく、そして周囲の人に感謝を込めて書かれている。
 私の目がウルウルしてくる手紙も多い。

 約4日間かけて、それぞれ2回ずつ読んで自分なりに採点させていただいた。

 最終的には、大賞1点、優秀賞2点、入選数点が選ばれるが、どの作品も「これまで」と「これから」の人生が前向きに書かれている。
 是非、全作品をまとめた「60歳のあなたへ 手紙集」のような形で公開できればと思う。

 皆様、12月17日の発表をお楽しみに!

by koike473 | 2010-11-18 23:54 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(2)  

11月議会の一般質問と「富士山観光交流フォーラム」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、ふじさんめっせで開かれた「平成22年度 第1回 富士山観光交流フォーラム」に出席した。

 11月議会が25日から始まるが、今議会の一般質問で観光をテーマにした質問をするつもりでいる(「いた」になるかもしれない)。
 このフォーラムの案内を3週間ほど前にもらっていたが、開催の目的がよくわからなかった。
 しかし、出席することで一般質問の資料収集にもなるだろうとの考えもあり出席した。

 前半は、昨年度策定された「新富士市観光交流まちづくり計画」の取りまとめをコンサルタントとして担当された二瓶長記氏の講演。
f0141310_23421054.jpg

 昨日、f-Bizの小出センター長が力説していた「自分ではわからないセールスポイントを見つけ出す」外部の目の重要性とダブる話が興味深かった。
f0141310_23424213.jpg

 後半は、4つの部会に別れてのグループ検討会。
 私は産業観光部会を希望し、新計画の最重点プロジェクトに位置付けられた「紙まち文化プロジェクト」の進め方について意見交換した。
f0141310_2343338.jpg

 ここでこの部会の目的、と言うより「新富士市観光交流まちづくり計画」の位置付け、今後の展開の考え方を知り、「えっ?えっ?えっ?」と。

 それでも、問われたことに関しては自分の意見を言ってきたが・・・。

 このフォーラムに出席したがために、一般質問しようと思っていたことが自分の中でブレ始め、かえって混乱してきた。
 もう少し整理が必要だ。
 ブログをご覧いただいた方にはよくわからない話で申し訳ありません。
 今日は、ここまでで。

by koike473 | 2010-11-17 23:44 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

富士市・富士宮市議会議員合同研修会と富士市産業支援センターf-Biz

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、「富士市・富士宮市議会議員合同研修会」が行われた。
f0141310_2394058.jpg

 これまで富士市、富士宮市、富士川町(当時)、芝川町(当時)の正副議長懇談会が毎年行なわれていたが、合併により2つの市になったので、今年初めてこのような議員全員参加の研修会となった次第だ。

 研修は、富士市産業支援センターf-Bizセンター長の小出宗昭氏による「富士市産業支援センターf-Bizセンターの挑戦」と題した講演を聞いた。
f0141310_2310547.jpg

 私は、2年前の10月にf-Bizを訪問し、これから本格的な運営に取り組もうとする小出さんの意気込みを聞いてから、ほぼ2年振りだ。
f0141310_23102279.jpg

 開設以来2年間、1ヶ月平均147件の相談を受けている。
 他の政令指定都市等が開設している産業支援施設と比べると、その平均件数は数倍だ。
 資料には「行列ができる産業支援施設」と書かれているが、私が夜9時頃、図書館の前を通ると、もちろん図書館本体は閉まっていて暗いが、f-Bizだけは照明がついており、「今日もまだ相談を受けているのかな」と思うこともしばしばだ。
 相談者の75%が富士市、12~13%が富士宮市と、9割近くは富士地域の皆さんが相談に訪れている。

 そしてこの2年間で、多くの成果が出ている。

 一つがこのムラマツ製茶さんのお茶。
 朝霧高原で毎年開催される音楽イベント「朝霧Jam」のお客さんをターゲットとした「コンセプト茶」だ。
f0141310_23104320.jpg

 「朝霧ロック茶『叫』」、「朝霧ヘビメタ茶『狂』」などなど。これらで売上げが前年比3倍増になった。

 また、今年最大のヒット商品と言われる「食べるラー油」。
 この技術開発を担った富士市にある斉藤食品工業さんを含む富士地域の6社で、「富士山麓スタミナスイーツプロジェクト」を展開中だ。
 「にんにく」を使い、食べて元気になるスイーツを商品化し、全国に発信しようという取組みだ。
f0141310_23105921.jpg

 小出さんは、「相談に見える方(企業)には必ずセールスポイントがある。自分では気がついていないそれを私たちが発見し、気付いてもらうことが第一です」。
 「そのセールスポイントを生かした商品づくりと、そのターゲット(消費者)をいかに絞り込むかが重要です」、 「そうしたチャレンジャーが、富士地域にたくさん出てきて『えっ、近所のあの人が』となれば、更に相乗効果を生むようになるはずです」と力説した。

 フムフムと聞いていたら、私の自宅のすぐ近くに住むある企業の社長さんの名前が出てきて驚いた。
 「あの人がんばっているなー、俺も負けていられない」と思うと同時に、多くの皆さんがこう思い、知恵を絞って動き始めれば富士市はもっと魅力的なまちになるはずだ。
 今後もf-Bizの動きに注目だ。

by koike473 | 2010-11-16 23:07 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)