<   2010年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

三条市の切れ目ない「子ども・若者総合サポートシステム」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 25~27日に視察した三条市と長岡市の報告。
 三条市は「子ども・若者サポートシステムについて」、長岡市は「子育て駅(てくてく)について」を視察した。
 ともに「子ども」を対象とした取組みに関し、市の組織が富士市をはじめとする他の市と異なっていることが興味深かった。

 富士市では、「子ども」に関する所管は、学校教育やそれに関する相談事業は教育委員会が行うが、幼稚園、保育園、そして児童虐待や障がいを持つ子ども達の支援・保護等は福祉部が、母子保健等は保健部が担当している。
 しかし両市では、子どもに関することは一元的に教育委員会で対応すべきとの考えで、教育委員会に「子育て支援課」(三条市)、「子ども家庭課」(長岡市)を設け、これらの課が子ども施策全般を調整しながら対応している。
f0141310_23344775.jpg

 それぞれに特徴があった。
 三条市では、「子ども・若者という三条市民が、乳幼児から就労・自立に至るまで、切れ目なく一貫して個に応じた必要な支援を総合的に受けられるようにするため、市(子育て支援課)がその情報を可能な限り集約・一元化し、関係組織・機関と連携して支援体制づくりを行なう」という考えだ。
f0141310_23351045.jpg

 特に、虐待、障がい、不登校、非行、引きこもりなど、「支援が必要な子ども・若者」に対しては、市が責任を持って取り組むとしている。
 中でも、中学校卒業後の引きこもり・ニート等に対しては、従来は市は対応をしていなかったが、そこをサポートしている。
f0141310_233530100.jpg

 こうした支援を可能にするためには、様々な機関との支援が必要な子ども・若者に関する「情報共有化」が重要だとのことだった。
f0141310_23354650.jpg

 また目に見える取組みとして、子どもが生まれたら、従来の「母子手帳」でなく「すまいるファイル」を配っている。
f0141310_23355885.jpg

 これは、子どもの成長記録、医療・相談記録、支援記録等を記録し、切れ目のない総合的な支援提供を行なうツールとして活用していこうというものだ。

 このような「子育て支援」を前面に出した施策を進めた現市長さんが2期目に臨む市長選の投票日が今日10月31日だった。
 現在の国定市長は、当時全国最年少で市長(当時34歳)に当選した人だそうだ。
 自分自身の子育ての中で、こうした取組みの重要性を実感し、役所全体で取り組み始めたとのことだ。
 今、三条市のHPを開いたら、ぶっちぎりで2期目当選だ。
 これからの取組みに改めて注目だ。

 長岡市の取組みは、また後日報告ということで。

by koike473 | 2010-10-31 23:37 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

進化する免許証と歳をとる自分

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日(28日)は、朝から忙しかった。
 今日(29日)の晩に行なわれるTMO吉原の再開発研究会の資料確認、定例議会後に作成している「小池としあき後援会だより」の発送、夕方から夜にかけて打合せが2件・・・。
 結局その日のうちにブログを書けずに寝てしまった。
 言い訳はこの辺までで。
 ということであわてて今書いているのだが、先週済ませた運転免許証の更新の話。
 写真をどうぞ。
 会場の東部運転免許センター。
f0141310_6562225.jpg

 沼津市の北部・愛鷹地区の岡の上にある。
f0141310_6564230.jpg

 手続きを済ませ講習室へ。
f0141310_6565451.jpg

 時間ギリギリに入ったので、部屋の一番後ろの列に座ったが、さまざまな年代の人たちがいる。
f0141310_65788.jpg

 私は2年前に「軽微な違反」で減点があるので、「一般運転者講習」の1時間講習。
f0141310_6572755.jpg
f0141310_657378.jpg

 資料も配られて。
f0141310_657526.jpg

 飲酒運転は絶対ダメ!
f0141310_658747.jpg

 犯罪等に悪用されないよう免許証もICチップ化に。何だか進化している?
f0141310_6582334.jpg

 それにしても視力の低下に自分でもびっくり。
 検査官からは「何とかギリギリですね」と言われる始末。
 最近、「歳のせいかな、目が悪くなったなあ」とは感じていたが・・・。
 そうなんです、私も明日30日で52歳になります。
 でも、まだあと30年くらいはこの目と身体に頑張ってもらわないと!

by koike473 | 2010-10-29 07:00 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

富士市議会野球部vs吉原一中野球部

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 25日から今日27日まで、議会の文教民生委員会で先進都市の視察に出かけていた。
 三条市、長岡市、新発田市といずれも新潟県の都市だ。
 この視察報告は後日ということで、今日は23日(土)に行なわれた富士市議会野球部の親善試合の話。

 議会野球部は、毎年市内の中学校野球部と親善試合を行なっている。
 今年は、私の母校、吉原一中との試合だ。
 一中正門。正面の校舎は、私たちの学年が卒業する時に建築中だった。もう築36年!
f0141310_23352343.jpg

 開会式には市長も駆けつけ、激励のあいさつ。
f0141310_23354314.jpg
f0141310_23355933.jpg

 小長井議長、服部議会野球部監督から、ボール10ダースを寄贈。
f0141310_23361250.jpg

 始球式では平岡教育長と望月文教民生委員会委員長が見事な投球。
f0141310_23362790.jpg

 いよいよ試合開始。
f0141310_23364313.jpg

 私も試合の後半から1塁手として出場。
f0141310_23365813.jpg

 よくしたもので、出場したとたんに1塁ゴロが2回続いた。
 ボールの方から私のグローブに入ってくれて(?)、上々の出来だった。
 議員チームには市役所野球部メンバーが助っ人として加わり、一中は身体が小さな1、2年生。
f0141310_23372953.jpg

 そんなこともあり、3-1で議員チームの勝ち。
 しかし中学1~2年は、1年で身長が15cm位大きくなる時期だ。
 一中野球部には、是非来年の中体連で優勝してほしいものだ。

 いい汗をかいた後は、みんなでトンカツを食べに行ったが、このボリュームではメタボ解消はほど遠い!
f0141310_23374551.jpg

by koike473 | 2010-10-27 23:39 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

恐るべし!?団塊世代のパワー

 22日(金)の晩は、12月に行なわれる「還暦フェスティバル」の実行委員会に出席した。
f0141310_6385087.jpg

f0141310_6404474.jpg

 実行委員は、多くが「還暦世代」(ここでは55~65歳をそう呼んでいる)だが、中には20代、30代の人もいる。
 私は実行委員会には初めての出席だが、若い方だ。
f0141310_639833.jpg

 既に当日の大枠のプログラムは決定しており、①コンサート、②手紙(「拝啓 60歳の○○へ」の公募書簡)、③展示のそれぞれの企画について検討が進められている。

 「コンサート」は、この60年間のヒットメドレーを演奏し、みんなで歌おうというものだ。
f0141310_6392539.jpg

 更に、曲の合い間合い間には、その年代を思い出させる写真やイラストを映像で出しながら盛り上げる。それらは全て手づくりだ。

 「展示」は、「昭和」が一目でよみがえるなつかしいコレクションを展示しようと、この日も一部を会議室にお持ちいただいていた。
f0141310_6394074.jpg

 私は、「手紙」班に所属することになった。
 「拝啓 60歳の○○へ」の公募書簡は、現在のところ10数通が寄せられている。
f0141310_6401869.jpg

 1次審査は、締切りが終了し、全て出揃ってからということだ。少しざっと読んだが、ホロリとする手紙もある。
 是非、多くの人に書いて、応募いただきたい。何と言っても大賞の賞金50,000円は大きいですよ。

 それにしても実行委員会に出席して感じるのは、還暦世代と言うより「団塊世代」のパワーだ。
 「あーしよう、こうしよう」、「こっちの方がいい」、「でもこうだ」。こんな意見交換が自由に行なわれる。
 好きな人が集まったから当然かもしれないが、わずか3ヵ年の間(昭和22~24年)に生まれ、全人口の5%以上を占める競争世代の中を生きてきた方々の衰えないパワーを感じる。
 そう考えると、一世代後に生まれた我々は、常にそのパワーに押さえつけられてきた?「しらけ世代」と呼ばれるのも「なるほど」か。

 実行委員会は、あと5回予定されている。
 どんな企画が詰められ、当日披露されるか、皆様お楽しみに!

by koike473 | 2010-10-25 06:42 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(2)  

おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 現在、私の後援会が主催する「駿河台地区 第2回ガーデンコンテスト」の写真審査を行なっている。
 合計11軒のお宅から応募いただき、11日(祝)にそれぞれのお宅を後援会役員が訪問し、いろいろ話をを伺いながら写真を撮らせていただいた。
 その写真を基に、協賛企業や町内会長さん達に、審査(それぞれの評価で順位付け)してもらっている最中だ。
f0141310_2331911.jpg

 写真は私が撮ったので、それぞれの庭の良さが十分に伝わらないかもしれない。でもそこは素人ということで・・・。

 今日のブログは、その中でもちょっとスタイルが違うお宅、と言うよりイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノさんの紹介。

 「マーノ・エ・マーノ」さんは、私が住む隣りの町内、駿河台2丁目にある。
 正面から改めて見ると、左右対称の建物だ。
f0141310_23312568.jpg

 庭には大きな鉢やプランターが並ぶが、これらはほとんどが料理に使う野菜やハーブ、香草だ。
f0141310_23313850.jpg

 バジル。
f0141310_23315484.jpg

 イタリアンパセリ。
f0141310_2332968.jpg

 これらの野菜を毎日使うので、建物の裏では、プランターにタネをまき、苗を育てている。
f0141310_23342199.jpg

 磨きこまれたナベや皿が並ぶ厨房。
 
f0141310_23345644.jpg
そして料理は、約1ヶ月前に、母、妻、私の3人で行った敬老の日のお祝いランチの写真をどうぞ。
 まずは「トウモロコシのスープ」。「トウモロコシってこんなに甘かった?」と思うほど、自然の甘さが。
f0141310_23352323.jpg

 自家製のパン。それだけでおいしくて、おかわりをした。
f0141310_23353511.jpg

 パスタは、3人それぞれ別のものを頼み、他の2人のものも少しずつ分けて食べる。
 私が頼んだ「エビのパスタ」。エビのプリプリ感と塩味がうまく絡んだパスタがおいしい。
f0141310_23355529.jpg

 母が頼んだ「牛肉とトマトソースのパスタ」。煮込んだ牛肉とトマトの重厚な味がいい。
f0141310_2336106.jpg

 妻が頼んだ「キンメとミョウガとアンチョビーのパスタ」。想像がつかない味だったが、食べてみるとこれは絶品。
f0141310_23362449.jpg

 少し食べると、更にもっと欲しくなったが・・・。「こっちにすれば良かった」と。
 そして見た目も味も満足のデザート。
f0141310_23363740.jpg

 最後はカプチーノで。
f0141310_23365541.jpg

 あ~、おいしかった。
 皆様も、是非一度どうぞ。
 場所は、吉原高校から県道富士裾野線を北上し、キミサワ駿河台店の北側の筋向いです。

by koike473 | 2010-10-21 23:41 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

富士東高校の職業講話

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村
 
 19日(火)は、富士東高校の「職業講話」に講師として出かけた。
f0141310_513427.jpg
f0141310_5131234.jpg

 この職業講話は、高校生の職業観を育み、目標を持った今後の高校生活、進路に向けた取組みを進めるための一環として、PTAが主催する形で行っている。
 私がPTAの副会長だった4年前から、当時の大石会長(中央大学陸上部で活躍している大石港与君のお父さんで、この年の11月にガンで急逝された)の音頭で始めた取組みだ。
 毎年1、2年生を対象に開催していて、今年で5回目だ。

 しくみはこんな形だ。
 1 年度初めに富士東高1、2年生に60種類ほどの職業(予備校等で使っている職業アンケートをもとに)を示し、就きたい職業、関心がある職業をアンケートする
 2 アンケートの上位約30種類位の職業について、PTAや卒業生の協力を得ながら、その職業についている講師を探し依頼する
 3 再度1、2年生に「聞きたい職業」のアンケートをとり、1つの職業に20~25人を割り振り職業講話を実施する

 今年は、23の職業で24人の講師の方に参加いただいた。
f0141310_514755.jpg

 最初のあいさつで集合した講師の皆さんと、あいさつする鈴木PTA会長。隣りは塩谷校長。
f0141310_5142163.jpg

 私は、建築・土木分野で前職として働いていた「都市計画プランナー」としての参加だ。
 この経験は、現在の市議会議員の活動に非常に役立っている。
f0141310_5145477.jpg

 富士市役所からも、毎年何名かが講師として参加しており、「富士市のために働こう!」という生徒が増えることを期待したい。

 そして私の講話。

 パワーポイントの映像を使いながら、25人の生徒に聞いてもらった。
 自分が子どもの頃、「公害のまち・富士市」を何とかきれいなまちにしたいと思ったことから話し始め、自分の身の上話に終始してしまった感が強い。
f0141310_5151276.jpg

 後ろの方では、机に突っ伏して寝ている生徒もいたが、それは自分の「講話のへたさ加減」を反省すべきだろう。
f0141310_5153080.jpg

 事前に聞いていた質問への回答も含め、結局60分間しゃべり続けて終わった。
 しかし、当日生徒から質問がなかったのは、この「へたさ加減」も含め、いろいろな意味で心配だ。
f0141310_5154652.jpg

 講話が終わり、解散し、しばらくするとグラウンドでは運動部の練習が始まった。
f0141310_516013.jpg
f0141310_5161259.jpg

 娘2人が卒業し、私自身もPTAで何度も通ったこともあり、愛着を感じる学校だ。
 生徒達には、将来の目標を悩み考え見つけ、それに向けて精一杯前向きに取り組んで欲しい。

by koike473 | 2010-10-21 05:19 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

MAUハンドベルリンガーズの10周年記念コンサート

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 17日(日)は、午後からMAUハンドベルリンガーズの結成10周年コンサートに出かけた。
f0141310_23395535.jpg

 MAUハンドベルリンガーズは、吉原一中の卒業生13名で構成するハンドベルの演奏チームだ。
 私の4年先輩の方々だ。
 会場のロゼシアター小ホールホワイエには、10周年をお祝いするファン(?)の皆さんからのお祝いの品が。
f0141310_23401714.jpg

 第一部が始まる前の緊張した表情の藤田さん。
f0141310_23403269.jpg

 演奏が始まった。今回は、青葉台小学校PTA有志の皆さんで組織する「KAGE-BOUSHI」による影絵の演出が。
f0141310_23413343.jpg

 こちらは「アヴェマリア」。
f0141310_23414914.jpg

 河野さんの指揮に合わせ11人のベルがすばらしいメロディを奏でていく。
 しかし、連続の演奏で腕が痙攣状態になり、大変な思いをした方もいたようだ。

 休憩時間には、正面スクリーンから天井にかけて「10周年」のスライドが。
f0141310_2342414.jpg

 後半は、ゲストの方々との楽しいコラボレーション。
 ボーカル&ギターの「JIN ISOBE」さん。「TSUNAMI」(サザン)の歌声はすばらしかった。
f0141310_23421853.jpg

 そしてジャズクラブ「ケルン」を経営する三改木ご夫妻。ジャズの自由なテンポが新鮮だった。
f0141310_23423111.jpg

 MAUのメンバー紹介。
f0141310_23424742.jpg
f0141310_23425412.jpg

 アンコールは「いい日旅立ち」。会場全員で合唱だ。
f0141310_2343839.jpg

 MAUは、今年で10周年だが、結成のきっかけは吉原一中の学年同窓会での「ハンドベルをやろう」という話からだそうだ。
 私は、当時の同じクラスの皆さんが集まったのだとずっと思っていた。
 ところがこの日配られた資料を見ると、13名はクラスも、所属していた部活も、みんなバラバラだ。
 しいて上げれば、男性はバレーボール部が多いことくらいだ。
 そして13名に加え、この日はスタッフとして会場設営や機材運搬等をサポートしていたスタッフの皆さんも同級生の方々だそうだ。

 10年間、いろいろあっただろうがすばらしいチームワークだ。
 是非、次の10年に向けてあまりリキまずに、身体をいたわりながら、我々の先輩としてこのまま続け、すばらしい音色を聴かせ続けていただければと思う。

by koike473 | 2010-10-19 23:45 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(4)  

「であい ふれあい わかちあい」市民福祉まつり

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村
 昨日(17日)は、「市民福祉まつり」に参加した。
f0141310_22534281.jpg

 開会式では、小長井議長が「富士市の福祉まつりは、今年で30回目になるが、隣りの沼津市では富士市の取組みを参考に今年から福祉まつりを始めたそうです。そうした意味からもこのまつりを誇りに思い、そして楽しみましょう」とあいさつした。
 これまでの多くの皆さんの長年にわたる取組みを感じる話だった。
f0141310_22535955.jpg

 実は私は、議員になってから初めてこの福祉まつりに参加した。
 毎年この日(第3日曜日)は、「沼川プロジェクト」で沼川や滝川でカヌーやウォーキングのイベントを主催する側にいた。

 言い訳はここまでとして、1時間半くらいしかいなかったが、多くのボランティア、と言うよりまつりの名前の通りさまざまな「市民」、それも多くの若い人達がスタッフとして参加しているのに内心驚いた。
 まつりのテーマに掲げている「であい ふれあい わかちあい」が、浸透していることを感じる。

 写真集でどうぞ。
 開会式では、来賓の市長や議員もいっしょに「エビカニクス」・・・エビとカニのダンスでオープニングを盛り上げた。
f0141310_22541684.jpg

 エビカニクスは、ネットで検索するとすぐわかるので、皆さんも是非どうぞ!
 ポスターの表彰式。
f0141310_2255785.jpg

 会場には様々な売店やブースが。
f0141310_22552750.jpg

 セラピー犬も。親犬と兄弟だそうだ。
f0141310_2255397.jpg

 ステージでは、いろいろな施設や団体の皆さんがダンスを披露。
f0141310_22555299.jpg

 ガールスカウトも参加。
f0141310_2256381.jpg

 私は、「きぼうの里」さんの売店でおいしそうなパンを購入。
f0141310_22561477.jpg

 2つのパンを入れてくれた袋は、新聞紙で作った手製のバッグ。
f0141310_22562792.jpg

 しっかりした取っ手がついていて感激!
f0141310_22564436.jpg

 会場は、中央公園の西側イベント広場だったが、ステージや売店テントの配置、そして集客の規模等、ぴったりした会場だった。
f0141310_2257274.jpg

 半年前から何度も集まり準備をしてきた実行委員会の皆さん、本当にご苦労様でした。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2010-10-18 22:58 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

おひまちと稚児行列

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村
 10日(日)は、「吉原宿宿場まつり」の後、午後から吉原の木之元神社の「おひまち」を見学した。
 と言うより、楽しく一杯やらせていただいた。
 木之元神社は、周辺の8つの町内会の皆さんが氏子になっている神社だ。
f0141310_233171.jpg
f0141310_23389.jpg

 旧の東海道の吉原宿には、こうした神社が5つあり、それらの氏子さん達が中心になり6月の祇園祭は運営されている。
 「おひまち」とは、ネットで調べると中国の道教に基づく「庚申信仰」の行事で、前夜から会所などに集まって翌朝の日の出を拝み、太陽の恵みに感謝し、五穀豊穣、無病息災を祈るそうだ。
 太陽の出を待つことから「お日待ち」とも書き、全国各地で行われている行事だ。

 特に今年は2年に一度行なわれる「稚児行列」があるとのことだった。
 まずは、神社拝殿の中での神事。やはり子供たちは落ち着かない。
f0141310_23104862.jpg

 世話役?の方々を先頭に行列がスタートする。カメラマンがわっと集まる。。
f0141310_23105992.jpg

 神輿は結構重そうだ。
f0141310_234998.jpg

 最初の会所、西仲町の会所に到着。神主の祝詞で五穀豊穣、無病息災を祈る。
f0141310_2342457.jpg

 祝詞の後は酒が振舞われる。
f0141310_234383.jpg
f0141310_2344434.jpg

 行列は、旧東海道を進む。
f0141310_235593.jpg

 「天狗」に「おかめ」、「ひょっとこ」も。
f0141310_2361198.jpg
f0141310_2361839.jpg

 子供たちも頑張ってついていく。
f0141310_2363492.jpg

 この行列は2時間以上かかるというので、私はここで神社に戻り、友人が多い西仲町の皆さんと一杯。
f0141310_2365052.jpg

 しばらくしてテーブルの上には、この「鯛の煮付け」。さっきまで会所に上がっていたものだ。
f0141310_2372047.jpg

 「うまい、うまい」と箸が止まらない。
f0141310_2373047.jpg

 「行列に参加している人たちにもとっておこう」と言っていたが、ろくに残っていない。
f0141310_2374273.jpg

 そうこうしている内に、行列が戻ってくることを知らせる太鼓が。
f0141310_2375722.jpg

 最後は全員の手締めで。
f0141310_2381149.jpg

 今回、私は初めて行列を見学した。
 しかし話を聞くと、20年以上前は、「おひまち」の行事そのものが元気をなくし、参加する人も少なく、神輿をシルバー人材センターに頼み引いていた(車輪を付け)時期があったそうだ。
 それを当時の若い世代が、「もう一度復活させよう!」ということで現在につながっているそうだ。
 祭りや伝統行事は、外から見ている分には楽しいし、日本らしさを堪能できる。
 しかし、それを引き継いでいくことは並大抵のエネルギーではない。
 そこで生まれる地域の連帯感や帰属意識の大きさも感じた「おひまち」だった。

by koike473 | 2010-10-17 23:11 | 富士市内各地の風景 | Trackback | Comments(0)  

春日製紙さんの新型バイオマスボイラー

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村
 昨日(13日)は、所属する議会の会派・市民クラブで、春日製紙で4月から稼動を始めた「バイオマスボイラー」を見学した。
 概要説明を受けた会議室と春日製紙構内。
f0141310_2341097.jpg

f0141310_23394223.jpg

 このバイオマスボイラーは、とても富士市らしい取組みだ。
 再生紙を製造する際などに大量に発生するペーパースラッジ(PS)に廃食油を混ぜ合わせ作ったRPF燃料を使っている。
f0141310_23413284.jpg

 このボイラーのシステムを開発したのは、クボタ商会の久保田社長だ。
f0141310_23414567.jpg

 紙のまち・富士市では、年間120万トンのPSが発生する。
 昭和40年代は田子の浦港に、50年代は富士山麓に生投棄され、その後は焼却し、PS灰を地中に埋立て処理されていた。
 また近年では、PS灰はセメント会社や製鉄所等でその多くが再利用されるようにはなってきた。
 しかし、PSを「焼却する」ために大きなコストをかけている。
 そこで何とかPSの有効活用の方法がないかと考えた久保田社長は、17年前からPSの燃料化の研究を始め、ようやく第1号のボイラーが完成したとのことだ。
 ボイラーのPS投入口。
f0141310_23423791.jpg

 こちらは、廃食油のタンク。
f0141310_2342508.jpg

 プラントの中でPSと廃食油がうまく混合され、太さ2cm位、長さ7~8cm位の「RPF燃料」が作られる。
f0141310_23431519.jpg
f0141310_23432224.jpg

 このRPF燃料をストーカ式燃焼炉で燃やし、その熱で蒸気を作っている。
f0141310_23434147.jpg

 現在は、春日製紙さんで使用する蒸気の1/7にすぎないが、このボイラーがフル稼働すると1/4まで賄えるそうだ。

 また、RPF燃料を燃焼した後に残るPS灰(PSM=ペーパースラッジマテリアル)は、様々な粒径に分けられ、軽量ブロックやモルタル、焼物(陶器)等に再利用される。
f0141310_23441420.jpg
f0141310_2344265.jpg

 久保田社長は、このプラント全体をシステムとして特許取得した。そこでは、PSを安定的にしっかり燃やすための技術がポイントだそうだ。
 また、このプラントのうたい文句は「サーマル・マテリアルシステム」だ。
 「サーマル」がボイラーでの「熱回収」。「マテリアル」が最終的に残るPS灰を「材料」としてリサイクル。
 これまでやっかいな廃棄物だったPSと廃食油を使い、熱エネルギーを得て、更に材料として再利用しようという一石二鳥、三鳥、四鳥もの効果を狙った取組みだ。
 ただし、廃食油は現在は市外から購入しているとのこと。これからは市内からの調達が課題だ。

 紙のまち・富士市ならではのPSの活用が、市内各所の製紙工場で始まることを期待したい。

by koike473 | 2010-10-14 23:46 | 環境 | Trackback | Comments(0)