<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

議会基本条例案の説明会が市内6ヶ所で始まりました。

 27日から、議会基本条例案の説明会が始まった。
 27日(月)が富士見台まちづくりセンター、28日(火)が吉原まちづくりセンターで行なわれた。
f0141310_23183764.jpg

 条例案もそうだが、説明会も議員・議会独自で開催しようと準備を進めた。
 会場設営。
f0141310_23185191.jpg
f0141310_2319544.jpg

 受付。
f0141310_2319237.jpg

 開会。
f0141310_23202174.jpg

 議会改革検討委員長あいさつ。
f0141310_23203321.jpg

 説明。
f0141310_23204730.jpg

 このパワーポイントも村松議員の手づくりだ。

 2日目は、1日目のビデオを見て、反省点を踏まえ臨んだ。
f0141310_2321930.jpg

 私は、条例案の後半部分の説明を担当した。
f0141310_23212599.jpg

 「政務調査費」、「議員定数」、「議員報酬」など、各地でダメな?議会の「象徴」としてニュースで取り上げられる部分の説明だ。
f0141310_2321397.jpg

 説明後は、厳しい質問や意見が相次いだ。
 改めて、市民の方々の議会・議員を見る眼の厳しさを感じた。

 自分なりに何人かの方から聞いた感想は、
 「議会は、こんな当たり前のことまで条例で決めなきゃ動かないのかい?」
 個人的には「改めて自らを戒める意味で入れました」とお答えしたい。

 「こんなことをしたら、あんたたち自分達(議員)の首を絞めるよ」
 個人的には「地域主権を叫ぶのであれば、議員は当然これまで以上に勉強し、合議制の議会として動かなければ富士市は良くなりません」。

 「難しい条文ばかりで、よくわからなかったよ」
 個人的には、「自分が説明したところも含め、残りの説明会ではもっとわかりやすく説明します」。

 残りのあと4回、よりわかりやすく説明し、皆さんの率直なご意見を伺いたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2010-09-30 23:27 | 富士市議会 | Trackback | Comments(5)  

コープしずおかとアピタの工事が始まった!

 吉原にある旧明治製紙跡地の工事が始まった。
 「コープしずおか(生活協同組合)」が買取り、1年以上も前から更地になっていた。
 当初は、大和ハウスグループが開発主体となり動いていたようだが、その後オリックスグループの看板が建ち、今月中旬から、ほこり等飛散防止?のためのシートを張る工事が始まった。
f0141310_23344318.jpg

 そして数日すると、重機が入りいよいよ本格的な工事が始まったようだ。
f0141310_2335421.jpg

 写真の中央奥では、旧自民党第5支部の建物も解体工事が行なわれている。

 そしてこちらは、その300m程北側に位置する旧ユニー吉原店の解体工事。
f0141310_233617.jpg
f0141310_23352266.jpg

 8月中旬に閉店し、すぐに整理・解体工事が始まった。
f0141310_23354331.jpg

 「地区計画」に基づき、北側の道路の整備もこれから本格化する。
f0141310_23361981.jpg
f0141310_23362927.jpg

 来年後半には、この近辺はジャンボエンチョー、しずてつストアの既存店に加え、コープのSC、アピタが開業し、新しい商業エリアが形成されることになる。

 300mほど東側から始まる吉原商店街は、どうすべきだろうか?

 今日行なわれた9月議会の環境経済委員会でこんな意見が出た。
 補正予算を審議する場で、「つけナポリタンやアーケード改修に予算がつけられているが、商店街本体の建物の耐震性とやる気はどうか?」

 明日(30日)は、TMO吉原の再開発研究会だ。

by koike473 | 2010-09-29 23:38 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

「この彼岸花を見てください!」彼岸花ウォーク後半

 昨日に続き、「彼岸花ウォーク」の後半。
f0141310_23311880.jpg

 滝川には沿いには、企業(工場)もあるが、倉庫も多い。
 この倉庫の裏の部分は、市民有志の皆さんで草刈りをした区間だ。
f0141310_23313572.jpg

 倉庫の隣りのユタカエンジニアリングさんが、きれいにしてくれた土手の区間を歩く。
f0141310_23314980.jpg

 交通量がある道路は、スタッフが誘導して横断!
f0141310_2332178.jpg

 そしていよいよ彼岸花が群生する滝川の中流部。
 どうでしょう、このボリューム!
f0141310_2333726.jpg

 今が満開だ。
f0141310_23331760.jpg

 試しに刈った法面も、時間を追うごとに成長し、ご覧のとおりだ。
f0141310_2334164.jpg
f0141310_23342688.jpg
f0141310_23344873.jpg

 滝川の最終地点である芙蓉橋の上からもこの通り。
f0141310_23351940.jpg
f0141310_23353516.jpg

 わずか1週間ほどの盛りの期間だが、彼岸花とはよく言ったものだ。必ずこの時期に咲いてくれる。
 そして、終点の田宿川。この清流を見ると「やっと到着だ!」
f0141310_23354946.jpg

 ゴールでは、アンケートに協力いただく。
 今回は、どんな意見が多いだろうか?
f0141310_23361332.jpg
f0141310_23362180.jpg

 こちらは、地元の今泉地区まちづくり推進会議と、わき水田宿川委員会合同で準備いただいた麦茶のサービス。
f0141310_23364229.jpg

 今泉の豆腐屋さんが使っていた井戸で自噴する「わき水」で作った麦茶だ。

 ゴールはちょうどお昼なので、まちの駅「よしわらのお弁当屋さん」(吉原給食さん)に「移動まちの駅」として弁当やお菓子、ミカンなどを販売してもらい、なかなかの売れ行きだったそうだ。よかった!
f0141310_23371183.jpg

 コースの後半で拾ったゴミは、富士市の協力でこうやって業者の方に回収いただく。
f0141310_23372550.jpg

 この「彼岸花ウォーク」は、昨年実行委員会のスタッフで試しにこの時期に歩いたとき、彼岸花の見事さに驚き、今年実施したものだ。
 そして今年は、遊歩道をよりていねいに、そして部分的ではあるにせよ法面も刈ったことで、より彼岸花が拡がり、そして目立つようになった。
 それは、草刈りに協力いただいた市民有志の方々や、川沿いの企業のおかげだ。

 個人的な思いだが、10年くらいかけて、滝川の土手が彼岸花でいっぱいになるような「彼岸花の川づくり」ができればと思う。

by koike473 | 2010-09-28 23:39 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

快晴の中でスタートした「彼岸花ウォーク」

 昨日は、この2ヶ月くらい、様々な準備に追われた「彼岸花ウォーク」の日。
 「この時間帯だけ」と言っていいほど、狙ったように晴れてくれた良い天気の中で行なうことができた。
 まずは開会式。
f0141310_23263035.jpg

 春に行なった「お花見ウォーク」(550名)に比べるとずいぶん少ない150名の参加だったが、このように日陰を求めるような暑さ(さわやかだったが)の中では仕方がないか。
 実行委員会副会長である地元、元吉原地区の杉山まちづくり推進会会長も熱弁を振るう。
f0141310_2327188.jpg

 まずは浮島ヶ原自然公園に向けてスタート!
f0141310_23271577.jpg

 浮島ヶ原自然公園は、木道以外はアシとセイタカアワダチソウに覆われている。
 木道に大勢の参加者が一杯だ。
f0141310_23273558.jpg

 夏から秋のこの時期は、どの植物も「緑」で、何が何だかさっぱりわからない。
f0141310_23281457.jpg

 「富士自然観察の会」の皆さんに説明していただくが、改めてこの公園は、公園施設としてのハードだけでなく、自然をわかりやすく解説するというソフトウエアがなくては成り立たない公園だと感じる。
f0141310_23285194.jpg
f0141310_23285864.jpg
f0141310_2329610.jpg

 そして、浮島工業団地南側のサクラ並木。
f0141310_23292511.jpg

 先週、下見で歩いた時は草が生い茂っていたが、この2~3日で、誰かが刈ってくれたようだ。
 この「彼岸花ウォーク」に合わせてのことだったら、本当にありがたいことだ。

 ここは、国道1号バイパス高架橋の歩道。田んぼと新幹線越しの富士山を撮影に来たカメラマンもいる。参加者の皆さんは、こうやってゴミを拾いながら歩く。
f0141310_23294957.jpg

 旧国道1号脇には、白い彼岸花が!
f0141310_2330440.jpg

 富士見橋(沼川と滝川の合流点近くにある)のたもとは、ゴミの回収拠点。
f0141310_23302851.jpg

 コース前半で拾ったゴミを、ここで分別回収。
f0141310_2330402.jpg

 この後は、ウォークのテーマである「彼岸花」が盛りとなっていた滝川のコース。
 こちらはまた明日ということで。

by koike473 | 2010-09-27 23:32 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(2)  

明日から議会基本条例の説明会が始まります!

 明日27日(月)から、議会基本条例案の説明会が始まる。
 議会基本条例は、このブログでも何度か書いたが、改めてつくる「富士市議会の憲法」だ。
 昨年の夏から、議会内に設けられた議会改革検討委員会を中心に条例案作成に向け、検討が行なわれてきた。
 基本的な考え方、それぞれの条文について、何度も協議・修正を行ないながら案が出来上がった。
 その案を、説明会で市民の皆さんに聞いてもらい、意見をいただき、よりいい条例にしていこうという考えだ。

 説明会は、市内6ヶ所のまちづくりセンターで開催される。
 「広報ふじ」でも、9月5日号と9月20日号にスケジュールが掲載されている。
f0141310_2311746.jpg

 トップが27日の富士見台まちづくりセンターだ。
f0141310_23111877.jpg

 私は、この条例のポイントは2つだと考えている。
 1つは、「市民に開かれた議会」とするための考え方やルールを明確にすること。
 2つめは、議会の最大の仕事である「行政のチェック」を、「決算審査を通じてしっかり行なう」ことだ。

 現在開会中の9月定例議会の合い間を縫って、説明会のリハーサルも2回行った。
 最初は9月7日。
f0141310_23114267.jpg

 まだまだ暑かった。
f0141310_23115436.jpg

 2回目は24日。
 富士市議会について市民の皆さんの意見を伺ったアンケート結果も報告する。
f0141310_23121140.jpg

 説明会の看板も、委員である遠藤盛正議員の力作だ。
f0141310_231228100.jpg

 私も委員として6回全てに出席し、毎回条例案の後半部分を説明します。
 事前申し込みは不要で、会場は、どこに参加しても結構です。
 都合がつくようでしたら、是非ご参加下さい。

by koike473 | 2010-09-26 23:14 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

今後の敬老会のあり方は?

 ちょっと前の話だが、17日は今泉地区の、18日は特別養護老人ホーム「みぎわ園」の敬老会に出席した。

 今年の富士市の敬老会該当者(75歳以上)は、26,514人。市全体の人口が261,427人なので、ほぼ10人に一人(10%)が対象者だ。
 「高齢化率(65歳以上の人口の割合)が10%を越えた!」と驚きを持って言われたのが、私が仕事を始めてしばらくした頃だったことを考えると、そのスピードは今後、更に上がる。
 そんなことを思いながら、会場に足を運んだ。
f0141310_2391957.jpg

 今泉地区の敬老会は、例年通り「東部市民プラザ」で開催された。
f0141310_2394135.jpg
f0141310_2394767.jpg

 会場に参加できる高齢者は、本当にお元気な方々だ。
 それを思ったのは、サポートする女性の会の方の話や、高齢者の皆さんの様子からだ。
 「ここ(東部市民プラザ)は、『イスじゃないから行けない』って言う人が結構いるだよね」。
f0141310_23101366.jpg

 高齢になると、ひざ痛を訴える方が多い。
 たたみに座るのは大変だ。

 そしてもう一つ。
 特定の方への負担だ。
 敬老会の準備は、町内会の役員さんや女性の会の皆さんが行なう。
 敬老の祝い金を始め、様々なお祝いの品を配るために、これらの皆さんは前々日から3日間、仕事を休み準備をされている。
f0141310_23103925.jpg

 当日も、女性の会(黄色いTシャツ)の皆さんは、高齢者のお世話で大忙しだ。

 今後も確実に敬老会の対象者の皆さんは増加していく。
 市内26地区のうち、12地区では各町内の公会堂で敬老会を開催する「分散型」だ。
 地区全体で高齢者の皆さんを敬い、様々な催しで楽しんでいただくのも良いが、気軽に参加でき、主催者側もより多く(町内の皆さん)のサポートで対応が可能な分散型を今泉地区でも検討すべきではないかと思う。

 92歳の稲葉さん。
 稲葉さんは、今でも毎日ランニングを欠かさず、先週の地区体育祭にも出場された。
f0141310_23105948.jpg

 「こうやってカカトをしっかり地面につけて走ると楽だよ!」と私の前で走る姿を披露。脱帽だ!
f0141310_23111130.jpg

 こちらは「みぎわ園」。
f0141310_23112549.jpg

 来年3月で100歳を迎える方の卒寿のお祝いが行なわれ、総理大臣からのお祝いも。
f0141310_2311385.jpg

 皆様、いつまでもお元気で!

by koike473 | 2010-09-23 23:13 | 今泉 | Trackback | Comments(0)  

彼岸花が芽を伸ばし始めました!26日は「彼岸花ウォーク」

 19日(日)は、26日(日)に行なわれる「彼岸花ウォーク」のルート事前チェックに出かけた。
 ルートの案内サインを設置したり、ウォークのテーマに掲げた彼岸花の開花状況を確認するためだ。
 当日の参加者の方々と同様、岳鉄に乗り、吉原駅でJRに乗り換えようとすると、改札や階段にチラシが貼り出されている。
f0141310_6521369.jpg

f0141310_6461122.jpg

 岳鉄沿線の方は、大変便がいいのでたくさんの方に参加してほしい。

 東田子の浦駅から浮島ヶ原自然公園に向かう。
f0141310_6464015.jpg

 この日は、「そうだ!沼川プロジェクト実行委員会」のメンバーでボーイスカウトの高村さんと2人だ。
 高村さんが切ってきてくれた竹を担ぎながらの移動だ。
f0141310_6465718.jpg

 その竹は、こうやって使う。
f0141310_6473373.jpg
f0141310_6474065.jpg

 案内サインのできあがり。
f0141310_6475286.jpg

 浮島工業団地南側のサクラ並木は、枝が腐り、人の顔の高さまで垂れ下がっているのを切り落とす。
f0141310_6481418.jpg

 まだ暑いが、連休の中日で、沼川ではのんびり釣りをしている人も。
f0141310_6482640.jpg

 国1バイパスの富士東インターの高架下は、このありさま。
f0141310_6484394.jpg

 9月4日に有志の皆さんで掃除をしたばかりなのに!
 これは完全に車の窓からの「投げ捨て」だ。
 どういう人間だ!と呆れるばかりだ。

 そしていよいよ滝川へ。
 出てる、出てる!
f0141310_6492068.jpg

 この1~2日で彼岸花がスーッと茎を伸ばしている。
f0141310_6494174.jpg

 彼岸花は球根で増える植物だそうだ。
 芽を出そうとしているところを見ると、こんなに球根がビッシリ!
f0141310_6495672.jpg

 前の週の土曜日(11日)に刈った法面からも出ている。
f0141310_6501612.jpg

 熱中症になった甲斐があったというものだ。

 芙蓉橋(滝川区間の最後で沼津線の橋)の周辺も、写真ではわからないが茎が伸び始めている。
f0141310_6503594.jpg

 26日まで1週間。ちょうど見ごろになりそうだ。
 9時から歩き始め、13時すぎに何とか終了。
 すっかり遅くなったが、幸福楼さん(JR吉原駅南口)で食べた「五目ラーメン」はうまかった。
f0141310_6505120.jpg

 26日(日)の「彼岸花ウォーク」、たくさんの方のご参加をお待ちしています!

by koike473 | 2010-09-22 06:54 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

サルに振り回された祝日の朝

 今朝は、7時過ぎの市の同報無線で一日が始まった。
 「三島市で出没していたと思われるサルが、さきほど今泉の駿河変電所付近で目撃されました。ご注意下さい」と放送された。
 駿河変電所は、私の家のすぐ隣りだ(変電所からすれば、「変電所の隣りに10数年前に引っ越してきたのがおまえだろう」だが)。
f0141310_22343393.jpg

 私は駿河台3丁目の自主防災会の会長だ。
 サルによる被害が発生すれば「災害」だ。
 実は私は、犬もそうだが、サルなどの動物全般が苦手だ。
 それでも、「役目だから」と防災服を着て、パトロールに出かけようとしていると、知り合いからメールが続けて入った。
 「見事捕まえれば富士のヒーローだよ」、「格好のブログネタ!」などなど。
 これで行かない訳にはいかなくなった。
 妻が使っている軽自動車にハンドマイクを乗せて、町内周辺を巡回した。
f0141310_22344865.jpg

 しかし、年配の方は畑で農作業をし、中学生は部活に向かおうと通学路を歩いている。
 いつもと同じ風景だ。
 途中で、自主防の副会長の一人・砂田さんに会った。
f0141310_2235483.jpg

 「誰が通報しただかね~。サルがいる気配は全然ないよ」

 ハンドマイクで「サルに注意しましょう!」と呼びかけるつもりでいたが、祝日の朝はそっちの方が「騒音で人災になるだろう」と使わずじまいで、約1時間で自宅に戻った。

 PCを立ち上げ、富士市のサイトを開くと「緊急情報 サル出没情報」が。
f0141310_22351810.jpg

 しかし、画面では既にこの時間には厚原にいるという。サルの気配はない訳だ。
 それどころか、駿河変電所付近で目撃されたのは6:15で、同報無線で流れ私がパトロールに出ようとした7:20頃には、既に広見から大渕方面に移動していたことになる。
 「これじゃあもっとひどい災害の時は意味がない。災害情報のメール配信の手続きを」と思い、ケータイでQRコードを撮影し手続きを改めてしようとしたが、ケータイでインターネットがつながらない。
f0141310_22353222.jpg

 サルに振り回され、踏んだり蹴ったりの祝日の朝だった。

by koike473 | 2010-09-20 22:38 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

重要性を改めて感じる決算委員会

 一昨日(15日)から決算委員会が始まっている。
 今週は、いわゆる税金を財源に運営している市役所の中心的な仕事を対象にした「一般会計」と、国民健康保険や介護保険、下水道など、特定の収入等によって運営される「特別会計」の決算審査だ。
 私は、独立採算が基本の水道と中央病院を対象とする「公営企業会計」を審査する委員会に入ったが、こちらは来週審査が行なわれる。
f0141310_7504174.jpg

 現在策定中の議会基本条例案では、「決算を重視する議会」の姿勢を明確に打ち出している。
 それぞれの事業の成果と必要性を、決算審査でしっかり審査し、それを踏まえて次年度の予算案の審議を行なおうという考えだ。
 条例が制定され施行されるのは来年4月からの予定だが、条例の考え方を一足早く自分なりに消化しようと、可能な限り決算審査を傍聴するつもりでいる。
 そんなことで、昨日、今日は、朝から夕方まで市役所に詰めていた。

 条例案の中で、もう一つ重視しているのが「議員間の自由討議」だ。
 さまざまな委員会で一人ひとりの議員が行政当局に単発の質問をするだけでなく、個々のテーマについて議員間で議論し、議会として行政に提案や要望していこうという考えだ。

 今日は、そんな思いで傍聴していると、「こんな場面で自由討議に切り換え、決算委員会としての考え方を整理したらいいのに」と思う場面が何度かあった。
f0141310_7505954.jpg

 その一つが、「労働費」の審査の中で何人かの議員から質疑が出た「雇用対策」だ。
 2年前のリーマンショック以来、雇用状況は大変厳しい。
 そうした中で、富士市として市内の産業・雇用状況をどう分析把握しているか?
 その把握の上でどんな取組みが必要か?
 取り組んだ事業の考え方はそれで良かったのか?
 こんな視点から、いろいろな意見が出た。
 委員の間で、徐々に論点が共有化されていくのが何となく感じられた。
 「ここで、議員だけでもう少し議論したら、更に論点が深まるのに!」と思った。

 何だか去年までの決算委員会とは少し違うような気がする。
 私も来週に備え、今週末はしっかり勉強だ!

by koike473 | 2010-09-17 07:52 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

地区体育祭の開催を10月に変更できないか?

 昨日、今日と少し涼しいが、猛暑の12日(日)に行なわれた今泉地区体育祭で思ったこと。
f0141310_5165550.jpg

 市内の多くの地区で、前の週の5日とこの12日で体育祭が行なわれたのではないだろうか。
 今泉地区も、例年通り今泉小グラウンドで、朝7:25の入場行進から始まった。
f0141310_517139.jpg

 しかし、太陽が昇るととにかく暑い。
 各種目に参加する選手もご苦労様だが、応援したり、出番を待つ人たちはテントに入りきれればいいが、そうでない人はわずかな日陰を捜し、あるいは日向でヘトヘトになりながら待ち続けることになる。
f0141310_5214167.jpg

 この種目は「地震だ!救護班出動!」
f0141310_5215998.jpg

 「メディシングボール」
f0141310_5221170.jpg
f0141310_5221898.jpg

 私が住む駿河台3丁目は大きな町内(500世帯以上)で、各種目の合計点で争う総合優勝は逃した(準優勝)ものの、町内対抗リレーは何と9年連続優勝だ。
f0141310_5223460.jpg
f0141310_5224395.jpg

 こうして体育祭は幕を閉じたが、改めてこの体育祭の日程を10月あたりにずらすことができないだろうか?と思う。
 私が子供の頃から、「地区の体育祭は8月下旬」と決まっていたような気がする。
 それでも「こんなに暑くてはたまらない」と思った記憶はない。
 しかしこの10年くらいは毎年暑い夏が続き、9月初旬に行うようになっても、まるで「地区総出の猛暑修行」のようだ。
 前の週に行なわれた他の地区では、猛暑で倒れ、救急車を呼んだ地区もあったようだ。

 私は、この2日前に初めて熱中症を体験した。
 地区の体育祭でこんな人が出ては、元も子もない。
 日本の天候は確実に変わっている。
 気持ちいい汗をかき、気持ちよく地域の交流を図るなら、まずは野外活動にふさわしい天候の時期に行なうことが基本だ。
 他の行事など、いろいろ調整しなければならないことがあり大変だろうが、何とか時期をずらすことを提案したい。

 払いの席で、お互いリレーメンバーではないが、優勝旗を横に町内会長と記念撮影!
f0141310_5231167.jpg

by koike473 | 2010-09-16 05:26 | 今泉 | Trackback | Comments(0)