<   2010年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

富士山国有林での下草刈りとトコロテン

 28日(土)は、毎年恒例になっている「富士山の下草刈り」に参加した。
 集合場所に向かう林道からの富士山。
f0141310_2225113.jpg

 所属するNPOふじ環境倶楽部が、全国的な規模で森づくり活動に取り組んでいる「どんぐりの会」さんの活動を手伝う形での参加だ。
 こんな形の取組みになって4年目か。
 9時の開会式の時点では、標高1,000mというものの、太陽に近い分だけ、ジリジリ刺すような晴天だ。
f0141310_22252312.jpg

 刈り払い機をトラックから降ろして。
f0141310_22253623.jpg

 エンジンの調子を確認し、いざ出陣だ!
f0141310_22255031.jpg

 我々の役目は、植林した木の周りの下草刈と、植林地の中を移動するための通路確保のための草刈だ。
 背より高いカヤも刈る。
f0141310_2226334.jpg

 ちょっと背は低いところだが、ビフォー・アフターはこんな感じ。
f0141310_22261616.jpg
f0141310_22262598.jpg

 刈っていくと、折れ曲がったヒメシャラが。
f0141310_22264291.jpg

 風だけでなく、シカがのしかかって折れたり倒れる木も多いそうだ。

 刈っている時は、刈り払い機のエンジン音がうるさいが、それが止まると静寂につつまれる。
 向こうの尾根にいる3人の話し声が、すぐそこで話しているように聞こえる。
f0141310_22265695.jpg

 草と格闘すること1時間半。
 ずいぶん道が開けた。
f0141310_22271017.jpg

 また、4年前は小さかったヒメシャラもずいぶん大きくなった。
f0141310_2227239.jpg

 私は、谷の一番低い部分を担当したので、集合場所まで戻るのが一苦労だ。
 他のメンバーも中高年者(?)ばかりで、帰りは身体が重い。
f0141310_22274151.jpg

 しかし、事務局が用意してくれたこのトコロテンは、疲れた身体に最高だ。
f0141310_22275562.jpg

 松崎(西伊豆)で採れたテングサだけで作ったプリプリのトコロテンだ。酢醤油とトコロテンが身体に染み入る。
f0141310_2228998.jpg

 全国どこもそうだが、富士山麓の林も手が入っていない。
 この日の参加は13名だった。
 もし富士市の人口の100分の1、2,600人が順次山に入り、少しずつ下草を刈ったらどうだろう。
 それだけでも、ずいぶん山の様相が良くなるだろう。
 そう思わずにはいられない毎年夏の「体力と精神の修行」だ。

 最後は記念撮影で「おつかれさま!」。
f0141310_22282644.jpg

by koike473 | 2010-08-30 22:30 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(2)  

ラ・ホール寄席で思うこと

 一週間前の話だが、22日(日)は、ラ・ホール富士で行われた「ラ・ホール寄席」に、妻と母親の3人で出かけた。
f0141310_23205365.jpg

 アマチュア落語家の「ふられ亭扇痴」(藤田さん)さんから「絶対お薦めだよ!」と聞いていた。
 2人のプロの落語家が出演するが、瀧川鯉昇(たきがわ りしょう)、瀧川鯉朝(たきがわ りちょう)という師匠と弟子の2人(ともに真打)だ。
f0141310_2321954.jpg

 私は、「瀧川」という落語家の亭号(屋号)は、聞いたことがなかったので「だからチケットが500円と安いんだ」と思っていた。
f0141310_23213461.jpg

 しかし藤田さんから「瀧川鯉昇さんはすごい人だよ。真打中の真打だよ」と聞き、ネットで調べてみると、CDやDVDもたくさん出版し、何より「平成名人10人衆」にも入っている師匠だった。

 開場時間前からラ・ホールの駐車場は満杯で、市役所駐車場に車を入れ、ラ・ホールに向かった。
 同じようにラ・ホールに向かう人もいる。
f0141310_2321501.jpg

 「これじゃあ満席かな?」と受付を通る。
f0141310_2322323.jpg

 ひな壇の中位に席を確保できたが、そこから客足が伸びない。
f0141310_2322244.jpg

 結局、7分の入りで開演した。
 さすが、鯉昇師匠は最高だった。
 ちょっととぼけたような表情と語り口は、そこにいるだけで笑いが起きる。
 2時間があっという間だった。

 ところで、この「ラ・ホール寄席」は、今回で4回目、来年3月には5回目を開催するそうだ。
 しかし今のままでいいのだろうか?
 寄席開催にかかる経費(=支出)は、予算で組んであるのか、500円という安いチケットで、空席が目立っても特にあせっている様子もない。
 事前のPRもほとんど聞かなかった。
 一方で、ラ・ホールを運営する(財)富士市施設利用振興公社には、市から相当額の補助金が支出されている。
 せっかくいい落語家を呼んだ。もっとチケットが高くても、鯉昇師匠の実績を含めPRをすればより多くの人が入り、会場ももっと盛り上がっただろう。
 そして何より、公社の運営をよりプラスにし、富士市全体の税金の効率的な活用につながるはずだ。
 空席が予想されるなら、民間企業なら、地域貢献の一環としてその席に高齢者等を招待することもすぐするだろう。
 そんな姿勢で第5回は臨んで欲しい。

by koike473 | 2010-08-29 23:24 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(3)  

「田宿川」で考えること

 22日(日)は、年に6回行われる「田宿川の川そうじ」があった。
f0141310_23473100.jpg

 前回は7月初めだったから約1ヶ月半しか経っていないが、川藻(かわも=水草)は夏の日光を浴びて思う存分成長している。
f0141310_23472510.jpg

 大きなカマで根元からザクザクと水草を刈っていく。

 浮き出した水草の間から何か魚が跳ねた。
f0141310_23473984.jpg

 アユだ(と教えてもらった)。
f0141310_2347513.jpg

 川の護岸部に積んである石に付いているコケを食べていたのでは?とのこと。

 刈った水草は、手伝いに来てくれた吉原二中生が袋に入れて川の外に運び出す。
f0141310_2348571.jpg

 しかし、集め切れず下流に流れてしまう水草も多い。
 それでも、ダンプに一杯になった。
f0141310_23482287.jpg

 田宿川沿川の皆さんは、30数年、こうした川そうじを続けている。
 しかし、
  ・水草は刈っても刈っても、どんどん成長する
  ・開発された上流部から流れ込む泥等が増えたため、水草の生育範囲は年々拡大している
  ・刈っても陸上に上げることができなかった水草は下流部の滝川、沼川、田子の浦港等に流れ込む
  ・地域の皆さんの高齢化が進み、川そうじそのものが大変になってきている
  ・また湧水は窒素分が特に高く、水質面が懸念される
などなど、「清流・田宿川」を取り巻く課題は大きい。

 こうした「川そうじ」だけで清流を守る対策はいいのか?まだまだもつのか?
 「清流・田宿川」の在り方を改めて考える時期が来ていると思うのだが。

 川の中のそうじの後は、通称「井出緑地」の草刈。
 草刈のビフォー・アフターをどうぞ!
f0141310_23485821.jpg
f0141310_2349102.jpg

f0141310_23495117.jpg
f0141310_23495966.jpg

 「中年の星・4人組」(私も入れて)、お疲れさまでした!
f0141310_23501343.jpg

by koike473 | 2010-08-26 23:52 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(0)  

新しい富士市立高校は「進学校」!

 21日(土)は、来年度から新高校に生まれ変わる「富士市立高校」(現・富士市立吉原商業高校)の「第1回学校説明会」に参加した。
f0141310_23313060.jpg

 大半が「親子」(中学3年生とその親)での参加だ。
 ロゼシアターの大ホールが結構埋まった。
f0141310_2331493.jpg

 富士市立高校の教育の考え方は、とても先進的で、社会で通用する若者を高校時代から育てようとしている。
f0141310_23321295.jpg

 私は、昨年秋に学校で開かれたシンポジウムを聞いて、それが良くわかった(つもりだ)。
 しかしこの日の説明会では、全てを説明しようとしたためか、特徴である「キャリア教育」や「探求学習」の考え方が少し消化不良だったように感じた。
f0141310_23323191.jpg

 もちろん、来年度の具体的な生徒募集も考えているので、こうした「教育の狙い」に加え、「教育環境」、つまりスクールバスや予備校と連携したサテライト学習、かかる経費等の説明もしっかりしなければならないのも当然だった。
f0141310_23325527.jpg
f0141310_2333262.jpg

 更に、全体説明会の後で行なわれた個別説明会では、受験生やその親にとって一番気になる受験のために必要な「内申点」や、「学校裁量枠」についての質問が相次いだ。
f0141310_23335370.jpg
f0141310_2334080.jpg

 「教育の狙い」がどこかに置き忘れられるのは怖いし、もったいない。
 しかし、受験を半年後にしたこの時期では、それが現実か?

 富士市立高校が目指しているのは明確に「進学校」だ。
 来年入学した生徒が、市立で鍛えられ、「考える力」、「コミュニケーション能力」を高め、大学に進み、更に世の中で立派に通用する社会人として評価された段階で、初めて市立も評価される。
 そうなるには3年、あるいは7年かかる。
 とにかく、スタートダッシュの3年間が重要だ。

by koike473 | 2010-08-25 23:35 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

つくば市(茨城県)での議員研修

 昨日(23日)からつくば市(茨城県)で行なわれた「市町村議会議員研修会」に参加してきた。
 夕べ(23日の晩)は、宿泊したホテルからブログを書き込もうと思っていたが、一緒に参加した同じ会派の先輩議員(Oさん)と1杯のつもりが2杯、3杯・・・となってしまい、書けなかった。
 前の日に「乞う、ご期待!」などと書かなければ良かったのだが・・・。

 今日は、このつくば市での研修を写真で紹介。

 「つくば」は、筑波大学に代表されるように、計画的に造られた研究学園都市だ。
 5年前に開通した「つくばエクスプレス」(TX)の「つくば駅」から続く歩行者専用の緑道。
 おそらく植栽されてから30年以上経過したケヤキ並木。
f0141310_23401784.jpg

 途中にある広場には、惜しげもなく使った「つくば石」(?)の造形が。
f0141310_2340365.jpg

 学生時代(約30年前)、建設途中だった学園都市や、この「つくば石」を切り出す筑波山の石切り場を授業で見学に来たことを思い出した。

 研修会場の「つくば国際会議場」。
f0141310_23405082.jpg

 ゆとりある空間構成だ。
f0141310_2341842.jpg
f0141310_23411433.jpg

 1日目の記念講演。全国から300名くらいの議員が参加しただろうか。
f0141310_2341308.jpg

 都市計画プランナー・野口和雄氏による「縮小時代の自治体政策とまちづくり」。
f0141310_23414466.jpg
f0141310_23415192.jpg

 この講演タイトルに引かれ、この研修に参加した。
 この報告はまた後日。

 2日目は、4つの分科会に分かれての参加。
f0141310_23421525.jpg

 私は「地方財政」。
f0141310_23423068.jpg
f0141310_23424436.jpg

 講師の初村氏の話は、昨年の名古屋に引き続き2回目だ。
f0141310_23425988.jpg

 昨年秋に初めて全国的に公表された「財政健全化法」に基づく20年度決算健全化指標の分析等、興味深い話が聴けた。

 9月の決算議会を前に、参考になる研修だった。
 報告書をまとめ、しっかり自分のものにしなくては!

by koike473 | 2010-08-24 23:45 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

なんだかクタクタ、グタグタ?です

この週末もいろいろあった。
ブログに書こうと思っていたが、何だかひどく眠く、今夜はバンザイだ。

明日、明後日は、つくば市に研修に出かける。
㈱自治体研究社主催の「市町村議会議員研修会」だ。
明日の晩は、何とかホテルからブログを書き込もうと思うが・・・。

「乞うご期待!」と言うことで、今夜は締まりが無いがこのあたりで。

by koike473 | 2010-08-23 00:17 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

「ふじ・まちとーく」最終回の収録

 今日は、コミュニティFM「ラジオf」で、4月から月に一度放送している市議会議員3名による「ふじ・まちとーく」最終回(8月27日放送)の収録があった。
f0141310_239485.jpg

 計5回の放送だが、2、3、4回目は、小長井、荻田、小池の3議員がそれぞれ担当した。
 自分の回は、ゲストを招き責任を持ってやらなければならないので、それぞれ早め早めに準備をした(はずだ)。
 しかし最終回は、「再び全員集合!」なので、何となく「誰かが音頭を取ってくれるだろう」というような気持ちもあり、スタート準備がすっかり遅れた。
f0141310_2392789.jpg

 最終的に3人がそろい、打合せをしたのは前日(昨日)の夕方。それもバタバタと30分程度だった。

 テーマは、前半は現在議会で制定に向け検討している「議会基本条例」のこと。
 後半は、3回の放送を振り返っての感想と今後のそれぞれの抱負。
f0141310_2395458.jpg

 朝9時にスタジオに入り、そこで組み立ての確認。
 そして一度通しでシナリオを確認し、本番。

 議会基本条例は、「開かれた議会」、「活性化する議会」を目指す「富士市議会の憲法」であり「議会と市民の約束」だ。
 そのあたりを、3人とも「強い思い」を持って話したつもりだ。
f0141310_23102878.jpg
f0141310_23103514.jpg

 しかし、聞いていただく市民の皆さんは、どう受け止めるだろうか?

 2時間以上かけて、何とか収録を終えた。
 今は、とりあえずホッとした思いだ。
 8月27日16:00~、よろしかったら是非聴いてください!
f0141310_23105879.jpg

 さすが、「地域の防災ラジオ局」だ!

by koike473 | 2010-08-19 23:12 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

「駿河台地区 第2回ガーデンコンテスト」の募集開始!

 今日18日から「駿河台地区 第2回ガーデンコンテスト」で候補ガーデンの募集が始まった。
f0141310_23154611.jpg

 このガーデンコンテストは、私の後援会が主催するもので、昨年の春、第1回を私が住む駿河台3丁目の中で行なった。
 応募いただいたお宅は7軒と少なかったが、どのお宅も丹精こめて育てている庭ばかりだった。
 写真集にすると、「こんなきれいな庭が町内にあるとは!」、「とても素人とは思えない」など、賞賛の声が相次いだ。

 そんなことで今年は範囲を広げ、駿河台1、2、3丁目、計約960世帯のエリアを対象に「駿河台地区ガーデンコンテスト」として実施することとなった。
 当初は、春に行なうつもりでいたが、関係する町内会等との調整や、事前告知の期間を設ける関係で、秋の開催となった次第だ。

 主催者代表である私の後援会長(勝亦正人氏)は、「とにかくいろんな人に知ってもらわなきゃなんにゃあだから」と、このエリアに関連する企業さん・商店さんに声をかけ、16社から協賛していただけることになった。
f0141310_2316654.jpg

 8月上旬から、このチラシが3つの町内で回覧されている。
 入賞したお宅には、ガーデニング用品等のステキな賞品がプレゼントされる。
 また、写真集も昨年のようなカラーコピーでなく、協賛金を活用してしっかりした印刷物とし、なおかつ部数を増やし、来年以降のPRにも活用できればと考えている。

 後援会長は「50軒の応募を!」と、かなり高い目標を設定している。
 更にPRに務め、より多くのお宅に応募いただけるようにしたいものだ。

by koike473 | 2010-08-18 23:18 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(0)  

わきみず寺の灯籠流し

 昨日、16日はお盆の最終日。
 まちの駅「わきみず寺」でもある今泉の法雲寺では「灯籠流し」が行なわれた。
 法雲寺は私の妻の実家で、我が家も檀家であり父はここに永眠している。
f0141310_7544060.jpg

 境内では、事前に檀家さんに配布した引換券を確認しながら灯籠が販売される。
f0141310_7545449.jpg
f0141310_7551578.jpg

 18:30から住職のお経に合わせ、塔婆や故人ゆかりの手紙などを燃やし、天に還す「お焚き上げ」が行なわれる。
f0141310_7553390.jpg

 檀家の役員さん方が手際よく安全に燃していく。
f0141310_755474.jpg

 19:00近くになると、境内は檀家の皆さんで一杯だ。
f0141310_7562051.jpg

 19:00になり、各家の灯籠に火が入れられ、更に全員で本堂に向かい読経した後、境内を流れる「わきみず」の水路に灯籠を流していく。
f0141310_7564560.jpg

 どのお宅も、家名と願い事を書き入れた我が家の灯籠を見守りながら流れるのを追っていく。
f0141310_8178.jpg
f0141310_7581157.jpg
f0141310_7582379.jpg

 境内の数十mの水路を流れた灯籠は、田宿川に流れ込む水路の手前が終点で、ここでせき止められる。
f0141310_7583928.jpg

 約100個の灯籠がまとまっている光景もなかなかだ。

 いろいろあったお寺の夏の行事も、お盆の最後のこの灯籠流しで一段落だ。

 ちなみに今年3月、境内に新に「水子供養塚」が完成した。
f0141310_759245.jpg

 水子地蔵が多数安置されているのは、とてもせつない。
f0141310_7591628.jpg

 しかし、供養塚の前面に描かれた「わらべ絵」は、亡くなった水子の霊とお参りする人たちの心を安らかにしてくれる。
f0141310_759292.jpg

 この「わらべ絵」は、長野県飯田市在住のわらべ絵画家 石川真理先生が描いたもので、絵の部分は石を立体的に彫刻し色をつける独特の技法だそうだ。
 「わきみず寺」に寄られたら、是非お参りしてください。

by koike473 | 2010-08-18 08:01 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

ユニー吉原店の閉店と建替え計画

 国久保にあるユニー吉原店が明日17日(火)で閉店する。
f0141310_23223746.jpg

 昭和49年のオープン以来、地域のショッピングセンター(SC)として36年営業してきたが、新しく同じユニー系列の「アピタ吉原店」として建替えするためだ。
 と言うか、「ユニー」の名前で営業しているSCは、吉原店が最後だったようだ。

 今日は残りあと2日となった閉店セールのため、駐車場や店内は大変な混雑だった。
f0141310_2323773.jpg
f0141310_23231757.jpg

 店内は洋服売り場等では商品がずいぶん少なくなり、貴金属店では1,000円コーナーができるなど、「追い込み」を感じる。

 私の母親は国久保に住んでいるが、ユニーは自転車や歩いても行けるので近所の皆さんは大変重宝しているようだ。
 また、近くを通っても、駐車場はいつも車がたくさん停まっていて、多くの人に利用されている感じがする。
f0141310_23233819.jpg

 品揃えも良いのだろうが、市街地に近く、大月線(国道139号)と大渕街道で下ってきたすぐそこにあるという立地にも恵まれている。
 写真の左が大月線、右が大渕街道。
f0141310_23235488.jpg

 建替えにあたっては、地域の皆さんや行政もさまざまな面で協力している。
 1つは、このユニーや郵便局があるエリアの大半が、これまでは都市計画で住居系の用途地域(第1種住居地域)だったが、そのままでは大規模なSCは建築できないので、商業系の用途地域(近隣商業地域)に変更した。

 2つめは、より地域の商業ゾーンとしての環境にマッチし、利便性が増すように都市計画で「地区計画」を定めたことだ。
 SCはOKだが、ホテルやカラオケボックス等は立地できないよう建物の用途を制限したり、北側の道路を拡幅し、南側には2.5mの歩道を整備する計画だ。
f0141310_23242757.jpg
f0141310_23243945.jpg

 これに伴い、既に店を閉めて、向かい側に移転の準備を始めている個人商店主さんもいる。
f0141310_232452100.jpg

 吉原郵便局は、建物に面した北側の駐車スペースは無くなるが、建物はそのまま残る。
f0141310_2325463.jpg

 新しいアピタ吉原店は、1、2階が店舗、3、4階が駐車場となり、来年9月のオープンを予定している。
 売り場面積も、現在の9,414㎡から10,600㎡に増床される。
 新しい店舗とともに、周辺の道路や環境・景観整備に期待したい。

by koike473 | 2010-08-16 23:26 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)