<   2010年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

暑かった「木こりツアー」で富士ひのき加工協同組合へ

 昨日に続き、「木こりツアー」の話。
 午前中、日本製紙さんの認証林の伐採作業を見学し、午後は富士ひのき加工協同組合に向かった。
f0141310_23123299.jpg

 組合では、さまざまな山から伐り出された材木が入ってくるが、認証林から伐り出された材木は、それ以外の材木と区分されて加工される。
 「森林認証材につき他材混入禁止」の看板が見える。
f0141310_23124535.jpg

 まずは皮むき機への搬入。
f0141310_23125886.jpg

 皮むきの様子は見えないが、むかれた皮は細かく破砕され堆肥の原料になるそうだ。
f0141310_23131248.jpg

 こちらは、皮をむいた丸太を四角の柱にする機械。
 一度に向い合う両面を削り、次は横にして残りの両面を削ると四角の柱ができる。
f0141310_23143948.jpg
f0141310_23144618.jpg

f0141310_23151987.jpg

 削られた外側の部分からは板材が取れる。この作業も機械が全て行なう。
f0141310_23153773.jpg

 最後に残った端材は、細かくチップにされる。
f0141310_23155077.jpg

 できたばかりのチップは、握ってみると水分が多くやわらかい。
f0141310_2316244.jpg

 次は乾燥機。木材はしっかり乾燥させないと曲がったり、割れたり、いわゆる「狂い」が大きくなる。
f0141310_23161841.jpg

 この「低温除湿乾燥機」では、55℃位で2週間乾燥させ、含水率15%以下にまで下げるそうだ。
f0141310_23163743.jpg

 そして写真奥が「モルダー」と呼ばれる大型のカンナ掛けの機械。
 乾燥させた際に出た狂いの部分を削りながら最終的な製品寸法に仕上げていく。
f0141310_2317113.jpg

 しかし最後は、写真手前のように人が見てチェックし、最後のカンナ掛けを行なう。
 ここまでの一連の流れの中で、最終製品の寸法が100mm角の柱だとすると、最初に丸太にする時は110mm角、乾燥機に入れると少し縮み105mm角に、そしてモルダーと人手で100mm角と徐々に削りながら仕上げていくそうだ。

 製品に仕上げられた認証材には、このように「SGEC」(手の陰で見えないが)と「富士山檜輝」の印が付けられる。
f0141310_2317344.jpg

 出荷を待つ倉庫でも、認証材は「SGEC森林認証材」という目立つシールが貼られ、他の製品と区分されている。
f0141310_23175746.jpg
f0141310_2318390.jpg

 こうした管理によって、認証林から出た材が認証材としてプレカット工場、更には建築現場に流れていく。
 認証材の付加価値を、どこに見出し、どう消費者に訴えていくか?
 このところが難しく、これからの大きな課題だ。

by koike473 | 2010-07-29 23:18 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(0)  

富士ひのきの森林認証林で「木こりツアー」

 24日(土)は、富士山木造住宅協会森林認証材委員会が主催する「木こりツアー」に参加した。
f0141310_4572198.jpg

 少し長い名前だが、富士山木造住宅協会森林認証材委員会とは、環境に配慮して育てられた森林(認証森林)から伐り出された木材を材料に加工し、それを使い住宅を建築する企業・・・木材加工販売の㈱マルダイ及び地元の工務店など計14社で構成する組織だ。
 ツアーは、バス3台に分乗し出発!
f0141310_4573836.jpg

 私は、6月定例議会で富士市市有林の森林認証取得を提案した。
 市としては富士ヒノキのブランド力を高めるためにも、前向きに検討していくとの答弁だった。
 しかし、森林が認証を受けるだけではブランド力のアップには直結しない。
 その森林から伐り出された木材が一定の管理体制の中で加工・流通し、最終製品・・・柱材、板材として住宅等に使用されなければ意味がない。
 そこでこの「加工・流通」過程でしっかり管理し、その部分で認証を受けたのがこの組織だ。

 この日は、認証材の供給元である日本製紙さんの山林(認証林)の伐採作業と、それを製材に引く富士ひのき加工協同組合の見学を行なった。

 参加者は約60名。
 委員会メンバーである工務店のお客さん(富士ひのきを使った木造住宅を建てようと考えている人)の家族が大半だ。
f0141310_4585744.jpg

 大渕の標高800mくらいにある日本製紙所有の林だ。
f0141310_459915.jpg

f0141310_545729.jpg

 手が入り、間伐された森林は、下草がびっしりだ。木陰はいい風が通り、心地よい。
f0141310_4592265.jpg

 上空を見上げると光が入り込むスペースがしっかりある。
f0141310_4595037.jpg

 60年生のヒノキの伐採作業。
f0141310_51933.jpg
f0141310_511968.jpg
f0141310_512950.jpg

 日本製紙の担当者が、最も効率よく材木になる長さを指示し、玉伐りしていく。
f0141310_515228.jpg
f0141310_521294.jpg
f0141310_522398.jpg
f0141310_52304.jpg

 玉伐りされた木材を「グラップル」という重機が器用に掴み、運んでいく。
f0141310_524812.jpg

 曲がっていたり、虫が入っている部分も、重機を活用して運び出し、チップにしたり、燃料に回し、「森林のゼロエミッション」がかなり進んでいる。
f0141310_53958.jpg

 こうやって、しっかり育成管理された森林から伐り出された木材が、次の加工現場に回っていくが、そちらはまた後日ということで。

by koike473 | 2010-07-29 05:07 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(0)  

仁義なき戦い 田宿川たらい流し川祭り

 毎年7月の最終日曜日は忙しく、体力を消耗する。
 午前中は「田宿川 たらい流し川祭り」、午後から「富士まつり」だ。
 今日は、24回目を迎えた「たらい流し」の様子をどうぞ。

 田宿川の水面。キラキラ反射しているが、静かな時は川底までくっきりと見える。
f0141310_2328472.jpg

 朝から暑く、開会式の間、来賓扱いの県・市議会議員だけがテントの中にいるのはとても申し訳ない気分だった。
f0141310_232945.jpg

 第一レースは来賓が出場する。
 私は例年同様、沈没してもいい格好に着替えたが、妻からの「パフォーマンスで落ちるのはみっともないよ」の言葉に、今年は何としても落ちないで進もうと決めていた。
f0141310_23292121.jpg

 しかし、隣に並んだ同僚の荻田議員が「今年は落ちてもいいように着替えを持ってきた」とのこと。
 この言葉を聞いた途端、30年以上前のハンドボールコートがよみがえってきた。
 実は、荻田議員は私の高校時代のハンドボール部の2年後輩だ。
 「かわいい後輩には、しっかり沈没の仕方を指導しなければ」と?
f0141310_232938100.jpg

 後から聞くと、「あの人(私のこと)、小さい人をいじめているみたいだね」との声が上がったとか。
f0141310_2330289.jpg

 大人気ない戦いに勝った私は、スイスイとゴールまで一人旅を楽しんだ。

 こちらは、出番を待つ子どもたち。全員が安全確保のためライフジャケットを着用する。
f0141310_23301666.jpg

 スタート。周りの大人が一斉に水をかけるが、これは冷たい水に身体を慣らすため。
f0141310_23303675.jpg

 遠くから見ると、まるで「一寸法師」だ。
f0141310_23305269.jpg

 レース用のたらいやボートはトラックで回送する。役員の皆さんのこうした大変な作業がなければレースは成立しない。ご苦労様です。
f0141310_23311133.jpg
f0141310_2331228.jpg

 NPO法人ふじ環境倶楽部は、例年ボートの船頭役を担当する。
 私も何回か乗った。
f0141310_23314345.jpg

 ボートからはこんな風景だ。
f0141310_23315672.jpg

 最後のレースは年々エスカレートしているコスプレ集団。
 実は今泉小の先生方だ。
f0141310_23321146.jpg

 校長先生曰く「普段のストレス発散の場にもなりますから」。
f0141310_23323057.jpg

 スタート早々、周りの父兄?からひっくり返される。
f0141310_23324233.jpg
f0141310_23324953.jpg

 それでも両岸から大声援を受けてゴールを目指していく。

 11:30には無地終了し閉会式。
 お世話になったたらいやライフジャケットをしっかり干して。
f0141310_23331373.jpg
f0141310_23332395.jpg

 12:00になったら、すっかりきれいな清流・田宿川に戻っていた。
f0141310_23334397.jpg

by koike473 | 2010-07-27 23:37 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(2)  

「こころのネットワークふじ」公開討論会 2回目の参加

 23日(金)は、「気になる子どもたち」について考える「こころのネットワークふじ」公開討論会に参加した。
f0141310_2253493.jpg

 この公開討論会は、「富士市医師会」と小児科医、精神科医、臨床心理士、小中学校教諭(養護教諭)等の学校関係者、幼稚園・保育園教諭の皆さんで組織する「こころのネットワークふじ運営委員会」が主催するもので、年に3回開催している。
 私は、前回に続き、2回目の参加だ。
f0141310_22532467.jpg

 60名以上の参加で、前回同様、グループに分かれての意見交換会が行なわれた。
 私が入ったグループには、スクールカウンセラーの方や高校の先生もいて、いろいろな話を聞いた。
  ・気になる子の情報が、幼稚園から小学校に伝わらず、養護学級に入りたくても入れない場合がある
  ・また逆に、幼稚園側で「養護学級に進んだ方がいいのでは」と感じていても、親は「大丈夫です」と普通学級に進め、クラスや集団の中で対応できないケースがある
  ・小学校でも、規模が小さな学校では、周りの子どもが「気になる子」への対応を心得ているので大きな問題にならないケースも多い。しかし中学校に進むとそうはいかない
  ・中学校では、感覚としていわゆる「不登校」の生徒の6~7割は「発達障害」の生徒という感じだ
  ・高校では、IQは非常に高いが、集団生活に全くなじめない子どもがいる。こうした生徒を受け入れる高校は存在しない
などなど。

 私は、話を聞いていて、幼稚園・保育園⇔小学校⇔中学校⇔高校の間で、その子に関する情報が適切に伝わっていないように感じた。

 主催者の皆さんは、「この討論会は急いで答を出す会議ではありません。ゆっくり、じっくり取り組んでいきたい」と言っていた。
 しかし、「気になる子」に様々な教育・医療機関の現場で関係する皆さんがこのように自主的に集まり、意見交換することは、それだけでナマの情報交換になり、より効果的な体制づくりに関する提案が出てくることにつながるのではないだろうか。
 そうであるなら、行政や議会は、まずはこうした自主的な勉強会を、正式な、つまり仕事として参加できるような勉強会として位置付け、応援することが必要ではないかと思う。
 また、この勉強会・討論会から出される提案が、「気になる子」たちを含めた医療・教育施策を検討する場に反映されるような流れを作っていくことの必要性も感じた。

 私は、本年度の常任委員会は「文教民生委員会」に所属する。
 改めて「気になる子」について勉強していかなくてはと思う。

by koike473 | 2010-07-26 22:55 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

今年のかぐや姫に、あの・・・。

 今週末もいろいろ行事があった。
 基本的にこのブログでは、古いことから順に書いているが、今日は新聞に載る前に一つ報告を!ということで、今日あった「富士まつり」の話。
f0141310_23544198.jpg
f0141310_23544720.jpg

 夕方、ロゼシアターに行くと、自転車置き場は通路、と言うより通路に入るスペースにまでバイクや自転車が停められている。「おいおい!」
f0141310_2355496.jpg

 議員になってからは、富士まつりでは「かぐや姫絵巻パレード」に参加させていただいている。
 県議会議員、市議会議員に案内をいただき、白い装束を着て、青葉通りをぐるりと1周歩く。
f0141310_23552216.jpg

 毎年、その年のコンテストで選出された「かぐや姫クイーン」と「かぐや姫」の2名が乗る山車が見ものだ。
 そして今日、今年の「かぐや姫」に、私も応援している「一般社団法人 まちの遊民社」の会員「ピンキーみやこ」が選出された。
f0141310_23554765.jpg
f0141310_23555799.jpg

 そして私は、ちょうど彼女が乗る「求婚期」の山車の先導役に。
 なんだか誇らしい気持ちでパレードを歩いた。

 実は彼女は、今年富士市役所に入った新入職員だ。
 市役所の仕事も覚えながら、富士市の顔である「かぐや姫」として1年間、活躍してほしい。

by koike473 | 2010-07-25 23:56 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(2)  

小長井義正富士市議会議長の早朝講演会

 今朝は、毎週木曜日の朝6:00からの勉強会「倫理法人会モーニングセミナー」に、いつも以上に期待を持って出席した。
 今日の講師が現富士市議会議長・小長井義正氏だからだ。
f0141310_23401085.jpg

 小長井さんは現在議員4期目だ。
 私が所属する会派・市民クラブの先輩で、議長になる前は会派の会長を務めていた。
 講演のテーマは「一生感動 一生青春 ~これまでの人生を振り返って~」だ。
f0141310_23402578.jpg

 前半は、市議会議員に立候補するまでの3つの転機を話された。
 大学浪人時代、東京でのサラリーマン(商社)時代、富士に戻って家業(米屋)の傍ら精力的に取り組んだJC(青年会議所)時代だ。
 私は小長井さんより3つ年下だが、話を聞きながら自分自身の議員になるまでの経緯を振り返り、おこがましいが「小長井さんと自分は全く経歴は違うが、小長井さんも私もいろいろな転機を積み重ねた中で議員になったんだなあ」と一人感慨に浸った。

 後半は、一転して議員・議会のあり方とそれを実現するための大きなツールとしての「議会基本条例」の話。
 「『議員は何をやっているのかわからない』とよく言われるが、これからは議員・議会の側からもっと市民の皆さんに、富士市の課題や取り組んでいることをしっかり、わかりやすくお伝えしていかなければならない」
 「議員・議会の最大の任務は市長(行政)のチェックだ。本来オール野党だ。『私は市長派の議員だ』などと言う議員は必要ない」
 「市長側(行政)には、何千人ものプロの職員がいる。しっかりチェックしていくためには議員にこれまで以上の専門性が求められ、そのためにはしっかり勉強する議員が一定数必要だ。そうした観点から議員定数を考える必要があるのでは」などなど。
f0141310_23405077.jpg

 歯切れのいい講演に、聴いていた多くの人がうなずいていた。

 ある人は「小長井の良さは、あの『冷たさ』だ」と言う。
 この「冷たさ」とは、「ダメなものはダメ」と言える判断力、決断力だ。
 私は、自分自身に足りないこの「冷たさ」が、小長井さんの近くにいて大変勉強になる。

 後半の最後は、「将来の岳南地域のあり方」だったが、残念ながら時間切れで聴けなかった。
 近い内に、今日の40数名だけでなく、もっともっと多くの人とともに聴いてみたい話だ。

by koike473 | 2010-07-22 23:45 | 富士市議会 | Trackback | Comments(2)  

21年度国土交通白書とコンパクトシティ

 先週、2009年度(21年度)の「国土交通白書」が閣議決定の上、公表された。
 新聞記事が目を引き、国交省のHPで見てみた。
f0141310_22402028.jpg

「人口減少を踏まえた社会の再構築」(第Ⅰ部 第2章 第1節)という項目に詳しく説明されている。
 視点は大きく2つだ。

 1つは「都市的地域の分散的拡大」の問題だ。
 まちの中心部が衰退する一方で、新たなインフラ整備に関する財政負担が増える。環境への負荷が増大する。
 だから「都市を集約し、人々がある程度集まって住むようになると、公共施設やインフラの新たな整備にかかる負担が軽減されたり、自動車の利用が控えられ環境負荷が軽減されたりする効果が期待される」。
 つまり、言葉には出していないが「コンパクトシティ」の必要性を述べている。

 そして2つ目。こちらは私が読むには「コンパクトシティ化しなければならない一番の理由」だ。
 それが「高齢期に入る社会資本」だ。

 以前、何度かこのブログでも書いたが、これまでに高度成長期から整備してきた道路や橋、下水道などの社会資本が老朽化し、今後はその維持管理修繕費が急激に増加していく。
 今年の白書では、そのことを改めて取り上げている。
f0141310_22404945.jpg

 計算の前提は以下の2つだ。
 1 これからの社会資本整備投資額が2009年度と同じとする
 2 維持管理をこれまでと同じやり方で行なうとする
 すると、現在の施設の更新(造り直し)費用がどんどん増加し、27年後には維持管理・更新費用が総投資額を上回る。
 つまり、その段階で新しい道路や下水道は新設は全くできないばかりか、古くなったからと言って造り直しも徐々にできなくなる。

 これが拡散してきた都市、つまり新しいインフラ整備を際限なく造り続けるのではなく、再投資しないエリアも考慮に入れながら、より集約した都市づくりを進めていかなければならない最大の理由だ。
 拡大のそもそもの前提である「人口増加」が、180度反対の「人口減少」に変わっている。
 「人口減少」の影響を、改めてしっかり議論する必要を感じる。

 今から舵を切って、数十年かけてコンパクトシティ化を進め、やっと間に合うかどうかという感じではないだろうか?

by koike473 | 2010-07-21 22:42 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

片付けとケータイ

 18日(日)は、前の日に行なわれた「てんのさん」(天王祭)の片付けと、その後の払いがあった。
 この日も朝から暑く、町内の組長さんや各種団体の皆さんが文字通り、汗を流しながら片付けに精を出した。
 おかげで予定より30分早く終了し、11:00から公会堂で「払い」が行なわれた。
f0141310_23224894.jpg

 私は、この日は他に何も予定がなく、とにかく町内の皆さんと話をし、よく飲んだ。
 最初50人位いたが、最後は4人になり、「もう5時(17:00)になるから」ということで食器やテーブル等の片づけをし、いい気分になって自宅に帰った。
 ところが、「龍馬伝」を見終わって気がついたら、いつものところにケータイがない。
 でも酔って気分が大きくなり「そのうちどこかから出てくるら」と、そのまま寝てしまった。

 次の日、早く起きて「今日はいろいろ溜まっている仕事を整理しなくては」と動き始めたが、ケータイがないと連絡が付かないことばかりだ。
 とにかく捜しまくった。前の晩から動いた自宅の経路、部屋。「ない、じゃあ公会堂?」と公会堂にも行って、広間やトイレ、台所、玄関の棚も見たが、ない。
 困った。
 また自宅に戻り捜したが、ない。
 妻からは「まったく、酔っ払いだから」となじられる始末。

 「公会堂から酔って歩いている間に落としたかも?」と、再度歩いて帰ってきた道を、照り返しでクラクラしそうな中をくまなく確認しながら公会堂へ。
 やはり、ない。

 もう一度公会堂に入り、直感的に「まさか?」と思いつつ押入れを開け、座布団を何枚かめくると「あった!」
f0141310_23231542.jpg

 再現フィルムでどうぞ。

 前の日に公会堂で、最後まで飲んでいてケータイを座った座布団の上に置いたか、落とした。
f0141310_23233267.jpg

 片付けの時に、みんな酔っていて、座布団と似た色?なので、気付かずそのまま重ねて、押入れに入れてしまった。
f0141310_2324549.jpg
f0141310_23241369.jpg

 結局、19日(祝)は、くそ暑い午前中をケータイ捜しに費やして終わってしまった。
 酒をやめるわけにはいかないので、やっぱり首からかけるしかないか?

by koike473 | 2010-07-20 23:25 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(2)  

梅雨明けの日のてんのさん

 17日(土)は、私が住む駿河台3丁目(今泉)の「てんのさん」(天王祭)が行なわれた。
 この日には一斉に「梅雨明け」が宣言され、朝から真夏の一日になった。
 写真集でどうぞ。

 午前中は、「子どもみこし」。
 まずは神事から。
f0141310_23261199.jpg

 作法を伝える大人が減っている。伝承しなければ。
f0141310_23265748.jpg

 暑い、とにかく暑い!そういう時こそ声を出そう!
f0141310_23271870.jpg
f0141310_23273281.jpg

 休憩の麦茶がおいしい!
f0141310_23275642.jpg
f0141310_2328266.jpg

 今年の小学生は全部で89人とのこと。2~3年前まで120人位いたのに。
 今年の6年生が20人なので、彼らが卒業すると更に大幅な人数減?
f0141310_23281841.jpg

 少子化の波が新興住宅地・駿河台にも押し寄せている。

 午後からは、売店の準備。私は毎年「焼きそば」を焼く。
 まずはキャベツを切る。
f0141310_23283887.jpg

 きれいに洗って。
f0141310_23284931.jpg

 大きな袋にキャベツがこんなに。
f0141310_23291128.jpg

 16:00から売店スタート。右側の看板は、先週の日曜に私が書いた力作!
f0141310_23292964.jpg

 キャベツを炒めて。
f0141310_2330789.jpg

 お客さんが増えてきた。汗がしたたり落ちるがタオルでしっかり防いで。
f0141310_23302270.jpg

 焼きあがった焼きそばは手際よく盛り付けに。
f0141310_23304096.jpg

 今年はゲストに和田町(今泉)の太鼓が。
f0141310_23305598.jpg

 さすが年季が違う!
f0141310_2331856.jpg

 こちらは焼き鳥。
f0141310_23312469.jpg

 焼くのに時間がかかるのでこんな行列が。
f0141310_23313547.jpg

 それでも完売!
f0141310_2331464.jpg

 フランクフルトと、今年実験的に売り出した「たこ焼き」も、見事完売!
f0141310_2332580.jpg
f0141310_23321832.jpg

 暗くなって町内のたくさんの人が集まってきた。
f0141310_23323626.jpg

 恒例の盆踊り。
f0141310_23325026.jpg
f0141310_23325764.jpg

 丸々一日動きっぱなしで、クタクタに。
 21:30には家に戻ったが、シャワーを浴びると、一杯やるのも億劫で、そのままバタンの一日だった。

by koike473 | 2010-07-19 23:36 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(2)  

グラウンドワーク三島の「グラウンドワーク・インターンシップ」

 14日(水)の晩は、三島で行なわれた「グラウンドワーク・インターンシップ説明会」に参加した。
 電線地中化がなされた三島広小路の街並み。
f0141310_22454172.jpg
f0141310_22455775.jpg

 これは、「環境再生やまちづくり等の分野に関し、NPO法人グラウンドワーク三島等での研修を通じて、全国から募集する研修生に伝え、NPOや地域ビジネスの立ち上げを支援しよう」という取り組みの研修生募集のための説明会だ。
f0141310_22461837.jpg
f0141310_22462517.jpg

 グラウンドワーク三島が、内閣府の「地域社会雇用創造事業」に関する公開プロポーザルの中で選定され、取り組むものだ。
f0141310_22464569.jpg

 3月には、このプロポーザルに提案・挑戦することを、グラウンドワーク三島の事務局長・渡辺豊博さんから伺い、このブログでも紹介したが、その時は具体的にどんなことを行なおうとしているのか実は良くわからなかった。
 その後、見事プロポーザルを勝ち抜き、事業に着手された。
 説明会は、全国各地で5月末から始まり、先月には富士市でも開催された。
 その際、渡辺さんからお誘いの電話をいただいたが、別件が入っていて参加できなかった。
 そんなこともあり、「どんな取り組みなのか?」と期待を持って出かけた。

 渡辺さんの毒気?のある言葉には、いつも勇気づけられる。
f0141310_22471361.jpg

 「今、まちはホスピス状態だ」、「現場で事件(問題)は起きている」、「議論よりアクション」、そして極めつけは「考えたことを『事実』にしよう!」。

 そう言い切れるだけのことを、グラウンドワーク三島と三島の市民の皆さんは、この10数年、まちを舞台に取り組んできている。
f0141310_22473693.jpg
f0141310_22474689.jpg
f0141310_22475296.jpg

 源兵衛川の再生をはじめとする河川清掃や湧水保全活動、ビオトープや緑地の整備事業、遊休農地や里山の利活用事業等々。
 驚くのは、こうした地域の環境改善への取り組みは、継続して続けていかなければ、その状態は維持できず、それをどの場所でも続けていることだ。
 グラウンドワーク三島のスタッフの力だけでは到底できない。
 それぞれの地域=町内会の皆さんが中心になり、継続して清掃や育成に取り組む「しくみ」を併せて創り上げてきたからできることだ。

 渡辺さんは、「地獄のような大変さだが、そこにこそ醍醐味がある」と言い切る。
 そのためには、NPOが社会的企業として、組織を運営していくマネジメント能力、関係者と折衝し資金を稼ぎ回していくビジネス能力を持たなければならない。
f0141310_22482920.jpg

 またそうしたことは「現場」でしか体験できず、それを意欲ある若者、女性、高齢者などの皆さんに研修していただくのが今回のグラウンドワーク・インターンシップだ、と。
f0141310_22485086.jpg

 このインターンシップは、「集合研修(4泊5日)」、「実地研修(延べ24日)」、「フォローアップ研修(一定の条件クリアした方)」で構成されるが、研修費、交通・宿泊費等の面で手厚い支援が受けられる。

 私は、渡辺さんと朝青龍(元横綱)が大好きだ。両方とも大口をたたき敵も多いが、憎らしいほど強い。私にはとてもできないそうしたところが魅力だ。

 今もし自分が学生だったら、何を置いても参加したいインターンシップだ。
 多くの若者や知人に勧めたい。

by koike473 | 2010-07-16 00:00 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)