<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

夕張市の視察を通じて感じた「自治体の今後」 その2

 今日は、夕張の視察報告の2回目。

 夕張市の現状は、非常に厳しい。
 人口は1/10に減った。
 計14の小中学校も小中各1校への統合、市税(市民税、固定資産税)、公共料金の値上げ、市の職員給与削減等々。

 市民会館等の各種公共施設は、基本的に金額を伴わない指定管理者による運営(指定管理者は使用料等をとって運営費に充てる)だ。

 市役所も、空いたスペースは銀行に貸し出すなど、少しでも金を稼ごうとしている。
f0141310_23353651.jpg

 しかし(写真を撮らなかったが)、市役所の玄関の階段はタイルが剥がれたままだ。
 市道も舗装の修繕等はほとんど行なうまで手が回らない。

 市ではこのような経費削減・収入増加策に加え、今後は、広い市域の中で、住宅や役所、商業などを中央の地区に集約する「コンパクトシティ」化を本格的に進めていく計画だそうだ。
 つまり、分散して市内各地区に生活している皆さんに、中央の地区に移住してもらうわけだ。
 市内全部で4,000戸あるものの、少ないところでは40戸に1~2戸程度しか入居していない市営住宅(かつての炭鉱住宅)、道路、上下水道の維持管理の負担を考えたら、もはやそうせざるを得ないというところだろう。
f0141310_2336018.jpg

 市営住宅とは言え、よそに移住することに合意を得て進めていくのは、住んでいる方の気持ちを考えれば大変難しい調整が予想される。
 このように切り詰め、街を集約しながら、320億円以上の借金を今後18年かけて還していかなくてはならない。

 しかしこうした夕張の状況や取り組みは、日本全国の市町の「明日の姿」なのかも知れない。
 富士市も当てはまることが多くある。
  ・製紙産業が主力だが、業界の世界的な戦略の中では、大手企業はいつどうなるかわからない。
  ・広い市域を有し、道路、上下水道をはじめ多くの社会資本が建設され拡がり、現在も拡張中だ。
 昨年から一般質問や様々な場面で話したり、議論してきた「企業が撤退しないような産業支援」、「社会資本の長寿命化」、「今後数十年をかけつつも、しっかりした方針に基づく確実なコンパクトシティへの取り組み」の必要性を改めて感じた。

 夕張は、短い数十年の中で、このような「浮き沈み」を経験しなければならないことが大変だ。

 しかし、市民の皆さんは元気だった。
f0141310_23363320.jpg

 「テレビやニュースでは、もう先が全くないような映像とコメントばかり流されます。確かに生活は大変になった面はありますが、十分生活していけています」
 「高齢者が出る幕が多い。高齢者がいきいきと暮らせる日本のモデル都市が目標です」
 「夕張が好きだから、市の借金を還し終わるまでがんばろうってみんなで言ってます」
f0141310_2336477.jpg

 市役所前の植え込みでは、ボランティアグループの皆さんが、冬の「雪囲い」をはずす作業をしていた。
f0141310_2337246.jpg

 また、今年の秋には大手漢方薬メーカーの工場進出も決まったそうだ。

 時間はかかり厳しいが、夕張市民の皆さんには、是非「再生した夕張」の姿を日本中に見せていただきたい。

by koike473 | 2010-05-17 23:38 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

夕張市の視察を通じて感じた「自治体の今後」 その1

 今日は、7~8日に視察で伺った夕張市(北海道)の話。
 ちょっと(ずいぶん?)長くなりますが、2回に分けて書きますので、是非読んでいただきたいと思います。

 夕張市は、かつては「夕張炭鉱」、近年では「夕張メロン」で有名だが、平成18年に巨額の赤字が表面化し、翌19年に財政破綻した自治体として知られるようになってしまった市だ。
 私が何度か参加した財政の研修では、この夕張市の事例がいつも紹介され、財政破綻の理由は「第3セクターで設立した観光施設への過剰投資・融資」と説明される。
 しかし、実際に夕張市を訪問し、それ以上に根深く、富士市をはじめとする全国の自治体がそうなってもおかしくない「背景」を知った。

 視察に同行し説明いただいた青木隆夫氏(夕張地域史研究資料調査室室長、元夕張市の学芸員)やNPOゆうばり観光協会(高村健次理事長)の皆さんとのヒアリングの中で強く感じた次第だ。

 青木さん
f0141310_2311373.jpg

 NPOゆうばり観光協会でのヒアリング。「黄色いハンカチ」は夕張の象徴だ。
f0141310_231355.jpg


 夕張市は「炭鉱の街」だ(った)。
f0141310_23111761.jpg

 最盛期の昭和35年には、17箇所の炭鉱があり、人口は117,000人を数えた。(現在はその1/10の11,600人)
 南北35kmの広い市域を有し、炭鉱を中心に、それぞれ人口1~2万人の7つの地区から成り、各地区に小中学校がそれぞれあった。
 また、住宅(家賃)、水道、電気、ガス、風呂、病院までほとんどの生活インフラは炭鉱会社が所有し、従業員には無料で提供し、市にも多くの税収があった。
 映画館は市内に17館もあったそうだ。(それらの記憶が「夕張映画祭」につながっているのかもしれない)

 それが「石炭から石油」へのエネルギー革命の進展により、炭鉱が次々と閉鎖された。
 炭鉱会社は夕張を去った(倒産した会社も多い)が、従業員の皆さんはそのまま夕張に残った人も多く、市は炭鉱会社から住宅、水道、病院などを買い上げ、市営住宅(4,000戸)、市の上水道、市立病院として運営してきた。
 赤い屋根が市営住宅
f0141310_2332543.jpg

 市立病院が公設民営化された夕張医療センター。ここの「予防医療」の考えに基づく取り組みが全国的に注目を集めているそうだ。
f0141310_23124456.jpg

 既にその段階で、大きな赤字を背負っていた。
 しかし当時の市は、「炭鉱から観光へ」を合言葉に、次々と観光施設を建設し、それによって活性化を図ろうとした。
 開園当初は、もの珍しさもあり、多くの人が訪れたが、行政では再投資(施設やソフトのリニューアル)がなかなかできない。
 開園当初の「石炭博物館」の周辺の賑わっている写真
f0141310_2334589.jpg

 現在の石炭博物館の遠景
f0141310_2344100.jpg

 ほとんど稼動しなかったという「めろん城」(メロン加工施設)
f0141310_2341465.jpg

 以前聞いた「リゾート施設の運営は『麻薬』のようなものです。常に打ち続け(リニューアルし続ける)なければ、破綻は目に見えています」という話を思い出す。
 そんな背景もあり、「粉飾」とも言える会計処理をせざるを得なくなってしまい、最終的に破綻してしまった。

 つまり、観光施設への過剰投資以前に、炭鉱の閉山に伴う「産業の空洞化」と「過大なインフラ維持負担」により、既に財政破綻への何歩目かを踏み出していたように感じる。

 続きは明日アップする予定です。

by koike473 | 2010-05-16 23:16 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

議会基本条例制定に向けた検討作業が進んでいます

 10日(月)は、議会改革検討委員会で、富士市議会に関して市民の皆さんがどのように考えているか、感じているかを伺うアンケートの発送準備作業を行なった。
f0141310_23322366.jpg

 議会改革検討委員会は、私が議員になる前、平成16年につくられ、「議会改革」をテーマに本会議のインターネット中継、一般質問の一問一答方式、議会の慣行・慣例の見直し等に取り組んできた。

 現在は、これまでの改革を後退させることなく、より開かれた議会を目指すことを目的に「議会基本条例」の制定に向け、取り組んでいる。
f0141310_23324746.jpg

 このアンケートは、条例制定の参考にするために行なうもので、無作為に抽出した市民2,000人と、各まちづくりセンター単位でまちづくり推進会議等の各種団体の代表者260名に意見を伺うものだ。
f0141310_23331492.jpg

 自分自身の経験から考えても、一般の市民の皆さんは、議会で何を議論しているのか、議員は何をやっているのか知らない人がほとんどだと思う。
 しかし、地方自治のしくみの上では、最終的に市の政策やそれを実行するための予算は議会が議決、つまり決定している。
 もっと言えば、議会で議決しなければ、市長が何をやろうとしても、全て動かないしくみだ。
 議会は本当に重要で、そして市民の皆さんはその動きを知らなければならないはずだ。
 そのためには、議会・議員の側からもっと市民の皆さんに活動状況をわかりやすく伝え、また市民の皆さんの意見を議会として聞く場を持たなければならないと思う。

 そんな考えで4月以降、この委員会は急ピッチで作業に取り組んでいる。
 なにしろ議員側から提案する初めての条例だ。
 普段は様々な事務処理は、議会事務局の職員に「お任せ」するのがほとんどだが、今回は違う。

 委員会は2つのグループに分かれ、B班はこの市民アンケートや市民説明会などの「広報」を、私が所属するA班は条例の「草案づくり」を担当し、いずれも議員が直接やっていく。

 連休前の4月28日には、条例制定と実際の議会活動の先進都市である多摩市(東京都)にヒアリングに出かけた。
f0141310_23334664.jpg

 「市民に開かれた議会」に加え、議会の最も重要な役割である「市政の評価・チェック機能」に関しては、決算を最も重視した長年の精力的な取り組みに大きな刺激を受けるとともに、大変参考になった。
f0141310_2334893.jpg

多摩市でのヒアリング
f0141310_23341717.jpg

 「草案づくり」の作業については、まずは来週から再来週にかけてが最初の山場になりそうだ。
 私も、いろいろな先進都市の事例や研修で勉強したこと等を参考にしながら、シコシコと草案のたたき台を書いている。

 次が、市民の皆さんにお答えいただいたアンケートなども踏まえた7~8月頃だろうか。

 アンケートは今週末くらいから皆さんのお宅に届きます。
f0141310_2335444.jpg

 もしも2,000人の一人に当たったら、率直な回答をお願いいたします。

by koike473 | 2010-05-12 23:38 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

おいしい学校給食を食べながら感じたこと

 今日は、新人議員の自主研修会「チャレンジ改革7」で、天間小学校(鷹岡)にうかがった。
f0141310_2348728.jpg

 昨年から始まった小学校での「外国語活動」や「保健室へのシャワー設備」、「給食で出る生ごみの処理機」等の視察、それと子どもたちと一緒の「給食」体験など、バラエティーに富んだ視察研修だった。

 中でも一番印象に残ったのは、「給食時間」を通じて感じた先生方の激務だ。
 私が給食を一緒に食べたのは、3年生のあるクラスだ。

 子どもたちは給食当番を中心に、自分達で準備し、料理を盛り付ける。
f0141310_23484435.jpg
f0141310_23485760.jpg
f0141310_2349437.jpg

 今日のメニューは「ビビンバ」と「わかめと野菜のスープ」、「デザート」、「牛乳」だ。
f0141310_23493329.jpg

 私もおいしくいただいた。
f0141310_23494620.jpg

 しかし、先生は大変だ。
 みんな楽しく食べているが、中には立ち上がって出歩いたり、食べるのが遅い子も何人かいる。
 先生は、クラス全員の子どもたちを見て、世話を焼きながら食べなければならない。
 給食も、学校教育の一部分だと言えばそれまでだが、3年生ではまだまだ手がかかる。
 先生は「1年生に比べれば、『言葉』で通じます。『気になる子』もこの学年はほとんどいませんので」と言うが、30数人の子どもたちを見守り、指導するのは気をつかう。
 私は、わずか30分ほど子どもたちと一緒にいただけだったが、それをひしひしと感じた。

 また以前から議会でも様々な議論があるが、教員用のパソコンの数は絶対的に足りないようだ。
 全ての先生方にパソコンを導入することで、少しでも激務が緩和され、子どもたちを指導する時間や余裕が生まれるなら、早急に予算措置することの必要性を改めて感じた次第だ。

 他にもいろいろな写真が。
 これは「外国語活動」、6年生のあるクラスが英語に親しむ時間だ。
f0141310_23501145.jpg
f0141310_23501836.jpg

 電子黒板も導入されている。もう少し大きくないと子供たちからも見にくいのでは?
f0141310_23503178.jpg

 こちらは給食の残飯等の「生ごみ処理機」。
f0141310_23504684.jpg

 これが今日の給食調理の際に出た野菜くずなど。
f0141310_2351618.jpg

 こうやって機械が動き、乾燥されていく。
f0141310_23511966.jpg

 天間小では、1日に出る野菜くずと残飯の生徒一人当たりの量は約30g、その内残飯は約7gと、とても少ないそうだ。

 給食の牛乳パックは、こうやって破り。
f0141310_23513814.jpg

 まとめられたパックは、すぐ近くにある「丸富製紙」さんが回収に来てくれる。
f0141310_23515084.jpg

 駆け足だったが、30数年ぶりに食べた「給食」が印象に残る視察だった。

by koike473 | 2010-05-11 23:54 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

津田・荒田島 太鼓の会

 連休最終日の5日は、「津田・荒田島 太鼓の会」主催による「流しソーメンまつり」があった。
f0141310_8442389.jpg

 今年で3回目だそうだ。
f0141310_844523.jpg
f0141310_8451410.jpg
f0141310_845225.jpg

 「太鼓の会」は、「てんのさん」(夏祭り)をかつてのように盛り上げ、太鼓を通じて地域の中での交流が深まればとの思いから、数人の有志の皆さんで組織したそうだ。
 小学校5・6年生を対象に活動を始めたが、中学生になると部活等でやめてしまう子が多く、なかなかメンバーは増えない。
 それでも「てんのさん」の前には集中的に練習をし、ここ数年は、毎年威勢のいい太鼓を披露している。

 この日は、「流しソーメン」にあわせ、「吉原のてんのさん」(祇園祭)で長年太鼓をたたいているNさんに来ていただき、いろいろ話を伺った。
f0141310_8455454.jpg

 吉原地区の南側の農村地帯で生まれ育ち、昔から複雑な思いで「吉原のてんのさん」を見てきた私たちにしてみれば、「どうしてこれほど?」という「てんのさん」にかける強い思いが伝わってくる。

 そして一緒に太鼓の練習を。
f0141310_8472991.jpg
f0141310_8474060.jpg

 Nさんのたたく太鼓からは、腹の底から響くような音が出てくる。
f0141310_8475918.jpg

 手を見せてもらうと、ものすごい「バチダコ」?が。
f0141310_8484589.jpg

 「太鼓を好きになるには、一度、どこかの町内の練習に参加して、てんのさんの本番を体験することが一番だと思いますよ」との話をいただいた。

 自分ではどうにもできないが、これをきっかけに、「太鼓の会」の皆さんが次のステップに進んで行ければと思った。

 連休が終わり、そろそろ吉原の各町内では、夕方になると「てんのさん」に向けて練習する太鼓の音が聞こえ始める頃だ。

by koike473 | 2010-05-11 08:49 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

寄席と水上バス 浅草を楽しんだ2日間

 昨日まで、所属する議会会派の視察で北海道(札幌、夕張)に視察に出かけていました。
 その報告はまた後日ということで、今日は、連休にプライベートで出かけた東京・浅草の話。

 2日と3日は連ちゃんで浅草に出かけた。
f0141310_2318835.jpg

 目的は2つ。

 一つは生の「落語」を観ること。
 会場は「浅草演芸ホール」。
f0141310_23141878.jpg

 開演は11:00だが、事前に電話で問い合わせると、「開場が10:00で、おそらく10:30には座席は満席となり、後は立見になります」とのこと。
f0141310_23144158.jpg

 10:15に切符を買って入場すると、座れたのは後ろから2番目の席だった。
 あと10分遅かったら、6時間も立ちっぱなしになるところだった。
 そして、案の定、それ以降の入場者は全員立見で、場内は熱気ムンムンだった。
f0141310_23151738.jpg

 私は初めて「寄席」に入ったが、もう最高だった。
 前座から始まり、「とり」を務める林家木久扇師匠まで、総勢28人(組)の落語や曲芸など、丸一日堪能した。

 何度か寄席に来たことがある妻に言わせると「やっぱりゴールデンウィークで『特別興行』だね。前に来た時は結構ハズレもあったよ」とのこと。
f0141310_23155210.jpg

 確かに、林家木久扇・木久蔵親子、林家正蔵・三平兄弟、橘家圓蔵など、そうそうたるメンバーだった。

 中でも、林家正蔵師匠(前・林家こぶ平)の乗りは最高だった。
 私はそれまで、何だか情けない「こぶ平」のイメージが強かった。

 しかし、正蔵師匠が登場すると会場の雰囲気が「ウォーッ」とでもいうようになり、師匠のしゃべりと動き一つひとつに大爆笑で反応する。
 もうおもしろいの何のって。
f0141310_23173830.jpg

 しゃべりはもちろんだが、表情や間の取り方がたまらない。
 日本人に生まれて本当に良かった!
f0141310_23175114.jpg

 6時間座りっぱなしで、尻はその後2~3日痛かったが、もう「寄席」にハマリそうだ。

 2つ目は、「隅田川水上バス」。
f0141310_23191887.jpg

 浜松町から歩いて10分の「日の出桟橋」から、隅田川上る浅草までの40分の船旅だ。

 日の出桟橋からはレインボーブリッジもよく見える。
f0141310_23214355.jpg

 勝鬨橋。
f0141310_23223378.jpg

 聖路加病院。
f0141310_23224541.jpg

 550人乗りの船内は、こんな感じで満員だ。
f0141310_23225693.jpg

 終点の浅草に到着すると、竣工した当時、大変な話題になったアサヒビールの「スーパードライホール」が。
 その向こうには、建築中の東京スカイツリーも見えて、写真を撮る人でいっぱいだ。
f0141310_23231054.jpg

 東京を満喫した3日間だった。
 さあ、骨休みはここまで。がんばるぞ!

by koike473 | 2010-05-09 23:27 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(2)  

やっぱりラグビーはおもしろい

 皆様、今年のゴールデンウィークはどのようにお過ごしだったでしょうか?
 明日(6日)、明後日(7日)に休みを取り、まだ連休中の方も多いのでしょうか?
 私は、これからいろいろ忙しくなる前のまとまった「最後の休日」ということもあり、1日から3日まで東京に出かけました。
 仕事やアルバイトで互いに忙しく、富士になかなか帰って来ない娘達に会うのも楽しみに。
 今日は、東京に向かう途中の横浜で観戦したラグビーの話。

 会場は、慶応大学のラグビーグラウンド。
f0141310_2234851.jpg

 東横線の日吉駅から歩いて約15分のところだ。
 慶応大学ラグビー部のHP等で、よくこのグラウンドの話が出てくるが、以前から一度行きたいと思っていた。

 住宅街の窪地?に、ラグビーだけでなく、さまざまな体育会所属の学生が生活する合宿所やグラウンドがあるようだ。
f0141310_22343362.jpg

 この日は、「慶応大学vs東海大学」という好カードが組まれていた。
 私は、バックスタンド側に位置する一段高い道路の歩道からの観戦。
f0141310_22345094.jpg

 東海大(青)は昨年度の大学選手権準優勝チームだ。しかも昨年のレギュラーは下級生が多く、そのほとんどが残っている。
f0141310_2237351.jpg

 慶応(赤)は明らかに体格で見劣りする。
 特に、スクラムで正面からぶつかり合う1~3番の選手達は、大人と子供のようだ。
f0141310_223527100.jpg

 首脳陣は、このようなやぐらの上から観戦し、指示を出す。
f0141310_22354328.jpg

 プレーが途切れるとすぐに水分補給できるよう、マネージャー?は常にスタンバイ状態。その横では、慶応の1年生部員が10m間隔位でグラウンドを取り囲むように並び、ボール拾い。
f0141310_2236862.jpg

 ボールの奪い合いの場面では、完全に東海の方が上だった。
f0141310_22374221.jpg

 前半こそ、東海4トライ、慶応2トライで24対10だったが、後半は東海が4トライ、慶応は1本も取れずに結局50対10と思わぬ大差がついた。

 しかし、両チームとも前半・後半計120分間、ぶつかり合い、走り切る体力には驚くばかりだ。
 若さと普段からのトレーニングの賜物だ。

 第2試合はBチーム同士の対戦(慶応は黄、東海は黒のジャージ)。
f0141310_22385473.jpg

 グラウンド脇で見ると、また迫力が違う。
f0141310_22391017.jpg

 前半は17対17の互角で終了。
f0141310_22392227.jpg

 私は後半は観戦しなかったが、結局、Bチームも41対22で東海が勝ったそうだ。

 しかし、慶応は昨年のレギュラークラスが、怪我で軒並み出場していなかった。

 スタミナ抜群のフォワードと、決定力があるバックスがそろい、創部111年目という縁起の良い?年を迎えた慶応には、是非東海をはじめ各大学を倒し、今年こそ日本一を奪い取ってほしい。

by koike473 | 2010-05-05 22:40 | ラグビー他スポーツ | Trackback | Comments(2)