<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

富士山麓ブナ林創造事業と危機管理能力

 今日は4月29日、毎年この日は富士市主催で「富士山麓ブナ林創造事業」が行われる。
 今年も予定通り、朝出発したのだが、途中で大雨になり、残念だが中止となった。

 今日は、そこで思ったこと。

 天気予報では、昨日から「午前中は雨が降るかも」と言っていた。
 しかし、雨量は少なく、早い時間に上がる予報だった。
 そんなことで、私は雨具(カッパ)を用意し自宅を出発した。

 集合場所の「富士山こどもの国」では、富士山は厚い雲に覆われているが、雨はまだ落ちていなかった。
f0141310_2257122.jpg

 バスに乗り、林道富士山麓線を行くと、次第にポツポツし始め、下車地点では本降りになっていた。
f0141310_22581432.jpg

 今年の植樹会場は、ここから約2km歩いた地点だ。
 それでも、「そのうち上がるだろう」と皆さん元気に出発した。
f0141310_22582514.jpg

 しかし、歩けば歩くほど雨が強くなる。
f0141310_22583783.jpg

 両側を伐採し、風の通り道になっているところでは、横殴りの「嵐」の状況だ。
f0141310_22585361.jpg

 私は2番目位のバスに乗ったので、結構先頭の方にいた。
 途中一緒になった元市の職員の方と、「後から来る参加者全員が来てしまってから『中止』の判断では遅いですよね。早めに判断した方がいいですね」と話をしていたら、車が前方から来て「中止にします」と連絡があった。

 しかし、その場所は会場まで約100mほどの地点だった。
f0141310_2259965.jpg

 会場は、このように準備万端だった。
f0141310_22592080.jpg
f0141310_22593171.jpg
f0141310_22593935.jpg


 「あと10分でも早く判断していれば、こんなに濡れなかったのに。でも仕方がないな」と思いながら帰り道を歩いていると、山を登ってくる鈴木市長に出会った。
 市長は、参加者一人ひとりに「残念でしたが、気をつけてお帰り下さい」と声をかけていた。
 市長を持ち上げる訳ではないが、おそらく主催者トップである市長のこうした姿を見て、参加した方々は納得したはずだ。
 イベント時の天候判断の難しさと、トップの姿勢を感じた次第だ。

 フジザクラも寒そうだ。
f0141310_2301993.jpg

 それともう一つ。
 行きのバスの中に、同じジャンパーを着た市内のある企業の皆さんがグループで乗っていた。
 私はその皆さんの前の席に座っていて、「エーッ」と思うことがあった。

 私の後ろの2名(おそらく総務部関係の上司と部下)は、雨が降り始める前に「イベントでこんな天気の時は、市役所の危機管理能力が試されますね」と話をしていた。
 「民間企業の人は厳しく見ているなあ」と思った。
 ところが、雨が降り始め、バスを降りる頃になると、「いやあ、こんな雨が降るとは思わなかった。私は傘もカッパも持ってきませんでしたよ」と言っている。
 「おいおい、案内文書にも『雨具持参』とあっただろ。山に来るのに天気予報くらい自分でチェックしてこいよ。あんた、まずは『自分自身の危機管理能力』だよ」と言いたかったが。

 途中中止になったのは残念だったが、いろいろ考えさせられた今年の「ブナ林」だった。

 ただ、お昼前からは急速に天気が回復した。
 誰が「雨男」だったのだろう?

by koike473 | 2010-04-29 23:03 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(0)  

静岡新聞富士支局の皆さんとの交流会

 24日(土)の晩は、静岡新聞富士支局の記者の皆さんを囲んでの交流会があった。
 これは、市内のさまざまな地域や団体で活動する有志で行っているもので、富士支局長が異動で交代した時に行っている。
 2~3年に一度だが、私も何回目かの参加だ。

 会場は、昨年12月にオープンしたばかりの「レストラン&バー COMECOME」。
f0141310_2332818.jpg

 ちょっと(ずいぶん?)写真がボケているが、あいさつしているのが築地新支局長。
f0141310_23322358.jpg

 また、以前(もう10年位前)富士支局長を勤め、この3月から東部総局(沼津)に異動になった山田さん(築地支局長の右)も参加いただいた。
 左側は、「高校生によく間違われる」と自己紹介した市川記者。

 20数名が、自己紹介しながら話が弾む。これは吉原商店街の小川さん。
f0141310_23323612.jpg

 元青年会議所理事長の川口さん(富士木材)。彼は私と高校の同級生だ。こちらのブログも注目を!
f0141310_23324823.jpg

 そしていつもの中山先生(富士自然観察の会顧問、ふじ環境倶楽部顧問)。
f0141310_2333293.jpg

 鼻炎がひどい海野議員もマスクをはずしてあいさつ。
f0141310_23332019.jpg

 この日のスペシャルゲストは、富士市(比奈)出身の歌手「やうこ」さん。
f0141310_23333588.jpg

 「あっぱれ富士」の前夜祭に出演した後、バンドの皆さんと参加。ちょっとここだけ雰囲気が違う?
f0141310_23334757.jpg

 どなたかが自己紹介で言っていたが、「どの団体も、静岡新聞で報道されることがステータスだと思っている」。
 確かにそうだと思う。
 一方、議会や行政には、客観的な視点からの厳しい切り込みも必要だ。
 そうした中で記者の眼から見て、「富士市はがんばっていますね」、「富士市議会は大したものだ」と評価されるような行政、そして議会、議員活動を行わなくてはと思う。

 「COMECOME」は、「お米」を使った料理の専門店だそうだ(大変失礼なことだが後から知った)。
 「生春巻」、「海鮮スープおこげ」、「ナシゴレン(インドネシアのチャーハン)」など、コメ料理が次々と出てきた。
 しかし、食べることと話に夢中で写真は1枚も無し。

 その代わりと言ってはまた失礼だが、この日の昼間伺った吉原本町の老舗旅館、そして現在は本手打のそばも食べられる「鯛屋」の「天ざるそば」。
f0141310_23342856.jpg

 それも超大盛りの大サービスで。
f0141310_23344085.jpg

 「うまかった」の一言。がんばれ、よっちゃん!

by koike473 | 2010-04-27 23:43 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(2)  

「よくしゃべり、よく動く、元気なお年寄り」 ゲートボール協会総会

 23日(金)の午後は、富士市ゲートボール協会の年度総会があった。
f0141310_23324951.jpg

 私は、「協会相談役」という立場をいただき、毎年、この総会や各種の大会に来賓として招待していただいている。
 今年は、協会会長や事務局体制が替わるなど、組織的に新たなスタートを切る総会となった。

 毎年行なわれる「卒寿会員の表彰式」。
f0141310_23331526.jpg
f0141310_23332450.jpg

 皆さん、本当にお元気だ。
 90歳を超えてプレーしている方がたくさんいるのも驚きだ。

 私は、この日の午前中、会派の視察で訪れた特別養護老人ホーム(昨日のブログでも書いた)を思い出し、つくづく感じたことがあり、あいさつをさせていただいた。
f0141310_23334386.jpg

 「ゲートボールをやる皆さんは、とにかくよくしゃべる。そしてゲートボールで身体を動かし、適度に汗もかく。
 また、大会と言っては各地に出かけ、いろいろなチーム・地域の方とゲームだけでなくお酒を飲みながら交流する。
 そうした「他人との交流を通じた頭や身体への適度な刺激」が、ずっと元気でいる秘訣ではないだろうか。
 今日、こちらにうかがう前に特別養護老人ホームを視察してきたが、多くの入所者の方がいるにも関わらず、残念ながら、話し声がまったく聞こえなかった。
 是非、これからもゲートボールを通じて、よくしゃべり、よく動いて、お元気で活躍いただきたい。」
というような話だ。

 あまり適切な話ではなかったかもしれないが、わずか1~2時間の中で見た、対照的な高齢者の皆さんの姿に思った次第だ。

 いつまでも、ゲートボールを楽しみながらお元気で!

by koike473 | 2010-04-26 23:36 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

特別養護老人ホームの視察

 23日(金)は、所属する会派・市民クラブで市内の特別養護老人ホームを視察した。
 「視察」と言うと、先進的な取り組みをしている市外、県外の市町に年に2~3回出かける。
 一方本年度は、市内の公共施設等もしっかり現状と課題を把握すべきという考えで、市内各所の視察を重視しようということになった。

 既に19日に第1回目が行なわれたが、私は別の研修に出席していたため、この日が初めてだった。

 2つのグループに分かれ、それぞれ3箇所ずつ回った。
 私のグループは、「みぎわ園」(今泉)、「楽寿園」(大渕)、「明和園」(大渕)だった。

 「みぎわ園」でのヒアリング
f0141310_23245863.jpg

 2つのことで強く印象に残ったことがある。

 一つは、施設(建物・設備等)の老朽化の問題だ。
 楽寿園は、昭和50年に開設し、特別養護老人ホームとしては、市内第1号施設だが、30年以上が経過し、施設の老朽化と改修の必要が急務となっている。
f0141310_23253635.jpg

 楽寿園の「サテライト(分園)」として平成20年に開設したばかりの「明和園」(この2つの施設は、同じ社会福祉法人 誠信会さんが運営している)や平成15年に開設した「みぎわ園」と比較すると、その差は歴然だ。
 しかし現状では、補助制度等がないため、そのやりくり(改修や更新)の目処がたっていない。
f0141310_23261693.jpg
f0141310_23263183.jpg

 市内では施設の新規整備がまだまだ必要な一方、このような施設更新も同時に対応していかなければならない。
 これは、私が以前から感じ、対策が急務だと訴えている「公共施設の長寿命化」とまさに同じだ。
f0141310_232906.jpg

 道路や公共の建物であれば税金を使うことが当然だが、ある部分では社会全体で負担すべきであるこうした民間の福祉施設では、長寿命化や大規模改修のための財源のあり方についてどこかで検討しているのだろうか?
 確認が必要だ。
f0141310_23282567.jpg

 もう一つは、施設で働く職員のみなさんのことだ。
 この日回った3つの施設では、どこも職員の方がキビキビと動き、入所者の方とコミュニケーションをとろうとしながら、懸命にお世話をしている姿が印象的だった。
 しかし、努力すれば成果が出る他の仕事と違い、介護の現場ではなかなかゴールが見えない。残念だが、状況の改善が期待できないケースが圧倒的に多い。
 そうした職場で「やりがい」をどこに見出すかが、非常に重要になると思う。
 「高齢者をうやまう」という基本的なことはどなたも理解し取組んでいらっしゃるだろう。しかし、その気持ちを常に持ち続けながら従事することの大変さも、同時に思ってしまう。

 ヒアリングの中では、どの施設の方も「介護職員、看護職員の定着」を大きな課題にあげていた。
 難しい問題だ。

by koike473 | 2010-04-25 23:31 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

議員3人で「ふじ・まちとーく」の舞台版

 先週の金曜日(16日)の晩は、所属する会派の先輩議員である小長井さん(現議長)の支援者の皆さんの集いが、富士市交流プラザであった。
 普通なら、同じ議員のこのような集会に出ることはないのだが、この日は私も参加させていただいた。
 先日、このブログでも書いたラジオエフで放送する「ふじ・まちとーく」の「舞台版」を行なうためだ。
 私は、開会の30分前に会場入りした。
 舞台袖には、モニター画面で入口や会場全体の様子が。徐々にお客さんが増えてくる。
f0141310_23422460.jpg

 第1部は、小長井さんが議長に就任してからの約1年間を振り返り、支援者の皆さんに「ひとり・とーく」を。
f0141310_234245100.jpg
 
 第2部は、いよいよ小長井議員、荻田議員、私の3人による「政策討論会」。
 と言っても、ストーリーは、ラジオで収録した話が基本。
f0141310_2343584.jpg

 荻田議員、佐野さん、2人とも目を閉じてしまった写真で失礼!
f0141310_2343198.jpg

 事前打合せでは、「骨格は変えないけど、時間の余裕はあるから、ラジオではできなかった3人の掛け合いを増やそう!」とのことだったが・・・。
 同じテーマで何度も台本を見ながら「通し稽古」をしすぎたせいか、話が思ったほど拡がらない。
f0141310_23433790.jpg

 とは言うものの、予定時間をオーバーして何とか終了。

 さあ、いよいよ明日から始まる「ふじ・まちとーく」。
f0141310_23435874.jpg

 16:00から「ラジオエフ 84.4FM」です!

by koike473 | 2010-04-22 23:46 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

ホームランと尻打撲

 2泊3日の大津市(滋賀県)での研修から先ほど帰宅した。
 どっさりの郵便物やメールをチェックし、「この整理だけで結構かかるな」とちょっと憂鬱な気分。

 研修の報告書も書かなければと思うが、このブログも忘れてはならない。
 今日はちょっと気楽に、18日(日)にあった「今泉地区ソフトボール大会」(今泉地区生涯学習推進会主催)を写真集で。

 今泉小学校での開会式。朝7時集合は、まだ寒い。計8チームの参加だ。
f0141310_2346544.jpg

 今年は、我が駿河台3丁目は選手の都合がつかず、1チームの参加。
f0141310_23462977.jpg

 私もスタメンで出場。
f0141310_23464653.jpg

f0141310_004553.jpg
 各チームが2試合行い、勝敗と得失点差で順位が決まる。
f0141310_23473170.jpg

 このユニフォームがそろったチームは、「今泉地区父親ソフトボール選抜チーム」。
f0141310_23474395.jpg

 こんな姿も、なんだか本格的?
f0141310_23475936.jpg

 第2試合(VS 水の上)では、私もホームランを打ち、計6打点と活躍し、逆転勝ち!
f0141310_23481832.jpg
f0141310_23482998.jpg

 2勝0敗だったが、得失点差で3位だった。
f0141310_23484698.jpg

 町内の公会堂に戻り、昼食を兼ねた「ご苦労さん会」。
f0141310_2349279.jpg

 次々にビールが空き、更に焼酎、そして・・・。
f0141310_23491612.jpg

 私は試合中に転び、左の尻を打ったが、アルコールのせいかすっかり忘れていた。
 しかし、次の日は朝から痛く、結局、研修に出かけていた3日間、足を引きずっていた。
 運動不足と「年齢」を感じたソフトボールだった。

by koike473 | 2010-04-21 23:51 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(2)  

火山と新幹線と宇宙船

 今日も琵琶湖湖畔の研修所からの書き込み。
 研修も2日目を終えた。

 自治体の財政、特に予算編成についての講義が中心だが、おもしろいことに(と言ったら失礼だが)、講師の先生方は、いずれも決算に伴う「行政評価」とそれらを組み込んだPDCAサイクル、そこでの議会の関わりの重要性について指摘していた。
 富士市議会でも制定に向けて検討作業を進めている「議会基本条例」とダブる話で、私にとっては大変ありがたい。参考になる。
 行政の財政担当職員が主対象の研修と聞いていただけに、ものすごく得をした気分だ。

 ところで、アイスランドの火山が噴火した影響で、ヨーロッパの航空輸送が完全にマヒしている。
 今日あたり、多少復旧したようだが、火山の噴火は第2弾もありそうだという。

 昨日、こちら(滋賀県)に来るのに新幹線で来たが、乗車した新富士駅のホームで約10分待ったが、その間に下り2本、上り2本が通り過ぎた。
 また、乗り換えた名古屋駅では、わずか5分の間に3本の下り電車が到着、出発した。
 時速200km以上の車両を、秒単位で正確に動かす技術やしくみに驚くばかりだが、その新幹線も大雨等の災害には手も足も出ない。

 一方、スペースシャトル「ディスカバリー」で宇宙に行っていた山崎さんは、悪天候で帰ってくるのが遅れたが、先ほど無事帰還したそうだ。よかった、よかった。

 でもこんな時は、安全対策を十分取っていることは頭ではわかるが、人間の技術や力が、自然界の中でギリギリのところを「綱渡り」で歩んでいるような気がして仕方がない。

 春になったというのに寒い日が続くこの気候が、変な前触れでないことを祈ろう。

by koike473 | 2010-04-20 23:13 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

研修で大津市(滋賀県)に来ています!

 今日から3日間、滋賀県大津市の全国市町村国際文化研修所(JIAM)で開講する「自治体財政入門」という研修に来ている。
 ここでの研修は、昨年の7月、10月に次いで3度目だ。
 今日のブログは、研修所のパソコン室のPCからの書き込みだ。
 (恥ずかしい話だが、実はこうやって外のPCから書き込めることは、今まで知らなかった。ただ、写真の取り込みがわからなくできないのが残念だが)

 前2回と同様「財政」の研修だが、今回は基本的に初めて財政担当に配属された市町村の担当職員を対象にした研修だ。
 JIAMでは、今回初めて、市町村職員に加え市町村議員にも案内を送り、職員・議員の交流効果を狙った研修を組み立てたそうだ。
 私は富士市議会あての案内を見た時、以前、私の後援会長である勝亦正人前市議会議員(元富士市職員(公害課係長))が、「財源等を考えながら個々に予算を組み立てる職員と、その事業の必要性からまず考える議員とは、予算の見方・考え方が全く違うだよ」と言っていたのを思い出した。
 「予算審議をするなら、まずは職員の見方、考え方も勉強しなくては」と、研修に申し込んだ次第だ。

 案の定、参加者46名中、大半が若い財政課の職員の皆さんで、議員は6名だけだ。

 今日は1日目で、財政の基本的な講義が多かったが、最後の京丹後市(京都府)の財政会長さんの話は興味深かった。
 「予算編成過程の公開(市HPで)」、「予算説明資料の充実(約300ページの資料)」、「年度予算をわかりやすく市民の皆さんに説明した『わかりやすいことしの予算』の全戸配布」などを市が行っている。
 また、現在富士市議会でも条例化を目指している「議会基本条例」を既に制定し、「予算及び決算における政策説明資料の作成」を明確に位置付け、それにも取り組んでいるという。

 「へーっ、そこまでやっているのか!」と驚いた。
 懇親会の席で、課長さんと名刺交換しながら話をし、「是非いろいろ教えていただきたい。機会があれば視察に伺いたい」とお願いした。

 明日以降の研修と、講師の方々の話も楽しみだ
 しっかり勉強して帰ります。

by koike473 | 2010-04-19 22:54 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

22年度も「そうだ!沼川プロジェクト」はバリバリです!

 14日(水)の晩は、「春のお花見ウォーク」(3/14)の後、初めての「そうだ!沼川プロジェクト」幹事会があった。
f0141310_22281885.jpg

 ちょうど1ヶ月、間があったが、事務局ではこの間にウォーク参加者に記入いただいたアンケートを整理したり、今後のプロジェクトの進め方等について「たたき台」を検討していた。

 アンケートには、参加者550名中、200名強の方が回答してくれた。
 予想通り、「トイレが足りない」、「遊歩道にゴミが多い」という意見が非常に多かった。

 また「富士市にこんな良いルートがあることを初めて知った」、「時間的・距離的にちょうど良い」、「甘酒・天ぷらのもてなしが良かった」等、主催者(実行委員会)にとってうれしい意見も多かった。

 こうした意見を踏まえ、実行委員会としては、今後もこのプロジェクトを進め、より多くの皆さんに沼川、滝川、田宿川等に来ていただくような取り組みを22年度もやっていこうということになった。
f0141310_22284035.jpg

 ただ、多くの人に来てもらえる川や遊歩道にするためには、定期的に草を刈ったり、多くの指摘があった「ゴミ」を片付け、捨てさせないような取り組みが欠かせない。
 そうした地道な取り組みに、いかに多くの人が参加してくれるような「仕掛けを工夫しなければ」という意見や、「河川を管理する県にも相当部分をやってもらうよう要望すべきでは」等々、さまざまな意見が出された。

 この写真は、4月11日に撮影したものだが、既に沼川や滝川の土手には草が伸びている。
f0141310_2229370.jpg
f0141310_22292213.jpg
f0141310_22292980.jpg

 サクラも巻きついたツルを切ってやらなければならない木が多い。
f0141310_22294020.jpg

 ゴミも相変わらずだ。
f0141310_2230365.jpg
f0141310_22301516.jpg

 事務局を担当する私としては、是非、「富士山がきれいに見え、自然がいっぱいの沼川流域を一緒にきれいにしよう」という思いで、同じ富士市民の皆さんに参加いただければと思う。
 それに関しては、「これから草刈りや清掃に参加いただける方」としてアンケートに氏名・連絡先を記入してくれた方が120名もいたのは心強い。

 今後、いかにこのような「気持ち」を持っている人をプロジェクトに巻き込んでいくかが大きなポイントだ。
 それと、周辺に立地する企業にも、是非「企業市民」として「地域貢献」の観点から参加いだだきたい。
 そんなことを話しながら、強引ではあったが、年間のスケジュールも決めた。
f0141310_22304150.jpg

 さあ、またやろう!

by koike473 | 2010-04-18 22:31 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(2)  

「いろいろ」な意見が出てくる総合計画審議会

 富士市の平成23年度から32年度までの長期的なまちづくりの方針を定める「第五次富士市総合計画」策定のための審議会での検討が始まった。
f0141310_23421811.jpg

 具体的な検討会の2回目となる13日(火)の審議会を傍聴した。
 できる限り傍聴しようと思っていたが、1回目の3月29日は、自分の市政報告会の予定が先に入れてあり、この日初めての傍聴となった次第だ。
f0141310_23423348.jpg

 審議会の委員は、市内の各団体の代表や公募市民の皆さん、それに議会からも9名の議員が加わり、計約40名の構成だ。
f0141310_2342494.jpg

 総合計画は、大きく「基本構想」、「基本計画」、「実施計画」の3つから構成されるが、審議会で審議するのは、その骨格となる「基本構想」と「基本計画」だ。
 この日の審議は、Ⅲ基本計画の「第1部 総論」と「第7章 都市経営」(第2部 各論の中の一つ)だった。

 基本計画の各論の各部「安全・安心」、「健康・福祉」、「産業」、「環境」、「教育・文化」、「都市基盤」については、審議会が3つの分科会に分かれて審議し、分科会ごとに答申案を練り上げる。

 一方、この日審議する部分は、計画の前提(フレーム)となる「将来人口」、「土地利用」、「財政見通し」、また行政や市民の関わり方(都市経営)など、広く全ての分野に関係することだったので、全体会で審議された。
f0141310_23431384.jpg

 事前に計画案は配布されているが、事務局からの説明を聞き、それに対して「ここはどうしてこうなるのか?」、「もっとこう考えるべきでは?」、「この表現はおかしいのでは?」、「参考意見ですが・・・」等々、本当に「いろいろ」な意見が出された。
f0141310_23433525.jpg
f0141310_23434248.jpg

 私は、前職で、事務局側に作業班として座っていた4年前までのコンサルタント勤務時代を思い出し、事務局側(行政当局)の大変さを、まず思った。
 でも考えてみればこれは審議会だ。
 審議会として、これらの意見を基に、計画案に対し「どう修正すべきか」答申をまとめなければならない。
 そうした意味では、委員長の廣瀬さんが一番大変だ。

 廣瀬さんは、市職員として福祉部長まで務め、退職後は福祉活動を行うNPOを自ら立ち上げ(こんな部長さんはおそらく今までいなかった)、そのトップとして市民サイドでも長く活動され、現在も富士市社会福祉協議会の会長として活躍されている方だ。
 私も行政のこと、NPOのことをはじめ、いろいろ教えていただいた大先輩だ。
 タイトなスケジュールだが、的確なリーダーシップで、まとめていただけるものと確信している。

 そしてその答申を踏まえ、計画を最終的に決める(議決する)のは、議会だ。
 これからもできる限り事前にしっかり勉強し、審議会を傍聴していきたいと思う。

by koike473 | 2010-04-15 23:46 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)