<   2008年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

潤井川堤防遊歩道と伝法沢川調整池の整備工事が進んでいます

 昨日の午後は、県の富士土木事務所に寄り、潤井川と伝法沢の調整池をチャリ(PAS)で廻った。

 潤井川は、「潤井川環境整備事業」として行われている堤防の遊歩道整備を確認するためだ。
f0141310_21495452.jpg

 ユニプレス近くの「山橋」の上流右岸で工事が進んでいる。
 このあたりは、中学生の頃、水泳部の冬の陸上トレーニングで走ったり、高校には通学路として自転車で通ったところだ。
 その頃とは、周辺は全く変わってしまったが、潤井川の堤防の上は、つい最近まで当時と何も変わらない未舗装の土手だった。
 「健康づくり 一万歩コース」で、富士や岩松のコースを歩いた時、もう少し遠回りして潤井川の堤防を歩ければ、と思った。
 この整備が進めば、遮るものが何もない富士山を眺めながら歩ける、とてもいいウォーキングコースになるだろう。
 ちょうど今日の富士ニュースに、この遊歩道整備事業の特集記事が出ていた。
 それによると、総延長は2.8kmで、最終的には23年度までに、岩本の滝戸橋から山橋までが、遊歩道でつながるようだ。
f0141310_21502451.jpg

 工事看板を見たら、この舗装の下には「光ファイバーケーブル」を埋設するようだ(この工事は、「環境整備事業」とは別らしい)。水や歩く人だけでなく、情報も流れる潤井川になる。
f0141310_21504277.jpg

 ユーストアや中央小学校があるあたりの潤井川の北側は、キャベツ畑が一面に広がる優良農地(市街化調整区域)だ。
 今後、富士市街地から新東名ICへの主要なアクセス道路(本市場大渕線)が、写真の真ん中を北に向い整備される予定だ。

 そして伝法沢調整池。こちらは「伝法沢川調整池整備事業」として、県の富士農林事務所が施工している。
f0141310_21514884.jpg

 河川(伝法沢川)は土木事務所が管理しているが、調整池は農用地区域にあり、農地の湛水被害も防ぐことにも繋がるため、農林事務所なのだろうか?
f0141310_215159100.jpg
f0141310_2152761.jpg

 それにしても深い。周囲の土地の地盤面より10m位深く掘り込んでいる。溜まった雨水は、排水機で汲み出す方式だろう。
f0141310_21522330.jpg

住宅密集地を流れる伝法沢川と調整池整備要望の看板(千代田交差点)
f0141310_21523076.jpg

伝法沢川と小潤井川が合流する鬼門橋。右側から流れ込むのが伝法沢川、左が小潤井川。調整池からの排水は、小潤井川に流すのだろうか?


 まだ完成・供用開始までには2~3年かかるような話を聞いていたが、調整池そのものは、本年度中に完成しそうだ。
 今後は、接続する水路や排水機を整備するのだろうか?
 改めて確認してみよう。

 「潤井川遊歩道」も「伝法沢調整池」も県の施工事業だが、どちらも富士市は負担金を支出している。
 安全で、有効に機能するものとする上では、取り組んでくれている県と連携する中で、市も積極的に注視していく必要があるだろう。

 それにしても、駐車スペースを気にすることなく、現場を細かく見て歩ける自転車は、こんな場面でも「すぐれもの」だ。

by koike473 | 2008-02-29 22:04 | 防災 | Trackback | Comments(2)  

今日も「PAS」(チャリ)でGO!GO!

 今日は、午前中一般質問の資料作成を行い、昼前からPAS(電動アシスト自転車)に乗り出かけた。

 まずは、津田・荒田島地区。
f0141310_23215549.jpg
f0141310_2322970.jpg

街路樹(イチョウ)の強剪定。以前は、特に歩道側にかなり張り出した枝が多かったのを、強く刈り込んで、通りやすく、落ち葉も少なく。
f0141310_23242814.jpg
f0141310_23244668.jpg
f0141310_2325617.jpg
f0141310_23251573.jpg

小潤井川の中に伸びてきた立木の伐採。大雨時に氾濫を引き起こす懸念がある。


 昨年11月に行った「まちづくり井戸端会議」で要望があった中で、2件について工事が行われたと聞いたので、その確認に行った。
 市立体育館前の道路の街路樹(イチョウ)の強剪定と、小潤井川の中の立木の伐採だ。
 地域の皆さんからの要望を、私がつなぎ、形になったことは、どんなものにせようれしい。
 2つとも、井戸端会議に来ていただいた多くの皆さんからの要望だっただけに、なおさらだ。
 他にも要望はあったが、現在まだ役所に相談の最中だったり、地域側で検討が必要な案件もある。
 2月議会明けには、地域の皆さんに報告できるよう、改めて関係課を回ろうと思う。

 午後からは、別件で県富士総合庁舎に行った。そして帰りは天気も良かったので、PASで遠回りして、潤井川と伝法沢の調整池を見て来た。
 その報告は、また明日。

 そして、今日皆さんに見ていただきたいのがこの写真。
 吉原公園北側の急坂を「PAS」でスイスイと上っているところだ。(妻を呼び出し、写真を撮ってもらった)
f0141310_23261429.jpg
f0141310_23262146.jpg

 たいしたものでしょう?

by koike473 | 2008-02-28 23:37 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(4)  

44号を迎えた富士市「市民文芸」

 今日は、朝から1日、会派で平成20年度予算案についての勉強会を行った。
 厚い予算書を一般会計、特別会計について、議会費、総務費、・・・と順に検討していく。
 新規の事業や、昨年度の予算と比べ大きく金額や数量が変わっている事業を中心に見ていかないと、時間がいくらあっても終わらない。
  ・予算上大きな課題は、来週後半の本会議の予算質疑で
  ・個々の事業や本会議で確認できなかったことは、再来週の4つの常任委員会で
質疑を行うことになった。
 私は、まだ初めてで、2つの違いもよくわからないが、所属する環境経済委員会(常任委員会)に関連する予算案については、改めて勉強しなければならない。


 話は変わるが、先日、議員全員に、本年度の「市民文芸」が配布された。
f0141310_22542719.jpg
 
 計230ページの立派な作品集だ。
 今回が44号なので、もうじき半世紀を迎える歴史ある文学賞だ。
 小説、児童文学、随筆、詩、短歌、俳句、川柳の各部門で、市内在住、在学、在勤者を対象としており、本年は、313名、計1,140点の作品が寄せられたそうだ。
 「市民文芸」には、その中から受賞した市民文芸賞、奨励賞、入選の作品が掲載されている。
f0141310_22544615.jpg

 この2週間ほど、毎晩ふとんの中に入ってから2~3作品を読んだ。
 どの作品も構成や書き方に特徴がある。ゴツゴツした文体の人、流れるような文体の人など様々だ。
 しかし、共通して感じるのは、(私がこんなことを言うのはおこがましいが)どの作者も、「ああこの人は、これまで真正面から人生を歩いてきたんだろうな」ということだ。
 年配の方が多いからということもある。
 しかし、作品を通じて、自分の考えや気持ちなりを組み立てて表現するには、時間をかけ、何度も反復しながら積み重ねていく作業が必要だと思う。

 受賞者の中に、石田正洋氏の名前が3つある。小説、児童文学、随筆の3部門で受賞されている。
 私が中学校の時の先生だ。2年間だったが、水泳部の副顧問をつとめていただいた。
 なつかしく読んだ。

 1部500円で販売されています。市議会議員は1部ずついただきました。そのお礼も兼ねて、このブログを通じて少しでも皆様にPRできればと思います。
 「是非『市民文芸』を読んでみてください」

by koike473 | 2008-02-27 22:56 | 歴史・文化・芸術 | Trackback | Comments(0)  

このアーケード どうしても変だと思うだけど?

 今日は、朝からどんよりしていたが、天気予報では午前中持ちそうだったので、朝一番で、「パス」に乗って役所に行った。
 一般質問に関する事前ヒアリングを、再び8時半から行うためだ。
 9時過ぎにはヒアリングも終了し一度自宅に戻った。
 やはりパスはすごい!
 知っている人は少ないかもしれないが、帰り道、吉原郵便局の東側を吉原公園方面に行き、公園に入る手前で、公園北側(今泉緑ヶ丘)に上がる急坂がある。
 ここをパスだと、私の体でも自転車をこいで上がってしまう。それもかなりラクラクと。
 写真がないのが残念だが、これはかなりのことだ。

 そして夕方からは、静岡に出かけた。
 (財)静岡観光コンベンション協会に、今開会中の議会で行う一般質問の勉強のためにヒアリングに行った。
 東海道線に乗り、久しぶりに静岡駅で降り、協会が入っている電々ビルに向かった。
f0141310_23154647.jpg

 協会では、通産8年間、コンベンション誘致業務に携わっている部長さんから、いろいろな生の話を聞くことができ大変参考になった。
 一般質問にも力が入る。

 ところで、静岡で気になったことが一つ。
f0141310_2319572.jpg
f0141310_23191266.jpg

 写真のアーケードだ。
 まだ工事中だが、アーケードが歩道の車道側の端から、歩道(建物)に向けて架かっている。それも歩道の中央部まで。
 電々ビルに向かうときも「アレッ」と思ったが、帰りは「どうして?」と疑問符だらけだ。
f0141310_23192250.jpg

 雨がかなり降っていたが、せっかくできたアーケードの下には自転車が停めてある。(もちろん違法駐輪!)歩く人は、アーケードを外れて歩いている。
 政令市・静岡市、それも静岡駅から県庁に向かう県内で最も多くの人が知っていて、歩いたことがある歩道だ。
 だから、それなりの意図があるはずだ。

 でも、やっぱり、どうして??

by koike473 | 2008-02-26 23:21 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(5)  

源太坂もスイスイ登れる 電動アシスト自転車「パス」

 今日から、待望の電動アシスト自転車「パス」で出勤だ。
 昨年夏から、メタボ対策や、自認する「環境派」の体裁などもあって、できる限り、自転車で役所や市内を動こうとした。
 しかし寒くなるに連れ、「今日は荷物が多いから」、「今日は○○まで行くから」と自分に都合のいい言い訳を見つけては、車に乗ることが増えてきた。
 その上、標高約40mの我が家に自転車で戻るには、この体(体重92kg)にはきついのも事実だった。
 「これじゃあ、いつまで経っても同じだ。何かを変えよう」と思い立ったのが「パス」だ。
 昨年末から、同級生の山田自転車店に相談していた。
f0141310_2246436.jpg
 先日、「今年の新型モデルが出たよ」と連絡をもらい、本日、マイサイクルと対面となった次第だ。
f0141310_22472945.jpg

 とにかく「別次元の感覚」だ。
 これまで、自転車にまたがりスタートするのに、「よっこらしょ」と掛け声をかけなきゃ進んでいなかったのが、「ふわり」とスタートできる。
 そして何より、あの今泉の源太坂を、平地を進むのと同じ感覚でどんどん登っていける。
 自然と顔がほころび、「ヤッター」と叫びたくなる。
 「これさえあれば、どこへでも『チャリでゴー』だな」
f0141310_22474435.jpg

 でも、ここまで自分を追い込んだからには、もう後へは引けない。まして、こうやってブログに書いたからには、意地でもチャリに乗らなければ。

 チャリで颯爽と街を走っている姿を見かけたら、是非声をかけて下さい。

※本当は、チャリで通勤する姿の写真をアップしようと思っていたのですが、先日書いた「一般質問の事前ヒアリング」が長引き、役所を出たら暗くなっていました。
後日、改めて「チャリに乗るクマ」のような写真をお見せします。

by koike473 | 2008-02-25 22:52 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

「春二番」(?)の中での今泉地区駅伝大会

 今日は、第28回目の「今泉地区駅伝大会」があった。
 コースは、根方街道沿いの法雲寺(私の妻の実家)をスタート・ゴールとして、根方街道→今泉幼稚園→吉原二中前→鍛冶町→和田銀座→せぎわく を回る1周3.6kmだ。
 1人が半周し、法雲寺、吉原二中前でタスキをつなぎながら計6人で3周する。
 町内別、中学校の部活動別などでチームを作り参加する。

 開会式で、私は今泉地区の市議会議員を代表してあいさつさせていただいた。
 「昨日は『春一番』が吹きましたが、これからは、日に日に暖かくなることでしょう・・・」などと話した。
f0141310_19321894.jpg

 ところが、9時過ぎから、急に風が強くなり、「春二番」(?)が吹き荒れた。
f0141310_1932404.jpg
f0141310_1933839.jpg
f0141310_19331634.jpg
f0141310_19332332.jpg

 強い風の中、選手も観客も大変だ。
 しかしそれ以上に、生涯学習の役員さんや各町内会、交通指導員の皆さん方は、交差点やコース沿いに立って、細かく気を使いながら安全対策に万全を期している。
f0141310_19334199.jpg

 街中のコースで、一般の交通を止めずに、安全を確保しながら実施するのはとても大変だ。
 私は、恥ずかしながら、10年ぶり位の参加だ(自分の息子が小学生の時に出場したとき以来)。その当時とはコースが多少変わっているが、これも安全確保のためだろう。
 役員の方に話を伺うと、警察との協議・調整も年々難しくなってきているようだ。
 それだけに、事故があってはならない。
 このような大会をサポートする皆さんには、頭が下がる。また、参加する子ども達には、このような方々の姿を覚えておいてもらいたいと思う。
f0141310_19335839.jpg

我が「駿河台3丁目チーム」の精鋭部隊。見事「一般の部」(町内対抗)で昨年に引き続き優勝!おめでとう!


 私は、親戚の法事があり途中で失礼したが、関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

by koike473 | 2008-02-24 19:39 | 今泉 | Trackback | Comments(2)  

「一般質問」と当局との事前ヒアリング

 富士市議会では、20日に市長の20年度の施政方針演説が行われ、その後、各部長から予算案の説明がなされた。
 これを受けて、各会派の代表が施政方針に対して行う質問や、議員個人で行う一般質問の、当局に対する「質問通告」が始まった。
 そして、通告を受けた担当課による事前ヒアリングも始まった。
 今日の昼休みや本会議終了後には、担当課の職員の皆さんが、会派控室の前で、ヒアリングの順番を待っている光景が見られた。

 「通告書に質問内容が書いてあるだから、事前ヒアリングなど必要ない。本会議場で、緊張感を持ってやりとりすべきだ」と言う人(議員)もいる。
 一方で、「いきなり議場で何かを提案しても、『検討します』、『研究します』の答弁しか返ってこないだから、事前のヒアリングで、何を聞いたり、提案するか伝えておいた方がいいだよ」という人もいる。
 私はまだ経験が少ないが、どちらかと言えば、後者の考えだ。

 また、会派の先輩は、「俺が議員になったばかりの頃、○○さん(先輩議員)から、『質問と質疑は違うだぞ。わかんないことは、質問するなよ』ってよく言われたよ」と言う。
 「わからないことは、質問するな」とは、一見、禅問答のようだ。
 でも、本会議場での「質問」は、「自分の考えを提案し、それについて意見を戦わせ、最終的に市長から『やります』との答弁を引き出すこと」が目的だ。
 だからこそ、その質問=提案については、質問する議員はよほど勉強し、精通していなくてはならない。

 私は、もう少し調べ、締め切りの25日(月)に一般質問の通告書を提出する予定だ。

(今日は写真がありません)

by koike473 | 2008-02-22 01:47 | 富士市議会 | Trackback | Comments(2)  

消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 

 17日の日曜日は、今泉の西側を担当エリアとする消防団第5分団の「新消防ポンプ自動車入魂式」があった。
 会場は、ホワイトパレス(富士市農協会館)だ。
f0141310_2301196.jpg

 最初に、駐車場で新ポンプ車を使った大型ポンプ操法が披露された。
f0141310_2303972.jpg
f0141310_2305031.jpg

 来賓の町内会長さん等や市消防団幹部が見守る前で、きびきびした動作で、日頃の訓練の成果が披露された。見ていて、大変気持ちがいい。
f0141310_231468.jpg

 19年間働いた旧のポンプ車に替わり、新しいポンプ車は、既に昨年11月から稼動している。エンジン駆動後、8秒で水を汲み上げ始めることができる最新式のタイプだ。

 その後、会場を移し、式典が行われた。
f0141310_2313517.jpg

 来賓の方々から祝辞が述べられたが、現消防団員の皆さんへのねぎらいと激励とともに、どなたも共通しておっしゃっていた課題が、「消防団員の確保」だ。
 5分団の担当エリアは、和田町などを中心とする南側の旧の市街地と、私が住んでいる駿河台などの北側の新興住宅地に大別される。
 旧市街地ではそこそこの人数のメンバーがいるが、住宅が増えている北側は極端に少ない。
f0141310_2315325.jpg

 昨年から、何度か5分団の皆さんと話をしたり、一杯やる機会があった。
 そのたびに思ったのは、消防団は、消防はもちろんだが、地域のコミュニティの核となる人材育成や、コミュニティの維持そのものに大きく貢献しているということだ。
 一般の市民は、「集まっては、酒ばかり飲んでいる」、「慰安旅行で騒いでばかりいる」等と陰口を言う方もいる。
 確かに酒を飲むこともある。しかし、若手から年配者までの方が、消防団を通じて知り合い、日々の訓練や一杯やる中で、地域の細かな情報がお互いに伝えられていく。
 訓練をはじめ、ほとんどの活動が無償ボランティアである一方、もちろん、一杯やるのも、通常は皆さん自腹だ。
 そして、団員の多くが、町内会等でも要の役目を果たしている。
f0141310_232831.jpg
f0141310_2321726.jpg

 そうした面からも、改めて消防団の役割と評価を考える必要があると思う。

by koike473 | 2008-02-20 23:03 | 防災 | Trackback | Comments(2)  

「沖田の土手」とサクラの名所づくり?

 16日(土)は、午前中、田宿川から沼川のカヌーの川下りを行い、午後は、今泉で「沖田の土手」と呼ばれる滝川の堤防を歩いた。
f0141310_016546.jpg

 滝川から沼川にかけて川の中で楽しむのなら、並行して続く堤防の上をゆっくり散歩したり、カヌーレースを見物できるような堤防の使い方ができないだろうかと、以前から思っていた。
 こんな話を何人かの人に話したら、「昔は、ジャトコのあたりは一面のたんぼで、今泉から田子の浦港方面に行くには、滝川の土手(=沖田の土手)しかなかっただよ」、「今泉小のマラソンや、遠足で出かけると、よく沖田の土手を行ったもんだよ」とのことだった。
 そんな歴史ある「沖田の土手遊歩道」を何とか確認し、復活の第一歩にできればと思い、井出さん(わき水田宿川委員会)、高村さん(ボーイスカウト)と3人で歩いた。
f0141310_0162752.jpg

 土手は、夏は、ツルや草が「これでもか」と生い茂っていたようで、それらは枯れてもなお、高いものでは人間の身長ほどのものが残っており、掻き分けながら進まなくてはならない。
f0141310_016404.jpg

 途中、堤防の中をバギー車のコースに造成し、使っているようなところもある。結構、知っている人がいるようだ。
f0141310_01705.jpg

 都市計画で「吉原東公園」として計画されている予定地まで来ると、堤防は一面みどりのじゅうたんだ。
この真冬に、気味が悪いくらいだ。
 しかし、このあたりは、緩やかな斜面を水際まで降りることができ、結構いい雰囲気だ。そして、西が自動車工場(ジヤトコ)、川向こうの東側が製紙工場(日本製紙)と、まさしく「富士市の川」と言う感じだ。
f0141310_0171928.jpg

 一部、竹やぶが土手の上を一面に茂り、歩いて通れない部分もある。遠回りをしながらも更に進む。
f0141310_0173639.jpg

 新幹線、そして国1バイパスのガードをくぐると、急に視界が開ける。「1ヶ月前に来た時には、ここはボサだったのに?」と思いながら進むと、土手にはサクラの並木が続いている。
f0141310_0174996.jpg

 更に、旧国1の白妙橋の上に出ると、道路南側の土手もきれいに下草が刈られ、サクラの並木が見えている。

 ズボンから上着まで、枯れた草の種がビッシリ付いて参ったが、田宿川から沼川まで続く「沖田の土手ウォーキングコース」をどうにか走破し、将来像もイメージできた。
 これからが楽しみだ。

 それと、県が管理する旧国道から見えるサクラ並木(これも県が管理する河川の土手)の下草がきれいに刈られていた。
 これって、県が先週あたりから急に動き出した(?)「富士山の眺望に配慮した『サクラの名所』づくり」の一環だろうか?
f0141310_0182022.jpg

 試走した沼川沿いにも、立派なサクラの並木があった。
 これらの下草も刈ってやれば、それだけで沼川は「サクラの名所」になる。沼川に関係する地域や団体の力で、名所づくりを進められないだろうか?

by koike473 | 2008-02-20 00:23 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

田宿川・滝川、そして沼川をカヌーで川下り・川上り

 16日の土曜日は、田宿川→滝川→沼川をカヌーで下った。
 所属するNPOふじ環境倶楽部で、「沼川水辺交流」と名付け、3月15日(土)に流域の子ども達と、このコースで川下りを楽しむ予定だ。
f0141310_23425353.jpg

 昨年9月に、田宿川から滝川の途中まで下ったが、今度は、沼川まで出て、更に沼川をさかのぼる約6.5kmの長いコースだ。
 特に、滝川と沼川は、海の干満の影響を受け易いので、潮が同じような日を選んで、試走を行った次第だ。
f0141310_23561798.jpg

f0141310_23531733.jpg

 いつものように今泉公民館下の荒川製麺前の田宿川からスタートだ。そして私はいつものように、車で追いかけながら、時間や休憩場所などを確認するチェック係だ。
f0141310_23563886.jpg

f0141310_23534177.jpg

 滝川に出ても、潮が満ちているせいか、水はずいぶんきれいだ。
 大きなコイ(?)が群れを成して泳いでいるのが、沼津線の芙蓉橋の上からも見える。
f0141310_23452481.jpg

 しかし、沼川との合流に近くなるに連れ、透明度が下がる。そして、製紙工場の臭いがきつくなる。
f0141310_23461046.jpg
f0141310_2346221.jpg

 沼川は、さすがに大きい。陸上から見ていると、カヌーは米粒のようにしか見えない。
f0141310_2346552.jpg

 沼川も、国1バイパスが横切るあたりから上流は、徐々に川幅が狭くなる。対岸がすぐ向うに見え、人間のサイズに合った「ヒューマンスケール」の表情を見せる。
f0141310_23472724.jpg

 5年ほど前に沼川を上った時は、引き潮の時間帯で随分苦労したが、この日はほぼ静水状態で、どの船もスムースにゴールした。
 しめて、ちょうど2時間の川下りだった。
f0141310_23474681.jpg

 ゴール付近では、元吉原の皆さん(3名)が、堤防の草刈りをしており、3月に向けて準備も整いつつある。
f0141310_2348772.jpg
f0141310_23482225.jpg

 最後は、ボーイスカウトの高村団長に、鉄板やきそばと鹿肉をふるまっていただいた。ごちそうさまでした。

 3月の当日も、この日のように暖かく、風も出ないことを願うばかりだ。

by koike473 | 2008-02-18 23:57 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)