<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

会派視察2日目 小野市(兵庫県)の方針管理制度

 会派の視察の2日目(22日)は、兵庫県小野市を訪問した。小野市は、兵庫県の内陸部にある人口5万人の小さな都市だ。
f0141310_23464369.jpg

 しかし、「方針管理制度」と呼ばれる行政運営手法により、この10年ほどで大きな成果を出している。
f0141310_23471393.jpg

f0141310_23475955.jpg

正面前の2人が市の担当職員、後ろは、視察を傍聴した小野市の市議会議員(5名)の方々


 この運営に改めたのは、平成11年に当選した現在の市長(市長になる前は、地元企業の役員)であり、市長は、「官と民の違い」から見た行政のいびつさを、以下のように表したそうだ。
  ・「成果と報酬」が連動しない世界
  ・画一的横並びの仲良しクラブ
  ・CS志向(顧客満足度志向)の欠如
  ・前例踏襲型の施策追行

 その中での方針管理制度の経営戦略の基本は、次の4つである。
  ・顧客満足度志向・・・市役所は市内最大のサービス産業、市民=顧客
  ・成果主義・・・何をやるかではなく、何をもたらしたのかに重点を置く
  ・オンリーワン・・・ここにしかないという小野らしさの追求
  ・後手管理から先手管理・・・言われてからでなく、言われる前にやる

 その上で、「住民志向、成果重視の行政運営を行うため、閣部署の上位方針を受け、達成目標・実施項目・期限を定め、PDCAのマネジメントサイクルを回し、成果とプロセスを評価する」としている。
 そのためには、年に2回、それぞれの職員が、自分の仕事について「方針・達成目標を『~を・・・する』」という形で表現し、それが達成できた場合には、「インセンティブ給」として3~5万円を報酬として支給している。
 またインセンティブ給を受給しないと(成果を上げないと)昇格の対象にならないとしている。

 まるでビシビシ社員を競争させる民間企業だ。
 しかしこの結果、
  ・市役所は「コンビに」を目標に、市民課の土曜開庁、出先機関は休日無しに
  ・人口100人当たりの職員数は0.635人で県下最小に
  ・育児支援として小学3年生までの完全医療費無料化
  ・小野市図書館は、貸出し冊数7年連続日本一
  ・日経新聞による人口規模別行政改革度総合ランキング全国1位
 などなど、目に見える成果がバンバン出ている。
 特に、単に行政改革にイメージされる「無駄を省く」だけでなく、小野らしさを前面に出した施策も数多く進み、市外からも多くの方が注目しているようだ。
f0141310_23482121.jpg

 富士市を始め、多くの市町村で「行政評価」に取り組んでいるが、それとの違いについては、おもしろいことを言っていた。
 「方針管理制度は、全ての仕事についてでなく、職員が目標にしたことに集中的に取組み成果を出します。行政評価は、全ての事業を同じような精度で手間をかけて評価しますが、評価した後、どうするのかが見えてこない」、「論ずるより行動、やり続けることが大切だと考えている」
 担当の部長さんは、「5万人の小野市だからできることかもしれない。人口が多い=職員数が多い市では難しいかもしれない」と言っていた。

 しかし、ポイントは、職員一人ひとりが明確な目標を持って仕事に取り組むことではないだろうか?
 そうした意味では富士市役所はどうだろうか?
 「一人ひとりの目標と、それを達成するためには何をしなければならないか書き出してみろ」と言ったら、何人が明確に書けるだろうか?
 まずは、各課内でこの確認作業から行ってみるべきだろう。
f0141310_23513280.jpg

ヒアリング・質問する我々富士市議会の市民クラブ

by koike473 | 2008-01-31 23:53 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

日本ハンドボール 無念!

 日本中が注目した北京オリンピックのハンドボールアジア予選再試合。
 結果は、男女とも日本は韓国に敗れ、この試合でのオリンピック出場は決められなかった。
 と言うより、次の世界最終予選は、ヨーロッパの強豪国と戦わなければならないので、今回以上に厳しい試合になる。
 オリンピック出場は、極めて難しくなった。

 昨日の女子は、プレッシャーとミスで自滅したように見えた(21-34)。単純なパスミスなど、普段では考えられないようなミスが続き、それが更にあせりを誘い、ミスを重ねる。
 逆に韓国は、大差がついて余裕をもってプレーしていた。

 今日の男子は、最後まで追い上げたが、あと一歩及ばなかった(25-28)。
 いいところまで行っては、韓国のキャプテン・パク選手にシュートを決められ離された。このパク選手は、普段は日本の実業団チーム・大同特殊鋼でプレイする選手だ。
 日本のエース・宮崎選手は「バネと技」で勝負するが、パク選手は「スピードと力」でガンガン来る選手だ。体はさほど大きくないが、がっしりした上半身と太い腕で、サウスポーで打ってくる。28点の内、10点位入れたのではないだろうか。

 しかし、今回の騒動で、15,000人以上の人が会場に足を運び、何百万人かの人がテレビで試合を見たはずだ。そして多くの人が「ハンドボールって、なかなかおもしろいし、すげープレイをするんだな」と思ったのではないだろうか。
 私も、「このくらいボディーバランスよくゲームができたら、選手は楽しいだろうな!」、「よくこんな体勢から、あんなシュート打てるな!」、「こんなシュートを見たら、子ども達もハンドボールをやりたくならないかな?」と熱くなりながらも、感心して観ていた。

 できれば、まだ開催地が決まっていない世界最終予選に、日本が立候補してくれないだろうか?
 今回の再試合をきっかけに、更に世界レベルの試合を見れば、みんな、もっとハンドボールのおもしろさを知り、「第2の宮崎大輔」を目指す子ども達も増えるはずだ。
 「世界のトヨタ」は、ハンドボールの実業団チームを持っている。勝手な願いだが、是非スポンサーになって手を挙げてくれないだろうか?
f0141310_22513718.jpg
f0141310_22514649.jpg

今日は、生の写真がないので、正月の富士高ハンドボールOB会の初投げ写真で。

by koike473 | 2008-01-30 22:55 | ハンドボール | Trackback | Comments(0)  

富士市・富士川町合併協定調印式

 昨日(28日)は、午後4時からホテルグランド富士で、富士市・富士川町の合併協定調印式があった。
f0141310_23244813.jpg

 何か中途半端な時間からの開催だが、立会人に石川嘉延静岡県知事を依頼し、知事の都合でそうなったのだろうか?
 会場に入ると、何だか結婚式の時のような軽やかなBGMが流れているが、調印式を見守る合併協議会委員、両市町の議員は、ほとんどが紺のスーツの男性ばかりだ。
f0141310_2325592.jpg
f0141310_23251513.jpg

 調印式はたんたんと進み、ものの20分ほどで終了した。
 今後は、両市町の2月議会での議決を経て、国等への手続きを済ませるだけだ。
 議会も、これまで検討してきた合併協議会に議員代表がメンバーとして出席していたり、合併特別委員会でも検討してきており、スムースに議決されるだろう。
f0141310_2327381.jpg

 そうなると、いよいよ11月以降の合併後の具体的なまちづくりに注目が移る。
 私は、これまでも何度かこのブログでも書いてきたが、都市計画(市街化区域と市街化調整区域の線引きの有無)やごみ処理(可燃ゴミの無料・有料)などに関するこれまでの違いと、今後統一した場合の戸惑いや懸念を解消するための対策を具体的にかつ緊急に考えなければならないと思う。
 また、新富士市になることで、例えば観光交流面で言えば、
  ・富士川町が有している「道の駅・富士川楽座」や古谿荘などの観光資源をどう活用するか
  ・スポーツ観光の拠点となる富士川河川敷を左右両岸でどう活用していくか
  ・富士市が進めている「まちの駅」、富士山百景などをどう拡げていくか
などなど、工夫をすれば、とても魅力的な富士市になる可能性をどう磨いていくかが課題だ。

 合併すること自体の協議は昨日までで終了だ。
 これからは、新富士市のまちづくりに向けての知恵出しをする次の段階だ。

by koike473 | 2008-01-29 23:27 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

今、ハンドボールが熱い!

 この1ヶ月ほどの「ハンドボール」の盛り上がりには、驚くばかりだ。
 昨年9月、日本が北京五輪予選に破れた時のことを知っている人がどれだけいるだろうか?
 日本で開催されたのだが、それほど大きくも報道されなかった。

 ところがだ。12月に入り、「中東の笛」を問題視する日本と韓国が合同で国際ハンドボール連盟に抗議をしたら、何と「予選をやり直し!」となってしまった。

 それからは、日に日に「ハンドボール」の文字や映像を見る機会が、皆さん増えたのではなかろうか?
 ハンドボール関係者にとっては、思ってもみなかった予選やり直しと、ハンドボールをPRする絶好のチャンスだ。
 私も高校時代、ハンドボール部に所属し、社会人になってからもOBチームで試合に出たり、大会(富士市スポーツ祭)の運営を手伝ってきた。
 これまで常に「マイナースポーツ」の代表(?)のように扱われてきたが、今回は大きなチャンスだ。
f0141310_2343055.jpg
f0141310_2343865.jpg

 写真は、昨日乗った地下鉄の週刊誌の中吊り広告だが、「週間プレイボーイ」にまで特集でハンドボールの記事が出ている。
 そして今、このブログを書こうと思い、PCを立ち上げ、ヤフーのトップページを開くと(28日23:10現在)、トピックスのトップニュースで、ハンドボールのアジア予選(29~30日)の公開練習に大勢の報道陣が集まったことが写真入りでアップされている。
 何か信じられないような気分だ。

 しかし、明日(29日)の女子も、明後日(30日)の男子も、韓国に勝って北京に行かなければ意味がない。
 多くの応援を力にして、是が非でも勝って、メジャースポーツになって欲しい。

 29、30日とも、NHK・BSで19:05から生放送があります。またラジオはニッポン放送でも流すそうです。
 是非、茶の間から応援してください。特に、男子の宮崎大輔選手に注目です。
f0141310_23432296.jpg

富士高ハンドボール部が、最後にインターハイに出場した時の「広報ふじ」。もう12年もインターハイに行っていない。後輩には頑張ってほしい。

by koike473 | 2008-01-28 23:49 | ハンドボール | Trackback | Comments(0)  

前掛川市長 榛村純一氏の講演会

 25日(金)は、午前中に議会全員協議会があり、本年4月から始まる「後期高齢者医療制度」(75歳以上の高齢者が対象)の説明があった。
 健康づくりを進め、国全体の医療費の増加を少しでも少なくする一方、確実に増える高齢者の皆さんにも医療費を負担していただこうとする制度だ。と思う。
 しかし、制度そのものは複雑でなかなか理解できない。高齢者の皆さんにわかりやすく伝え、現場で混乱することがないようにしなくてはならない。と言っても4月はすぐそこだ。

 そして午後は、議会主催の議員研修会があった。
f0141310_05573.jpg

 講師は、前掛川市長の榛村純一氏だ。榛村氏は、昭和52年から平成17まで、7期28年間、掛川市の市長を務めた。その間「生涯学習都市」を始め、さまざまな先進的な施策で、当時人口7万人の地方の小都市ながら、掛川市の名を全国にとどろかせた名市長だ。
f0141310_052337.jpg

 今回の講演のテーマは「まちづくり・人づくり」だ。
 
 最初に、全国ベースの数字(全国をいくつかのエリアに分けたり、県別にした工業出荷額など)分析や、日本の明治以来の近代化、都市化の流れを自分なりに分析して話を始めた。これは、ちょっと普通の首長にはできないものだ。

 講演を聞いて、榛村氏の考え方の基本は「地方都市がどうやって自立していくか。そのためには地域をみがき、人を育てよう」に全てが集約されていると感じた。
 ・「向都離村」(都に出て行く人)の教育でなく、故郷に残る人・来る人の教育(=「生涯学習」)を行うべき

 ・5つの生涯学習の考え方
  ・教育改革としての生涯学習
  ・五感を磨く生涯学習
  ・新しい流れを知る生涯学習
  ・高齢化だからこそする生涯学習
  ・まちづくりとしての生涯学習

 ・「観光」は「国の光を観ること」が本来の姿である。孔子の言葉の中に「近者説、遠者来」(「説」は「喜ぶ」の意味:地元の人が喜べば、それを聞きつけて遠いところの人たちも集まってくる)があるが、まずは市民が楽しみ、誇りに思うような魅力づくりが必要だ

 ・「緑化は絶対善」だ。・・・さすが県森林組合連合会会長だ

 ・掛川で生まれた二宮尊徳の教え(報徳の思想)・・・「経済のない道徳は寝言だ。道徳のない経済は犯罪だ」

 この他にも、新幹線掛川駅をつくる時には、104回も国鉄に陳情し、最後は時の権力者・目白のさる方のところにも足を運んだ。新富士駅も同じ時期にできたが、随分進め方が違っていたなど、初めて聞く話も、多数あった。
f0141310_054677.jpg

 70歳をはるかに超えているが、まだまだお元気だ。
 時間が足りず、最近提唱しているという「村格・都市格」のお話が中途半端で終わってしまった。
 改めて聞いてみたいと思う。
f0141310_055860.jpg

議会委員会室からのこの日(1月25日)の富士山

by koike473 | 2008-01-28 00:07 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

産業廃棄物(?)の不法投棄

 びっくりする風景を見た。
 農業用温室の入り口に畳75枚が捨てられていた。
 それも、富士警察署のすぐ南側だ。
f0141310_23521677.jpg
f0141310_23523048.jpg
f0141310_23524233.jpg

f0141310_23532472.jpg

 23日の晩、視察から自宅に戻ったら、吉原のある農家のお宅から留守中に電話が入っていた。
 電話をすると、「日曜日の晩あたりに、うちのハウスの入り口に畳を捨てられた」とのこと。
 次の日の朝、現場に行くと、写真のような状況だ。
 警察の南側だが、1本裏側の道路から入ったところで、夜間はほとんど車も通らないところだ。
 この枚数だと、個人の家庭ではなく、おそらく産業廃棄物として出されたものを、処理業者(?)が不法投棄したものと思われる。

 すぐに市の廃棄物対策課に連絡し、現場を確認してもらったが、問題はいろいろあり、根深い。
 ①犯人をどうにか捕まえなくては!
   →畳からは、所有者や処理業者に結びつくようなものは見つからない
 ②誰が処理するのか?
   →犯人が捕まらなければ、現在の法律では、捨てられた場所(土地)の所有者が処理しなければならない
 ③行政の管轄も複雑
   →個人が捨てれば一般廃棄物(市が担当)だが、個人等の住宅等の建設廃材として業者に処理依頼したものであれば産業廃棄物(県が担当)だ。しかし、この場合判断基準が難しい
 ④不法投棄防止対策は?
   →現状ではパトロールの強化しかない

 こんな理不尽なことが富士市内でも年間大小何百件も発生している。
f0141310_23592380.jpg
f0141310_23593117.jpg

 一方、何年か前から産業廃棄物は「マニュフェスト」と呼ばれる管理票によって、処理業者からその先の下請け業者、運搬業者など、どんな業者を経由して処理されたかの経過が記録されるようになったはずだ。
 しかし、この「マニュフェスト」は、具体的にはどんなしくみになっているのかも今の私にはよくわからない。
 私もしっかり勉強しなければならないが、それにしても腹が立つ。

 不法投棄は、富士山麓だけでない。人目につかなければ、どこにでも捨てる悪い奴がいる。
 何の関係がない他人に、そして環境にも迷惑をかけ、自分だけがぬくぬくと汚い利益を得ている。ふざけるな!だ。

 どうにかしなければならない。

by koike473 | 2008-01-26 00:00 | 環境 | Trackback | Comments(2)  

会派視察1日目 「宇部方式」と呼ばれる独自の公害対策

 今日は、市民クラブの視察第1日目の報告。
 山口県宇部市を訪問したが、ここでは以下の3項目についてヒアリングした。
f0141310_23152334.jpg

宇部市役所 昭和33年建築、築50年の建物だ

  (1)「宇部方式」と呼ばれる産・官・学・民の協働による独自の公害対策について
  (2)産業観光(CSR)ツーリズムについて
  (3)環境保全センター焼却施設(流動床式ガス化溶融方式)について
f0141310_23123780.jpg

 中でも、(1)の「宇部方式」と呼ばれる公害対策について報告したい。
 宇部市は、古くから石炭の街として栄え、その後は化学・セメント工業に支えられた臨海工業都市として発展してきた。
 しかし、戦後、これらの工場の煙突から出る「ばいじん」は、多量であり、窓も開けられない状態だったそうだ。
f0141310_23125711.jpg

 そうした中で、昭和24年には市議会内に「宇部市降ばい対策委員会」が設置され、実態調査や、産・官・学・民による検討と対策が始まった。
f0141310_23132565.jpg
f0141310_23133262.jpg

 当時、降下ばいじん量は、55.86t/km2/月を記録し、「世界一灰の降る街」と報じられた。
 またここで言う「学」とは、市内にある山口大学医学部だ。特にここの公衆衛生学の先生が、市民の健康対策の重要性を訴え、この宇部方式の取り組みをリードされたそうだ。
 そして10年後には、降下ばいじん量は1/3に減った。こうした中で、昭和32年に設定した宇部市のばいじん濃度(1.2g/㎡)は、昭和37年に制定された国の「ばい煙排出規制法」の基準値に採用されるなど、先駆的な取り組みを進めてきた。
 更に驚くことに、このような取り組みの結果、現在まで宇部市では、公害病認定患者が一人も出ていない。

 ひるがえって、富士市のことを考えてみると、公害問題が顕著になり始めたのは昭和40年代に入ってからだ。
 そして市に担当係(経済部開発課公害係)ができたのも41年11月、議会に公害対策特別委員会が設置されたのが42年5月だ。
 問題の発生時期が15年ほど違うが、宇部市における取り組みの速さに驚くばかりだ。
f0141310_2314280.jpg

 またこうした先駆的な取り組みが評価され、平成9年には、国連環境計画から「グローバル500賞」を受賞している。
f0141310_23141870.jpg

現在の宇部市の煙突 富士市と似たような景色だ


 ヒアリングした中では、行政と企業の間におけるきめ細かな取り組みが印象に残った。
  ・「環境保全細目協定」の締結・・・工場の一つ一つの煙突、排水口ごとに排出量の協定を結ぶ
  ・「事前協議制度」の確立・・・工場の新増設にあたっては、法律の手続きの前に、市に協議し、現在の環境負荷以上に負荷を排出しないような対策を講じるよう協議・指導する
 これらについては、資料を送っていただくようお願いしてきた。富士市にとっても、参考になる点がまだたくさんあるはずだ。

by koike473 | 2008-01-24 23:18 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

着地から考えるニューツーリズムセミナーin三島

 21日(月)から今日(23日)まで、所属する議会会派(市民クラブ)の視察で宇部市(山口県)、小野市(兵庫県)、四日市市(三重県)を訪ねた。
 この視察については、後日改めて報告します。

 今日は、18日(金)に参加した「着地から考えるニューツーリズムセミナーin三島」の分科会とパネルディスカッションの報告。
f0141310_23181743.jpg

会場の三島商工会議所


 私が参加した分科会のテーマは、「広域連携で取り組む着地型旅行」だった。全国各地から24名の方が集まった。
f0141310_23183639.jpg
f0141310_2318473.jpg

 コーディネーターは、以前、仕事でアドバイスをお願いしたことがある観光プランナーの前田豪氏だ。
 24名全員が、それぞれの地域の自己紹介をした。
 どこも有名な観光地の皆さんで、私は「産業都市であり、これまで観光面ではほとんどゼロだった富士市です」と紹介した。
f0141310_2319125.jpg

 しかし前田氏からは「これからの観光は、その街の生活のたたずまいや、その街が好きだという市民のオーラや誇りが大きな要素になるのであり、その要素がない街は絶対ないはずだ」と応援のメッセージ(?)をいただいた。
 それにしても、24名全員が自己紹介をしているだけで、ほぼ予定の時間が終わってしまい、テーマの「広域連携」は、パネルディスカッションに持ち越された。

 パネルディスカッションでは、なかなか興味深い話がなされた。大きく2つだ。
f0141310_23192574.jpg

 1つは、「まちづくりと観光」の話。
 事例紹介で、地元・三島市と、千葉県富浦町(現・南房総市)の話がおもしろかった。
 三島市は、当初、観光客の来訪までを目標にはしなかった。住み良いまちづくりをしようと、400回以上の市民ワークショップに基づき、市民参加のまちづくりに取り組んできた。そうしたら結果としてお客さんが訪れ、それがまた励みになっている。
f0141310_2326843.jpg

 一方、富浦町は、「いっしょに儲けましょう。ともにウイン・ウイン!」でなければ、住民も行政も疲れてしまい、長続きしない。最初から新しいビジネスモデルを造り取り組む必要がある。と、聞いていると正反対のような話だった。
 しかし会場からは、「三島市は、まちづくりとしてはこれまで大成功だった。だが、一流の観光地を目指すなら更に次のステップを上がる必要があるのではないか」との感想が出された。
 具体的には観光地としての「もてなし」、「トータルな景観づくり」、そして「いかに観光客に金を落としてもらい、市内で経済的に回るようにするか」という所だろうか?
 落ちは前田氏がうまいことを言った。「『儲ける』という字は、「『信じる者』と書きます。何かを信じてやり続ける人、そして信じる仲間がいて初めて儲けられるのです。その意味では、三島は信念を持った市民や、信じられる市民や仲間がたくさんいますね」
f0141310_23205652.jpg

 2つめは「広域連携による観光地づくり」の話。
 なぜ、広域で連携しなければならないのか?
 観る、食べる、泊まる、体験する、買うなどの観光サービスを、1箇所で全て提供することができないなら、それぞれの市町が得意の分野を担当し合いながら、広域で質の高い「観光エリア」を造り出そうというものだ。
 しかし、この広域連携を進める上では、テーマ性(物語性)を持ったストーリーの存在と、その観光サービスを高いレベルで維持・調整・指導できる「観光コーディネート機関」が必要だ。という議論だ。
 著名な観光地でさえ、既にこのような広域連携に取り組んでいる。
 後発の富士市は、どのように広域連携に取り組むべきだろうか?
f0141310_23262578.jpg

 パネルディスカッションは、時間の関係で最後まで聞けなかった。
 しかし、富士市や富士地域が今後連携していかなくてはならない「富士五湖観光連盟」の専務さんにお会いできた。このことが、今回の最大の収穫だったかもしれない。

by koike473 | 2008-01-23 23:23 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

三島の「まち歩き」

 18日(金)は、(社)日本観光協会が主催する「着地から考えるニューツーリズムセミナーin三島」に参加した。
f0141310_117486.jpg

 富士市でも4月から、「富士山観光交流ビューロー」が設立・稼動し、新たな観光交流への取り組みが始まる。そんな中で、全国各地の先進的な取り組みを勉強したり、関係者とのパイプづくりができればと申し込みした次第だ。
 今日は、午前中に行われた「三島のまち歩き」の報告から。

 そもそもこのセミナーは、(社)日本観光協会が毎年授与している「優秀観光地づくり賞」の表彰式を兼ねている。
 昨年の第14回大会で、三島市が「金賞・総務大臣賞」を受賞したことから、その翌年度ということでの三島開催になったらしい。

 三島の受賞理由は、「歩きたい街、住みたい街」を目標に、市民・企業・行政の協働のもとで「街中がせせらぎ事業」を進め、魅力あるまちづくり、観光地づくりが進められているからだ。
f0141310_1173010.jpg

 私は、3年振り位の三島のまち歩きだった。
 楽寿園→源兵衛川→佐野美術館→三島大社→桜川を廻るルートだが、改めて感激した。
f0141310_1181227.jpg

以前は途中迂回しなければならなかった源兵衛川中流部に、飛び石が整備されていた。
f0141310_1182782.jpg

今日も、源兵衛川にはごみはほとんど流れておらず、これでは誰もおそらくポイ捨てはできないだろうと思うほどだ。
f0141310_1184022.jpg
f0141310_1185989.jpg

川に向けて飲食店がテラスを出したり、病院の建物がロビーを開放し、ハード施設が「川」を軸に整備され始めている。
f0141310_1113164.jpg

f0141310_1194815.jpg

f0141310_1114529.jpg

説明していただいたボランティアガイドさんやグラウンドワークの方、「三島梅花藻」の手入れをしているボランティアの方

そして何よりも、こうした「まちづくり」に関わっている市民の皆さんが、誇らしげに
 「午前中でしたら、いつでもTMO事務所にガイドメンバーがいますのでお寄り下さい。ご案内します」、
 「この湧水は、このままでも飲めますよ」、
 「カワセミがいますよ」と胸を張って説明してくれることがすばらしく、またうらやましかった。

 私が所属するNPOふじ環境倶楽部は、ある意味の大きな目標が「NPOグラウンドワーク三島」であり、湧水を活かした三島のまちづくりだ。
 同じ富士山の湧水が湧く富士市でもできるはずだ。清流・田宿川もある。と思い取り組んでいるが、まだまだだ。

 それと、三島はまち歩きにもぴったりの「コンパクトシティー」だ。
 もちろん箱根西麓には大規模な住宅団地が拡がるが、基本的な商業、業務、役所などの都市機能は、駅南地域に集約され、それらの間を縫ってせせらぎや小さな路地が入り組み、まちかどを曲がるたびにいろいろな「街の顔」を見せてくれる。
f0141310_11103778.jpg

 20年近く前、三島市の仕事をした時、役所の人が「三島は区画整理をやりたくても、伊豆箱根鉄道が街の中をぐるっと通っていてできないだよ。どんどん取り残されていくよ」と言っていた。
 でも、今考えてみれば、それが結果的に良かったわけだ。

 拡散が続く富士市を何とかするには、どうしたらいいのだろうか?

by koike473 | 2008-01-20 11:15 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

ごみの減量化推進に関する「所管事務調査」

 今日は、所属する常任委員会(環境経済委員会)が開かれた。
 常任委員会は、通常定例議会開催中に開かれるが、関連する特定テーマについては、「所管事務調査」として、閉会中でも開催することができる。
 今回は、「フジスマートプラン21に基づいたごみ減量化についての進捗状況と具体的な推進について」がテーマだ。
f0141310_23352233.jpg
f0141310_2335309.jpg

 世界中どこでも「ごみ処理問題」は避けて通れない。
 富士市ではごみを焼却する新環境クリーンセンターの建設場所が決定しないまま数年が経過しているが、この新設計画にあたっても、ごみの減量化をどう進めていくかをセットで検討し、実行していかなければならないという趣旨で開かれた。

 まず市当局から、18年度及び19年度上半期のごみ処理状況、減量化施策の取り組み状況などについて説明があった。
 要点は
  ・18年度は、ごみ全体量は、「スマートプラン21」で設定している年度目標値を初めて達成(下回る)した
  ・また、ペットボトル、その他の紙のステーション(ごみ集積所)回収を始めたこともあり、焼却ごみが減り、資源ごみの増加が目立った
  ・一方、19年度は、廃プラスチック類のRPF(固形燃料化)事業への取り組みが困難になったため、目標達成は難しい
  ・減量化を進めるには、「生ごみ」、「廃プラスチック」をいかにごみとして出さずに、資源化するかが課題
などだ。
f0141310_23354946.jpg
f0141310_23355710.jpg

「ごみの分け方便利帳」より


 委員からは、「生ごみ」の家庭処理促進方策、「廃プラ」のRPF化の可能性、分別収集のスケジュールなどについて質疑や提案がなされた。
 しかし、基本的にごみの減量化は、地球温暖化に逆行しないこと、市民がいかにその気になるかなどがポイントであり、一朝一夕には進まない。

 私は、そうした中で、減量化・資源化の動機付けとして、指定袋による「ごみ収集処理の有料化」に向けたスケジュールを明らかにすべきではとの質疑を行った。
 市当局は、今以上の分別の細区分に取組み、それでも目標値が達成できないと判断した場合に、「有料化」に踏み切るとの考えだ。
 私は、新環境クリーンセンター建設計画が停滞している中では、減量化・資源化に向けた「有料化」についての議論を早急に全市的に行い、それをきっかけに改めて新環境クリーンセンターのあり方を考えるべきだと思うのだが?

by koike473 | 2008-01-17 23:37 | 環境 | Trackback | Comments(0)