<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

第2回ごみ処理施設建設特別委員会

 今日は、本年度2回目の「ごみ処理施設建設特別委員会」が開かれた。
 テーマは、「新環境クリーンセンター建設事業について」だ。
 前回(8/22))以来の開催だが、今回は、4~5月にかけて開催された建設予定地である青葉台地区の10町内別の説明会での報告が中心に行われた。
 傍聴席には、他の委員会を大きく上回る人数の方々(大半が地元の皆さん)が訪れていた。
 こうやってブログを書いていても、なぜ4~5月の報告が8月(前回)でなく、11月(今回)までかかるのかわからない。
 市当局は、市でまとめた記録を地元側にも確認してもらい、その了承を取るのに時間がかかるからとのことだったが。
f0141310_2342339.jpg

 改めて報告を聞いたが、南北に広い青葉台地区においては、町内によってクリーンセンター建設計画に対する捉え方が違う。
 予定地から離れた町内では、「地域で活用できる施設とセットなら受け入れるべきでは」という条件闘争型の意見もある。一方、直近の町内ほど「絶対反対!」が強い。
 また、これまで地元の検討会を傍聴したり、何人かの方と話をした中では、いろいろな考え方の人がいるのは私も実感している。

 そんな中で、この委員会で決定している「地元の合意を前提に建設に賛成する」という条件の「地元の合意」をどう判断すべきだろうか。既にそれから5年が経っている。
 しかし、判断すべき材料が出揃っている状況には全くない。
 委員の意見もそこに集中した。
 私も「この5年間の市の地元への説明や動きを振り返って、本当にここに建設しようとする気持ちがあるのかどうかわからない。そのつもりなら『夜討ち朝駆け』のつもりで動かなければならないのでは?」と発言した。
f0141310_23394967.jpg

建設予定地南側から(手前の自動車が走っているのが第2東名(工事中))
f0141310_23395794.jpg

建設予定地内の茶畑から南側を望む(オレンジと白の建物が湖山病院、その手前が第2東名の盛土法面)・・・今日は新しい写真がないので、前回の委員会後のブログ(8月23日)に使用した地図と写真を再掲しました。

 目標とする平成23年度の新施設稼動には、もう時間がない。
 特別委員会としても、「行政からの報告を待っていてばかりでなく、自主的な検討・行動も必要では?」との意見があり、今後、委員会として独自に検討を進める方針が決まった。
 責任は重大だ。

by koike473 | 2007-11-05 23:52 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

農林水産フェアと今泉地区文化祭など、いろいろありました!

 今日は、朝8:20からの「第22回農林水産フェア」に出かけた。8:10頃に会場である公設卸売市場に着くと、既に駐車場は満杯で、構内通路の路肩に停め、テントの方に向かった。
f0141310_21284379.jpg

 国、県、市議会議員、農林水産業関係者などはハッピを着て、既に来賓スペースに集合していた。私もあわてて受付でハッピを受け取り、ブレザーの上から着てみたが、なんだかツンツルテンだった。
 市長のあいさつの中では、公設市場の運営は、来年から指定管理者制度を導入し、更に数年後には民営化を目指すとのことだった。
 一方で、大手スーパーなどを中心に、市場を通さない流通経路や取引が増えてきている。
 このような中で、市場の役割である「生産者に対しては安定した販路を提供し、小売商に対しては安定的な仕入れの場を提供することにより、市民等への生鮮食料品等の供給が行なわれ、消費生活の安定向上に寄与する」ことは、どのように確保されるべきだろうか?
 私は、この分野は基本的に勉強不足だ。
 既存施設の老朽化に伴う建替えの必要性も検討されている。
 もっと勉強しなければならない!
f0141310_21292138.jpg
f0141310_21293041.jpg


 農林水産フェアは、開会式とその後少し建物内を覗いただけで、9:00から始まる「今泉地区文化祭」に向かった。
 会場の今泉公民館では、いつもの駐車場スペースにステージが造られ、また出店も並び、多くの人でごった返していた。
f0141310_2130794.jpg

開会式での吉原二中ブラスバンド部による入場パレード
f0141310_21301878.jpg

 町内(駿河台3丁目)の方が何人かいた。「今日は孫がステージで歌うだよ」、「小学校3年の子供が劇に出るから」と、家族総出でみえている方々が多い。
 私は、開会式で今泉地区選出の市議会議員を代表してあいさつさせていただいた。
f0141310_21303381.jpg

 公民館の館内では、絵画、書道、陶芸などさまざまな作品の展示や、そば・うどんの出店、お茶席などが設けられ、にぎやかだった。
 見る眼がない私にとっては、どの作品もすばらしく見えた。実は、私も時間的に余裕ができたら、水彩で仕上げるスケッチ画を習いたいと思っているのだが・・・。当分無理か?
f0141310_21305779.jpg


 そして一旦自宅に戻り、着替えてお昼前から「吉原地区体育祭」に吉原小学校へ出かけた。小学校校舎の耐震工事のため、この時期に体育祭を行うことになったそうだ。
 私が生まれ、育った津田・荒田島等のテントを回り、皆さんにあいさつをした。道路や河川等に関するさまざまな整備要望のお話をいただいた。
 11月15日(木)には、私の後援会が主催する「第1回 津田・荒田島地区まちづくり井戸端会議」がある。その時にも改めて意見を伺う予定だ。

 今月も忙しくなりそうだ。
f0141310_21315167.jpg

吉原地区体育祭での1,500m競走。グラウンドを出て校外の道路を走る。今泉地区では種目にないけど、他の地区はどうなんだろうか?

by koike473 | 2007-11-04 21:38 | 今泉 | Trackback | Comments(0)  

日本三大急流 富士川の川づくり

 今日は、午後から富士川楽座で「富士川下流川づくり懇談会」に出席した。
f0141310_2352982.jpg
f0141310_23522963.jpg

 これは、国土交通省が、管理する富士川の長期的な河川整備計画を策定した(18年9月)が、その計画に基づく整備の進捗状況を、関係する市民や各種団体の目でチェックしたり、意見を整備に反映させていくために設けられた懇談会だ。
 と言っても、既に平成14年に組織され、これまでは計画づくりにあたっての地域意見の集約を、この懇談会を通じて行ってきており、今回からは役割を変えて再スタートしたような形だ。
 私は、以前から所属している静岡県内のまちづくり、地域づくりを応援する「NPO法人地域づくりサポートネット」のメンバーとしての出席だ。
 これまでは、会社勤めだったこともあり、出席できないことも多かったが、今回は特に現地視察があるというので、都合をつけて出席した。
f0141310_23524778.jpg
f0141310_23525490.jpg

 前置きがすっかり長くなったが、最初の現地視察は富士宮の沼久保。
 富士川町と富士宮市の間にかかる蓬莱橋のすぐ下流部だ。
 ここは、川沿いの河川敷などをグラウンドとして、これまでも地域の皆さんが使ってきた。
 今年の3月には、富士川の自然を学んだり、富士山学習を進める拠点としいくために、エリア一帯を「水辺の楽校」に登録したそうだ。今後は、自治会、学校、市、国などが協議会を組織し、「水辺の楽校」にふさわしい進入路や川に降りる階段などの整備や、川の活用を進めていくそうだ。
f0141310_23562149.jpg
f0141310_23543687.jpg
f0141310_23544543.jpg

 2つ目の視察は雁堤(かりがねづつみ)。
 江戸時代に、古郡氏3代の取り組みによって完成した堤防であり、こうした歴史を背景とする「雁堤治水歴史公園」構想が打ち出されている。
 と言っても、雁堤より川側のエリアは、大半が畑として利用されている。現在の実際の公園は、護所神社がある大きな曲がり角の回りの富士市の都市公園になっている部分だけであり、超長期的な構想だ。
 それでも、まず最初に既存の遊歩道や道路を連絡した「周遊ルート」を確立していく予定だそうだ。
f0141310_2355215.jpg

 今後この懇談会は、年に1回程度開催し、整備の進捗状況などを報告、意見収集していくとのことだ。

 このような市民や関係団体等の意見を聞きながら計画をつくり、整備、修正を繰り返していくような川づくりは、平成9年に河川法が改正されてから始まった。
 国が直轄管理する富士川だから早めに取り組んでいるが、市内を流れる他の河川も、我々市民の意見を反映した川づくりが行われるよう、議会として、議員としての活動が必要だ。

by koike473 | 2007-11-02 23:57 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

富士市市制記念日の表彰式

 今日は午前中、ロゼシアターで「平成19年度 富士市表彰式典」があった。
 この表彰は、毎年行われているもので、
  ・富士市長表彰
  ・富士市教育文化スポーツ奨励賞
  ・富士市地域社会貢献者褒章
の3賞の受賞者の方の表彰が行われた。
f0141310_23344364.jpg

 計16人、2団体の皆さんが表彰されたが、中でも市長表彰受賞者の中に、私も直接ご挨拶させていただいた方が2人いらした。
  ・山田勇次郎氏・・・市や県の農協のトップを長年にわたり務められ、地域農業に貢献された。産業功労の面からの表彰だが、富士東高の初代PTA会長を務められ、その後も今日に至るまで東高をバックアップいただいている。
  ・野田裕彦氏・・・長年にわたり消防団、水防団で活動し、つい昨年まで富士市水防団長を務められた。水火災防護功労の面からの表彰だが、私の高校の部活(ハンドボール部)の大先輩でもある。
 この他にも、何人かご挨拶させていただいたが、どの方もその方面で長年にわたり尽力された方で、頭が下がる思いだ。
f0141310_2335777.jpg
f0141310_2335172.jpg

 ところで今日は、11月1日。41年前に今の富士市が誕生した日だ。そして来年の今日は、富士川町と合併し、新しい富士市が誕生する。
 「ということは、今の富士市は42歳で『終わり』、じゃなくて『再生』か」などと思っていたら、式典の最後に消防音楽隊の伴奏で「富士市民歌」を歌った。「太陽の丘陵 みどりの裾野・・・・」。本当に久しぶりだ。

 私が小学校2年生の時に今の富士市ができた。他の事は覚えていないが、この富士市民歌だけは、学校で何度も練習し、歌ったのを覚えている。
 声楽家の坂本博士さんが歌っていたと思う。ソノシートを配られたような気がする。
 子供心に、「富士市はどんどん発展するまちになるんだ」と思うような歌詞と力強いメロディ-だと思った記憶がある。

 最後の「富士市 富士市 われらの富~士~市~」には、年甲斐もなくブルブルするほど感動した。
 久しぶりのなつかしさと、やっぱり自分自身、根っからの富士市民なんだろうなと思った。
f0141310_23353217.jpg

f0141310_23385963.jpg

午後、別の委員会で行った富士川町。第2東名の富士川橋はほぼ完成形を見せている。役場庁舎は、合併後は「物置」になる・・・?

by koike473 | 2007-11-01 23:39 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)