<   2007年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

会派研修会とメタボリックシンドローム

 昨日(5日)は、所属する会派(市民クラブ)の研修会があった。
f0141310_236753.jpg

 8月から、基本的に隔週でテーマを決め研修に取り組み、昨日は3回目だった。
 1回目は「介護保険事業の現状と課題」、2回目は「公営企業決算…水道事業会計、病院事業会計」をテーマに実施した。
 そして昨日は、「富士市特定健康診査等実施計画について」だった。
 いずれも担当課の課長や幹部職員の方を講師として招き、取り組み状況の説明を受けた後、意見交換を行う形だ。

f0141310_2365277.jpg

f0141310_2382934.jpg

 昨日は健康対策課の幹部の3名に来ていただいた。「富士市特定健康診査等実施計画」とは、要は「メタボリックシンドローム対策」だ。
 「内臓脂肪が分泌する物質の働きで、さまざまな病気の病状が進んだり、血栓ができやすくなり動脈硬化が進む」ことにより、心臓病、脳卒中、その他の動脈硬化性疾患などになりやすくなる。この「動脈硬化」の原因が「内臓脂肪型肥満+血圧高値・血中脂質異常・高血糖」が複数該当する「メタボリックシンドローム」だ。
f0141310_2371418.jpg
f0141310_2372171.jpg

 とにかく医療費の総額が年々上昇している。昨年の調査では、富士市の国保加入者の中で、1ヶ月間に800万円も医療費がかかっている人が、2人いるそうだ。そしてその2人が、メタボに関連する心臓病患者だそうだ。

 計画は、とにかく健康診査を受けてもらい(現状は、国保加入者は毎年20数%しか受診していない)、該当者には保健指導を積極的に行おうとする内容だ。メタボ予防・解消を強化し、増大する医療費を減らそうという考え方だ。

 市民クラブには、見ただけで「危ない!」と思う人が3~4人いる。私は、その筆頭だ。選挙戦で8kg減り、みんなから「メタボ解消には選挙が一番だな」と言われたが、リバウンドは早い。
 9月議会での一般質問に立ったとき、「また太ったね」と言われぬよう、ダイエットに励まなくては!

by koike473 | 2007-09-06 23:16 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

村山浅間神社と富士山登山道

 この間の日曜日(2日)は、富士宮の村山浅間神社に行ってきた。
 10:00から、富士宮市山宮の県営ソフトボール場で女子ソフトボールの日本リーグの試合(第1試合)を見た後、国道469号(富士南麓道路)を通り、旧村単位で言えば隣接する富士根村にある神社に寄った。
f0141310_22531892.jpg
f0141310_22532612.jpg

 8月25日に、「富士市まちの駅ネットワーク」などが開催した「富士市発!富士山を学ぶ市民フォーラム」で、市立博物館学芸員の井上氏が発表した「村山口登山道の現状について」という講演で興味を持ったからだ。

 村山浅間神社は、富士市から見れば、国道469号を大渕から富士宮方面に向かい、拡幅整備された区間が終了する手前の右側(富士山側)にある。

 富士山は古くから信仰の山でもあり、鎌倉時代から修験道が盛んになり、村山浅間神社はその拠点だったそうだ。そんな関係で村山口登山道が開かれ、江戸時代初期までは最もポピュラーな富士山登山道だったようだ。
f0141310_22542438.jpg
f0141310_22544379.jpg

 修験道とは「山へ籠もって厳しい修行を行う事により、様々な「験」(しるし)を得る事を目的とする神仏が融合した宗教である。修験道の実践者を修験者または山伏という。山を神として敬う古来日本の山岳信仰と神道、仏教、道教、陰陽道などが習合して確立した日本独特の宗教である。奈良時代に成立したとされる。開祖は役行者(役小角)とされる。」とウィキペディアにある。

 興味を持った一番の理由は、この村山登山道は、出発点が吉原宿(現在の吉原でなく、一番最初の宿であった元吉原)だったことだ。
 鈴川海岸沿いの「富士塚」をスタートし、東海道、東海道西木戸(新追町)、三日市浅間神社、伝法、厚原、杉田を経て村山浅間神社、そして富士山頂というルートだったらしい。標高0mから3,776mの最も高低差がある富士登山道だ。
f0141310_22552987.jpg
f0141310_22554519.jpg
f0141310_22555681.jpg

 現在の村山浅間神社は、かつての隆盛振りは見られず、大きな杉木立の中に埋もれている感じだ。
 少し上ったところに、数年前から、地元の方々などが中心となり整備を進めた石畳の登山道区間がある。しかしこの区間から上は、私有林と国有林地帯であり、現在は入ることができない。
f0141310_2256201.jpg
f0141310_2256368.jpg

 富士山の世界遺産登録は、「文化遺産」を考えており、村山浅間神社や旧村山登山道は、大きな文化遺産だろうが、その正式な解明にはまだ時間がかかりそうだ。
 私が住む今泉の上和田にある六所浅間神社(旧・東泉院)も、村山浅間と並ぶ富士山修験道の拠点だったようで、現在、その調査が行われていて、調査結果の発表が楽しみだ。

 近いうちに、ルートがはっきりしている鈴川の富士塚から村山浅間までの「富士市内登山ルート」を一度歩いてみたい。

f0141310_22582748.jpg

今朝の富士山・・・市役所9階の議会図書室から
f0141310_22583681.jpg

ちなみにここが議会図書室です。

by koike473 | 2007-09-05 23:01 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

富士市セカンドライフ促進協議会

 今日は、「富士市セカンドライフ促進協議会」の設立総会があった。
 この協議会は、団塊の世代をはじめとするシニア層の皆さんが、企業を退職した後も、この地域で元気に活躍していただくことをバックアップする組織だ。会員は、市内の事業所と就業を支援するハローワークなどの団体で構成されている。

 私が所属するNPOコミュニティシンクタンクふじ(CTTF)が事務局となり進める。
f0141310_23541262.jpg

私は、今日はCTTFメンバーとしての出席であり、手前の事務局側が座席だ


 しくみとしては、退職前後のシニア層の皆さんが、市民活動(NPOやボランティア団体等)、再就職などをしようと考えた場合、CTTFが相談窓口になり、希望するNPOや再就職斡旋機関(ハローワークやシルバー人材センターなど)などを紹介しようというものだ。
 特に、NPO等の市民活動団体については、自分に合っている団体かどうか確認するための短期体験制度(=学生が就職前に行う職業体験の「インターンシップ」にならい、「シニアインターンシップ」と呼んでいる)を取り入れ、参加するためのハードルをできるだけ低くするよう考えている。
f0141310_23471029.jpg

このしくみのイメージ図(このままでは見にくいので、図の上でクリックして下さい。拡大されたきれいな図になります)


 協議会は、このしくみを機能させる上で、シニア層の皆さんが多数在籍している事業所と、シニア層の皆さんを紹介したり、受け入れる組織・団体相互が情報交換、意見交換を行う会だ。
f0141310_2347261.jpg

あいさつするCTTFの児嶋理事長
f0141310_23473550.jpg

事業全体の主催者としてあいさつする鈴木副市長


 団塊の世代の皆さんの退職に伴ういわゆる「2007年問題」。労働力の確保や、技術の継承など、企業サイドの話が引き合いに出されがちだが、自治体にとっても影響がある。特に首都圏のベッドタウンでは大きな問題になっている。
 と言うのは、ベッドタウンには、高度成長期に、全国から首都圏に出てきた皆さんがマイホームを建て、そこから東京の会社に出勤し、多額の個人住民税をベッドタウンに納めてくれていた。
 しかしその皆さんが退職すると、自分が住んでいる街(ベッドタウン)には知り合いはおらず、何をしていいかわからず(「濡れ落ち葉?」)、引きこもりになったり、体調を崩す人が増えてくる。
 これまでは税金を納めてくれていた人が、退職を境に福祉や医療など税金で面倒をみてもらわなければならなくなり、自治体財政に大きな影響を及ぼし始めている。

 このようなことを背景に、以前ヒアリングに行った我孫子市(千葉県)では、市政の3本柱の1つに、「シニア層の地域参加、社会参加」を掲げ、シニア世代がサービスの提供者=社会を支える側にいられるような施策に積極的に取り組んでいた。
 今回の「シニアインターンシップ」も、実は我孫子市のパクリだ。
f0141310_23475562.jpg

今日は、多くの新聞記者の皆さんが取材に来てくれた。全国紙も3紙が訪れた。タイムリーなテーマなのだろう。全国紙A紙の記者は、「私自身が直面し、考えなくてはならないことです」と言っていた。


 富士市の取り組みは、これからが本番であり、また逐次書いていきたいと思うが、今日は設立総会までに感じたことを一つ。
 6~7月にかけて、この協議会に参加いただきたい市内の企業、団体を計20ほど訪問、ヒアリングした。
 企業は、シニア層の皆さんが多数在籍しているところなので、大手の企業ばかりだ。
 どこも共通しているのは、「時は金なり」だ。
 約束した時間にはピタリと始まり、あいさつ、用件、関連する情報交換、今後改めてお会いする時に備えた(?)個人的な情報交換などで終わる。だいたいどこでも50分位の訪問だったが、無駄がなく、だるい感じがなかった。
 「富士市には、このようなしっかりした企業が多いんだ」と関心し、安心した企業訪問だった。

by koike473 | 2007-09-05 00:02 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

富士山の世界遺産登録に向けて

 今日は午後から、「世界遺産の考え方」という講演会があった。
f0141310_23411326.jpg

 富士市、富士宮市、芝川町の2市1町で組織する富士地区広域市町村圏協議会が主催しているもので、関係市町の議員や職員が対象だった。
f0141310_23413171.jpg

 講師は、世界遺産特別委員会委員や富士山の登録に向けた学術委員会委員などを務めている東京大学大学院教授の西村幸夫氏だ。
f0141310_23415152.jpg

 開会にあたり鈴木富士市長が「日々変化する広域情勢を的確に把握しつつ・・・」とあいさつしたが、来年富士市と合併する予定の富士川町は、この協議会には入っておらず、どっと力が抜けた。(協議会に入るにはお金の負担もあるからだろう。後で聞いたら、富士川町からも3名オブザーバー参加していたそうだが、それならもっと「オブザーバー」のままで増やしてやればいいのに!)

 世界遺産とは、考え方は「戦争の場になっても文化財は攻撃のターゲットにしない」という1907年のハーグ条約が端緒となっている。その後紆余曲折がありながら、1972年にユネスコにおいて第1号が決定したという世界遺産の歴史から話が始まった。
f0141310_23423025.jpg

 近年は、世界文化遺産の考え方がずいぶん変わってきている。
 新しく造られた政治都市・ブラジリアや70年代にできたシドニーのオペラハウスなど、「遺産=古い」という考えでなく、それまでと全く異なる新しい発想で造られたものであれば、建物や都市、水路など、現代の施設などでもどんどん登録されているそうだ。
 この例の1つとして、鉄道遺産の準備リスト(?)の8番目に、日本の「新幹線」が載っているそうだ。旧来の東海道線の線路は使わず、その路線と平行して、広軌道の全く新しい鉄道モデルを造り、営業的にも成功している点が評価されているそうだ。

 最後に富士山の話をしたが、西村先生はかなり否定的な話もされた。山小屋経営者の登山客に対する冷たい対応などの例をあげていた。
 以前、民間研究所で世界遺産のことを研究している人の講演を聞いた際も、「富士山が暫定リストに載ったのは、かなり政治的な動きがあったからだ」というニュアンスの発言があった。
 どうも、その筋の方々からは、富士山には疑問符が付いているような感じだ。

 しかし一方で、西村先生も民間研究所の人も、こんなことを言っていた。「現在の富士山を評価した結果で世界遺産になるのでなく、『富士山はこうありたい』という目標を持ち、世界遺産登録の動きをバネに、目標に向けて市民や行政が取り組んでいくという『富士山モデル』を提案し、構築すべきではないか?」
 我々地元が、どこまで本気になれるかだ?

by koike473 | 2007-09-03 23:43 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

ソフトボール女子日本リーグ戦

 今日は、ソフトボールの女子日本リーグの試合を見に、富士宮の県営山宮ソフトボール場に出かけた。
f0141310_23441756.jpg

 先日の父親ソフトボール大会で改めてソフトボールの速さに驚いたのと、「富士山観光交流ビューロー」の検討の中で「スポーツ観光」が大きな柱になり、その拠点となる受け皿になるであろう会場を見てみようと思い出かけた。
 日本ソフトボール協会のHPで見ると、女子のリーグ戦は、9/1(土)、2(日)から後期戦が始まったようだ。
f0141310_23431762.jpg
f0141310_23432648.jpg
f0141310_2343581.jpg

 第一試合は「佐川急便VSルネサス高崎」だ。バックネット裏に席をとり見ていると、ルネサスには、知っている人も多い上野由岐子選手(投手)をはじめ、日本代表選手が何人かいる。
 試合前のフィールディング練習も、体が大きく、なおかつきびきびしている。ノックをしているのは、テレビでよく見る宇津木妙子総監督だ。背が高くスタイルがいいのは、中国から帰化した宇津木麗華監督だった。
f0141310_23445066.jpg

 一方、2部リーグから上がってきた佐川急便は、チビッコ軍団だ。
 「ルネサス」は、後で聞いたら日立と三菱電機の半導体を製造する合弁企業だそうだ。佐川急便の方が知名度は抜群に高いが…。

 試合はルネサス高崎の先攻で始まった。女子とは言っても日本最高峰のリーグのピッチャーだ。佐川急便のサウスポーピッチャーは掛け声もろとも早い球を投げ込む。1回表のルネサスは0点だった。
 そして1回裏の佐川急便の攻撃、と言うより、その前のピッチング練習。ルネサスのピッチャー上野選手が第一球を投げると会場全体から「ウォー」とどよめきが起こった。
 速い。速すぎる。ちょっと、いや全然レベルが違う。ソフトボールは下手投げだが、上野選手はまるで「下手から投げる上手投げ」のようだ。他のピッチャーがボールを「投げる」とすれば、上野選手はボールを「グシャリと投げつける」ようだ。
f0141310_23454697.jpg
f0141310_23455816.jpg
f0141310_2346662.jpg


 3回までは、両チームともランナーが出なかったが、バッターが一巡した4回からは、ルネサスの一方的な試合になった。
f0141310_23481591.jpg

 上野選手第1球目のどよめきと言い、ホームへのヘッドスライディング、打った時のカキーンという乾いた音など、テレビでは絶対味わうことができない臨場感が、スポーツ観戦の醍醐味だ。
f0141310_23464380.jpg

 私が座った席の回りには、田子浦中、鷹岡中、常葉菊川高校を始め、市内、県内の多くの中学生や高校生が観戦に訪れていた。中高生の時に、最高峰の試合を見れば、「自分もあんなプレーがしたい、絶対うまくなろう」、「私もあれを真似しよう」と思い、練習にも力が入るはずだ。
 「観光」の視点だけでなく、そういった点からも、レベルが高いスポーツの大会がこの富士地区で開催されるのは大きな意義がある。

by koike473 | 2007-09-02 23:50 | ラグビー他スポーツ | Trackback | Comments(2)  

駿河台3丁目の防災訓練

 今日は9月1日。防災訓練の日だ。
 私は、毎年冬の防災訓練(12月第1日曜日)にはだいたい参加しているが、9月の訓練は、今の駿河台3丁目に引っ越してきてから14年目にして初めての参加だ。
 9月1日が休日でなかったり、土日であっても以前の仕事は、お盆明けから仕事が動き出し、結構忙しくなり始める時期だからだ。

 今年は、市議会議員になり、前の週に行われた準備の打合せにも出席し、そのつもりで出かけた。
 7月に中越地震があり、土曜日ということなので、町内の男性もかなり参加するかな?と思っていたが、役員以外は、やはり参加者は女性が圧倒的に多い。
 「普段、親父らは仕事に出ていていないから仕方がないよ」。
 確かにそうだが、いくつかの訓練をやってみると、一度体験しておかないと、実際に災害が発生した中では、とてもスムースに避難や救援、消火ができないようなことばかりだ。
f0141310_2246553.jpg
f0141310_22483475.jpg
f0141310_22485082.jpg
f0141310_2249097.jpg
f0141310_22492184.jpg
f0141310_22495589.jpg
f0141310_2250588.jpg

 市内各町内会の防災訓練の予定表を見ると、明日の日曜日(9/2)や夜間に実施するなど、なるべく町内の多くの人が参加しやすい(?)日程を組んでいるところも多い。
 また逆に、9月は行わず、12月のみの町内会も結構ある。

 テレビや新聞で、多発する実際の災害の「絵」や「情報」を見たり、聞いたりすることで、「この時は、こうすればいいのか」、「自分の家では、一応防災用品をそろえよう」など、「頭」でわかったような「つもり」になっているのを自分でも感じる。

 私が住む今泉の駿河台は、いわゆる「新興住宅地」だ。とりあえずでもいいから、訓練に出て道具の使い方などを体験することが重要だと感じた。
 そしてそれ以上に、お互い知らない人の方が多い町内の皆さんと顔を合わせることによって、「いざ」という時に声をかけたり、助け合える「きっかけ」を作っておくことが、更に重要だと思った。

by koike473 | 2007-09-01 22:55 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(0)