<   2007年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

NPO法人コミュニティシンクタンクふじ

 今日(7日)は、朝から会議や打合せが多かった。
 9:30から議会の「環境経済員会 協議会」。先日立て続けに明らかになった「市内製紙工場などのばい煙データ捏造」に関する立入検査の結果等に関する報告と協議。この問題は、産業都市・富士市においてはとても大きな問題だ。改めて考えを整理したいと思う。

 10:50から「観光ビューロー組織化ワーキング検討会」に遅れて出席。これにはNPOふじ環境倶楽部理事の立場で参加。来年4月の「富士山観光交流ビューロー」の立ち上げに向けて、詰めた議論と、関係する様々な人達の具体的な準備作業が必要だ。

 13:30からは、「NPO法人コミュニティシンクタンクふじ」(CTTF)の理事と「富士市議会議員」の意見交換会。CTTFは、「市民本位・市民参加のまちづくりを進めるために、市民の立場に立って、市民の思いを代弁する政策提言機関」を目指している。
f0141310_0373832.jpg
 
 議会も、市政のチェックを行うとともに、政策立案が求められているので、目指しているところはダブる部分が多い。私は、現在は新人議員だが、立ち上げ時から今年3月までの5年間、CTTFの理事だったので、議員側の席に座っていても、妙に落ち着かなかった。
f0141310_0402658.jpg

CTTF理事の方々
f0141310_0403442.jpg

 CTTF側からは、昨年度と本年度の取り組み調査の報告がされ、それらについて意見交換したが、議員側からは「公共交通のあり方に関する調査」に意見が集中した。
 CTTFでは、本年度は「富士南地区」を対象に調査を行うが、他の地区や市全体を見渡した調査や検討の必要性などに関する意見が相次いだ。やはり市内どの地区でも、多くの人が自家用車を当たり前に利用した生活を送っている反面、高齢化が進む中で、近い将来の高齢者などの「足」を心配している。

 議員になって感じているが、議員が市の担当課に相談すると市が持っている(出せる?)データは驚くほど早く、それなりに整理された形で提供される。
 しかし、それは行政が一定のルール(基準)によって集めた「平準化」されたデータであることも多いはずだ。もっと特定の地域に入り込んだり、同じような立場(業界、年齢、職業、性別等々)の方々の生の声を聞くことも必要な場合があるはずだ。
 そんな時には、議会からCTTFに調査を依頼(発注)したり、共同で調査したらどうだろうか?きっと新しい意見やデータ、それらに基づく提案が出てくると思うのだが。

by koike473 | 2007-08-08 00:44 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

ブルーベリー狩り

 昨日の日曜日(5日)は、大渕で開かれた「ブルーベリー狩り・ジャムづくり体験会」に出かけた。
f0141310_23385765.jpg

 これは、富士市の新しい観光交流のメニューを作り出そうとする「森と恵みの体験プロジェクト」の取り組みの一つだ。
 グリーン工業団地の西側にあり、ブルーベリーの栽培を30年も続けている長尾さんの畑で、説明と指導を受けながら行った。
f0141310_23402429.jpg
 
 まだ体験会であるため、参加者は市民の皆さんだが、ほとんどの方が始めての体験だ。

 最初にジャムづくり。長尾さんが事前に用意していただいた「ブルーベリーと砂糖」を火にかけ、しゃもじで丁寧に混ぜ合わせながら煮ていく。鮮やかなムラサキ色のジャムができあがる。
f0141310_2339361.jpg
f0141310_23394710.jpg

 次は、畑に出かけてブルーベリー狩り。たわわに実った実をとりながら食べる。とても甘い木もあれば、酸味がきいた木もある。でも食べながら実をとるなんてとても贅沢だ。
f0141310_23405123.jpg
f0141310_2341377.jpg

f0141310_23423017.jpg
f0141310_23411279.jpg

 長尾さんは神奈川方面に出荷しているが、市内には長尾さんだけでなく、何軒かブルーベリーを栽培している農家があるそうだ。
 すぐ近くには、牧場を経営しているお宅もある。ここの奥様の焼くミルク入りのパンは絶品だ。このパンにブルーベリーのジャムやバターをつけて食べたらどうだろう。それも全部自分(お客さん)で手づくりして食べられたら。
 こんな食の体験と、前の日(4日)に行った富士山での森づくりや散策体験。それもこの富士市の人の解説付きで。こんなのが富士市ならではの「森と恵みの体験」だと思うが・・・。

 少し時間はかかるかもしれないが、一つずつ掘り起こし、まずは市民の皆さん自身が体験し、知ってもらい、それから市外の方々にPRしていく。「富士山観光交流ビューロー」ができるからと言っても、一歩ずつ進んでいく以外に道はないと思う。

by koike473 | 2007-08-06 23:48 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

富士山で下草刈り

 4日は、NPOふじ環境倶楽部が主催する「富士山国有林の下草刈り」。毎年この時期に行い、今年で7or8回目になる。平成8年の台風で壊滅的な被害(風で木が倒れた)を受けたエリアに植林した苗木(ここは営林局が植林した)が、下草やツルに負けずに育つよう、10年くらい続ける作業だ。
 前の日から雨が心配だったが、「山はどっちみち天候が変わりやすいからとにかく行こう」と決行した。
 参加者は少ないが、そこは「武器」で勝負とばかり、毎年5台程度しかない「刈り払い機」をそこらからかき集め12台用意したおかげで、午前中で予定のエリアは終了した。
f0141310_2315626.jpg

国有林に入るゲート
f0141310_2304569.jpg

作業前の森
f0141310_231144.jpg

f0141310_2313288.jpg

草を刈って姿全体を現したヒノキ
f0141310_2311260.jpg

ヒノキの枝の上にあったヘビの抜け殻


 実は、このエリアの少し離れた場所に、やはり7or8年前に我々が植林した100坪ほどのエリアがある。毎年、午前中のエリアの下刈りを終えるのが精一杯で、これまで一度も100坪の場所は下刈りをしてこなかった。
 昼飯を食べながら「午後は、100坪の方もやろう」ということになり始めた。しかし、7~8年何も面倒をみてこなかった場所はカヤが人間の背丈以上に育ち、入っていくのも容易ではない。 刈り払い機を使いたくても、ほとんど目立たない苗木もいっしょに刈ってしまいそうなので、カマで切り開いていく。これがやはりなかなかの重労働だ。でも見つかる苗木は少なく、あってもヒョロヒョロで小さい。1.8m間隔でメッシュ状に植えたのに・・・。大半はカヤなどに負けて、枯れてしまったのだ。
f0141310_232919.jpg

 「捨て子をして、その子のことを何も気にかけずにいた親」(?)のようで、恥ずかしく申し訳ない気持ちで一杯だった。
 せめてものつぐないは、残った子供をしっかり育て上げることか?
f0141310_2322031.jpg

ガスの中での閉会式

by koike473 | 2007-08-05 23:08 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(0)  

富士山観光交流ビューロー

 3日は、「富士市観光ビューロー組織化検討委員会」を傍聴した。会場は、市役所水道庁舎、本庁舎の青葉通りを挟んで南側にある8階建てのペンシルビルの7階。
 私は、この検討委員会の下部組織に当たるワーキンググループにNPOふじ環境倶楽部の理事として参加していることもあり出かけた。
 来年4月には、「富士山観光交流ビューロー」の開設を予定している。
 「観光交流ビューロー」とは、宣伝をしたり、新しい観光ルートを開発したりして、富士市により多くの方に来ていただくために活動する組織だ。また富士市に来てもらうためには、富士市だけで動いてもお客さんは来ないので、「富士山」、つまり富士山を取り囲むいくつかの市町村が一緒になって(当面は協力して)やっていこうということで、「富士山観光交流ビューロー」とネーミングした。
f0141310_032137.jpg
f0141310_033217.jpg

 検討委員会では9月までに提案をまとめ、その提案を受けた形で「富士山観光交流ビューロー設立準備会」が10月には立ち上がり、約半年間で具体的な組織づくり、事業の準備を開始する。
 ビューローには、大きく3つの役割がある。
 ・広報宣伝・・・富士市や富士山地域の広報、PR活動など
 ・企画・・・新たな観光交流ルートや商品の開発、観光交流に関わる人材育成など
 ・コンベンション・・・スポーツや産業に関する大会、会議などの誘致、受入れ調整など

 今日も何人かの委員の方が言っていたが、「ビューローの事務局メンバーだけでなく、観光の最前線で案内やおもてなしの活動をする事業者や各種団体(観光ボランティア、まちの駅、観光交流サポーターなど)の打合せや準備を始めることが必要」との意見には、私も賛成だ。
 「あーすべきだ」、「こーなればいい」など文句を言うばかりでなく、意見や提案があるなら、どんどん参加して、自分が一員となってやらなきゃ。
f0141310_034728.jpg

会場の後ろで、会議を取材し記事を書いている(パソコンで打っている)G新聞社のT記者

by koike473 | 2007-08-04 00:06 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

我孫子市

 会派視察の最後の報告。26日の午前中は、我孫子市役所(千葉県)に伺った。
 「市役所をさらにスリムに、サービスをもっと豊かに」をキャッチフレーズに取り組んでいる「提案型公共サービス民営化制度」のヒアリングだ。
f0141310_0241245.jpg

我孫子市の担当の方(写真奥)からのヒアリング
 
 これは、市役所が行っている計1,070の事業(=仕事)全てを公表し、「この事業だったら、俺の会社の方がもっと安くて、いい成果を出せる」という提案を受け付け、市役所より民間(一般企業、NPO、市民団体など)が行った方が効果があると判断したものは、民間委託していこうという制度だ。
 18年度から募集を開始し、第1回目は、56事業の提案があり、3本は提案通りに民営化(提案者がそのまま受託)、31本は提案内容を検討の上民営化(提案者も含めた競争入札)、22本が不採用という結果だった。
 そのまま採用された事業に「しあわせママパパ学級」がある。これは妊婦を対象にした健康指導、アドバイスの講座を開催するもので、これまでは市の健康づくり支援課が市の保健婦さん達と行っていたが、「柏・野田地区助産婦会」という組織の提案で、より妊婦が参加しやすい土曜日講座の開催を増やしつつも、かかる経費は1/3(約470万円を約160万円に)に減らすというもの。
 19年度から事業が始まっているが、参加者数も多く、滑り出しは上々のようだ。

 実は、我孫子市にヒアリングに行くのは2回目だ。私が所属するNPOの取り組みで「シニアインターンシップ事業」がある。これはシニア層の皆さんが、退職後に生きがいを持って地域で市民活動等に参加していただくための気軽な体験(インターンシップ)ができるような仲介をする取り組みだ。我孫子市は全国に先駆けて取り組んでおり、その時の訪問以来だ。その他にも、補助金審査、コミュニティビジネスの支援など、先進自治体として名高い市だ。

 それと、視察に行く前に、知人から聞いた「市内の事業所の送迎バスを利用した高齢者の外出応援制度」。今年5月にNHKの「ご近所の底力」で紹介されたそうだ。
f0141310_0244728.jpg

我孫子市のHPから転載

 我孫子市内の病院、自動車教習所、大学などの協力のもとで、これら事業所が運行している送迎バスが空いている時には、65歳以上の方も乗ることができる制度だ。「駅から病院」など、決まったルートではあるが、ルート近くに住んでいる方には好評のようだ。(担当課の方に直接聞く時間がなかった)
 富士市なら、あの会社、あの大学、あの教習所・・・・?やっぱり我孫子は「先進自治体」だった。

by koike473 | 2007-08-03 00:30 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

PFI

 先日の会派視察2日目の話。この日は、ディズニーランドがある「浦安市」(千葉県)の視察。
 浦安は、もともと東京湾に面した漁村だったのが、大規模な海の埋め立てと都心へのアクセスの良さ(東京駅まで15分)で、市制を布いた昭和56年からの25年間で、人口が6万人から16万人に増えた市だ。
 私は、ちょうど市制を布いた頃学生で、隣の市川市に住んでいて、「浦安町が市になった」というニュースを覚えている。当時は、「ディズニーランドなんて、開園してもろくに人は入らず、もともとただ同然だった埋立地をうまく売り切った(確か)オリエンタルランド(?)の作戦勝ちだよ」なんて周りでは言ってたけど・・・。
 この浦安は、首都圏に住む若い夫婦が住みたい街NO1で、特に高層マンションが立ち並ぶ「新浦安駅」周辺に住む奥様は「マリナーゼ」と呼ばれ、「シロガネーゼ」(白金在住)、「アシャレーヌ」(芦屋在住)と並び称されているそうだ。
f0141310_0492512.jpg

「浦安市市勢要覧2007」から転載

 前置きが長くなったが、この新浦安駅前に18年4月にオープンした複合型市民サービスセンター(通称「マーレ」)を視察した。
f0141310_0543478.jpg
f0141310_0545135.jpg

 マーレには、
 ・行政サービス施設(各種証明書、図書館窓口、国際センター、在宅介護支援センターなど)
 ・子育て支援施設(保育園、子育て支援センターなど)
 ・自転車駐輪場
 ・市民交流施設(カルチャープラザ、音楽スタジオなど)
が入っており、まさしく「若い共働き夫婦」をターゲットにした施設だ。
f0141310_0551753.jpg

各種証明書を取れる市役所窓口
f0141310_0553256.jpg

保育園の手洗い場
f0141310_0554323.jpg

機械式駐輪施設入り口
f0141310_0555231.jpg

自走式駐輪場のラック
f0141310_056335.jpg

屋上の風力発電施設
 そしてこのマーレは、「PFI」と呼ばれる民間活力をうまく使った手法で建設・運営を行っている。通常このような公共性が高い施設は、市が計画、設計、建設、運営を行うが、「PFI」は、その全てを民間企業が行い、市はその「サービスをお金で購入する」という方式だ。代金は、建設工事費26億円、オープン後20年間の運営・管理費39億円、計65億円(22年間の分割払い)。市が全て行った場合と比べると約5%安くなるという試算に基づいているそうだ。
 「PFI」の場合、事業を請け負うのは「SPC」と呼ばれる特別目的会社で、マーレは西松建設(建設工事)、イオンデイライト(建物管理)、ダイフク(駐車場管理)、ポピンズコーポレーション(保育園運営)、カルチャー(市民交流施設運営)などから成るいわゆる共同企業体だ。

 会派の先輩議員からは「富士市も、今建設している富士駅北口の『市民交流プラザ』や新富士駅北側の『富士山メッセ』(産業展示館)もPFIでやればよかったのでは?」との声もあった。
 ただ、浦安市の担当の方の話では、「景気が今より悪い3~4年前だったからこそできた」という側面もあったとのこと。と言うのは
 ・公共事業が今より少なかったので、SPCの中心となる建設会社は、かなりの営業努力で関連企業を集め提案を競った。しかし、今は結構建設工事が増えているのでどうか?
 ・PFIが広まり始めた初期の頃だったので、どの建設会社も実績作りのためにかなりがんばったが、PFIの提案作成そのものが、かなりの労力を要するため今多くの企業が手を上げるかどうか?
とのことだった。

 しかし一番大事なのは、コスト以上に、「満足できる市民サービス」が得られるかどうかだ。ハードの建設・維持管理ばかりに目が行きがちだが、この市民サービスの観点からの評価をどう行っていくかが重要だと強く感じた。

by koike473 | 2007-08-02 01:06 | 公共施設マネジメント | Trackback | Comments(0)