<   2007年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

久々のルート

 今日は、加入している組合の総会があり、国1バイパスで静岡市清水区まで往復。
 久しぶりに通るかつての通勤ルートで見た3つの風景。
f0141310_2324159.jpg

 まずは田子の浦港の旧カーフェリー埠頭。台風で港に流れ着いた大量の水草やゴミの回収作業。昨日、新潟で大きな地震があったが、予想される東海大地震の際には、想像もつかない大量の「地震ゴミ」が各港に流れ着くだろうと、以前富士常葉大環境防災学部の松田教授が言っていた。そのためにも、港湾は十分な規模のバックヤードが必要だが・・・。後背地が少ない田子の浦港は、こんな面からも心配だ。
f0141310_2328484.jpg

f0141310_23243956.jpg
f0141310_2324488.jpg

 2つ目は、旭化成社宅跡地に建設が進む「イオン富士南SC」。新聞報道では店舗面積は16,300㎡。見た感じでは、幅200m×横40m×総2階=16,000㎡ってとこか?それにしてもでかい。感覚的には、吉原本町の商店街がまるまる入ってしまいそうだ。国道1号の通過車両もターゲットにするだろうが、市内の既存商店街はとてつもないダメージを受けそうだ。「消費者は魅力ある方に行くさ」、「クルマで行けばすぐだもの」、「商店街は何の努力もしないであぐらをかいているからダメさ」。いろいろな声が聞こえてくる。どれも当たっている部分が大きいだろう。
 しかし一方で、市が目指す「コンパクトシティ」とは何だろう。富士、吉原、青葉通り、新富士駅周辺と、中核がないままに続けている「拡大ではなく拡散」のまちづくりが更に続く。秋にはこのイオンSCがオープンする。
吉 原、富士のかつての中心市街地を、富士市は、富士市民はどうするのか?またここの商店主の皆さんはどう考え、どうするのか?私も責任を持って考え、行動しなければ。
f0141310_23251659.jpg

 3つ目は、富士市らしい(?)エントツの写真。今日は湿気が多いからなお更だが、「こんな街には誰も住みたいとは思わないだろうな」と思うと、どっと力が抜けた。「おい、市会議員、どうする!」

by koike473 | 2007-07-17 23:29 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

浅田次郎

 今日は久々に我が家の畑と庭の手入れでもしようと考えていたが、雨が降ったりやんだりで、前から買ってあった浅田次郎の「憑神」を読み始めた。
 さすが浅田次郎。文庫本350ページを一気に読んでしまった。幕末を舞台にした抱腹絶倒の時代小説かと思って読み始めたが、やっぱり最後は泣かせる。「平成の泣かせ屋」(?)と言われるだけある。
 でもどうしてこんなに日本語をうまくあやつるのか、分野が違うどんな作品もほんとに感心させられる。新撰組の一隊員の半生を描いた「壬生義士伝」は、何度も読み返したが、そのたびに涙した。妻子のために人を斬る。ストーリー、タッチは全然違うが、「憑神」も信念を貫いた男の姿が浮き彫りにされている。
 「憑神」は、6月末から映画がアップされている。そして新聞で読んだだけだが、富士川町出身で、現在は富士市を拠点に芸能活動をしている元・タカラジェンヌの初嶺麿代(はつね まよ)さんが、9月から東京で「憑神」の舞台に出演するって出ていた。頑張ってほしい。
f0141310_23391950.jpg

映画「壬生義士伝」 中年男性客が数えるほどしかいない沼津の映画館で、やっぱり泣けた。

by koike473 | 2007-07-16 23:42 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

台風接近

 台風4号が九州に上陸し、静岡の方にも近づいている。
 この影響で、今週末に予定されていたいくつかのイベントが延期や中止になった。
f0141310_23243566.jpg

水位が上昇し、ゴーゴーと音を立てて流れる石坂川

 私が住む駿河台3丁目の天王祭は、一昨日の昼間に、台風襲来を見越して1週間延期にした。田子の浦港で15日に予定していた「海交流2007」は、元吉原、田子浦会場とも中止になった。
 そういえば、私が事務局に関わった一昨年の「海交流2005」も、台風が通過した後で海上の波が高く、メインで予定していた「渡し舟」の運行やカヌー下りなどができなかった。安全確保の面から、特に海の行事は天候次第だ。
f0141310_2313534.jpg

「海交流」が開かれる予定だった田子の浦港 上流から流れ込んだ水草が大量に浮いている

 しかし、私が生まれて育った津田・荒田島の天王祭は、この雨の中でも開催された。農協前の広場を借りて、既に電気設備などの準備を済ませていたことなどもあり、実施したようだ。
 でも時間が経つにつれ雨脚が強くなる中で、予定していたプログラムのそれぞれは縮小、中止せざるを得ないものも多かった。
f0141310_23133423.jpg

津田・荒田島地区の天王祭 せっかく準備したのに残念だった

 鈴川海岸に行くと、海岸侵食防止のために設置してあるテトラポットを大きく超えて波が打ちつけている。海面からの高さ17.0mで日本一の高さがある堤防の上に車を停めて海を見ていると、波が来るたびに車が揺れる。
f0141310_23241549.jpg

 10分位いたが、以前聞いた「波がおだやかな時でも、いくつかの波の波長が合うと、1000回に1回はとんでもない大きな波が来る」という話を思い出し、怖くなってきた。
 現在、田子の浦港の両岸(田子浦地区、鈴川地区)では、堤防の補強対策も兼ねた公園整備が進んでいる。地域を高潮や津波から守る上でも、早急かつ確実な整備が必要だ。

 それにしても、今夜から明日の夕方にかけて、富士市あたりでも450mmの雨が降るという。今も雨音が家の中まで響いている。洪水被害が起こらないことを願うばかりだ。

by koike473 | 2007-07-14 23:30 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

「見守り」

 今日は、ロゼシアターで「防犯まちづくり講演会」があった。
f0141310_004224.jpg

 講演の前に、空き巣が嫌う「ガラス割り実証実験」がステージ上で行われた。一般のガラスに比べ、フィルムを貼ったガラスや、2枚のガラスの間にフィルムを挟んだ「合わせガラス」は、ハンマーで殴りつけても貫通せず、侵入するのに時間がかかる。
f0141310_01927.jpg

フィルムを貼ったサッシは、なかなか割れない
f0141310_012897.jpg

合わせガラスは、ハンマーで殴りつけても貫通しない

 空き巣は、侵入するのに5分以上かかると7割はあきらめるそうだ。空き巣予防のポイントは、この「時間」(5分以上かけさせる)に加え、「光」(明るいところはやはり嫌がる)、「音」(犬や大声)、そして「人間の目」の4つとのこと。
 中でも最大の予防策は、「人間の目」であり、あいさつをされたり、目礼をされただけでも空き巣は、その地域から遠のくとのこと。
 近所では、知らない人(それが空き巣かもしれない)でも元気よく「こんにちは」とあいさつをしよう!

 これに関連して、講師の清永賢二・日本女子大教授から、地域での防犯活動の大きな流れの変化についての解説があった。
 かつては、戦前の5人組のように、「監視」することにより犯罪者を見つけ出し、排除することが防犯の考え方だった。
 しかしこの20年ほどの間に、市民、自治体、警察が三位一体となり、子供や女性など、弱い立場の人たちを包み込む、守るという「見守り」に考え方が変わってきたとのことだった。(ちなみに、この「見守り」を最初に提唱したのは、愛知県春日井市の市長で、唱え始めた20年ほど前は、周りから相手にされなかったそうだ)
 本年度、私も会員になっているNPO法人コミュニティシンクタンクふじが、GPS機能付き携帯電話と電子タグを活用した児童の安全・安心を確保する「地域児童見守りシステムモデル事業」を総務省から受託した。これは、子供の居場所などを把握するための「先進的なIT機器」の活用ばかりに話題が向きがちだ。
 しかし、地域のさまざまな人たちが「目」で「見て」、包み込み「守る」という「見守り」あっての取り組みでなくてはならないと改めて思った。

by koike473 | 2007-07-12 23:56 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

職業講話

 昨日(10日)は、富士東高の「職業講話」があった。昨年から始め、今年で2回目だ。PTAの副会長(昨年)、会長(今年)として、準備から開催、とりまとめまで、多くのPTAや学校の先生方とともにやってきた。

 「子供たちは、将来の職業をイメージした上で、進路を考えることが重要だが、目先の受験勉強、部活に目が行き、職業まで考える機会が少ない。またニート、フリーターが珍しくなくなっているが、好ましいことではなく、しっかりした職業、働き方を考える機会が必要である。そこで、子ども達が興味をもっている分野の職業人を講師として招き、「講演+子ども達との意見交換会」を通じて、子ども達が自分の将来つきたい職業を考える一助とする」との考えで、PTAが主催する形で始めた。

 事前にアンケートした中で、子供たちが希望する上位の職種、計25の職業につく25名の講師の方々を、PTAのネットワークをフル活用してお願いし、来ていただいた。

 東高の子供たちの就きたい職業のトップは、文系は小中学校の先生、理系は製薬・薬剤師。
講師の皆さんには、それぞれのユニフォームや使用する道具、商品などを持参し、仕事の内容や必要な資格、やりがい、ご自分の人生観などを熱心に語っていただいた。
f0141310_844058.jpg

f0141310_8442981.jpg
f0141310_8445039.jpg

 1時間の講話終了後、講師の皆さんに感想を伺うと、「生徒たちはおとなしくて、反応がわからなかった」、「希望する職業だからもっと質問が出るかと思ったが、何もなかった」などの声が多く聞かれた。私も各教室を全て回ったが、積極的に質問する子供はいなかった。
 昨年も同じようなものだったが、講話を聞いた後の子供たちのアンケートには「話を聞いて、ますますこの職業につきたくなった」、「仕事に誇りを持って取り組んでいる姿に感動した」など、態度とは裏腹に、結構熱い感想が多く寄せられ驚いた。

 年齢的にも、大人とコミュニケーションをとるのが難しい時期なのかもしれない。それにしても、「PTA(親)だって苦労して講師の皆さんに来てもらっただから、もうちっと、せじでもいいから講師に質問ぐらいしろ!」

by koike473 | 2007-07-11 08:48 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

田宿川

 8日の日曜日は、朝7時前から今泉の根方街道沿いを流れる田宿川に出かけた。年6回の川そうじの日だ。田宿川は、その水源の100%が富士山からの湧き水である。原田、吉永地区も湧水は多いが、この田宿川は、富士市の水の豊かさを象徴する川だと思う。

 年間通して水温は14~15℃。川に入ると、この時期は手が凍りつくような痛みを感じるが、冬は逆に暖かく感じるから、人間の体は、随分お調子者だ。
f0141310_1554722.jpg

そうじが始まったばかりでにごりがない時間帯。水中にゆれるこの水草が大敵!


 川そうじの直接の目的は2つある。
 1つは、水草の刈り取りだ。昔は、川底は富士山の溶岩の小石(ザルボー)だけで、水草はなかったが、戦後上流部が開発され、泥や有機物が流れ込み、川底に堆積し、そこに水草が繁茂するようになった。この水草は成長が大変早く(夏は1ヶ月で1m以上も)、刈ってやらないと川の流速を遅くし、大雨が降ったときにすぐに水位が上昇し、水害につながる。1回のそうじ(水草刈り)で、20cmくらい水位が下がるのがわかる。
 2つめは、空き缶やビニール袋など、ゴミ拾いだ。これも多くが上流から流れてきたものだと考えられる。
 どちらも、川沿いに住んでいる方々だけでなく、田宿川に排水が流れ込む上流も含めた「流域全体」で、川をきれいにするための取り組みが必要だ。

 所属するNPOふじ環境倶楽部では、10年ほど前からこの川そうじに参加している。また、子供たちや地域の皆さんと、田宿川の生物を調べたり、田宿川の将来図を描いたりするワークショップを行っている。子供たちが家庭で、お父さん、お母さんに「田宿川は、きれいな川だよ。ゴミは捨てちゃあだめだよ」と言ってくれることが、川を守る近道かなと思う。(随分さみしい話だが)

 18年度までに、下流部の遊歩道整備が終了した。子供たちが安全に川の中で遊べる区間が広がった。しかし、この上流も、川沿いの遊歩道が必要だ。川に沿っている根方街道は、車の通行が多いのにこの区間は歩道もなく、歩行者は怖い思いをしている。河川整備に加え、「根方街道の歩道」としての考えでも、遊歩道整備が必要だと思う。

 今年の「たらい流し川まつり」は7月29日だ。たくさんの市民の方に、「清流・田宿川」を知っていただければと思う。

f0141310_1431340.jpg

地元・吉原二中の生徒も30人ほど参加

f0141310_1435798.jpg

川沿いの町内の皆さんを中心に多くの人が参加して、「川祭り」前の川そうじ

f0141310_145978.jpg

同じ会派の渡辺孝議員(写真左側)も参加

by koike473 | 2007-07-10 01:57 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(0)  

富岳館高校

 4日は、富士東高のPTAの関係で、「平成19年度 富士地区高等学校等PTA会長・校長連絡会」に富岳館高校に出かけた。
f0141310_23562924.jpg

 毎年、富士地区の高校PTA関係者が集まる合同研修会(9月)の事前打合せだ。昨年は、富士東高が当番校で、私も苦労したので、富岳館高校の会長さんや校長先生の大変さがわかる。
 会議終了後、富岳館高校の校長先生の計らいで校内見学をさせていただいた。農業高校(富士宮農高)から「総合学科」の富岳館高校になって6年。説明いただき初めて知ったが、生物生命(農?)、建設デザイン(工?)、情報ビジネス(商?)、健康福祉(福祉?)、そして文系・理系の普通系列など、全部で7つのコースで構成されているそうだ。
 各種の実習が多いこともあるが、先生方はクラス担任1名、副担任2名の3人体制が組まれ、きめ細かな指導がされているようだ。
f0141310_23551241.jpg

建設デザイン系列の生徒達が造った中庭のビオトープ。富士山麓ならではの「溶岩」と「湧き水」で構成された他にはちょっとないビオトープだ。
f0141310_235727100.jpg

どの教室にも大きなゴミ箱が3つ。分別もいいが、学校でこんなにゴミを出さないことから始めなくては?(昔は小さなゴミ箱がクラスに1つだったが、今はどの学校もこうかな?)

by koike473 | 2007-07-07 23:52 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

ホタル

 岩本にある数奇屋造りの某料亭に行ってきた。目的は「ホタル」の水路づくりのための現場確認。私と同様今回初当選したK議員が、ふじ環境倶楽部の仲間のY氏と同級生で、そんな縁で出かけた。
f0141310_2247837.jpg

 実はこの料亭、私が20年以上も前に結納、披露宴を行った場所だ。結婚後、レストランや奥の座敷(披露宴会場)で食事をしたことは何度かあったが、離れの茶室(結納会場)を訪れたのはその時以来だ。
 岩本山からのしぼり水が流れる沢や、芝川などから取水した上堀(なんとトンネルで芝川から水が運ばれてきている)など、周りはホタルが生息する「水環境」に恵まれている。後は、関係する人たちの熱意があれば来年にはホタルが舞いそうだ。
f0141310_22464882.jpg

by koike473 | 2007-07-06 22:47 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

須津の里山にて

 6月30日(土)は、所属するNPO法人ふじ環境倶楽部の年次総会があった。
 NPO法人になってから8回目の総会だから、結構歴史を重ねてきた。でも、総会そのものは午前中に45分で切り上げて、午後からは、ここ数年恒例になっているフィールドワーク!!(総会では「せっかく刊行した『環境創造・ふじ』を早く売らないともったいない」とのご意見をいただいた。皆さん、是非販路開拓のご協力をお願いいたします)
 今年のフィールドは、須津川に架かる第2東名の橋のすぐ近くの里山だ。
 4月に一度下草を刈ったのでジャングルのようにはなっていない。(4月の下草刈りは、選挙の真っ最中で、私は不参加)
 でも、20年ほど前に植えたというコナラなどが密生し、「息苦しい里山」。
 ここを、間伐や枝打ちなどを行い、いろいろな方々が楽しめる場にしようというもの(環境倶楽部のメンバーではチェーンソーを使えるのは代表のW氏のみ!)。
 2時間程作業をしたが、雨が降り出しそこで終了。でも運動不足の体には恵みの雨だった。
f0141310_2130367.jpg

 まだ、3/1~半分は何も手がついていない。ツルに幹を何重にも巻かれ、窒息しそうな木が目立った。このツルだけでも早く切ってやりたいが・・・・・。(こんどはいつ行けるかな?)
f0141310_21305217.jpg

 作業の前の腹ごしらえ。宮のナベちゃん直伝による「須津やきそば」!

by koike473 | 2007-07-05 21:35 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(2)  

初めての定例議会を振り返って

 初めての定例議会は、どうもピンとこなかった。
 議員になる前に、何度か傍聴に来ていても思ったことだが、本当に「もったいない」。
 一般質問は、発言する人に限れば「議員1人対市当局(市長+関係部長)」の形だが、本来は、あの議場にいる全ての議員、市職員、そして傍聴の市民も、とり上げられた質問について、それぞれの立場で自分なりに「あーでもない、こーでもない」と考えるべきではないだろうか?

 しかし、今のままでは議場にいる人たち全員が、それぞれの質問について、情報を共有することは難しい。質問者は、質問に関し、自分が調べたさまざまなデータを背景に、市当局と口頭でやりとりするが、他の議員や関係ない部長は、データや資料も無いため、なかなか理解できない部分が多い。(少なくとも、自分はそうだった)

 質問者は、議場にいる人たちに、自分の質問内容を伝える資料を配布すべきではないだろうか?小学校の学級会でも、企業内の打合せでも、「会議」に参加する人全員が情報を共有し、テーマについていっしょに考えるのは当たり前だ。

 選ばれた議員と、行政の幹部職員。「議員1人対市当局(市長+関係部長)」以外の高い給料をもらっている人間が、自分に関係が無いときは、資料が無いために議論についていけなかったり、それがために居眠りを始めるのは本当に税金が「もったいない」。

 今のままだったら、質問する議員1人だけが議場にいて、他の35人は居なくてもいいようなものでは?
 少なくとも、質問者は自分の質問を補足する資料を、市当局は1回目の答弁で説明するデータなどを、事前に(当日の朝にでも)配布すべきでは?と、議会が終わり1週間近く経った今も感じている。

by koike473 | 2007-07-04 23:46 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)