カテゴリ:安全保障対策( 12 )

 

16日(土)はラ・ホール富士で講演会 「気になる安保法制と今後の課題&日本の国防」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今週、来週は、新年会が続く。
 そんな中、16日(土)に「気になる安保法制と今後の課題&日本の国防」という講演会が開催される。
f0141310_7513792.jpg

 講師は、柳澤協二氏。
 元防衛官僚で、内閣官房副長官補を務め政権の中枢にいた方だ。
 現在「自衛隊を活かす会」の代表を務めている。
 私も著書をいくつか読み、「自衛隊を活かす会」主催のシンポジウムの動画を興味深く見ている。

 安保法制が昨年9月に成立し、その後、ちまたではすっかりこの話は下火になってしまった気がする。
 しかし、3月末には施行される。
 現政権は、参議院選挙後の秋以降、この法制に基づき「駆け付け警護」が可能な部隊を南スーダンに派遣する方向らしい。

 日本の国防を、国民一人ひとりが、今こそ考えなければならないと思う。

 チラシで書かれているように、「安保関連法に賛成の方も、反対の方も、一緒に現実を学びましょう」!

by koike473 | 2016-01-07 07:55 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

元陸自レンジャーが怒りを持って語った講演会 「安保法制で自衛隊と日本はどう変わるのか」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日のブログは、21日(月)に参加した講演会「安保法制で自衛隊と日本はどう変わるのか」の話。
f0141310_74442.jpg

 サブタイトルは「元陸自レンジャー隊員が安保法制に反対する理由」だ。
f0141310_746286.jpg

 この元陸自レンジャー隊員が井筒高雄氏だ。
f0141310_7442091.jpg

 レンジャーは、侵略してきた敵と戦って殺すための厳しい訓練を受けた隊員で、14万人いる自衛隊員の中でも5000人余りしかいないそうだ。

 井筒氏(旧姓・宮寺氏)がレンジャー課程に進む際に同じ中隊の同僚等から書いてもらった寄せ書きの国旗。
f0141310_744388.jpg

 レンジャー訓練の途中で亡くなる人もおり、その時は、棺にこの国旗がかけられるそうだ。

 しかし井筒氏は、PKO法の成立に伴い、自ら自衛隊を依願退職した。
f0141310_7451778.jpg

 自衛隊員は、全員入隊時に「服務の宣誓」を行う。
f0141310_7453123.jpg

 それは、「専守防衛に限って『命』を差し出す契約」だが、PKOでは「『政治命令』で海外に行き、銃を向けられたときに身を守るために撃ち返したら、帰国後に殺人罪で刑事罰を受ける」ことにどうしても納得ができなかったからだそうだ。

 そして今回の安保法制で、そうした矛盾が解決されるどころか、ますます拡大する中では、自衛隊員は「ただの犬死でしかない」との思いだ。

 井筒氏は「戦争の現場を何もイメージできない政治家や官僚が軽々しく決めた」ことに怒りを持って語った。
  ・「前線」より狙われやすい「後方支援」の危険性
f0141310_7455182.jpg

f0141310_74619.jpg

  ・憲法でも、法令でも中途半端にしか位置付けられていない自衛隊と隊員
  ・「停戦監視」から、住民保護のための「戦闘行為」に活動が大きく変化したPKO
f0141310_7465368.jpg

  ・PKO派遣による自殺率の高さ
f0141310_747334.jpg

  ・大きな後遺症を負ったり、死亡した場合のフォロー体制の無さ
  ・全体として莫大にならざるを得ない防衛費等々

 そして更にこうしたことを含め、「自衛隊員は、それが当たり前」、「『血の同盟』を確固たるものにするには、多少の犠牲は仕方が無い」、「犠牲者を出さなければ国際的に責任を果たしたことにならない」というような世論。

 私は、講演を聴く前に井筒氏の著書を読んでいたが、これまでも「ままこ扱い」されてきて、ここに来ても中途半端なまま海外派兵される自衛隊に対する「あまりの切なさ」を、改めて感じた。

 一方、今回の安保法制により自衛隊が海外派遣され、更に武力行使が実際に行われれば、日本国内でのテロの脅威は確実に高まる。
 自衛隊だけでなく、一般国民に対する危険性だ。
 このことをよく考えなくてはならない。

 加古川市(兵庫県)の市議会議員を務めた経験もある井筒氏の最後の言葉が印象的だ。
 「政治のケリは、政治でつける!」
 全く同感だ。

by koike473 | 2015-12-24 07:50 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

米の宮公園で被爆二世「アオギリ」の苗木の記念植樹

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、核兵器廃絶平和都市宣言30周年記念事業の一環で被爆二世「アオギリ」の苗木の記念植樹が行われた。
f0141310_7185646.jpg

f0141310_7184395.jpg

 会場は米の宮公園。
f0141310_719738.jpg

 最初に核兵器廃絶平和都市宣言の唱和。
f0141310_7192119.jpg

 昭和60年の11月議会で「宣言」された。
f0141310_7193583.jpg

 そして市長、議長、市民の会代表による記念植樹。
f0141310_7194321.jpg

 このアオギリは、広島の爆心地から1.3kmにあった広島逓信局(当時)の中庭に植えられていて、奇跡的に生き延びたアオギリの種から育った苗木だそうだ。
f0141310_720298.jpg

 広島市の平和活動の一環として日本国内のみならず世界中に配布され、植えられているそうだ。
f0141310_7202561.jpg

 子ども達が大きくなった時は、核兵器はもちろん、戦争がない、戦争をしない日本、そして世界にしなければ。
f0141310_7203541.jpg

 同じように被爆した長崎の「被爆クスノキ」の二世も、米の宮公園にあるのを初めて知った。
 この2本のクスノキだ。
f0141310_7204439.jpg

 平成13年に商工会議所が中心になり植栽したそうだ。
f0141310_7211116.jpg

 改めて「不戦」を決意した。

 ところで、実は私は初めて米の宮公園に入った(恥ずかしながら)。
f0141310_7213018.jpg

f0141310_722491.jpg

f0141310_7214156.jpg

f0141310_7215731.jpg

 個人の日常生活圏は、大して広くないと改めて実感(それは私だけ?)

 そしてなんとこの遊具。
f0141310_7222955.jpg

 ジヤトコさんが今年9月に寄贈!
f0141310_723014.jpg

 「良き企業市民」をここでも実践!

by koike473 | 2015-11-20 07:25 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

悔しさ、むなしさの読後感が募る2015年 日本推理作家協会賞「土漠の花」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日、議会の建設水道委員会の視察から帰宅した。
 その報告は、また後日と言うことで、今日は最近読んだ土漠の花」(月村了衛という本の紹介。
f0141310_7565153.jpg

 ソマリアでの海賊対処行動に派遣された自衛隊の話だ。
 もちろんフィクションとして描かれている。
 2015年 第68回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門受賞作だ。

 しかし、しかしだ。

 「国際貢献のための海外派遣。やりがいのある仕事であると上からも周囲からも言われてきた。様々な危険の対処法についても日々訓練を積んできたが、こういう死に方は予想もしていなかった。陸上幕僚監部にとっても防衛省にとってもまったくの想定外だろう」

 「責める者はいなかった。彼は望まずして、自衛隊設立以来、初めて敵兵を殺害した自衛官となったのだ」

 そして最後の結末。

 身震いするような推理小説だ。

 現実にソマリア、そして南スーダンには部隊が送られ、南スーダンでは「駆けつけ警護」に備え、次の派遣部隊の訓練が始まっている。

 「悔しい」、「むなしい」の一言だ。

by koike473 | 2015-10-16 08:01 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

旧今泉地区戦没者慰霊祭で思う南スーダンPKOでの「駆けつけ警護」の危険性と無責任さ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 23日(祝)は、旧今泉地区(今泉、一色、神戸、今宮)の戦没者慰霊祭が行われた。
f0141310_7342337.jpg

 毎年、吉原二中体育館で行われるが、今年は体育館を改築するので、古い体育館が解体されてしまったため、屋外にある忠魂碑の前で行われた。
f0141310_7343778.jpg

 こちらは解体して新築する体育館建設場所。この日は駐車場として利用。
f0141310_7345058.jpg

 私は、旧今泉地区から出征し、先の太平洋戦争で戦死された397柱の御霊(みたま)に黙とうを捧げるとともに、不戦の決意を新たにした。
f0141310_735539.jpg

 しかし、安保法案が可決・成立した後、この日の新聞では「成立した安保法を適用し、来年5月にも南スーダンPKOで駆け付け警護」の記事が。
f0141310_735149.jpg

 つい先日、国会(参議院)で「法案が通る前に、また防衛大臣が知らぬ間に運用計画を立てている」として問題になった件が、早くも現実に動き出そうとしている。

 国連PKOを率いた経験がある伊勢崎賢治氏(東京外国語大学大学院教授)によれば、「現在の国連PKOは、紛争当事者=交戦主体になることが前提」であるとしている。

 さらに伊勢崎氏は、「自衛隊の転機 ~政治と軍事の矛盾を問う~」(著者:柳澤協二)の中で、柳澤氏との鼎談で「いま事件が起きるとしたら、PKOの現場です。南スーダンですね。自衛隊の海外派遣に対する日本国民の『アレルギー取り』に使われてきたPKOの世界が、いま、一番危なくなっている。そこに送られている自衛隊員、陸自が一番リスクを負っている」と言う。

 来年の終戦記念日、そして戦没者慰霊祭で、新たな戦死者に黙とうする場面があってはならない。

 もしそうなったら、誰が、どう責任をとると言うんだ!
 それとも、複数の違憲状態の中で派遣しても「自衛隊員は殉職しても当たり前」とでも言うのか!

by koike473 | 2015-09-25 07:40 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

「無関心ではいられるけれど、無関係ではいられなくなる安保法案反対」 国会前のSEALDs(シールズ)集会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 11日(金)は、会派での決算委員会の勉強会後、夕方から東京に出かけた。
f0141310_7173729.jpg

 安保法制に反対する学生たちSEALDs=シールズ(「Students Emergency Action for Liberal  Democracy s」)の国会議事堂前集会に参加するためだ。
f0141310_718812.jpg

 東京行きは、別の目的もあったが、17日にも参議院で採決されかねない雲行きなので、その前にと思い、1日早めて参加した。
f0141310_7184383.jpg

 7月10日に初めて来たが、それから2カ月だ。
f0141310_7213124.jpg

 途中で雨が降ったが、主催者発表で約10,000人の参加。
f0141310_720552.jpg

 2カ月前に比べ、参加者の幅が大きく拡がっている。
f0141310_7195587.jpg

 マイクを握り、反対を訴え私がその演説を聞いた人だけでも、古賀茂明氏、仏教団体、多くの大学教授(中には創価大学の先生も)、ママの会、高校生など。
f0141310_7193528.jpg

 男子高校生が言った言葉が忘れられない。
 「無関心ではいられるけれど、無関係ではいられない法案だと思い、参加しました」
f0141310_7201539.jpg

 今日14日も、夕方から国会前で8月30日並み(10万人規模)の集会を予定している。

 絶対廃案だ!

by koike473 | 2015-09-14 07:23 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

「抑止力という『バカの壁』」 元防衛官僚・柳澤協二氏の講演会「中国脅威論と戦争法」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、夕方からロゼシアターの前で、「憲法を守ろう!富士・富士宮市民の会」のスタンディングアピール(街頭演説集会)に参加。
f0141310_7504157.jpg

 私もマイクを握り訴えたが、市議会議員の参加は私一人だけで残念だ。
f0141310_7504927.jpg

 その後、静岡に向かい、講演会「中国脅威論と戦争法 ~日本の安全保障を考える~」に聴講参加。
f0141310_75107.jpg

 講師は、元防衛官僚で国際地政学研究所理事長の柳澤協二氏。
f0141310_751336.jpg

 安保法制案の問題点をズバズバと指摘。
f0141310_7521928.jpg

 確かに中国は難しい国だが、煽るような日本のやり方が問題。
 「尖閣」は、軍事的、経済的にも価値は低い。「ナショナリズム」、「ガス抜き」の面が強い。
f0141310_7523122.jpg

 最も「なるほど」と思ったのが「抑止力という『バカの壁』」という考え方。
f0141310_7524683.jpg

 講演の中でも話が出たが、会場で購入した柳澤氏の最新刊「自衛隊の転機 ~政治と軍事の矛盾を問う~」(この本は、この日(9月10日発行のホヤホヤ版)から紹介。
f0141310_753052.jpg

 ・「アメリカの船を守る」という単純なシンボルによって日米が一体であるということを示せば「抑止力が高まり」、アメリカが助けに来てくれる。それが今言われている抑止力
 ・しかし抑止力とは本来、もし相手が攻撃をしてきたら、それに対してこちらは報復する能力と意思があるということを相手側が理解していることで成り立つもの
 ・したがって、「戦争に巻き込まれないから安心だ」と言っていては抑止力にならないのであって、「戦争になっても恐れずに報復の一撃を加える意思と能力がある」と言わなければならない
 ・しかし「アメリカの抑止力」が、日本安全保障戦略の唯一のキーワードになっていて、すべてがそこに収れんして思考停止する「バカの壁」になっている
 ・その壁を乗り越えなければ、日本の未来のために豊かな発想は出てこない
 ・仮に日本の奉仕によってアメリカの来援を確実にしたいのであれば、アメリカの国益を左右するほどの奉仕をしなければならない
 ・米艦の一隻や二隻を守るだけで済む話ではない

 その後、「バカの壁」を乗り越えた上での、柳澤氏の戦略的・現実的な「日本をどう守るか」の考え方を聞いた。

 安保法制案は、廃案にしなければ絶対ダメだ。

by koike473 | 2015-09-11 07:55 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(2)  

戦後70年目のお盆 不戦の決意と今後への不安

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 皆様、お盆休みはどうお過ごしでしたか?
 暑い日が続いていましたが、昨夜からやっとまとまった雨が降り、一息つけそうです。

 今年は戦後70年。
 節目の年の夏に、安保法制案が国会で審議されているが、自分が実際知らない70年以上前を振り返り、今後を考える重要な時だ。

 14日(金)は、ロゼで「ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~」という映画を観た。
f0141310_791845.jpg

 独仏中合作の映画だ。
f0141310_794555.jpg

 様々な見方・評価がある南京事件をテーマにしているため、配給会社がつかず、日本では劇場未公開だ。
f0141310_795568.jpg

 しかし、多くの市民が殺されたことは確かだ。

 同じロゼでの「戦争展」。
f0141310_7101083.jpg

 会場には、多くの若者も。
f0141310_7102422.jpg

f0141310_7103310.jpg

 沖縄の悲劇。
f0141310_7104438.jpg

f0141310_7105339.jpg

 語り部の皆さんも高齢化が進んでいる。
f0141310_71118.jpg

 そして15日(土)の戦没者追悼式。
f0141310_7111449.jpg

 戦争はかくも悲惨なものだ。
 不戦の決意を、改めて心に刻む一方で、今後への不安・懸念が消えないお盆だった。

by koike473 | 2015-08-17 07:13 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

「憲法を守ろう!富士・富士宮市民の会」の街頭集会に参加

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 2日(日)は、安保法制案に反対する街頭集会に参加した。
f0141310_7144081.jpg

 場所は吉原5丁目のコープやエンチョーがある交差点。
f0141310_7145577.jpg

 主催は、「憲法を守ろう!富士・富士宮市民の会」。代表は、小長谷保弁護士だ。
f0141310_7151626.jpg

 安保法制案は、現在参議院で審議が行われている。
 私は、憲法違反の法案が国会で俎上に上がり、何としても通し、それに反対を言わせないような空気に大きな危険を感じる。

 政権与党を支持する議員、市民のみなさんも「これはおかしい」と感じている人が多いと思う。

 しかしそれを言えない雰囲気、空気があるとしたら、「いつか来た道」と同じだ。

 街頭集会は、8月末まで毎週末行われる。
f0141310_7153548.jpg

 いろいろな政党、考えの方々が参加しているが、この問題についてはまとまって活動しなければだめだと思う。
 私もできる限り参加するつもりだ。

by koike473 | 2015-08-06 07:16 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)  

シールズ(SEALDs)の国会前集会に参加 「解釈改憲、絶対反対」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 10日(金)は、夕方から東京に出かけた。
f0141310_7255321.jpg

 安保法制に反対する学生たちSEALDs=シールズ(「Students Emergency Action for  Liberal  Democracy s」)の集会に参加するためだ。
f0141310_7261120.jpg

 この数週間、安保法制に関する国会審議等の中で、自分なりに勉強し、考え、シールズ等の動きを知り、いてもたってもいられなくなった。

 場所は、国会議事堂前の交差点。
 霞が関の官庁街と国会議事堂周辺の地図。
f0141310_7263527.jpg

 当初は、数十人の学生集会から始まったそうだが、この日はこれまで最多の15,000人以上(主催者発表)が集まった。
f0141310_7264871.jpg

 「解釈改憲、絶対反対」、「戦争反対」、「集団的自衛権、絶対反対」、「なんか○○党って感じ悪いよね」等々を参加者が訴える。
f0141310_727487.jpg

 19:30から22:00前まで、学生だけでなく、サラリーマン、高齢者、親子連れ等、多くの人が訴えた。
f0141310_727259.jpg

f0141310_7274063.jpg

f0141310_7303383.jpg

 国会では、15日(水)の特別委員会での採決、16日(木)の衆議院通過が噂されている。
f0141310_7281311.jpg

 総理始め与党は「議論が深まった」としているが、私には「議論の論点」さえよくわからない。
 そして、そもそも「違憲」である法案が国会に提出されることすらおかしい。
f0141310_728262.jpg

 私も絶対反対だ。

by koike473 | 2015-07-13 07:33 | 安全保障対策 | Trackback | Comments(0)