カテゴリ:食事・食べ物( 54 )

 

暮れにつくった「牛スジの煮込み」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 暮れにつくった「牛スジの煮込み」の話。

 私は自分でブログを書くが、他の人のブログで毎日チェックするのは上田昭夫さん(元慶応大学ラグビー部監督)のブログだ。
 その上田さんがよくつくるという「牛スジの煮込み」。
 以前から「いつか自分でも」と思い、ネットで検索するといろいろな人が、さまざまな作り方を紹介している。

 まずは「松野肉屋」さんで牛スジを1kg購入。
 冷凍なので一晩かけて自然解凍。
 「柔らかく煮込むには、玉ねぎに一晩漬けこむと良い」という人が多いので、それを真似る。
 と、ここまでは写真を撮り忘れた。

 次の日、まずは「沸騰したお湯で、10分間強火で煮込む」。
f0141310_871610.jpg

 そばに付きっきりで、アクをすくいながら肉の汚れも取る。
 本当に10分するとアクが出なくなってくる。

 次は煮込んだスープをざるで濾して、肉を取り出し食べやすい大きさにカット。
f0141310_873880.jpg

 きれいになったスープに肉を戻し、玉ねぎ、しょうが、にんにく、塩コショウ、コンソメスープ、醤油、日本酒を入れて煮込む。
f0141310_88241.jpg

 1時間、弱火でコトコト煮込むとこの通り。
f0141310_881535.jpg

 これだけでもコクのある濃厚な味が出ている。

 一晩さますと脂分が固まっている。
f0141310_883248.jpg

 2つの鍋に分ける。
f0141310_884829.jpg

 一つは味噌とコチュジャン(上田さん推薦)で味付けしたが、少し甘すぎた感じ。
 もう一つは人参、大根を加え、塩味ベースで。こっちの方がしっくりきた。

 どちらも久しぶりに集まった家族、親戚が喜んで食べてくれた。
 また挑戦しよう!

by koike473 | 2013-01-08 08:11 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

サッカーW杯予選とともに、「世界のつけナポ」へ グーグルCMに登場!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨夜はテレビを見ていて驚いた。

 サッカーのワールドカップ予選の実況中継中のCMで、「つけナポリタン、富士市」とお兄ちゃんが声を出し、地図でも文字が躍っていた。
 グーグル(Google)のさがそう。『知ってしまった』」というCM(←クリックしてください。ユーチューブにつながります)だ。

 何日か前から「小池さん、今度『つけナポ』がすごいことになりますから!」という話は聞いていたが。

 今日のブログは別のことを書こうと思ったが、やはりこれを書かなくては。

 次は、イタリア人のザッケローニ監督が食べながら、「Buono! (ブオーノ!=おいしい!) つけナポ」と笑顔を見せてくれるといいのだが。

 今度の土日、吉原商店街にスマホを片手に「この店は?」と歩く人がどのくらい増えるだろうか?
 定点観測を行う必要がありそうだ!

by koike473 | 2012-11-15 07:47 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

亡き父の10年目に日本料理「はせ川」へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 少し前のことだが、10月27日(土)は、家族で吉原の日本料理「はせ川」さんに出かけた。
f0141310_8174329.jpg

f0141310_8254189.jpg

 11月1日は父の命日で、ちょうど今年で亡くなって10年だ。
 お墓参りをした後、「はせ川」さんで会食をお願いした。
 「はせ川」さんは、富士市を代表する老舗の日本料理屋だ。

 大将(ご主人)は、私の高校の部活(ハンドボール部)の先輩であり、普段からいろいろお世話になっている。
 今日は、その「はせ川」さんの美しく、おいしい料理をどうぞ。

 まずは「前菜と小鉢」。海老、いくら卸し、トマト、人参、若鳥、柿、むかご真薯に柿の白和之。
f0141310_8183329.jpg

 一口大のいろいろな味付けの料理を、美しい皿に美しく並べ、「さすが老舗の料亭!」。食欲が一気に高まる。

 「吸い物」。かます風干し、蕪(かぶ)、松茸、玉子細麺。
f0141310_818519.jpg

 松茸のいい香りと、かますが絶品!

 「刺身」。しまあじ、鮪、うに、甘海老。
f0141310_819771.jpg

 どれもあぶらが乗っていて、ビールから切り替えた「ひれ酒」にピッタリ。
f0141310_8195535.jpg
f0141310_820589.jpg

 「中皿」。牛柔らか煮、まこも茸、青唐。
f0141310_8202087.jpg

 とろけるような牛肉。そして初めての食感、コリコリ・サクサクのまこも茸。

 冷酒もおしゃれだ。
f0141310_8204091.jpg

 「揚げ物」。伊勢海老、四角豆、大黒しめじのうにソースがけ。
f0141310_8205559.jpg

 やわらかく、そしてカリッと揚がった伊勢海老は、贅沢なうにソースで足の殻までおいしくペロリ。
 冷酒が進む。

 「煮物」。海老芋、ズッキーニ、子持ち鮎、紅葉麩。
f0141310_8211735.jpg

 家庭ではできない上品な味。特に出汁が染み込みホクホクの海老芋はベリーグー!

 「酢の物」。ズワイガニ。
f0141310_8213284.jpg

 写真だと少なく見えるが、「こんなに!」と思うほどボリュームが。さらに酒が進む。

 締めの「食事」。きのこ雑炊、お新香。
f0141310_8214712.jpg

 出汁がきいた温かい雑炊が、身体をいたわってくれる。

 そして「デザート」。レインボーキウイ、リンゴ、パインコンポート。
f0141310_822159.jpg

 満足感に浸りながら最後のデザートをいただいた。

 何も言うことはありません。
 目標を決めて、何かの記念日には「はせ川」へ!
f0141310_82314.jpg

by koike473 | 2012-11-14 08:27 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

カシラ、ハツ、牛ホルモン!「ホルモンきむらや」での打上げ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は暑かった。
 そして蒸していたのでそれ以上に暑く感じた。

 今日のブログは、雨降りの中、小潤井川の草刈りをして、蒸し蒸しに暑くなった後の打上げの様子を。

 会場は、いつもの「ホルモンきむらや」。
f0141310_7474862.jpg

 この時期は、夏みかんを販売しているので、この風景見たことある人も多いはず。
f0141310_748141.jpg

 みんなシャワーを浴びて着替え、こんなメンバーで盛り上がった。
f0141310_7481224.jpg

 まずは「カシラ」を。
f0141310_7482462.jpg

 もちろん塩コショーで。
f0141310_7483436.jpg

 「ハツ」。このハツは新鮮だ。
f0141310_7484989.jpg

 ホルモン。
f0141310_749062.jpg

 野菜に加え、友の会会長自家製の「ラッキョー」もあったが、写真を撮り忘れた。
 「エイヒレ」。
f0141310_7491389.jpg

 私の大好きな「牛ホルモン」!
f0141310_7492622.jpg

 油が半分落ちながらアツアツに焼けたあたりが食べごろ。
f0141310_7493853.jpg

 「おまえ、だから痩せなゃーだよ!」と言われようが、平気、平気! 

 飲んで食べて、また飲んで。
 でもしっかりと今後に向けた計画も打合せした。
 ターゲットは、来年4月の「吉原地区さくら祭り」だ。
f0141310_7495333.jpg

 この祭りに合わせ、津田・荒田島の区間の小潤井川に「菜の花」の観賞ポイントを育てる計画だ。
f0141310_750101.jpg

 今年も自然に咲いていた。写真の奥にサクラ並木が見える。
f0141310_7502294.jpg

 これをもっと増やして、旧国道1号を越えたすぐ上流のさくら並木と一緒に楽しめるようにしたいものだ。

by koike473 | 2012-06-21 07:52 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

すっかりいい気分になった「吉原バル」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 19日(土)は、夕方から「吉原バル」に出かけた。
f0141310_721222.jpg

 バルとは、「スペインの街角からはじまった気軽な憩いの場」。
 昔、新婚旅行でスペインに行ったが、その時もガイドブックに気軽な一杯飲み屋のような感じで「バル」が紹介されていたのを思い出す。
f0141310_73980.jpg

 吉原商店街の30の店が参加し、その中から5店を回りながら1ドリンク+1ピンチョー(おつまみ)を楽しむという企画だ。
f0141310_723742.jpg

 予約していたチケットを買って。
f0141310_732296.jpg

 開会式は18時からと言うが、既に17時から始まっているというので、待ちきれない我々同級生3人は「はせ川」さんへ。
f0141310_733646.jpg

 まずは生ビールで乾杯。お通しは「若芽とウニの玉子豆腐」。小口先輩、ごちそうさまでした。
f0141310_735951.jpg

 一杯飲んで気分が良くなったところで開会式。
f0141310_741375.jpg

 県の産業経済部の望月局長も加わり盛大に鏡割り。
f0141310_74266.jpg

 樽酒をいただき、更に景気がついた。
f0141310_74404.jpg

 2軒目は、「縁」さんへ。まだ明るいが店内はほぼ満員だ。
f0141310_745590.jpg

 ここのおつまみは「鮎の塩焼き」。知り合いの方にもお会いし、ここからは焼酎で。
 
f0141310_751136.jpg

 そして3軒目は「魚民」さん。
f0141310_75368.jpg

 開会式から一緒に回った鈴木すみよし県議もにこやかな顔で。おつまみは「馬鈴薯饅頭のぶぶあられ揚げあつあつあんかけ」。
f0141310_754821.jpg

 4軒目は「クーペ」さん。
f0141310_76124.jpg

 ジントニックに似た「ジン何とか?」。おつまみは「チキンの香草焼きとマカロニサラダ」。林先輩、いつもお世話になります。
f0141310_761928.jpg

 そして最後の5軒目は「岩市」さん。既に酔いが回り店の写真を撮り忘れた。
 「そば焼酎のそば茶割り」を頼んで。
f0141310_763455.jpg

 おつまみは「山芋の磯部揚げときゃらぶき」。
f0141310_764581.jpg

 岩市さんで腰を落ち着けて飲もうと熱燗も進んだ。
 おかみさん、お世話になりました。
f0141310_765991.jpg

 「吉原バル」は今回で3回目とのこと。
 参加者は、30店の中から「次はあそこの店に」と選んで行く楽しさがある。
 お店にとっても、また足を運んでもらうきっかけになる?
 吉原の街に多くの人があふれていた。
 しかし主催者は、この30店のオーナー等との調整にずいぶん大変だったと思う。
 敬意を表したい。

by koike473 | 2012-05-22 07:09 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

「母の日」の至福な時間 イタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」さん

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 13日(日)は「母の日」だった。
 当日は予定がビッシリだったので、前日(12日)の晩、母親と妻の「二人の母」と記念の夕食に。
 ご近所のイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」さんだ。

 テーブルについて、今日のメニューの説明を聴く。
f0141310_781960.jpg
f0141310_783364.jpg

 最初は「にんじんのムースと自家製コンソメのジュレ」。
f0141310_784646.jpg

 にんじんの甘みとコンソメのだしが絡み合い、さっぱりしたおいしさ。食欲と次の料理への期待が高まる。

 「冷たい前菜の盛り合わせ」。
f0141310_7961.jpg

 これだけでアルコールが進む。至福の一時。ただ夜だったので写真の色が不自然なのが残念。

 「自家製の2種類のパン」。
f0141310_792550.jpg

 パンそのものもとてもおいしいが、その後の料理のソースをつけて食べるのも楽しみ。

 「ホタテ貝柱のグリル」。
f0141310_794359.jpg

 刺身で食べられるホタテをサッと表面を焼き上げている。下には甘く濃度が高いフレッシュトマトのソースが敷き詰められ絶妙!
 この写真はケータイで撮って子供達にも送ったが、デジカメより色がいい。

 この頃には、予約席は全て埋まり、カウンター席にもお客さんが通される。
f0141310_795987.jpg

 「自家製手打ちパスタ“リングイネ”アサリとタケノコ、生のりのさっぱり仕立て」。
f0141310_7101714.jpg

 この時期かつ日本ならではのアサリ、タケノコ、生のりのパスタ。本場イタリアでも食べられないだろう。パスタは工夫次第でどんな食材とも合うものだと納得。

 「和牛のグリル。自家製フォンドボー入りマスタードソース」。
f0141310_7103774.jpg

 めったに食べられないやわらかい牛肉に、つい「もったいない」!
f0141310_7105161.jpg

 マスタードソースが絡んでベリーグー!
f0141310_711319.jpg

 付合せのアスパラとカブが甘く、そのものの味。
f0141310_7112039.jpg

 そしてデザート。ここでデジカメの電池が切れ、再びケータイで撮影。
 私と妻は「へーゼルナッツとリコッタチーズの焼き菓子」。
f0141310_7113814.jpg

 母親は「フルーツと洋酒シロップ漬け、自家製ミルクジェラート」。
f0141310_7115290.jpg

 最後までおいしく、しっかりいただいた。

 コーヒーをいただき、至福の2時間があっという間に過ぎた。
f0141310_712978.jpg

 もちろん食事の2時間だけでなく、家に帰った後も、その余韻に浸っていられる。

 皆様も、何かの記念日には「マーノ・エ・マーノ」さんへ是非どうぞ。
 もちろん記念日だけでなく、いつでも!

by koike473 | 2012-05-16 07:17 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(2)  

この時期ならではの味 「ノンビル」(ノビルが本当?)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 この時期は、「そうだ!沼川プロジェクト」で草刈りをしている滝川や田宿川沿いにノビル(富士市では「ノンビル」の方が一般的?)が出てくる。

 4月8日に行なった町内(組合)の花見会に、つくって持って行った。
 写真中央右のパック(ふたが上になっているやつ)。
f0141310_742553.jpg

 「うまい、うまい!」と食べてくれた人が多かった。
f0141310_7421929.jpg

 調子に乗って「じゃあ、またつくるよ」と言ってしまい?再挑戦。
 田宿川の最下流、滝川との合流点の近くでつんだ。
f0141310_7442180.jpg

 時期的には最後か?
f0141310_7443685.jpg

 ノンビルは、下ごしらえが大変だ(と前回初めてやって実感した)。
f0141310_7445418.jpg
f0141310_745267.jpg

 この量でも2時間はゆうにかかる。
f0141310_7452172.jpg

f0141310_7501778.jpg
f0141310_7502316.jpg

 やっと食べられる材料に切るところまできた。
f0141310_7461273.jpg

 ニンジンも同じように。
f0141310_7462680.jpg

 イカと塩コンブも用意して。
f0141310_7463995.jpg

 それを混ぜ合わせるだけだ。
f0141310_7465543.jpg

 出来上がり。
 1~2日、冷蔵庫で馴染ませた方がいい。
f0141310_7471533.jpg

 ご近所に少しずつ配った。
f0141310_7473238.jpg

 春ならではのノンビルだ。

by koike473 | 2012-04-27 07:54 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

父親の命日と私の誕生日 イタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」さんで食事会

 市町村アカデミーの報告はまた後日ということで、今日は見ているだけで楽しくなるおいしい料理の話と写真。

 先週の土曜日(29日)は、私の母、弟夫婦、私達夫婦の5人で、イタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノに食事に出かけた。
f0141310_7325721.jpg
f0141310_7331460.jpg

 父親が亡くなって9年(命日が11月1日)と、ついでに私の誕生日(10月30日)も兼ねての食事会だ。
f0141310_7332695.jpg

 父親にとっての孫達(私と弟の子ども)は、みんな既に家を離れているので食事会に顔を揃えた5人の平均年齢は高いが、食欲は旺盛だ。

 なんだ、かんだ言うより、写真でどうぞ。
 まずは、「ニンジンのムース」。冷たいゼリー状のスープとムースがぴったり。
f0141310_7333789.jpg

 そして「冷たい前菜」。4種類も!
f0141310_7335299.jpg

 「豚のテリーヌ」。これはいける。
f0141310_7341093.jpg

 「サーモンの瞬間燻製」。燻製のいい匂いが食欲をそそる。
f0141310_7343750.jpg

 「エビとホタテのなんとか?」。プリプリの食感がたまらない。
f0141310_7345160.jpg

 「生ハムとモッツァレッラチーズ」。ワインが進む。
f0141310_735432.jpg

 次は、「温かい前菜」。アカザエビのなんとか?。味噌の部分までベリーグー。
f0141310_735263.jpg

 そして「キノコと生ハムが入ったパスタ」。今日のパスタはマカロニ状のなんとか?
f0141310_7353965.jpg

 ソースがからんだパスタも最高。最後はパンにソースをつけてきれいに完食!
 最後のメインディッシュ「和牛のステーキ」。これがまたやわらかくてうまい!満腹!
f0141310_7355931.jpg

 そして本当の最後の「デザートとコーヒー」。リンゴ(紅玉)のタルトとマロンアイスクリーム。
f0141310_7361314.jpg

 最初に写真を撮るのを忘れ、アイスクリームを一口かじってしまった。

 5人とも大満足の食事会だった。父親が天国で「俺も仲間に入れてくれ~」と言ってたかも?

 接客を担当の奥様と話していたら、シェフ(ご主人)と私が同い年であることが判明。
 そんなことで最後は、誕生日記念にシュフと記念撮影。
f0141310_736304.jpg

 家庭的な雰囲気で旬の食材をふんだんに使ったイタリア料理を堪能できます。
 「マーノ・エ・マーノ」さん、是非皆様もお出かけになってはいかがでしょうか。
 電話で予約してからがお薦めです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-11-04 07:37 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(4)  

朝から夜の一杯が気になってしまう?「八千代」(静岡市)

 富士市議会は、昨日から決算委員会が始まった。
 従来の審査に加え、今年初めて行なう「議会による事業評価」では、選出した9つの事業について特に細かく行政側の担当部署に質疑する。
 初めて行なったが、いろいろな観点から事業の意義、効果などを考えると課題や論点が絞られてくるのがわかる。
 夕方までびっしり行い、私は更にその後、一般質問(10月3日から始まる)について関係部署とヒアリングを行いグッタリだった。
 さあ、今日は決算委員会の2日目。がんばるぞ!

 今日の写真は、見るだけで「一杯やりたくなる」静岡市の「八千代」の写真。
f0141310_735630.jpg

 8月31日に静岡であった「原発・新エネルギー検討勉強会」の帰りに寄った。
 まずは、「八千代焼き」と「レバー」
f0141310_7352333.jpg

 初めて食べた「トマト揚げ」
f0141310_7353676.jpg

 ソースをかけて1分待って食べると、中はこんな具合。これはいける!
f0141310_7355144.jpg

 「ハツ」
f0141310_73682.jpg

 「キャベツ」
f0141310_7362023.jpg

 一緒に行ったのは静岡に勤務しているの私の弟。隣りは八千代の看板娘・あいちゃん。
f0141310_7363766.jpg

 店はお客さんでいっぱいだ。
f0141310_7381781.jpg

 日本酒が進む。
f0141310_7383632.jpg

 「皮」
f0141310_7384881.jpg

 「ソースカツ」
f0141310_7391767.jpg

 「ナス焼き」
f0141310_7444576.jpg

 まだまだ飲んで、食べる。
 「手羽焼き」
f0141310_740025.jpg

 「しいたけ」
f0141310_7401593.jpg

 最後は「?」。名前を忘れたが、最後までうまかった。
f0141310_7403780.jpg

 呑み助、食いしん坊の兄弟は電車の中でも。(この車両で普通車。穴場です)
f0141310_741172.jpg

 富士駅からはコミュニティバスのナイトシャトルに乗って吉原へ。
f0141310_7415140.jpg

 新富士駅経由だが、安くて安心!
f0141310_742899.jpg

 そう言えば、今日の決算委員会で「コミュニティバス」は事業評価の対象になっているが、これは私は二重丸だ。

 満腹で終わった8月最後の晩だった。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-14 07:45 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

ラ・ホール富士のレストラン「Hinata陽」(ひなた)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 一昨日のお昼は、ラ・ホール富士の2階にあるレストラン「Hinata陽」に行った。
f0141310_7282928.jpg

 f-Bizが中心となり取り組んだドリームキッチンプロジェクトの舞台となったレストランだ。
 最初の入居店は、諸事情で閉店し、最初の審査時に2位だった方が今年の1月から入り、開いているのが「Hinata陽」さんだ。
f0141310_7284174.jpg

 売りは、地産地消にこだわった「健康プレート」。
f0141310_7285461.jpg

 私は「5種盛り健康プレート」を注文。
f0141310_7291097.jpg

 待つこと15分。大きなプレート(皿)に乗った料理が出てきた。
f0141310_7292534.jpg

 野菜ばかりでなく、鶏や魚も。そしてボリュームも十分。
f0141310_7293846.jpg

 おいしくいただき、食後のコーヒーで更に満足。
 値段は私が食べるランチでは少し高めだが、店内は女性客で一杯だ。
f0141310_7294927.jpg

 皆さん、食べるのとしゃべるのに夢中で、静かなラ・ホール館内とは全くの「異空間」。
 それだけ心地よいのでは?

 吉原にお出かけの際は、是非皆様も寄ってみてはいかがでしょうか。

by koike473 | 2011-06-24 07:31 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)