カテゴリ:市内外のイベント・行事( 140 )

 

涼しげな海沿いのプールでゆっくり時間が流れる 元吉原まちづくり祭り

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 7日(土)の夕方からは、マリンプールで開かれた「元吉原まちづくり祭り」に出かけた。
f0141310_7305669.jpg

 1日で今年の営業を終了したプールを使い、昼間は子ども達がたらいやカヌーで乗船体験。
 そして夕方からは、音楽を中心とするステージショーが行われる。
 元吉原地区の皆さんの手づくりのイベントだ。

 17:00からの開会式。
f0141310_7311077.jpg

 開会式後のステージは、飛龍高校和太鼓部による豪快な「たいこ」から。
f0141310_7312488.jpg
f0141310_7313243.jpg

 私は例年のごとく、会派の先輩・川窪議員の後援会の席に。
f0141310_7314291.jpg

 小長井前市議も駆け付けた。
f0141310_7315125.jpg

 2階から見る会場。
f0141310_7321140.jpg

 フラダンス。
f0141310_7321881.jpg

 プールの水面が涼しげだ。
f0141310_73226100.jpg

 ゆったりした時間が流れていく。
f0141310_7323470.jpg

 夏も終わり、朝晩は涼しくなってきた。

 今日は9月定例議会の開会日だ。
 気を引き締めて行きます!

by koike473 | 2013-09-10 07:34 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

猛暑の中でのジュニアゲートボール大会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 10日(土)は、小学生のゲートボール大会に出席した。
f0141310_7391123.jpg

 第11回静岡県東部ジュニアゲートボール大会兼第18回富士市ジュニアゲートボール大会だ。
f0141310_7392154.jpg

f0141310_7395254.jpg

 会場は、富士川脇の雁(かりがね)公園のゲートボールコート。
f0141310_7393165.jpg

 とにかく朝から暑い。
f0141310_7401885.jpg

 子ども達も、これまでの練習の成果をぶつけ合うのに懸命だが、大会を運営するゲートボール協会の皆さんは、高齢なだけに大変だ。
f0141310_7403048.jpg
f0141310_7403695.jpg

 引率の先生や父兄も。でも試合がないチームは涼しげな木陰に。
f0141310_7404631.jpg

 芝生広場ではグラウンドゴルフ。
f0141310_7405839.jpg

 通路沿いにはコスモスの花壇が。
f0141310_74186.jpg

 里親制度で、区(町内会)で管理しているが、1つの区の管理区間は200mほど。
f0141310_7412589.jpg

 結構あるが、どれもしっかり育っている。
f0141310_7413473.jpg

 この暑さの中での「水やり」を思うと、つい「大変だな」と思ってしまう。

by koike473 | 2013-08-12 07:43 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

5時間の山車の巡行にバテバテ 吉原の「てんのさん」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 8日(土)は、吉原のてんのさん(祇園祭)に出かけた。

 西仲町の山車(屋台)を、私が住む駿河台三丁目の子どもたちに引かせてもらうのだ。
 昨年も予定していたが、残念ながら雨でできなかった。
 今年は満を持して?子どもたちが25名、大人が15名、約40名が参加だ。
 まずは、西仲町の町内会長さんにあいさつ。
f0141310_7442780.jpg

 西仲町の皆さんが氏子となっている木之元神社を説明いただく。
f0141310_7451482.jpg

 神社がない駿河台の子どもたちはわかっただろうか?
f0141310_7452356.jpg

 いよいよ山車の巡行がスタート。
f0141310_7455349.jpg

 駿河台の若手?グループ「オールウェイズ」の4人も引くが、結構重い。
f0141310_746314.jpg

 先が思いやられる中、1時間近く引いて、何とか本町通り北側の休憩地点に到着。
f0141310_746199.jpg

 ここまでで結構フラフラだ。
 しかし本町通りに出ると、がぜん元気になって力が入る。
f0141310_7465756.jpg
f0141310_747498.jpg

 見物だけでは決して味わえない高揚感がある。
f0141310_7472377.jpg

 いろいろな町内の山車と競り合いを期待していたが、他の町内は早々と姿を消し、西仲町の山車は最後に本町通りを離れ、私と同級生の山田君(ヤマダサイクル)の笛に合わせて無事帰還。
f0141310_7473845.jpg

 子どもたちは、町内会長さんにお礼のあいさつを。「また来年も来なよ」と言っていただいた。

 大人は「とりあえず、昼の部お疲れ様」で乾杯!
f0141310_748049.jpg

 「いやー大変でしたよ」、「手の皮がむけそうだよ」などと言って飲んでいるうちに夜の巡行がスタート。
 この方、小長井市議も登場!
f0141310_7481620.jpg

 いろいろなところで「小長井さん、応援してるよ!がんばって!」と声がかかる。

 子どもたちに代わり、夜の競り合いは青年が主役だ。
f0141310_7483015.jpg

 3台が競る。あちこちからフラッシュが!最高潮!
f0141310_7484330.jpg

 何とか会所まで戻ったが、初参加の我々「オールウェイズ」はバテバテのバテバテ。
f0141310_7485592.jpg

 計5時間の巡行は、苦行か?修行か?
 それでも「来年は、もっと若い大人をたくさん連れて参加しよう!」の声が上がった。

by koike473 | 2013-06-11 07:52 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

恐るべし、元吉原地区の地域力! 沼川桜お花見会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 3日(日)は、善得寺まつりに出席した後、沼川で開かれた元吉原地区のお花見会に寄らせていただいた。
f0141310_7231639.jpg

 昨年までは、「そうだ!沼川プロジェクト」で「お花見ウォーク」と一体となって行っていたが、元吉原地区の皆さん自身にも楽しんでもらおうとの趣旨で、地区単独で開催された。
f0141310_7242682.jpg

 元吉原まちづくりセンターから、会派の先輩である地元の川窪議員の解説で、史跡等を見学しながら浮島工業団地南側の桜並木までウォーキングしてきたそうだ。
f0141310_724642.jpg

 私が到着した時には、既に楽しそうな「花見」が始まっていた。
f0141310_7244461.jpg

 暖かい日が2~3日続いたので、ちょうど河津桜も咲き始めている。
f0141310_725367.jpg

 花見の前には、皆さんで土手にヒガンバナを植えたそうだ。
f0141310_7251845.jpg
f0141310_7252835.jpg

 「そうだ!沼川プロジェクト」のメンバー3人は、カヌーを浮かべて、花見に色を添えている。
f0141310_7254545.jpg
f0141310_7255783.jpg

 圧巻の「よさこい」5チームの総踊り。
f0141310_7261468.jpg

 「よさこい鈴川」のきれいどころの皆さんから、おみやげに「坂田のたんきり」をいただいた。
f0141310_7263674.jpg
f0141310_7264464.jpg

 恐るべし!地区の資源を最大限に活かし、さまざまな取組みが実現する元吉原の地域力だ!

by koike473 | 2013-03-06 07:30 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

経験と前向きなチャレンジ精神 シルバー人材センターの「ふれあいフェスティバル」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 23日(祝)は、富士市シルバー人材センターの「ふれあいフェスティバル」に伺った。
f0141310_732019.jpg

 勤労感謝の日である11月23日は「晴れ」の特異日だ。
 しかし今年で19回目となるこのフェスティバルも、今年は初めて雨の中の開催となった。

 寒い雨の中、祭りを盛り上げるチンドン屋の皆さん。全員がシルバーの会員さんだ。
f0141310_7321960.jpg

 ハモニカダンドの皆さんの演奏。その後、建物の中でいろいろな展示や作品を見学。
f0141310_7323916.jpg
f0141310_7324761.jpg

 今年、驚いたのがこの水彩画集。
f0141310_7332717.jpg

 石坂に住む青木さんの作品。ご本人が紹介してくれた。
f0141310_7342326.jpg

 以前、お宅に寄らせていただいた時にも見せていただいたが素晴らしい。
f0141310_7343984.jpg

 シルバーのバス旅行等で出かける時には、いつもこのスケッチブックとペン、絵具のセットを持っていくそうだ。
 ペンの線画を10~15分くらいで仕上げ、バスの中で絵具で色を付けるとのこと。
f0141310_735529.jpg

 今では、シルバーの中で水彩画の教室の講師として活躍されている。
f0141310_7352015.jpg

 その他には、障子貼り、似顔絵、お飾りづくりなどなど。
f0141310_7353635.jpg
f0141310_7354817.jpg

f0141310_7371243.jpg

 そして1階の玄関には、「セカンドライフ相談室」のコーナーも。
f0141310_7374172.jpg

 「どんなことが気になる、興味がある?」アンケートは、「健康」がダントツ!
 私も近づきつつあるが、シルバーの皆さま、これからも健康を第一にいつまでもご活躍ください!

by koike473 | 2012-11-26 07:39 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

富士市ならではの「紙フェア」とは、どんなコンセプト・形だろうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 少し前だが、10日(土)の午後は富士芸術村で開かれている「アートフェスティバル」を見学した。
f0141310_7361959.jpg

 11日(日)がメインの日で、制作者の皆さんがお話をする「ギャラリートーク」などが行われたが、その日は行けなかったので前日伺った。
f0141310_7365488.jpg

 全国公募から選ばれた4名の作家の展覧会だ。
f0141310_7365972.jpg

 「包まれる」。ふわふわした命を感じる。
f0141310_7384265.jpg

 「Color Field」。ころがってみたい。
f0141310_7385640.jpg

 「望月のころ―C」。震災で亡くなった方の無念さを忘れてはならない。
f0141310_7391247.jpg

 「光の前に」。ピーンと張り詰めた感じ。
f0141310_7392692.jpg

 4つの中で、私は一番好きだ。
f0141310_7394392.jpg

 考えてみると、その前からの2週間、紙のイベントが続いた。

 「紙フェア」。
f0141310_74011100.jpg

 ダイナミックな作品制作の一ツ山ちえさん。
f0141310_7404146.jpg

 新しい作品「イセエビ」(だろうな)。
f0141310_740543.jpg

 紙わざ大賞作品展。
f0141310_7411095.jpg
f0141310_7412111.jpg

 大賞は「スゴイ!」の一言!
f0141310_7413893.jpg
f0141310_7415085.jpg

 「紙バンド全国大会」。
f0141310_7423414.jpg

 作品展示。
f0141310_7425159.jpg
f0141310_743365.jpg

 紙バンド教室。
f0141310_7432329.jpg

 富士市発の芸術作品!
f0141310_7435911.jpg

 それぞれの日程、会場ごとに特徴がある。
 しかし、「紙のまち」を標榜するなら統一したコンセプトのもとで、それぞれが展開するべきだ。
 今年の紙フェアは、時間が足りなかったということで「プレ」の位置づけ。
 来年の「紙フェア」に改めて期待したい。

 最後に一つ。
 芸術村近くで別世界のような黄色が。
f0141310_7442561.jpg

 「ドーム菊」というようだ。
f0141310_7444437.jpg

 近づくと「菊」の清々した香りがいっぱい。
f0141310_7471294.jpg

 10日前だから、もう終わってしまっただろうか?
 それにしても見事だった。
 来年もぜひ見たい。

by koike473 | 2012-11-22 07:48 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

こんなヘビならかわいい 第8回全国紙バンド手芸作品展in富士

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 10日(土)は、新富士駅のステーションプラザで開かれた「第8回全国紙バンド作品展in富士」に出かけた。
f0141310_823064.jpg

 これは、市内の紙バンドメーカーである植田産業さんが毎年この時期に開いているものだ。

 私が所属するNPO法人ふじ環境倶楽部では、「地場産業である紙、それも再生紙を活かした富士市らしい文化活動」ということで、第1回大会からメンバー有志がお手伝いする形で参加している。

 私は3年ぶりの参加だ。

 1階では、全国から出品された紙バンドの作品が展示されている。
f0141310_83547.jpg

f0141310_812750.jpg

f0141310_84046.jpg

 また愛好家の皆さんには、各種紙バンド等の販売も行われる。
f0141310_84313.jpg

 2階では、紙バンドを使った手芸体験教室が行われる。
f0141310_845254.jpg

 私たちは、その受付を担当。
f0141310_851081.jpg

 教室開始は9時からだが、スタッフの集合時間である8時には教室参加希望の方が既に数名集まっていた。

 その後も大勢の皆さんに来場いただいたため、15分早めての教室開始。
 その段階で、2回り目の順番を待つ人がいっぱい。
f0141310_865984.jpg

 教室では、来年の干支の「へび」を作る。
f0141310_873958.jpg

 指導するのは、植田産業さんの従業員の皆さん。
f0141310_875482.jpg

 こちらが見本。
f0141310_88374.jpg

 皆さん、見本を写真に撮り真剣だ。
f0141310_885863.jpg

 こちらはこれまでの大会で作成したいろいろな干支の作品。
f0141310_894124.jpg

 この教室、17日(土)も開かれます。
 希望される方は、なるべく早い時間にお越しください。
 また、作品の展示は18日(日)まで行われています。
 是非、富士市発の紙の芸術文化を堪能ください。

by koike473 | 2012-11-13 08:14 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

「木を植えて 育てて活かす 緑の力」 第36回全国育樹祭でエコパアリーナへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、エコパアリーナ(袋井市)で開かれた第36回全国育樹祭に参加した。
f0141310_7212699.jpg

 私は、富士市の内山財産(旧吉原市の北部地域に広がる共有入会地の山林)委員としての参加だ。
f0141310_7215717.jpg

 前日の10日には、「あまぎの森」(伊豆市)で、平成11年の「第50回全国植樹祭」で天皇皇后両陛下がお植えになったヒメシャラ、ヤマボウシに施肥を行う「お手入れ行事」が行われた。
 11日は「式展行事」だ。

 前日から皇太子殿下がお見えになっているということで、朝6:10に公設卸売市場をバスで出発し、車中でIDカードが配られ、注意事項等の説明を受ける。
f0141310_722632.jpg

 エコパの駐車場に着いて、会場まで歩く間もものものしい雰囲気だ。後ろ前も関係ない!
f0141310_7224016.jpg

 チェックゲートには長蛇の列が。
f0141310_7225223.jpg

 空港と同じように、全ての持ち物が検査され、ペットボトル、傘等は持ち込みできない。
f0141310_7232282.jpg

 いよいよアリーナに入場。
f0141310_7232530.jpg

 しかし我々富士市のメンバー100人ほどの席は会場の一番端。
 おまけにメガネを忘れたため、ほとんど見えない!
f0141310_7248100.jpg

 オープニングアトラクションでは、この2つが。
 和太鼓と書道のパフォーマンス。
f0141310_7241593.jpg
f0141310_7243862.jpg

 上からのカメラで「環」の文字が。
f0141310_7244959.jpg

 地元の袋井南小のマーチングバンド。
 毎年全国大会で入賞しているとのこと。とても小学生とは思えない見事な動き!
f0141310_7252178.jpg

 皇太子殿下がお着きになって、おことばを。
f0141310_7261644.jpg

 表彰式、誓いの言葉、大会宣言、そして次期開催県である埼玉県知事のあいさつで式典が終了。

 いただいた弁当。
f0141310_727399.jpg

 県内の名産を使ったものだが、富士市のものがなく残念!
f0141310_7271776.jpg

 エンディングアトラクションを楽しんで、外に出ると雨と風が強い。
 全員が事前に配られたカッパを着て、更にバスに置いてきた傘もさして出店ブース通りを歩く。
f0141310_7274229.jpg

 ありました。富士つけナポリタン。
f0141310_7281041.jpg

 特命全権大志・ボンジョルノ小川さんに腕をふるっていただき、
f0141310_7282710.jpg

 できあがり、「つけナポ育樹祭バージョン!」
f0141310_7284381.jpg

 腹いっぱいになって帰ってきたが、「木を植えて 育てて活かす 緑の力」!
 この考え方とその行動を忘れずに!

by koike473 | 2012-11-12 07:33 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

「第三の男」の名曲が頭から離れない 第40回富士市社会福祉大会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日はロゼシアターで「第40回富士市社会福祉大会」が開かれた。
f0141310_7431680.jpg

 毎年この時期に、社会福祉分野で長年活動を続けてこられた方々を表彰するとともに、さまざまな活動発表や講演会が行われる。
f0141310_744290.jpg

 ロゼの中ホールは、ほぼ満席で埋まった。
f0141310_7442066.jpg

 要約筆記のグループの皆さんが、要領よく話をまとめ、スクリーンに写し出す。
f0141310_7443596.jpg

 市長表彰に続く社会福祉協議会会長表彰の中で、知った方が二人いらっしゃった。
 ともに保護司として9年活動されてきた勝亦智徳氏(右から2番目)と太田輝明氏(一番右)のお二人だ。
f0141310_74458100.jpg

 勝亦氏は、私が住む駿河台3丁目で富士動物医療センターをやっている獣医さんで、私の後援会長の勝亦正人氏のご子息だ。
 太田氏は、青葉台地区で自動車修理工場を経営されており、私の妻の実家である法雲寺(わきみず寺)の檀家役員さんだ。
f0141310_7452070.jpg

 表彰後に記念撮影。「長年ご苦労様でした。これからもがんばってください」。

 その後は富士マンドリンクラブの皆さんによる「懐かしのメロディー」。
f0141310_7453525.jpg

 福祉施設への慰問演奏やチャリティコンサートを定期的に開催しているそうだ。
 最後に演奏した映画「第三の男」のテーマ音楽が最高に良かった。
 CMでよく流れている気がするが、なんという曲だろう?

by koike473 | 2012-11-07 07:46 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

紙フェア、商工フェア、農林水産フェアと「フェアづくし」!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 この週末(3日、4日)は、産業関係のフェア(直訳は「品評会」?「展示会」?)が連日開催された。

 写真集でどうぞ。
 最初は、今年初めて開催した「富士山 紙フェア」。
f0141310_751366.jpg

 「紙のまち富士市」を全国に発信し、地場産業の紙パルプ産業のさらなる振興につなげようというもの。
f0141310_7514975.jpg

 ただし、今年は準備不足のためか?来年のプレイベントとの位置づけ。
f0141310_7524685.jpg

 富士高書道部・美術部と第六天太鼓による「書道パフォーマンス」は、涙が出そうになるほどだったが。
f0141310_7531636.jpg
f0141310_7534819.jpg
f0141310_7541166.jpg

 このフェアを通じて、産業振興にどうつなげていくか?
f0141310_7544396.jpg

 紙のバイヤーらしき姿は、私が会場にいる間は見えなかった。
 今年の成果の検証と、来年に向けたコンセプトからの組み立てが必要だ。

 次は、中央公園で開かれた「商工フェア」。
f0141310_7554011.jpg

 市内のさまざまな商業者、団体が出店している。
f0141310_7563327.jpg

 私もいろいろお土産を買った。
 ちょうどお昼前で、ステージや売店がにぎやかだった。
f0141310_757148.jpg
f0141310_7573284.jpg


 最後は、昨日(4日)の朝から「農林水産フェア」。
f0141310_7583863.jpg

 寒い朝だったが、抽選に並ぶ皆さんの長い列が。
f0141310_759647.jpg

 卸売市場の中は、新鮮な野菜、果物、魚などがいっぱい。
f0141310_7593823.jpg
f0141310_80643.jpg

 議長賞を受賞したサトイモは、うまそうと言うより「美しい」!
f0141310_803957.jpg

 もうじきマグロの解体ショーが。
f0141310_81591.jpg

 私も1本100円のダイコンを買ったが、大きさがずいぶん不揃い。
f0141310_8137100.jpg

 「人間と同じで、同じ大きさや味のものはできないだよね」の言葉に納得。
 さっそく大根おろし、サラダ、煮物にしていただいた。
 いよいよ冬が近づいてきた。

by koike473 | 2012-11-05 08:04 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)