カテゴリ:視察・研修・勉強会( 105 )

 

府中市(東京都)の全国初の取組み 道路や並木の点検、補修、清掃、剪定等を「包括管理委託」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日のブログは、先日議会の建設水道委員会で視察した府中市(東京都)の話。
f0141310_747373.jpg

f0141310_7472831.jpg

 府中市は、その名前が示すように、かつて武蔵の国の「国府」が置かれていたことに始まる歴史ある市だ。
 市の中心部には、天然記念物の指定を受けているケヤキ並木が伸びている。
f0141310_747385.jpg

f0141310_7474952.jpg

 人口は、富士市とほぼ同規模の25.5万人。
 視察で伺ったテーマは、「インフラマネジメントと道路包括管理委託」だ。
f0141310_748126.jpg

 高度成長期に集中的に整備した公共建築物やインフラ(道路、橋梁、上下水道等)の管理費の増大が、どの自治体でも大きな課題になっている。

 府中市では、インフラの劣化状況等の現状と課題を整理した「インフラマネジメント白書」、その上でインフラ管理に係る方針・計画をまとめた「インフラマネジメント計画」を作成している。

 その中心を成すのが「道路包括管理委託」だ。
f0141310_7483315.jpg

 これまでは、道路の維持管理・補修は、市の直営と複数の業務委託で行ってきた。
 それを、一定の面的エリアについて、補修、清掃、並木の剪定等の作業を包括的に委託することにより、市民サービスの向上とコスト縮減を図ろうとしている。

 試行的に取り組んでいるエリアは、ケヤキ並木を含む市の中心エリア。
f0141310_7491964.jpg

 ブルーで塗られたエリアが対象区域。
f0141310_749453.jpg

 受託側は、地元の建設会社等で構成するJVだ。

 一番のコスト縮減項目は、市職員の人件費だそうだ。
 民間のノウハウを活かした判断、行動で充分対応できているようだ。
f0141310_7493680.jpg

 現場を見学したが、「維持管理」は、「できて当たり前」という面があるので、なかなか成果はわからない。
f0141310_7495399.jpg

f0141310_750481.jpg

 この補修が該当?
f0141310_750121.jpg

 26年度から3年間、全国でも初の取組みとして行われている。
 3年間が終了した後、改めて成果を伺ってみたい。

 おまけは視察メンバーの記念写真。
f0141310_750246.jpg

by koike473 | 2015-10-27 07:52 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

基礎工事が始まっていた高層庁舎工事を中断・見直しして完成した太田市役所と清水市長

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、先週視察で訪ねた太田市(群馬県)の話。
f0141310_7263693.jpg

f0141310_7265076.jpg

 太田市は、富士重工業(スバル)の街として有名だ。
f0141310_727069.jpg

 それとともに、現・清水 聖義(しみず まさよし)市長も有名だ。

 1995年に現職の市長に選挙で勝って就任し、既に20年だが、初当選の選挙の公約が「基礎工事が始まり、高層ビルとして建設が始まっていた新市庁舎建設の見直し」だったそうだ。
f0141310_7271775.jpg

 ウィキペデイアから引用すると、
 「太田市長就任後、選挙公約に掲げた太田市役所の新庁舎建設工事の見直しに着手。太田市では1994年11月から、市庁舎の老朽化に伴い、232億円もの建設事業費を計上した21階建ての新庁舎の建設を計画、工事が開始されていた。清水はこの豪華すぎる新庁舎建設を批判し、1995年6月16日をもって施工中の基礎工事を全て停止させる措置を取った。これに対し、地元の建設業者は反発したが、清水市長が自ら建設会社に出向いて説得を行い、1996年春、既に施工されていた基礎工事部分を利用した12階建ての新庁舎の建設が決定。10ヶ月以上にわたり中断していた工事は1996年3月22日に再開され、1998年3月25日に太田市役所新庁舎が竣工した。建設費は158億円に圧縮され、64億円が削減された。」
とある。

 当初21階建ての計画だった12階の現庁舎。
f0141310_7274150.jpg

 当然、議員・議会も21階建てに同意・議決した後の見直しだったので、その調整も難航しただろう風景が目に浮かぶ。
f0141310_7275740.jpg

 円形の建物が議場。

 宿泊したホテルの窓から。
f0141310_7281228.jpg

 当初計画だったら、ほぼこの2倍の高さだ。
f0141310_7282265.jpg

 視察内容の報告は、改めてということで。

by koike473 | 2015-10-22 07:32 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

久しぶりの県庁行き 富士産檜(ヒノキ)にも会えた

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日(4日)は、午後から県庁に出かけた。
f0141310_72254100.jpg

 新たな制度について情報収集・確認するためだ。
f0141310_7232365.jpg

 「静岡縣議會」。
 昭和12年(1937年)建築の重みを感じる。

 鈴木すみよし県議の紹介で、担当課長等に議員控室にお越しいただきレクチャーを受け、質問をさせていただいた。
f0141310_724209.jpg

f0141310_7233846.jpg

 廊下の腰壁は、県内産の木材を使用している。
f0141310_7235239.jpg

 控室の前は「富士産檜」。
f0141310_724196.jpg

 6月議会に向け、気合を入れて行こう!

by koike473 | 2015-06-05 07:31 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

サッカーのワールドカップ期間限定の駐日ブラジル大使館「紙管のパビリオン」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 14日(月)~15日(火)は、所属する内山財産委員会と須津山財産委員会の合同視察に出かけた。
 その中で、帰りに寄った一番タイムリーな話題の建物?の紹介を。

 サッカーのワールドカップは終了したが、東京にある駐日ブラジル大使館には、ワールドカップ期間に合せた「紙管パビリオン」が開設・公開されている。
f0141310_7155331.jpg

 設計は、「紙の建築」で知られる坂茂氏だ。
f0141310_7161747.jpg

 坂氏は、富士宮市に整備される富士山世界遺産センターの設計者でもある。
f0141310_7163153.jpg

 坂氏は、さまざまな災害の被災地で、紙管を組み合わせる方法で教会や仮設住宅を設計・建設している。
 現在、ブラジルでアマゾンのビジターセンター(木造)を坂氏が設計している関係で、ラーゴ駐日大使が坂氏に依頼したそうだ。
f0141310_7165265.jpg

 「紙のまち・富士市」としては、紙管がどこで製造されたのかが気になったが、福岡県内のメーカーさんだそうだ。
f0141310_7171100.jpg

 昨日は、ラーゴ大使がちょうど大使館におり、快く我々を迎えていただき、記念写真も。
f0141310_717107.jpg

 カシューナッツのジュースやチーズパンもふるまっていただいた。
f0141310_7172376.jpg

f0141310_7173380.jpg

 残念ながらブラジルは負けてしまったが、大使館に寄った私たちはブラジルが大好きになった。
f0141310_718169.jpg

 この「紙管のパビリオン」は7月18日までで解体され、紙管は別の場所で再利用されるそうだ。
 今日を入れてあと3日間。
 秩父宮ラグビー場のすぐ西側です。

by koike473 | 2014-07-16 07:20 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

今も昔も学生の街 多くの大学が集まる「御茶ノ水」界隈

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日のブログは、5月22~23日に参加した研修会場の明治大学」(駿河台キャンパスと「御茶ノ水駅」界隈のスナップを。

 まずは研修会場の「アカデミーコモン」(2004年開設)。
f0141310_7282120.jpg

 参加者の多くが市町議員で、研修看板の前で記念撮影(証拠写真?)を撮る人が目立つ。
f0141310_7283997.jpg

 学生たちは、そんなことにお構いなく、入口の階段で昼飯。
f0141310_7284774.jpg

 私は、隣りの「リバティタワー」(1998年開設)の学食へ。
f0141310_729792.jpg

 私が学生の頃(1977~82年)は、明治と言うと古く汚なったらしい(失礼!)校舎が残っていた。
f0141310_7291761.jpg

 新旧、どちらも御茶ノ水のランドマーク的な建物だ。
 1階では、応援団とチアガールが六大学野球のPR?
f0141310_7293921.jpg

 若さがうらやましい!
f0141310_7294898.jpg

 17階の学食へ。
f0141310_730916.jpg

 トリプルカレーも魅力的だったが、これはさすがに…。
f0141310_7302689.jpg

 カツカレーと野菜サラダを。
f0141310_7304157.jpg

 550円で十分満足!

 トイレに入ると「さすが明治」!
f0141310_7305063.jpg

 「前へ!」
f0141310_7305934.jpg

 歩く人を見ていると、やはり「御茶ノ水は、学生の街」だ。
f0141310_7311530.jpg

 久しぶりにニコライ堂にも回った。
f0141310_7312470.jpg

 そしてこの店もあった。
 画材の「レモン」。
 学生の頃、市川(千葉県)から、何度か出かけてきた。
f0141310_7314063.jpg

 レモンの袋に入れた製図用具を持ち歩くのがステータスだった。
f0141310_731485.jpg

 若い頃を思い出す御茶ノ水の街だった。

by koike473 | 2014-06-06 07:32 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

昨日、今日は、東京へ研修に来ています

昨日から、日本自治創造学会の研究大会を聴講に東京に来ている。
会場は、お茶の水にある明治大学。

全国から600名ほどの地方議員、首長、自治体職員等が参加している。

初日の昨日は、これからの議会・議員のあり方、国家戦略特区、インフラの老朽化対策等、タイムリーかつ大変刺激的な講演、ディスカッションを聴くことができた。

2日目の今日も、旬なテーマ、期待できそうな講師のオンパレードだ。

概要については、後日、改めてこのブログで紹介したいと思います。

by koike473 | 2014-05-23 07:37 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

新東名だけでなく「圏央道」のインパクトをどう取り込むか 「サンフロント21懇話会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週の金曜日(2月28日)は、「サンフロント21懇話会」の「富士地区分科会」に参加した。
f0141310_8205775.jpg

 大きなテーマは「新東名沿線にビジネス・チャンスをつかめ」だった。
f0141310_82114100.jpg

 新東名沿線のサービスエリア構想等の話が中心かと思っていたが、「物流」を中心とした基本的な話が聞けて勉強になった。
 下の写真は静岡新聞より。
f0141310_8213257.jpg

 最初は、㈱日通総合研究所の大島氏による「新時代の人と物の流れ」と題した基調講演。
f0141310_8214981.jpg

 新東名が開通し、新旧東名でその通行量は14%増加した。
f0141310_8215618.jpg

 現在の国内物流は、トラック輸送が90%以上を占めているが、運転手にとって労働時間(拘束時間)や賃金の面では年々厳しくなっており、人(運転手)がなかなか集まらない状況だそうだ。
 今でも、長距離の場合は、車内で泊まるのが当たり前になっている。
f0141310_8221750.jpg

 今後は、運転手も「毎日自宅で寝て出勤」という当たり前の生活パターンにするには、「乗り継ぎ方式」が必要であり、静岡県内の各インター周辺はその中間拠点になりうる。
f0141310_8222913.jpg

 後半は「パネル討論」。
f0141310_8224993.jpg

 小長井市長もパネラーとして参加。
f0141310_823076.jpg

 「フロント工業団地の残り2区画についても、進出を考えている企業からかなりの手ごたえを感じている」など、産業政策について熱く述べていた。

 そんな中で大島氏が発言した「圏央道の完成により物流が大きく変わる」は衝撃だった。
f0141310_8234085.jpg

 富士市民、あるいは静岡県民は、新東名ができ、東京、名古屋方面とのアクセスの向上に目が向きがちだ。
 しかしあと1~2年で圏央道の全線が開通すると、中央、関越、東北道等が大幅に利用しやすくなる。
 先日聴いた「富士ヒノキ」の北関東への販促も、それが前提だ。

 海外移転だけでなく、国内でもこうした変化を踏まえた大手メーカーの工場や物流拠点の再編・新規立地が進もうとしているそうだ。

 「圏央道」。
 これまで以上に、広いエリアを対象にした見方が重要だと感じた。

by koike473 | 2014-03-04 08:26 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

ベトナムと言えば…「アオザイ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、ベトナム視察のまとめを書こうと思っていたが、上手にまとまらないので…。

 ベトナム航空の飛行機。
f0141310_748057.jpg

 飛行機から見えた富士山。
f0141310_7481438.jpg

 西湖(山梨県)の上空あたりから。

 そしてベトナムと言えば「アオザイ」。
f0141310_7482979.jpg

 視察で伺った紺屋製紙さんの女性従業員の皆さんです。
 普段は着ないが、今回の視察に合わせアオザイ姿で出迎えてくれました。

by koike473 | 2014-01-23 07:50 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

ところ変われば…  ベトナムのバイクとトイレ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、ベトナムに行って驚いたこと2つの報告。

 まずは、このバイクの多さ。
f0141310_802562.jpg

 ハノイ市の人口は約700万人だが、バイクは約500万台走っている。
f0141310_804042.jpg

 自動車は日本の倍(日本で100万円の車が、ベトナムでは200万円)だが、バイクは同程度(10~20万円)。
 それでも人件費(日本の1/10以下)を考えたら高い買い物だが、とにかく若い人は皆バイクを買うそうだ。
f0141310_81429.jpg

 人気の順は、ホンダ、ヤマハ、スズキ。
f0141310_811964.jpg

 バスから見ているこちらはハラハラし通しだが、よくこれで事故が起こらないなと感心する。
f0141310_812969.jpg

 それでも年間12,000人以上の交通事故死者があるそうだ。

 2つ目は、このトイレ。
f0141310_814624.jpg

 レストランや店舗のトイレには、シャワーがついていてこれでお尻を流す。
 ベトナム式ウォシュレット?

 使ったトイレットペーパーは、脇のくずかごへ。
 トイレットペーパーの使用量は、一人当たり日本人の1%とのこと。
 まだまだベトナムの人にはなじんでおらず、トイレに流すのでなく、「もったいない」の考えか?

by koike473 | 2014-01-21 08:03 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

暑い、熱い、名古屋へ決算審議の研修に

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、名古屋に研修に出かけた。

 「地方議会議員のための決算審議のポイント」という研修だ。
f0141310_7164279.jpg

 会場は、名古屋NHKビル。
f0141310_7165845.jpg

 来月から始まる9月議会は24年度の決算を審議する。
 特に、水道、下水道、病院が対象となる公営企業会計の会計制度が、この2~3年で変わりつつあるので、そのあたりを自分としては勉強しなくてはと思っていた。
f0141310_7171372.jpg

 全国から38名の県・市議会議員が参加。

 研修の報告は、また後日まとめるとして、今日のブログは暑い(熱い)名古屋のオアシス「オアシス21」。
f0141310_7173093.jpg

 NHKビルのすぐ南側にあるシンボリックな施設だ。
 上部は「水の宇宙船」という名の大屋根。
f0141310_7175268.jpg

 屋根部分には、薄く水が張られている。
f0141310_718583.jpg

 10時前ならまだ涼しいかなと思ったが大間違い。
 昨日の名古屋の最高気温は35.0℃。富士市は31.8℃。
 灼熱だった。

 久屋大通りの並木は、写真は涼しげだが…。
f0141310_7182162.jpg

 立秋(7日)を過ぎたと言うのに、この暑さはいつまで?

by koike473 | 2013-08-09 07:21 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)