カテゴリ:まちづくり・都市計画( 103 )

 

しっかりしたイメージの共有と確実な歩みが必要な「コンパクトなまちづくり」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 7日(火)の晩は、今泉地区まちづくり推進会議に出席した。
f0141310_7105228.jpg

 富士市では、ほぼ全ての地区で毎年1回、地区に市長を招いての「行政懇談会」を開催している。
 その主体になるのが地区まちづくり推進会議であり、この日は、どのようなテーマで行政懇談会を進めるかの打合せを行った。
f0141310_7111037.jpg

 今年は冒頭、東京電力から「節電へのご協力のお願い」の説明が行なわれた。
f0141310_7112233.jpg

 厳しい立場にいるのはわかるが、ネクタイをはずしたクールビズ姿で来場し、自らの姿勢を示すべきだったのでは?

 続いて、昨年度計画がまとまり、本年度からスタートした「第五次富士市総合計画」について、市の企画課から説明が行われた。
 この日は、計画書の概要版が配られ、それを基に概略が説明された。
 右が概要版で、左が厚い本編。
f0141310_7114054.jpg

 中を開くと、概要版は圧縮しているのがよくわかる。
f0141310_7115287.jpg

 これまでと、これからの10年間の大きな違いは、富士市の人口が初めて減少することだ。(減少傾向は、その先もずっと続く)。
f0141310_7121643.jpg

 そして少子高齢化と生産年齢人口(15~65歳)比率の低下が一層進む。

 それと特筆されると言うか、気になった?のが「コンパクトなまちづくり」のイメージだ。
 計画では、「市街地整備」の項目で「・・・まちなかへの主要な都市機能の集約化と、各地域においては、生活に必要な施設の集約化によるコンパクトなまちづくりを目指します。」とある。
 本編では、資料編の最後に「付け足し」のように載せられたイメージ図(国土交通省が作成したもの)が、概要版では、この項目の中央にせいせいと掲載されている。
f0141310_731751.jpg

 ページ数が限られた概要版にせいせいと載せているところに、「コンパクトなまち」に関するイメージの共有化の難しさが現れている気がする。
 そしてこの図、よく見るとわかるが、ぱっと見は、都市構造改革を進めるとなおさら分散化が進むように見えるのだが?

 「コンパクトなまち」については、議会でもいろいろな考えがある。
 総合計画同様、本年度から施行された議会基本条例に基づく議員間のしっかりした討議と、確実な進展が必要だ。

by koike473 | 2011-06-09 07:18 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(4)  

姿を現した?コープとアピタ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 コープとアピタの建設工事が進んでいる。

 まずはコープ。
f0141310_7364227.jpg

 選挙期間中に、テナントの看板があれよあれよいう間にかけられた。
f0141310_7365953.jpg

 選挙カーでほぼ毎日ここを通ったが、多くの職人さん達が働いている。
 生協以外に、電器店、靴屋、アウトドアーショップ、ドラッグストア、寿司屋など?
 6月下旬のオープンらしい?

 そしてこちらがアピタ。
f0141310_7375645.jpg

 もうじき看板がかかる。
 1ヶ月半前(3月下旬)は、まだ基礎工事をやっていたのに。
f0141310_7381499.jpg

 着々と工事が進み、カメラの枠に収まらない。
 そしてこれは北側の道路が完成した3月下旬の写真。
f0141310_7383726.jpg

 これが右左折レーンの部分をアップにした5月9日の写真。
f0141310_7384964.jpg

 当初、右左折レーンの間に赤い「車線分離標」が設置されていたのだが、今は姿形もない。
 どうしたのだろうか?

by koike473 | 2011-05-13 07:40 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

タウンマネージメント吉原(TMO)23年度総会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

4月28日(木)は、タウンマネージメント吉原(TMO)の年次総会が開かれた。
f0141310_05146.jpg

私はTMO吉原の一会員であり、、また昨年度から就任した会の副会長、そして再開発部会のリーダーとしての出席だ。
f0141310_052795.jpg

あいさつする藤田会長。落語家らしい「揉み手」が特徴?
f0141310_054593.jpg

本年度は「つけナポリタンの勝負の年」!
f0141310_06533.jpg

小川リーダーからの説明に力がこもる。
f0141310_062315.jpg

11月のB-1グランプリの初出場、初優勝を目指している。
f0141310_063955.jpg

再開発部会は、3年間の研究期間を終え、今年からは具体化する準備組合設立の動きを支援する取組みをしていく。
f0141310_07310.jpg

選挙が終わり、さまざまな活動が再スタートだ。

by koike473 | 2011-05-06 00:08 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

完成した旧ユニー吉原店北側道路

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨年の夏から工事が始まった旧ユニー吉原店北側の道路整備が終了した。
 工事当初からの写真を追っていくと、様子がよくわかる。

 国道139号との交差点では、右折レーンが設けられ、スムースな流れが確保される。
f0141310_725490.jpg
f0141310_73131.jpg
f0141310_731275.jpg
f0141310_732837.jpg

 南側の歩道も整備され、歩行者も安全だ。
f0141310_744665.jpg
f0141310_752320.jpg
f0141310_772884.jpg
f0141310_754132.jpg

 郵便局入口の階段工事で、関連工事も全て終了のようだ。
f0141310_775228.jpg

 アピタ富士吉原店の工事も急ピッチで進んでいる。
 ついこの間までは、パワーショベル等の大型重機が数多く入っていたが、今はその姿はない。
f0141310_781563.jpg
f0141310_782332.jpg
f0141310_782933.jpg

 東北の被災地では、ガレキを片付ける重機も津波で流され不足している。
 年度末の繁忙期がほぼ終了し、他の地域では公共工事が一段落する。
 23年度の工事発注が多少遅れてでも、この時期には、全国から空いている重機を被災地に集中して集めるような方策が必要だと思う。

by koike473 | 2011-03-28 07:10 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

サーキットでなく宿場町・鈴鹿の再開発

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、16日(水)に出かけた鈴鹿市(三重県)の再開発の話。

 鈴鹿市(人口約20万人)のかつての中心であった神戸地区は、伊勢神宮につながる伊勢街道沿いにある歴史ある宿場町だ。
f0141310_7353977.jpg

 しかし中心となる鉄道駅から離れ、近年の衰退は著しかった。
 今回視察訪問したのは、神戸地区のC地区(ベルコモン神戸)だ。
f0141310_7361096.jpg

 道路拡幅工事に合わせ、再開発を行った。
 道路は再開発エリア側に拡幅されたため、反対側には昔ながらの家並みや、しゃれた洋食屋さんが。
f0141310_736247.jpg
f0141310_7363788.jpg

 この再開発の特徴は、経済縮小の時代でも成り立つように、「小さく小さく行なった再開発」ということだ。
 法律で建てられる大きさの4割に留まっている(法定容積率300%に対し123%)。
f0141310_7371041.jpg

 「ベルコモン神戸」という名前だが、切妻屋根とするなど、宿場町の歴史に合わせた景観にも配慮している。
f0141310_7372925.jpg

 また、住宅(マンション)は8階建てで21戸あるが、どれも購入者の希望に応じたオーダーメイドの設計で対応するなど、販売しやすいような工夫もされた。

 一方、商業施設(スーパーマーケット)と屋上駐車場が入る商業棟は、コストを抑えるために鉄骨造としている。
f0141310_7375775.jpg
f0141310_738371.jpg

 週に一度「朝市」が行なわれる「パサージュ」(中央通路)。
f0141310_7381778.jpg

 更にヒアリングの中では、低利(ほぼ0%)の融資を受けるための工夫、テナント誘致、住宅完売を進めるためのさまざまな工夫や苦労について話を伺った。
f0141310_7383432.jpg

 中でも再開発組合の理事長としてこの事業を引っ張ってきた長谷さん(写真中央:自転車屋さん)の「この街を守らなければの気持ちだけでやってきた」という言葉が印象的だった。

by koike473 | 2011-02-23 07:41 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

桑名駅前(三重県)の再開発視察

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 16日(水)は、桑名市、鈴鹿市(いずれも三重県)に視察で出かけた。
 TMO吉原の再開発研究会で当初1月に行く予定だったが、雪のため東名が通行できず、延期になったものだ。
f0141310_6573355.jpg

 今日は桑名の話。
f0141310_6232441.jpg

 桑名駅前に建つ「サンファーレ」は、全国でも初めての「再々開発ビル」だ。
 向かって左側が公共施設、店舗、駐車場が入る「北館」、右側が店舗、商工会議所、マンション(95戸)が入る18階建ての「南館」。
f0141310_6234662.jpg

 説明は、古い再開発ビルの閉鎖時点から関わっている㈱まちづくり桑名の小林さん。
f0141310_624873.jpg

 古い再開発ビルの「パル(PAL)」は、都市再開発法に基づく全国で最初の再開発ビル。
 ジャスコをキーテナントに、駅前の商業ビルとして大変繁盛したそうだ。

 しかし郊外への大規模ショッピングセンター進出とバブル崩壊で閉店した。
 地元の商業者の皆さんでつくった開発会社も倒産し、駅前に無人の幽霊ビルができてしまった。

 権利関係が複雑で、地価(床単価)も大幅に下落した中では動きがなかったが、1人のキーマンにより再々開発の動きが出てきた。
f0141310_6244782.jpg

 地元のデベロッパーの参画を得て、事業化に。

 当初は、以前の「商業ビル」を目指したが、現在の状況(周辺に大型SCが立地)では商業テナント誘致は難しく、行政機関やサービス機関が入る「複合ビル」で何とか事業が成立した。
f0141310_6251312.jpg

 それでもテナントの撤退が目立つ。
f0141310_6252510.jpg
f0141310_6253193.jpg

 すぐ近くに大型SC(アピタ:屋上が駐車場)が見える。
f0141310_6255356.jpg

 サンファーレの裏に位置するアーケードの「桑名一番街」もこのような寂しい状況。
f0141310_6262416.jpg

 一方、同じ駅前の反対側に残る?JR駅に直結する古いビルは、いろいろな店舗(特に飲食系)や事務所が入っている。
f0141310_6263727.jpg
f0141310_6264649.jpg

 何だか皮肉だ。
f0141310_627351.jpg

 「JRの駅前」という吉原にはない好立地なのに「商業は厳しい」という現実に、私を含め参加者の皆さんは驚きを隠せなかった。

by koike473 | 2011-02-22 06:29 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 旧ユニー吉原店と明治製紙の跡地に開店予定の「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」の建設工事が進んでいる。

 まずはアピタ吉原店。
 昨年12月の写真。まだ、古い建物の基礎を解体しているようだったが。
f0141310_23224271.jpg

 2月7日の写真。
f0141310_2323480.jpg

 新しい建物の基礎部分の土工事が進んでいる。

 そして北側の道路も、大月線(国道139号)の横断歩道橋から見ると、整備が進んでいるのがよくわかる。
 昨年9月。
f0141310_23232156.jpg

 12月。
f0141310_23233244.jpg

 そして昨日。
f0141310_23235051.jpg

 郵便局の前も歩道整備が急ピッチだ。
 こちらが12月。
f0141310_2324764.jpg

 これは昨日。
f0141310_23242075.jpg


 そして「コープ富士中央店」。
 去年の9月には、土の入れ替えを行なっていた。
f0141310_23243590.jpg

 確か、今年1月末から鉄骨が建ち上がり始めたと思っていたら、何日かでここまでできてしまった。
f0141310_2324569.jpg

 屋上の駐車場に出入りするスロープ部分も形がわかるようになった。
f0141310_232586.jpg

 2つのショッピングセンターは、ともに今年の秋にはオープンする予定だ。
 品揃え、商圏と人の流れ、そして吉原商店街への影響など、いろいろな意味で注目しなければ。

by koike473 | 2011-02-08 23:27 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

信号で渡る踏切と臨港富士線の開通

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 旧吉原自動車学校跡地を通る都市計画道路臨港富士線が12日に開通した。
 岳南鉄道の「清朝」、「日産南」の2つの踏切での踏切信号も同時に供用された。
f0141310_2363279.jpg

 この臨港富士線は、田子の浦港から市役所前の通称「青葉通り」につながる市内の幹線道路だ。
 しかし旧吉原自動車学校部分がなかなか抜けなかったため、周辺の交差点等では、朝夕は相当の渋滞が発生していた。
 更に自動車学校部分の道路形態が出来上がった後も、踏切への信号設置について国等との協議が長引き、工事がなかなか進まなかった。
 それが何とか整い、ようやく開通したわけだ。

 清朝踏切の南側
f0141310_2365237.jpg

 清朝踏切の北側。ジヤトコの正門方向からは、南に向い踏切を越えても臨港富士線に右折はできない。
f0141310_237627.jpg

 日産南踏切に向けて、左折で踏切を渡ろうとする車が並ぶ。これまで三角形の2辺を通っていたのを、1辺で行こうとする車だ。
f0141310_2373189.jpg

 しかし、日産南踏切を東から横断してきても、臨港富士線に右折侵入できないため、そういう車両は従来どおりこの交差点で右折。
f0141310_23831.jpg

 ここも交差点改良を行なった。
f0141310_2381640.jpg

 供用されてからまだ数日だ。
 どう通行できるかわからない車両もあるはずだ。
 しばらく車両の流れ等を注視していくことが必要だ。
 それと、道路敷地に使いずいぶん狭くなったが、市が購入した昭和自動車学校跡地の利用方法もだ。

by koike473 | 2011-01-16 23:11 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

ユニー吉原店から「アピタ吉原店」へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 国久保(吉原地区)にあった旧ユニーの解体と、北側の道路整備工事が順調に進んでいる。

 解体工事は、9月頃から始まり、しばらくの間古い建物がそのまま残っていたので、「がんこな建物だったんだなー」と思っていた。
 ところが今日、大月線(国道139号)を自転車で北上した際、しばらくぶりに歩道橋に上がってみて驚いた。

 古い建物はすっかり撤去され、既に整地工事に入っているようだ。
f0141310_23511991.jpg

f0141310_23501946.jpg

 北側の道路も拡幅が進み、歩道の整備も順調だ。
f0141310_23513547.jpg
f0141310_23525644.jpg
f0141310_23515276.jpg

 狭かった旧大淵街道との交差点も、ずいぶん広くなり、歩行者、自動車ともに安全になりそうだ。
f0141310_2352955.jpg
f0141310_23522523.jpg

 しかし、郵便局の駐輪場と道路に面した駐車場(5~6台のスペース)は、無くなることになりそうだ。
f0141310_23531961.jpg

f0141310_0444695.jpg
 それでなくとも駐車場が足りない郵便局は、周辺にスペースを確保できるだろうか?
 年末に向けて郵便局周辺の工事も本格化するだろう。
 そしてその後、「アピタ吉原店」も徐々に形を現してくるだろう。

 皆さん、吉原の本局に年賀状を投函に行く際には、周りのさまざまな動きや事故に気をつけましょう!

by koike473 | 2010-12-15 23:53 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

コープしずおかとアピタの工事が始まった!

 吉原にある旧明治製紙跡地の工事が始まった。
 「コープしずおか(生活協同組合)」が買取り、1年以上も前から更地になっていた。
 当初は、大和ハウスグループが開発主体となり動いていたようだが、その後オリックスグループの看板が建ち、今月中旬から、ほこり等飛散防止?のためのシートを張る工事が始まった。
f0141310_23344318.jpg

 そして数日すると、重機が入りいよいよ本格的な工事が始まったようだ。
f0141310_2335421.jpg

 写真の中央奥では、旧自民党第5支部の建物も解体工事が行なわれている。

 そしてこちらは、その300m程北側に位置する旧ユニー吉原店の解体工事。
f0141310_233617.jpg
f0141310_23352266.jpg

 8月中旬に閉店し、すぐに整理・解体工事が始まった。
f0141310_23354331.jpg

 「地区計画」に基づき、北側の道路の整備もこれから本格化する。
f0141310_23361981.jpg
f0141310_23362927.jpg

 来年後半には、この近辺はジャンボエンチョー、しずてつストアの既存店に加え、コープのSC、アピタが開業し、新しい商業エリアが形成されることになる。

 300mほど東側から始まる吉原商店街は、どうすべきだろうか?

 今日行なわれた9月議会の環境経済委員会でこんな意見が出た。
 補正予算を審議する場で、「つけナポリタンやアーケード改修に予算がつけられているが、商店街本体の建物の耐震性とやる気はどうか?」

 明日(30日)は、TMO吉原の再開発研究会だ。

by koike473 | 2010-09-29 23:38 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)