カテゴリ:まちづくり・都市計画( 103 )

 

24時間動いている大都市・名古屋

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週、所属する議会の会派・市民クラブで出かけた視察では、2日目は名古屋駅前のホテルに泊まった。
 次の朝、6:30過ぎからホテル周辺を歩いた。
f0141310_7144069.jpg

 高層ビルがあちこちにある。
f0141310_715178.jpg

f0141310_7153277.jpg

 既に外壁の清掃を行っている。
f0141310_7154212.jpg

f0141310_7155496.jpg

 そして建設中のビルでは、建設作業員の皆さんが現場に入り始めている。
f0141310_7165100.jpg

 東京や大阪同様、再開発ラッシュが続いている感じだ。
f0141310_716166.jpg

 駅から出てきたり、駅に向かう人はまだ少ないが、「現場」はこの時間から動いている。
 「大都市」を感じた。

by koike473 | 2014-09-03 07:18 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

「NPO法人まちづくりサポーターFUJI」と再開発ビル「呉服町タワー」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、夕方から久しぶりに静岡に出かけた。
 「NPO法人まちづくりサポーターFUJI」の認証記念講演会を聴くためだ。
f0141310_743222.jpg

 議員になる前に勤務していた当時の㈱川口建築都市設計事務所の川口宗敏顧問(前静岡文化芸術大学教授)が理事長、川口良子所長が事務局を務める、そうそうたる皆さんが理事のNPOだ。
f0141310_7432486.jpg

 講演会の様子は写真に撮れなかったが、近年問題が顕在化してきた「インフラの維持管理・更新」等に、いかに「官民連携」を組み込んでいくかをテーマにした鼎談は、大変参考になった。

 少し早めに行って見学した再開発ビル「呉服町タワー」を写真集でどうぞ。
f0141310_7434448.jpg

 呉服町タワーは、静岡伊勢丹の向かい側にあり、県庁との間に位置する。
f0141310_7435737.jpg

 県庁の展望フロアからも大きく見える。

 1、2階が商業フロアで、3~7階が駐車場、8~29階が住宅(マンション)という構成だ。
f0141310_7443277.jpg

 1階は、TUTAYAと提携した「すみや」等が入る。
 2階は、健診センター等。
f0141310_7443774.jpg

 外周部は、敷地境界からセットバックし、オープンスペース(歩道)を広く確保。
f0141310_7444537.jpg

 以前は、伊勢丹から更に先まで行く人は少なかったのでは?

 呉服町タワーの前に、このアーチが。
f0141310_7452059.jpg

 呉服町通りのモール整備を川口建築設計事務所が担当し、「東海道」をテーマに川口宗敏氏がデザイン。
f0141310_7452311.jpg

 街路灯も。
f0141310_745345.jpg

f0141310_7455041.jpg

f0141310_7465443.jpg

 このベンチも。
f0141310_747228.jpg

 静岡に行ったら、是非見て下さい。

by koike473 | 2014-08-22 07:48 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

事業化を見据えた新たなステップへ 吉原商店街第1街区再開発準備組合の検討会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 夕べは、吉原商店街第1街区再開発準備組合の検討会があった。
f0141310_7225675.jpg

 検討会は、準備組合になってからだけで22回目だ。
 権利者の皆さんと、協力業者のデベロッパーの方々と月に1回のペースで進めてきた。

 この日は、これまでさまざまな角度から検討してきた事業収支計画をもとに、再開発事業の企画提案書(案)の初稿について意見交換を行った。
f0141310_7231221.jpg

 今後はピッチを上げ隔週で検討会を行い、8月中には企画提案書にまとめ上げ、行政側(市)に提出する予定だ。
f0141310_723211.jpg

 一段ステップを上がることになる。
f0141310_7233096.jpg

 内田代表を始め、地権者の皆さん、もちろん私も真剣だ。
 あらゆるネットワークを使いながら、事業化に結びつけなければと思う。

by koike473 | 2014-07-10 07:24 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

新緑がまぶしい「杜の都・仙台」は都市計画のお手本

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、連休中に出かけた仙台の話。

 「杜の都・仙台」は、訪れる人にぴったりのイメージだ。
f0141310_802517.jpg

 駅周辺は、太平洋戦争で空襲を受けたため、戦後の復興区画整理事業により再建され、広い幹線道路や碁盤の目のような区画道路が整備された。
f0141310_811711.jpg

 70年近く経ち、当時の都市計画の見事な先見性に脱帽だ。
f0141310_812688.jpg

 特にケヤキ並木が美しい定禅寺通りや青葉通りは、新緑のこの季節は最高だ。
f0141310_814714.jpg

 上から見ても、下から見ても「杜の都」だ。
f0141310_88293.jpg

 また泊まったホテルに面した広瀬通りは、イチョウの並木がどっしりしていて、朝の散歩が快適だった。
f0141310_824049.jpg

 朝から高速バス乗り場は多くの人が並び、頻繁にバスが出発する。
f0141310_825035.jpg

 東北随一の大都会を実感する一方、前日に行った沿岸被災地との違いに切なさを感じずにいられない。
f0141310_83027.jpg

 仙台は何度か来たが、いつも泊まるだけだった。
 今回は、「るーぷる仙台」という仙台市が運行している乗り降り自由の観光周遊バスに乗った。
 9:00の始発バスには既に多くの人が並ぶ。
f0141310_831960.jpg

 満員で出発し、藩祖・伊達正宗公の霊屋(墓所)「瑞鳳殿」へ。
f0141310_833380.jpg

 「貸し杖」を借りて階段や坂を登る。
f0141310_834637.jpg

f0141310_84469.jpg

 観光ボランティアガイドさんの説明がわかりやすい。
f0141310_841588.jpg

 ただ見て回るのとは大違い。
f0141310_842296.jpg

 他市に来て、改めて富士市のボランティアガイドさん達の大切さを感じる。
f0141310_843014.jpg

 「るーぷる仙台」は、15か所のバス停(観光ポイント)を回りながら、1時間15分で1周する。
f0141310_845678.jpg

f0141310_8105727.jpg

 連休中は15分間隔で運行し、使い勝手が良い。
f0141310_852996.jpg

 そしてやっぱり最後は、独眼竜・伊達正宗の仙台城址の写真で。
f0141310_854568.jpg

by koike473 | 2014-05-09 08:11 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(2)  

吉原商店街の大きな希望! 二人の後継者が語る「我が経営」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 夕べは、タウンマネージメント吉原(TMO)の公開例会に参加した。
f0141310_7385298.jpg

 公開例会は、しばらく休業状態だったが、本年度から何回か開催している。
 私は本年度初めての参加だった。

 と言うのも、「我が経営を語る」とのテーマで、2人の若い(20代、30代)後継者(息子さん)が登場したからだ。
f0141310_739769.jpg

 一人は、ライフバケットナイトウ(内藤金物屋)の内藤佑樹さん。
f0141310_7392378.jpg

 大学卒業後、システムエンジニア(SE)として東京で数年間働き、昨年吉原に戻ってきたそうだ。
f0141310_7393590.jpg

 SEの経験を活かし、インターネットを活用した販売戦略に取組んでいる。
 ホームページフェイスブック等で、これまでになかった成果が徐々に表れているようだ。
f0141310_7401944.jpg

f0141310_740385.jpg

 また「量販店ではできない、生活用品のプロ(専門家)としてアドバイスできることをお伝えしたい」という言葉が印象的だった。

 発表の後、参加者からは「ネットを使えない高齢者への対応を」、「亡くなったおばあちゃんに会いに来るのを楽しみにしていた『おなじみ』さんが、ゆっくりできるようなスペースを」等の提案が。

 もう一人は、お茶のくぼた園の窪田寛之さん。
f0141310_7411225.jpg

 彼は大学卒業後、浜松で塾の講師として3年間働き、5年前に実家に戻り、店で修業を始めている。
f0141310_7412547.jpg

 「芸人」のようなしゃべりで、会場を明るくしながら、塾時代の経験や、お茶の仕事について話が進んだ。
f0141310_7414510.jpg

 初めてわかったお茶の奥深さ、自分の店のお茶のおいしさ、それを伝えるためのアイデア等々、あっという間に時間が過ぎた。
 最近では、市内全域を自転車で配達する「エコ配達」に力を入れているそうだ。

 参加者からは、「アイデア(喫茶コーナー設置)を実現させるための動きを」、「再開発ビルができたら、荒茶から製品までの工程が目で見えたり、匂いでわかるようなコーナーを」等の提案が。

 「若い後継者2人ができたことは、商店街にとって『奇跡的』!」。
 事務局(商工会議所)の弁だが、本当にそう思う。
 しかし「何と頼もしいことだろう!」

 でも、両人ともお父さんと「正反対」は何故?

by koike473 | 2014-03-19 07:47 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(2)  

キミサワ駿河台店が10月末で閉店 「買い物難民」が現実化?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 2日間の常任委員会の視察から帰ってきた。
 多くの収穫があった。
 視察内容については、改めてこのブログでも紹介したい。

 ところで今日は、衝撃のニュース。
 「キミサワ駿河台店が今月いっぱいで閉店」とのことだ。
f0141310_754413.jpg
f0141310_7544757.jpg

 店の入り口にも張り出されている。

 キミサワ駿河台店は、30年以上にわたりこの場所で営業し、店長も「皆様の台所・キミサワです」とよく言っていた。
f0141310_75586.jpg

 イオン系列になり、いろいろな面で期待もしたのだが。
f0141310_7551689.jpg

 それが急な閉店だ。
 駿河台地区を中心に、毎日おそらく数千人の食料等を供給し、住民も便利で安定した生活を送る基本となってきた店だ。
 特に、近所の高齢の皆さんは、毎日買い物車を押しながらキミサワに買い物に行くことで、地域社会と接し、身体的・精神的な健康を保ってきた方も多いはずだ。
f0141310_7553111.jpg

 次は100円ショップが入るようなだが、生鮮食料品は期待できそうにない。
 キミサワ以外に最も近いスーパーでも、歩いて行くのは困難だ。

 単なる「買い物難民」化だけでなく、地域の生活そのものが危うい事態になることが懸念される。

 これは困ったことだ。

by koike473 | 2013-10-24 07:57 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(2)  

富士高の同窓会総会で小長井よしまさ氏が決意表明!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 17日(土)は、富士高の同窓会である「富友会」の年次総会が開催された。
f0141310_7201536.jpg

 今年は、私にとって2つの意味で特別な富友会だった。
 1つは、同窓会の副幹事学年として準備に関わったことだ。
f0141310_7293316.jpg

 60歳を迎える学年が幹事となり、その下5年ごと、つまり55歳(我々)、50歳、45歳となる学年が副幹事として幹事団を構成する。

 何度かの打合せを経て、我々の学年は受付を担当。
f0141310_7245575.jpg

 込み合ってきた。
f0141310_725813.jpg

 開会すると校旗入場。
f0141310_7254673.jpg

 旧制中学、新制高校の2本の校旗。新制高校の旗手も我々の学年が担当。
f0141310_7255417.jpg

 昨年から同窓会長に就任した小室前富士宮市長。
f0141310_726820.jpg

 3階にあたる上の部屋から見おろすと、年配の方が多い。
f0141310_7262088.jpg

 そして2つ目の「特別な意味」とは、小長井よしまさ氏を市長選候補として応援していこうという機運が盛り上がったこと。
f0141310_7263615.jpg

 総会の後の懇親会で、「小長井よしまさ後援会 富友会有志の会」会長の田辺前富友会会長から、「同窓生全体で応援していただきたい」との紹介があった。
f0141310_7265564.jpg

 前日に、鈴木尚市長が不出馬を正式に表明したこともあり、会場からは大きな応援の声が上がった。
f0141310_727680.jpg

 忙しくなる。

by koike473 | 2013-08-20 07:31 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

鈴木尚市長引退の報道と「平成25年度 富士市戦没者追悼式」に思うこと

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今朝の静岡新聞を見て驚いた。
 鈴木尚市長が、今日、12月の市長選不出馬を表明するとのこと。
 市長就任当初から言っていた「3期12年」の公約を守る形となる。
f0141310_861885.jpg

 鈴木市長、お疲れさまでした。

 これで市長選は、ほぼ植田、小長井の両氏の戦いで固まる見通しだ。
 来週から、動きが急になりそうだ。



 昨日は8月15日。
 平成25年度富士市戦没者追悼式がロゼシアターで挙行された。
f0141310_862719.jpg

 また同じロゼの1階では「平和のための富士 戦争展」が開催されている。
f0141310_86355.jpg

 毎年のことだが、「平和希求と戦争阻止」の思いが募る。
 しかし今年は、いろいろな意味で特別だった。

 日本を取り巻く東アジアの緊張、国内での憲法論議と集団的自衛権と自衛隊のあり方等々、ここに来て「日本の国と平和」を考えることが多い。
 私の息子(長男)は、海上自衛隊の自衛官だ。
 詳しいことは言わない(防衛機密だから当然か)が、最前線で勤務することが多いようだ。

 第二次大戦で富士市から出征し、戦争で亡くなった方は3,697名(柱)だ。
 昭和20年以降、その数字は幸いにも増えていない。

 日本国民として、親として、今後も増やすことは許さない。

by koike473 | 2013-08-16 08:08 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

「1期4年で答えを出す!」 小長井よしまさ後援会 富友会有志の会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 7月31日(水)の晩は、「小長井よしまさ後援会 富友会有志の会」が行われた。
f0141310_7401632.jpg

 12月の市長選に出馬表明した小長井氏の応援団の一つだ。
 「富友会」は、富士高の同窓会だ。
 その同窓生の有志が立ち上げた会だ。

 会場は、JA富士市の農協ホール。
f0141310_7424165.jpg

 各卒業学年の有志中心メンバーが声掛けし、多くの皆さんが入場する。
f0141310_7425374.jpg

 開会前の壇上。
 私は開会のあいさつを。
f0141310_743271.jpg

 まずは、先日の常任幹事会で決定した富友会としての推薦状が小長井氏に手渡された。
f0141310_7431683.jpg

 「有志の会」会長をお引き受けいただいた田辺前富友会会長。
f0141310_7455260.jpg

f0141310_7433775.jpg

 大先輩になる野沢前県議。党派、会派を超えた応援。
f0141310_7434858.jpg

 そして小長井氏の改めての決意表明と政策発表。
f0141310_744996.jpg

 「生涯青春都市・富士」を都市像とする「富士市未来化計画」と名付けた。
f0141310_7442165.jpg

 それぞれの政策分野ごとに、「今すぐ取組む施策」、「じっくり取組む施策」を分類した。
f0141310_7442926.jpg

 3つの柱からなる推進体制。
f0141310_7444374.jpg

 目に見える形にするのに「1期4年で答えを出す」と締めくくった。
f0141310_7451696.jpg

 決意を前面に出しての45分だった。
f0141310_7452714.jpg

 最後は全員でガンバローエール。
f0141310_7453580.jpg

 あと4ヶ月。
 私も精一杯応援していくつもりだ。

by koike473 | 2013-08-02 07:47 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

次のステップに向けた検討が必要な吉原商店街第1街区再開発準備組合

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨夜は、吉原商店街第1街区再開発準備組合の検討会があった。
f0141310_7475370.jpg

 昨年4月から「準備組合」としての検討会が月1回のペースで始まり、今回で12回目だ。
 夕べは、富士市市街地整備課の担当者を講師に招き、「富士市の再開発の現状と再開発のしくみについて」ミニ講演をお願いした。
f0141310_748899.jpg

f0141310_7483178.jpg

 具体的には、本年度から本格化する富士駅南口の再開発事業と、ここ何回かの検討会で大きなテーマになりつつある「補償費」の考え方を学ぶものだ。
f0141310_7484553.jpg

 富士駅南口の事業は、地権者の皆さんがかなりのリスクを背負いながらも、事業成立に向けて御苦労している状況がよくわかった。
f0141310_7485974.jpg

 また「補償費」についても、事業推進=権利者の全員同意と事業の収支バランスとの関係から、その落とし所をどう考えるかはなかなか難しい。
f0141310_74926100.jpg
f0141310_7493498.jpg

 吉原第1街区も、そろそろこうした「補償」を踏まえた具体的な事業計画を検討していく時期になりつつある。
 準備組合として、地権者の皆さん一人ひとりの考えや意向を把握していく作業が始まる。
 役員の皆さんが中心になるが、私もできる限りサポートしていくつもりだ。

by koike473 | 2013-06-21 07:50 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)