2017年 11月 17日 ( 1 )

 

超先駆的な黒部市(富山県)の下水道バイオマスエネルギー利活用施設

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 何だかんだで、とても忙しくなってきた。

 ブログも整理がつかないが、黒部市の話をさわりだけ。

f0141310_08383443.jpg

 10月に本年度所属する議会の建設水道委員会で黒部市(富山県)の下水道浄化センターを視察した。

f0141310_08384285.jpg

 下水処理場では、処理後汚泥が発生する。

f0141310_08390835.jpg

 これは、どの自治体でも購入した電気で乾燥させ、処理している。

 黒部市では、汚泥(下水道、農業集落排水)、家庭から出る生ごみ(ディスポーザーで下水管を通して収集)、食品残渣(コーヒー粕)を混合し、メタン発酵させバイオガスを取り出している。

f0141310_08380837.jpg
f0141310_08375706.jpg
f0141310_08304881.jpg

 そのバイオガスを使い、汚泥を乾燥させ、また発電を行っている。

f0141310_08381749.jpg

 これにより、浄化センターで利用する電力の5080%を賄っているそうだ。

f0141310_08385924.jpg

 国交省、農水省、環境省、厚労省など、省庁を超えた超先駆的な取り組みだ。

 多くの自治体が視察に訪れている。

f0141310_08385188.jpg

 富士市も是非見習いたい。

 最後は、雪国ならではのラッセル車の写真で。

f0141310_08382641.jpg


by koike473 | 2017-11-17 08:43 | Trackback | Comments(0)