2017年 05月 10日 ( 1 )

 

ユネスコの無形文化遺産に登録 あでやかな彫刻がすばらしい鹿沼市の屋台

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日は、4月に視察で行った鹿沼市(栃木県)の屋台の話。

 下水道汚泥から出るガスを利用した発電等の施設の後、「屋台のまち中央公園」に寄った。

f0141310_07594401.jpg
f0141310_07593719.jpg

 鹿沼市の屋台(「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」)は、何と「国指定重要無形文化財」どころか、「ユネスコ無形文化遺産」に指定されているそうだ。

f0141310_08021603.jpg

 「屋台のまち中央公園」にある屋台展示館には、3つの町内(銀座2丁目、久保町、銀座1丁目)の屋台が常設展示されている。

f0141310_07595124.jpg

f0141310_08015662.jpg

 併せて音や映像で鹿沼の秋祭りや屋台の歴史を紹介している。

f0141310_07591070.jpg
f0141310_07585411.jpg
f0141310_08020829.jpg

 特に彫刻の技術がすごい。

f0141310_07592663.jpg

 これは1本のケヤキから彫り出したもので、手前の丸い彫り物の中に丸い木の玉が入っている。

f0141310_08010490.jpg

 後から玉を入れたのでなく、側も中(玉)も同じケヤキから彫り出したそうだ。すごい!

f0141310_08000075.jpg

 鹿沼の屋台は、古いものは200年以上前に造られたそうだ。

f0141310_08013804.jpg
f0141310_08014832.jpg

 吉原の山車とはちょっと歴史が桁違いだ。

 こちらはJR鹿沼駅前にある上野町の屋台収蔵庫。

f0141310_08011634.jpg

 公会堂と兼ねているようだ。

f0141310_08012595.jpg

 どちらも駆け足の見学だったが、次は本物の秋祭りを観てみたい。


by koike473 | 2017-05-10 08:07 | Trackback | Comments(0)