2014年 07月 02日 ( 1 )

 

愛鷹山麓の林で「皮むき」方式の間伐体験

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日で6月定例議会が終了した。
 最終日は副議長選挙等、議会の人事に関する案件で緊張した1日だった。

 先週の土曜日(6月28日)は、NPO法人ふじ環境倶楽部で午前中の総会の後、午後は愛鷹山(須津山)の森林に間伐に出かけた。
f0141310_7293834.jpg

 場所は、ふじ環境倶楽部の会員の鈴木すみよし県議の所有する森林だ。

 2年前に、「皮むき」の手法で立ち枯れさせたヒノキを間伐する。
 樹皮が白っぽい木が「皮むき」した木だ。
f0141310_730166.jpg

 まずは、木を倒す方向を決め、そちらに「受け口」を作る。
f0141310_7302340.jpg

 斜めの後は、水平に切り込みを入れる。
f0141310_7304122.jpg

 上手にクサビ型というか、スイカ型にくり抜けた。
f0141310_7305070.jpg

 ヒノキのいい香が漂う。
f0141310_7305898.jpg

 今度は「追い口」を入れる。
f0141310_7315145.jpg

 そのまま倒れるかと思ったが、枝がかかっているので、他の間伐材を「てこ」にして根元を移動させてやっと倒す。
f0141310_732254.jpg

f0141310_7323577.jpg

 渡井代表(大松園)がチェーンソーで玉伐りに。
f0141310_7321271.jpg

 末口(細い方)の直径は約20cm。
f0141310_7322130.jpg

 長さ4mの材木は、ずいぶん水分が抜けているがとにかく重い。
 4人がかりでなんとか運び出した。
f0141310_7325193.jpg

 この日のもう一つの作業が「皮むき」。

 まずは小さなクワ?で皮に切れ目を入れる。
f0141310_7331083.jpg

 そこに竹のヘラを入れて皮を浮かす。
f0141310_7334114.jpg

 これを繰り返しながら皮をむいていく。
f0141310_7335259.jpg

f0141310_7344684.jpg

f0141310_734575.jpg

 そして四方から声を合せて皮をむく。
f0141310_7351034.jpg

f0141310_7352414.jpg

 何だか残酷なようだが、2~3年すると、確実に水分が抜け、安全かつ効率的に間伐ができるとのこと。
 再来年の総会後に、再びこの山へ来てみよう。

by koike473 | 2014-07-02 07:38 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(0)