2014年 01月 09日 ( 1 )

 

深刻だ! 元吉原地区の海岸線の後退と松枯れ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 市長選挙前には、市内各地でミニ集会を開き、地元の皆さんから地域の課題をうかがった。
 その中の一つに、元吉原の柏原地区がある。
 「海岸線の後退と松枯れ」による「高潮と塩害」が深刻だ。

 先日、その現場を見てきた。(私は年が明けてからだが、小長井氏はミニ集会の前にしっかり確認している)
f0141310_830399.jpg

 富士川から供給されていた砂が、田子の浦港の突堤により供給されなくなり、砂浜がどんどん狭くなってきている。
f0141310_8301854.jpg

 特に昭和放水路の東側=柏原地区がひどい。
f0141310_831315.jpg
f0141310_8314860.jpg
f0141310_83202.jpg

 そして一昨年の台風により、潮風が直接防風林に当たり、大半の松が枯れている。
f0141310_8331794.jpg
f0141310_8332466.jpg

 25年度(昨年)から、枯れた松の伐採作業が行われている。
f0141310_834299.jpg
f0141310_8341728.jpg

 作業をしていた森林組合の方に話を伺うと、1万本以上を伐るそうだ。
f0141310_836654.jpg
f0141310_8361593.jpg

 それでも海抜17mの堤防上に設置された防風柵?がある区間は、松枯れが少ない。
f0141310_837174.jpg
f0141310_8371110.jpg

 養浜(海岸線)は国、防風林(松林)は県の事業だが、改めて国・県との連携の重要性を感じる。

 一方、松林の中には、地域で昔から造られてきた「汐土手」という高さ2mほどの堤防がある。
f0141310_8373126.jpg
f0141310_8373739.jpg

 昨年10月の台風時には、波が17mの堤防を越えて来たそうだ。
 仮に17mを超えて大量の海水が入り込んでも、「汐土手」が全線に渡ってあれば、人家までの到達を防ぐことができる。

 しかし、一部で「汐土手」が途切れている区間もある。
 そうしたヶ所への対策は、富士市としてもしっかり取組まなくてはならない。

by koike473 | 2014-01-09 08:40 | 森林づくり・林業 | Trackback | Comments(0)