2013年 05月 23日 ( 1 )

 

紙のまちを考えるシンポジウム その1

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨夜は、「紙のまちを考える会」が主催する「紙のまちを考えるシンポジウム パート2 ~地域経済の主流・製紙産業の発展を願って~」が行われた。
f0141310_7343640.jpg

 会場は、ロゼシアターの会議室。
 80名の会場が埋まった。

 最初は、信栄製紙執行役員の佐野さんから「再生家庭紙と循環型社会 富士市の製紙産業」と題した基調講演が。
f0141310_7345633.jpg
f0141310_735760.jpg

 トイレットペーパー生産日本一の富士市の地場産業としての「再生家庭紙」の歴史や特性、自社のゼロエミッションへの取り組み等を紹介。
f0141310_7352225.jpg

 そしていくつかの提案が。
 まずは企業の自助努力。
f0141310_7355182.jpg

 「製紙で働くことに誇りを持てるように」…「5Kの払拭」は新鮮だった。

 生産合理化のために、複数の企業間における工程の再編、グループ化。
f0141310_7361232.jpg

 そしてそれらを進めるには、行政の強力なバックアップが必要だとのこと。
 自社が10年前に進出した川崎工場と川崎市の例を紹介しながら説明。
f0141310_7363938.jpg

 納得するとともに、富士市の姿勢はどうだろうか?と考える。

 パネルディスカッションの報告は、また後日ということで。

by koike473 | 2013-05-23 07:38 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)