2013年 05月 14日 ( 1 )

 

5月の小潤井川の風景

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 正式に川を管理する県と小潤井川友の会がリバーフレンドシップ協定を結んだ小潤井川。
 すっかり草が伸びている。
f0141310_7213832.jpg

 4月の「吉原さくら祭り」に合わせ、昨年秋、菜の花の種をまいたが、カモにすっかり新芽を食べられてしまった。
 しかし、この白っぽい茎と種が残っているのは菜の花では?
f0141310_7221750.jpg

 下流側はきれいに草が刈られている。
f0141310_7222643.jpg

 近所で鉄工所を営むSさんが一人でそうじしてくれている。

 このゴミもおそらくSさんがまとめてくれたものだ。
f0141310_723840.jpg

 頭が下がるばかりだ。

 「友の会」も今月には会合を持ち、6月から草刈りを始める予定だ。

 そしてこちらは少し上流にある堰(水門)。
f0141310_723315.jpg

 この堰で水位を上げて、田植えの時期には水路に水を流し、田んぼに引いていた。
f0141310_7234748.jpg

 志軒橋下流の取水口。
f0141310_7242592.jpg
f0141310_7243578.jpg

 しかし現在では水田を営むお宅がなくなり、農業用水路としての役割が無くなる一方、環境用水として年間を通じて少量の水を流してほしいとの声も聞く。
 また一方で、これらの水路は雨水排水路としての役割も大きい。
 難しい問題だ。

by koike473 | 2013-05-14 07:25 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)