2012年 05月 01日 ( 1 )

 

青空の下で3年ぶりに実施できた「富士山麓ブナ林創造事業」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 28日(祝)は、「ブナ林創造事業」が3年ぶりに実施された。
f0141310_874012.jpg

 というのも、一昨年は当日の大雨で、そして昨年は3月15日に発生した静岡県東部地震の影響で中止になったからだ。
 更に昨年は、秋に延期の形となったが、その秋も大雨で中止となった経緯がある。
f0141310_875623.jpg

 写真集でどうぞ。
 植栽会場に向かう林道沿いは、今ちょうどミツバツツジやフジザクラが見頃だ。
f0141310_8151428.jpg

 さまざまな種類、と言っても富士山麓の自然植生にあったブナ、ミズナラ、ケヤキ、コナラ、フジザクラ等の苗木。合計2000本。
f0141310_881262.jpg

 植え方の説明を受けた後、参加者全員で植栽作業。
f0141310_882512.jpg

 しかし、一人当たり3~4本。30分もかからずに終了。
f0141310_883519.jpg

f0141310_89878.jpg

 それでも昼近くになると腹が減ってくる。青空の富士山で食べる弁当はうまい!
f0141310_885229.jpg

 初めての取組みとして、森林組合の皆さんによる枝打ち・間伐作業の実演。
f0141310_8104044.jpg

 いつもお世話になっていたKさん達だ。
f0141310_810505.jpg
f0141310_810578.jpg

 最後に、自然環境アドバイザー・壽(としなが)さんのミニ講演。
f0141310_8112798.jpg

 3つのポイントを、わかりやすく簡潔に話していただき大好評。

 行きにも気になった林道脇の水路。雨水でどんどんえぐられていく。
f0141310_8114221.jpg

 改めて森林の重要性を感じる。

 最後の写真は、4年前のこの事業で植栽したブナとミツバツツジ。
f0141310_812976.jpg


 ブナは成長は遅いが、しっかり育っている。
時間はかかるが、富士山麓に根を張り水源涵養、防災面から市民を守るためには適切な育成管理が重要だ。

by koike473 | 2012-05-01 08:15 | 環境 | Trackback | Comments(0)