2011年 08月 11日 ( 1 )

 

「うるおい」・・・乗って育てるコミュニティバス

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、少し前になるが4日(木)に乗ったコミュニティバス「うるおい」の話。
f0141310_8134514.jpg

 この日は、年に一度開かれる私の大学の出身学科の富士市の同窓会。
 と言っても、小さな学科なので富士市関係者は3名しかいないが。
 会場は、富士駅前の「山海」で、吉原中央駅から初体験の「うるおい」(16:50発)に乗車した。
f0141310_814844.jpg

 うるおいは、吉原中央駅から南に向い、私が生まれた荒田島、津田、そして今年初めに閉店してしまった旧アパッチを通り、名前の由来となっている潤井川の「うるおい橋」を渡る。
 その後、藤間、蓼原を通り、JR富士駅に到着するルートだ。
f0141310_8142810.jpg

 公共交通の「空白地域」だったこのエリアで、1乗車200円の均一料金で昨年11月から2年間の実証運行としてスタートしたものだ(富士市のホームページ参照)。
f0141310_816284.jpg

 定員10人のジャンボタクシータイプで、後部座席は車椅子用だ。
f0141310_8161666.jpg
f0141310_8162340.jpg

 中央駅から乗ったのは、津田に住む女性と私の2名。
 話を聞くと「これまでは国道(旧国道1号)まで出ないとバスに乗れなかったけど、これができて良かったですよ」とのこと。

 ルートは、地元の皆さん方が検討し、病院などを細かく回るようになっている。
f0141310_816497.jpg
f0141310_8165699.jpg

 17時過ぎに津田から乗った若い女性は、「家が松岡で、これまでは自家用車で会社に来ていたけど、うるおいが通ってから、毎日これで通勤しています」とのこと。
f0141310_817111.jpg

 うるおい橋。名前に込められたように?旧吉原地区と旧富士地区を結ぶこの橋のようなバスになるといいが。
f0141310_8172810.jpg

 藤間では、中学生が乗ってきた。アンケート調査に協力するため、自分の登録番号を持っているそうだ。
 そして「湯らぎの里」にもバス停が。
f0141310_8174428.jpg

 ここから乗った女性は「月に1回ほど『湯らぎの里』に来るけど、いつもうるおいを使っています」とのこと。

 夕方の混んだ時間帯だったので少し時間はかかったが、富士駅に到着。
f0141310_8181345.jpg

 この便は、私を含め計5人の乗車だった。
 以前、津田・荒田島地区で私の同級生有志が中心になり「井戸端会議」ワークショップを行った際、何人かの方から「バスがほしい」との意見があった。
 地域の皆さんの意見をルートに反映させた「うるおい」が通るようになった。
 しかし1便5人では、経営が成り立たないのは誰の目にも明らかだ。
 何かの時の「保険」的なバスでは、税金の垂れ流しになってしまう。

 私も10ヶ月にして初乗車だったので大きい声で言えた義理ではないが、特に津田・荒田島の皆さん、藤間・蓼原の皆さん、声を掛け合って「うるおい」に乗りましょう!
 「乗って育てるコミュニティバス」ですよね!

by koike473 | 2011-08-11 08:20 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(2)