2010年 06月 23日 ( 1 )

 

議会基本条例の第一次草案作成が進んでいます

 昨日(22日)は、議会改革検討委員会が開かれた。
 「議会基本条例」の制定に向け、条例案を検討する委員会だ。
 この議会基本条例については、現在町内会を通じて配布されている「広報ふじ」の6月20日号の4ページで特集されている。
f0141310_22111491.jpg
f0141310_22112280.jpg

 「みんなで富士市をつくる議会の基本ルール」と見出しが出ている。
 でも、これだけでは、何を定める条例で、結果として議会が、そして富士市がどうなるのかはなかなかわかりにくい。
f0141310_22113691.jpg

 私は、この条例のポイントは2つだと考えている。
 1つは、「市民に開かれた議会」とするための考え方やルールを明確にすること。
 2つめは、議会の最大の仕事である「行政のチェック」を、「決算審査を通じてしっかり行なう」ことだ。

 この2つを条例として明示し、今後、議会の構成メンバー、つまり議員が変わっても、富士市議会はこの取り組み姿勢やルールの下で活動していくことを決めようとしている。

 4月から、条例案の検討を始め、素案をそれぞれの会派に持ち帰って検討し、更にまた委員会で再検討する。
 そんなことを繰り返しながら、何とか第一次草案として、ほぼまとまる段階となった。
 何箇所かは、会派によって考え方が違うため、2つの案を併記する条文もある。

 この第一次草案をもとに、議員全員で検討する「議会全員協議会」が7月2日(金)に開催される。
 私は、草案を作成した側のメンバー(委員会メンバー)で、当日は説明者側の席にすわる。委員会に所属していない議員からは、いろいろな意見が出るだろう。
 しかし、このいろいろな考え・意見を踏まえた「議員間の討議」こそが議会には必要だ。

 そんなつもりで協議会に臨むつもりだ。

by koike473 | 2010-06-23 22:12 | 富士市議会 | Trackback | Comments(2)