2010年 05月 25日 ( 1 )

 

浮島ヶ原自然公園の今後

 23日は、沼川の草刈り清掃を覗いた後、浮島ヶ原自然公園に向かった。
f0141310_234388.jpg

f0141310_23514163.jpg

 4月に正式にオープンしてから初めてだ。
f0141310_23434196.jpg
f0141310_23435481.jpg

 まだ整備工事中だった3月中旬に行ったときと比べると、植物の成長に驚くばかりだ。
f0141310_23441368.jpg
f0141310_23442211.jpg

 3月は、絶滅危惧種の「ノウルシ」の群落が目立っていたが、今では全くわからない。
f0141310_23452197.jpg
f0141310_2345281.jpg

 木道脇に配置された解説カードで「ナヨナヨワスレナグサ」はわかったが。
f0141310_23454344.jpg

 管理棟も完成した。
f0141310_2346051.jpg

 近づくと、開園記念テープカットのこんな写真が。
f0141310_23461833.jpg

 管理棟内では、訪れた皆さんが興味深そうに展示物を見ている。
f0141310_23504370.jpg

 開園以来、土日・祝日は、富士自然観察の会の皆さんが管理棟に詰め、来園した方々に園内の動植物等の解説を行なっている。
 平均すると、土日・祝日では300~400名/日が公園に訪れているそうだ。
 これだけ多くの方が訪れるのは喜ばしいことだが、中には犬を連れてきて一悶着起こしたり、自然観察の会の皆さんも全くのボランティアで活動している方が大半で、複数の団体等から解説の要望などがあった場合は、対応に苦慮しているようだ。
f0141310_2351334.jpg

 この公園は、利用者からすれば浮島、いや富士市の原風景である湿地の自然を知り、楽しむ公園だ。
 そのためには、その自然をわかりやすく解説してもらえるソフトのサービスが重要だ(それがないと全くわからない)。
 その点で、来園者がそれぞれに広いスペースで自由に遊んだり、花を楽しむことができる他の公園と基本的に異なっている。
 またこの公園に残され、復元された自然は、残念ながら広い富士市でも既にこの園内にしかないものが多く、引き続きそれを守り、育成していかなければならない。
 そのためにも、継続かつ適切な維持管理が重要だ。

 公園がオープンして2ヶ月近くたったが、早い段階でそうした利用や維持管理・運営に関するしっかりした体制づくりが必要だと思う。

 管理棟の入口には「ニホンメダカ」と「カダヤシ」の水槽が。
f0141310_23464951.jpg

 こっちは外来種の「カダヤシ」。
f0141310_2347410.jpg

 こっちが在来種の「ニホンメダカ」。中央のメダカはお腹に卵を抱えている。
f0141310_23472236.jpg

 横から見ると。私は卵を抱えたメダカを初めて見た。
f0141310_23474157.jpg

 カダヤシは卵胎生(卵を胎内で孵化させる)で子どもが生き残る確率は高い。しかしニホンメダカは卵を草などに産み付けるので食べられてしまうことが多く、カダヤシに駆逐されたようになってしまっているとのこと。

 こんなことも、解説してもらったからわかることで、それがなければただ通り過ぎてしまうだけだ。

 まだ、浮島ヶ原自然公園に出かけたことがない方も多いのでは?
 是非、今度の休日にでも出かけてみてはいかがでしょうか?

by koike473 | 2010-05-25 23:52 | 花・みどり・公園 | Trackback | Comments(2)