2009年 08月 11日 ( 2 )

 

とりあえず地震がおさまって・・・。

 今朝の地震による「震度6弱」の揺れは、静岡県では65年ぶりとのこと。
 多くの人が初めて体験する揺れだった。
 だから、会う人、会う人が全て「『ついに来た』と思った」と言っていた。
 東海大地震だ。
f0141310_2335435.jpg

 しかし国の判定では、「今朝の地震は東海大地震とは関係なし」とのこと。
 でも平面図上では、東海大地震の発生予想範囲の中で起こっている。
 多少なりとも地震エネルギーの「ガス抜き」になり、「本番の大地震時には弱まっている」と思いたいところだが。

 たまたま富士市では震度4であり、負傷した方が数人であり、他市町に比べれば大きな被害ではなかった。
 しかし、東海大地震では今日の200倍(?)の巨大なエネルギーの揺れが起きるようだ。
 ひとたまりもないのか?
 どう対応していいのか?
 自宅の家具の固定や、今朝の自分の行動を振り返ると、なんとも心もとない、と言うより、確実に大ケガをするか、「あっちの世界」に行っていたのでは?と思う。

 私は、本年度から駿河台三丁目の自主防災会長になった。
f0141310_23354672.jpg

 夏の防災訓練は、例年の9月1日でなく、多くの人が参加できるよう直近の日曜日、8月30日に行うこととした。
 新興住宅地の町内ゆえ、そのテーマは「より多くの町内の方々に声をかけ、参加してもらう ~同じ組合の方々を確認する、同じ町内の人を知る~」だ。
f0141310_23355791.jpg

 今朝の地震で、多くの人が「各家庭での事前の備え」と「その時を想定した対応」の必要性を感じたはずだ。
 これまでおよそそういう傾向が強かった「訓練のための訓練」では意味がない。
 改めて「各家庭での事前の備え」と「その時を想定した対応」を見据えた意義ある訓練にしなければと思う。
 また私が住む町内だけでなく、市内全町内で、そうした危機意識を持った上での準備と訓練に取り組むきっかけとしなければ意味がない。

by koike473 | 2009-08-11 23:37 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

今朝5時7分に駿河湾で大きな地震が発生!

 今朝5時7分に大きな地震があった。
 駿河湾を震源にし、県中西部では震度6弱、富士市では現在のところ震度4と発表されているが?
 私も驚いて飛び起きた。
 ベッドの近くの本棚が倒れるのでは!と心配したが、思ったほど揺れは長く続かなかった(ような気がした)。

 1階に降り、照明をつけるとついた。テレビもOKで地震の緊急速報をやっていた。
 近所のお宅でも皆起きたようで、電気がついているお宅が多い。
 どこの局か忘れたが、最初、震源地は東京都内と発表し、画面の震源地マーク(×印)もそうなっていた。

 中西部に比べ、富士市はなんとか大丈夫そうだ。
 30分ほど、テレビを見た後、町内を歩いて回った。
 ゴミ出しに出る人と会って話をするが、どのお宅でも「大きい地震でしたね。でも大丈夫でしたよ」とのこと。

 東名高速に近づくにつれ、何か放送しているのが聞こえる。
 はっきり聞こえないが、「東名は通行止めです」と言っているらしい。
f0141310_7145482.jpg

 東名に架かる橋に出ると、車の渋滞の最終尾がここまで。「富士ICまで1km」の標識あたりだ。

 さっき家に戻ると、市の広報で「水道が断水している」と放送があった。
 我が家はまだ出ているが?
 市内の一部だろうか?

 テレビのニュースでは掛川市等での被害状況が報告されている。
 どのような状況だったか心配だ。

 とりあえず、富士市では大きな被害はなかったのか?
 確認しなくては。

by koike473 | 2009-08-11 07:15 | 防災 | Trackback | Comments(0)