2009年 04月 16日 ( 2 )

 

再びエントツ!? 産業観光まちづくり講演会

 今日は、ふじさんめっせで開かれた富士山観光交流ビューロー主催のチャレンジミーティング「産業観光まちづくり講演会」に参加した。
f0141310_23405524.jpg

 テーマは「富士山を生かした産業観光まちづくり」だ。
 講師は、「産業観光」という概念を日本に紹介した第一人者であるJR東海元社長、現在は同社相談役の須田 寛氏だ。
f0141310_23405942.jpg

 冒頭の自己紹介と、その後の少しの話を聞いて、「なんて頭がよくて、配慮する人なんだろう」と思った。
f0141310_2341667.jpg

 須田氏は、旧国鉄に入社した当初、沼津機関区に2年間いたそうだ。
 その頃の、毘沙門さんの賑わいと、それに多くのお客さんが列車で訪れ、鈴川駅(現・吉原駅)で降り、臨時改札と臨時踏切を設けて誘導した話。その後1年、沼津から静岡に通った際に見た車中からの美しい富士山の話など、富士市内の細かな地名を交え、つい昨日のことのように話された。
 昭和6年生まれだから、今年で78歳の方だ。
 自分が静岡や富士市に縁があることをさりげなく話し、聴衆を引き付けるとともに、安心感を与えるのはすごい、とまず思った。
f0141310_23411071.jpg

 今日は、開演ギリギリに入り、結構後ろの席だったので、モニターはありがたかった。

 「産業観光」については、それぞれの地域を「営み」という視点から見れば全て産業観光資源を持っていると言う。
 例えば、「海」を通常の観光の見方からすれば、海の景色や海水浴程度に留まる。
 しかし、「営み」という見方をすれば漁業があり、交通運輸業・・・海運やクルーズという見方もできる。
 私は、須田氏がリーダーとなり取り組んでいる愛知県の「産業観光」が、自動車、陶器、繊維等の最終製品の製造過程を見せたり、博物館で展示しているような、かなり狭い意味での「産業観光」を言っているというイメージを持っていたので、今日話された「産業観光」の幅の広さにちょっと驚いた。
f0141310_23412789.jpg

須田氏が書いた「新産業観光」。非常勤講師を務める大学のテキストとして書いたそうだ(全くの自費出版だそうだ)。今日は参加者にそれぞれプレゼント。


 また須田氏は、富士市の可能性として、エントツを前景とした富士山の景観が大きな売りになると話した。
 エントツは、既に産業遺産、歴史遺産になりつつあると言う。最先端の工場ではエントツを必要としない工場が増えており、これだけの数のエントツがある景観は他にはない。
 決して富士山の景観を低下させる存在ではなく、「富士山と工場」の景観は、戦後の日本の象徴的な景観であり、それをもっと売り出すべきだ。よそ者の自分はそう思うと言う。
 20年近く前に、富士市が取り組んだユニークな「エントツを活かしたまちづくり」。今日の話を聞いて、改めて見直してみる価値があるのではと思った。
f0141310_23415024.jpg

 1990~94年の富士市の「エントツ」への取組みを踏まえ、まとめられた「エントツ整備ガイドブック」


 それにしても、さまざまな分野の皆さんが聴衆として集まったのに、講演を聞いて、即解散はもったいない。
 私を含め、講演会への参加者は「こんなのはどうかな?」、「エントツだったらこうだよ」といろいろ考えが浮かんだはずだ。
 講演の後の交流会や、そこでの意見交換から出てくる新たな観光交流商品づくりに狙いを置いて開催すべきチャレンジミーティングでなくては、せっかくの講演が活かせない!

by koike473 | 2009-04-16 23:49 | 観光・シティプロモーション | Trackback | Comments(0)  

PFI方式で利用好調な「高尾の森わくわくビレッジ」

 今日は、少し前の話になるが、3月に会派の視察で訪問した「高尾の森わくわくビレッジ」(東京 八王子)の話。
f0141310_092070.jpg

 「わくわくビレッジ」は、東京都が運営する青少年社会教育施設だ。
f0141310_094721.jpg
f0141310_095485.jpg

 玄関を入ると受付と屋内広場が。

 かつては都内に6箇所あった「青年の家」を、2箇所に集約・再編する形で平成17年にオープンした施設だ。
我々の視察のテーマは、PFI方式による体育施設等の運営についてだ。

 通常、公共施設は、自治体(県や市)が計画、設計、建設、運営を行うが、「PFI」は、その全てを民間企業が行い、自治体はその「サービスをお金で購入する」という方式だ。
 メリットとしては、民間活力をうまく導入することにより、安いコストで、大きな効果を得られるということが言われる。
 富士市は、建設費が10億円以上となる公共施設の建設・運営については、PFI方式の導入について事前に検討することとなっている。
 21年度は、そんな観点から、新規に検討されている武道館・総合体育館の建設・運営に関し、PFI導入可能性についての調査が行う。

 そんな背景もあり、この視察となったわけだ。
f0141310_0131417.jpg

 説明していただいた宮崎館長。

 わくわくビレッジは、実は新設の施設ではない。
 平成16年3月に閉校となった旧都立八王子高稜高校の校舎や敷地を、リニューアルする形で「わくわくビレッジ」として活用している。
f0141310_0102972.jpg

 写真をクリックしてください。リニューアル前と後の「ビフォー・アフター」がわかります。
 受付と屋内広場は、かつては高校の昇降口だったそうだ。以前の校舎もずいぶん斬新なデザインだったことがわかる。
f0141310_0114986.jpg

 「PFI」の場合、事業を請け負うのは「SPC」と呼ばれる特別目的会社で、わくわくビレッジは、京王電鉄グループがSPCとなる京王ユース・プラザ㈱を設立し、建設(リニューアル工事)、現在の運営を行っている。
そして実際の運営は、豊富な社会教育ノウハウを持つ「東京YMCA」グループが活動プログラムを提供する形で行っている。
 京王電鉄は、新宿~八王子間を営業エリアとする電鉄会社として、地域貢献、CSRという視点からもかなり積極的にこのPFI事業に取り組んでいるようだ。

 SPC選定のための提案の際、京王電鉄グループの提案は、金額的には高い方から2番目だったが、提案内容が評価され契約となったようだ。
 リニューアル工事を含め10年間の契約を結んでいる。
 目標として、年間の利用宿泊延べ数は24,000泊だが、実績は34,000泊とかなり好調だ。
f0141310_0121115.jpg

 こうして見ると、かつて学校だったことがよくわかる。
f0141310_0122855.jpg

 以前中庭だった部分に屋根をかけて創り出されたカフェテリア。
f0141310_0123684.jpg

 以前は教室だった宿泊ルーム
f0141310_0124427.jpg

 デイキャンプの皆さんが、リーダー(指導者)の指導で飯盒炊飯。

 我々が視察した日は、春休みということもあり小学生から大学生、あるいは地域の団体等が、数多く合宿したり、デイキャンプ、弁当を持っての散策・レクリエーションを楽しんでいた。
 これ以外に、100に上るというYMCAの体験プログラムが、この施設の魅力を高めているようだ。

 PFIと言うと、施設の建設・運営をいかに効率的=安くするかに目が行きがちだ。しかし、それももちろん重要だが、それ以上にそこで提供されるサービスの満足度が重要だ。
 富士市の武道館や体育館では、どんなサービスが行われるべきか?
 もっと言えば、現在、富士市あるいは近隣市町で、官民さまざまなスポーツ施設でのサービス提供はどうなっているか?
 そうした中では、何が足りないのか?あるいはもっと高度化させるべきなのか?
 施設ありきでなく、武道館・総合体育館の「目的」から改めて議論する必要性を感じた視察だった。

by koike473 | 2009-04-16 00:22 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)