2009年 02月 12日 ( 1 )

 

絶品「モツ煮」! ふじの恵みの「食・循環」シンポジウム

 昨日(11日)は、所属するNPO法人コミュニティシンクタンクふじが主催する「ふじの恵みの『食・循環』」というシンポジウムに出かけた。
f0141310_23215021.jpg

 生産や流通、消費、それぞれの立場で「食物」に関わっている方々から、富士地域の「食」の現状やあるべき方向等についての考えを、講演やパネルディスカッションの形で聞こうというシンポジウムだ。
f0141310_23221338.jpg

 県の東部食肉衛生検査所の倉重所長さんから、日本人は昔から結構、いろいろな動物の肉を食べていたことを聞き、驚いた。
 特に江戸時代は、「犬公方」と言われた徳川家綱が犬を大事にしていた一方、それ以外の時期は犬がかなり食用にされていた話などは初めて聞くものだった。
f0141310_23222834.jpg
f0141310_23223598.jpg

 パネルディスカッションでは、5名のパネラーの方が発言した。
 岳南食肉センター(屠殺場)の今後のこと、朝霧の自然の中の生活のこと、中山間地の農業のビジネスモデルのことなど、それぞれの話はどれも興味深かった。
 また、どの方の話も、「安全」をキーワードにしており、非常にタイムリーな話だった。
 ただ、もう少しポイントを絞った議論がほしかった気もするが。

 それと、このシンポジウムの目当ては、富士の恵みの「食体験」だ。
f0141310_23225626.jpg
f0141310_23231028.jpg
f0141310_23231861.jpg

 前日、屠殺したばかりの牛のモツ(それも生モツ!)を使った「モツカレー」と「モツ煮」だ。
f0141310_2324035.jpg
f0141310_2324865.jpg

 カレーにモツは?だったが、モツ煮は絶品だった。
f0141310_23242587.jpg

 牛の腸のさまざまな部分を入れたそうだが、どれも煮込んであるのにプリプリ、ジューシーで最高だった。
 「こんなうまいモツ煮が食べられるなら、昼飯を食べなきゃ良かったのに」と思ったが、後の祭りだった。

by koike473 | 2009-02-12 23:27 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(4)