2009年 02月 04日 ( 1 )

 

新東名の側道と今宮バイパスの開通

 2日(月)から、新東名の側道(市道厚原込野16号線)と、それに接続する県道富士裾野線の今宮バイパスが開通・供用開始された。
f0141310_22225374.jpg

 新たに開通したルートの区間は、図の太い破線部分で、青が新東名の側道、赤が今宮バイパスだ。(図をクリックし、拡大して見て下さい)

 特筆すべきは、現東名の側道の大半が一方通行の狭い道路に対し、新東名の側道は2車線道路で歩道も整備されているということだ。
 市街地から丸火自然公園、富士山こどもの国、裾野市方面に行くには、県道富士裾野線を使う。今回の開通により、特に東名富士ICや市西部地域からのアクセスが相当良くなるだろう。
 また今後、側道が更に東西方向に整備されれば、新東名の富士ICや国道139号とも接続し、環状道路としての役目も果たすことになる。

 私も昨日(3日)、早速行ってみた。
f0141310_22181679.jpg

 今宮バイパスを北から下りてくると、これまで先は通行止めだった交差点の先が開けている。
f0141310_22183455.jpg

 かなりの勾配の下り坂だ。路面は、注意喚起と滑り止めの赤い舗装が。
f0141310_22184747.jpg

 正面左上に見える建物は湖山病院だ。
f0141310_2219567.jpg

 新東名にぶつかりここから右折する道路が側道の市道厚原込野16号線だ。今宮バイパスは、新東名をトンネルでくぐり、もっと南までのルートが予定されているが、こちらの整備はもう少し時間がかかりそうだ。
f0141310_22192041.jpg

 今宮バイパスを右折し始まる新東名の側道。しっかりした2車線道路だ。
f0141310_22193830.jpg

 広々した道路が新東名沿いに続く。
f0141310_22195664.jpg

 側道をずっと西に進み、大淵街道(県道富士白糸滝公園線)までつながった。(写真は、大淵街道との交差点を越え、反対側(西側)から開通した側道区間を見たところ)

 ところで、出かけた際、あやうく事故になるところだった。
 今回の側道開通に伴い、側道は、以前からあった何本かの南北道路と交差する。
f0141310_22203876.jpg
f0141310_22204521.jpg

 これまでは、南北はスムーズに通行できたが、側道が開通しこちらが優先通行となり、南北道路は全て側道との交差点で「一旦停止」となった。
 しかし、「一旦停止」しない車が多い。
f0141310_22211913.jpg

 特に、青葉台小学校から大久保方面に抜ける道路との交差点が危険だ。
 私は、側道を走り、交差点をゆっくり直進しようとしたが、南から北に向かう車はスピードも落とさず、私の車の直前を走り去った。
 久しぶりにヒヤッとした。

 その後、側道に車を停め、しばらく様子を見ていたが、南北道路を通る車は半数以上が一旦停止もせずにそのまま行く。
 側道は、開通を知った大型車両も結構走っている。
 緊急の対策が必要だ。

by koike473 | 2009-02-04 22:26 | 公共施設マネジメント | Trackback | Comments(3)