2008年 11月 25日 ( 1 )

 

「そうだ!沼川プロジェクト」 第2回体験ワークショップ

 23日(日)は、「そうだ!沼川プロジェクト」の第2回体験ワークショップだった。
f0141310_23315661.jpg

 11月23日は、「晴れ」の特異日だが、雨男の私は気が気ではなかった。
 しかし、朝起きると雲は出ているが、雨の気配はない。7:00にボーイスカウトの艇庫に着く頃には、すっかり晴れてきた。

 この日は、以下の3つのプログラムを行った。
  ・カヌー教室
  ・水生生物教室
  ・水質勉強会

 前回の第1回WS(10/19)は、カヌー教室を通じて、「少しでも川や水辺に親しもう」がテーマだった。今回は、親しんだ川の「水の状況観察しよう」が大きなテーマだ。
f0141310_2332185.jpg

 先週、草を刈った白妙橋(国道139号(旧国道1号)が滝川を渡る橋)の北側河川敷に皆さん集合し、開会式を行い、スタートだ。

 まずは「カヌー教室」
f0141310_23324238.jpg

 ほとんどの人が、前回体験しているので、今回は、親子やグループで乗りたいカヌーを選び乗ってもらった。
 4人乗りのカナディアン、2人乗りのカヤック、1人乗りのカヤックだ。
f0141310_2333667.jpg

 この時間帯は、引き潮から満ち潮に移る時間帯で流れがほとんど止まっている。そして風もほとんど吹いていないので、川と言っても静水状態だ。
 初心者でも流されることなく、自分のパドル(オール)操作で、どうカヌーが進むかすぐに体感できたようだ。
f0141310_23332048.jpg

 川岸はかなりの勾配があるため、元吉原地区の2人の幹事は、胴長をはいて、ずっと川に入りっきりで乗船、下船をサポートした。お疲れ様でした

 そしてこちらは「水性生物教室」。
f0141310_2338357.jpg

f0141310_23381394.jpg

 実は、滝川のこのあたりは、水生生物はベンケイガニしかいない。このベンケイガニ、本当にウジャウジャいる。沼川全体だったら何万匹、何十万匹という数かもしれない。でもそれ以外には、カワニナやトビケラ等の水生生物は全くいない。
f0141310_23384883.jpg

 そのため、富士市環境アドバイザーの塩谷さんが、伊豆半島の川の上流部から、前日に水生生物を捕獲し容器に入れて持ってきてくれた。
 「きれいな水辺だったら、こんな水性昆虫がいますよ」ということで。
 私は、直接、教室での説明を聞かなかったが、とてもおもしろかったそうだ。
 いつもは水生昆虫の解説も務める山田高先生(富士市自然観察の会会長)が、「いやー、今日は勉強になったよ」と言っていた。

 そしてこの日のメインイベント、「水質勉強会」。
f0141310_23433063.jpg

 塩谷さんに加え、壽(としなが)さん、八木さんの3人の環境アドバイザーの皆さんが講師になって、川の水の勉強会をやっていただいた。
f0141310_23442479.jpg

 川の水と言っても、本格的だ。
 事前に、沼川水系の4箇所(湧水、上流の支川の合流点、沼川の中流、沼川が田子の浦港に注ぐ最下流)で川の水を取水し、その水質を比較する実験等を行った。
f0141310_2340390.jpg
f0141310_23401050.jpg
f0141310_2340192.jpg
f0141310_23402684.jpg

4ヶ所の水をろ過し、ろ紙の汚れを比べる実験
f0141310_234136.jpg

PH、CODを簡単に測定するパックテスト用試料の箱

 こちら(事務局)の狙いは、下流に下るほど、家庭雑排水や工場の排水が流れ込み、汚れが目立ち、そこに問題意識を持ってもらえればというものだった。
f0141310_2341257.jpg

4ヶ所の水を並べ、後ろの文字の見え方を子供たちに比較してもらう

 しかし、事前に取水した前日も、当日も、4箇所とも結構きれいで、水質も思ったほど悪くなかった。
 見込み違いで、子供たちも、違いがあまりわからなかったかもしれない。

 しかし推測するに、前日もこの日も、取水した時間は、最も潮が引いている時間帯だった。
 ほとんど平坦な沼川水系は、干満の影響で、水位が随分変わる。干潮の時はどんどん下流に流れるが、満潮時には、さまざまな河川への排出物が上流に逆流するのでは?と考えられる。
 「それじゃあ、来年は、是非取水ポイントだけでなく、干満の時間帯や、季節等も変えて調査しなきゃ」という意見も出てきた。

 密度の濃い第2回体験ワークショップだった。
 次回は来年1月で、沼川や滝川の土手を歩く「ウォーキングワークショップ」だ。
 堤防上からの川の風景が楽しみだ。

by koike473 | 2008-11-25 23:48 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(4)