2008年 10月 28日 ( 2 )

 

やはり「食は中国にあり!」、そして「酒も中国にあり!」

 今日は、中国の食べ物とお酒の話。

 中国と言えば、やはり「中華料理」だ。
 歓迎晩餐会をはじめ、食事は基本的に全員が丸テーブルに着いて、大皿から少しずつ取って食べる。
f0141310_23364462.jpg

 基本的に生(ナマ)で食べることはせず、油で炒めたり、煮込んだ料理だ。
f0141310_2338136.jpg

f0141310_23403317.jpg

上の2枚は、農家料理のテーブル

 私には、どれもこれもおいしく、毎日毎食、しっかり飲んで食べたおかげで、5日間で4kgも太ってしまった。
 大相撲の力士並みだ。
f0141310_23395812.jpg

 晩餐会では、中国の皆さんが歌でも歓迎してくれた。

 ただ一つ、「上海ガニ」を中国の人は喜んで食べるが、私達日本人には、さほど好評ではなかった。
 マツバガニや毛ガニに比べたら、食べる部分が少なく、どちらかと言えばダシをとるカニのような感じだ。

 それと毎回の「乾杯(カンペー)」。
f0141310_2342651.jpg

 とにかく中国の人はよく呑む。
 「カンペー」と言ったら、しっかり飲み干し、空になったグラスをみんなに見せるのが礼儀のようだ。
f0141310_23422081.jpg

 基本的に日本で「紹興酒」と呼ばれる酒だ。
 この酒の名前は、嘉興市の隣にあって、富士宮市と友好都市提携を結んでいる紹興市からきているようだ。
 しかし、紹興酒はもち米からつくった酒一般を指すようで、嘉興市でつくられた酒は「嘉興酒」と呼ぶそうだ。
 初日は、嘉興酒(紹興酒)の独特の甘い香りが鼻についた。しかし毎日飲んでいると不思議なもので、3日目位には、ビールを飲むような感覚でガブガブ呑んでいた。
f0141310_23551039.jpg

 晩餐会の後は、何回か夜の街に出た。
 いろいろな屋台や店で、庶民の皆さんが食べるようなものも味わった。
f0141310_2343922.jpg
f0141310_23431950.jpg

 中でも面白かったのは、この屋台だ。
f0141310_23451964.jpg

 野菜や肉、ソーセージ等の食材が入った皿が、ずらりとテーブルに並んでいる。
f0141310_2345355.jpg

f0141310_2346884.jpg
f0141310_23461626.jpg

 好きな皿を取ると、隣のナベで料理してくれる。

 こちらの屋台は揚げ物専門だ。
f0141310_23464486.jpg
f0141310_2347316.jpg

f0141310_2353080.jpg

 やはり好きなものを選び、その場で揚げてもらう。
f0141310_23505443.jpg

 それをこうやってテーブルに持ち寄り食べるわけだ。(私の向いでご機嫌な笠井議員)

 ところが、このピーマン(緑色)の料理の中に、ものすごく辛い唐辛子が入っていた。酔っていることもあり、バリバリと数本食べたら、次の日は一気に来た。
 立ったり、座ったりするにもつらい「黄門」様だった。

by koike473 | 2008-10-28 23:59 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(8)  

クラクションの多さに驚いた中国の道路交通事情

 今日は、中国の道路交通事情の話。
 我々、中年世代の日本人が持っている中国のイメージの一つは、自転車が道幅一杯に並んで走る風景だ。
 しかし、嘉興市に着いてまず驚いたのは自動車の多さと、そこかしこで「ファン、ファン」と鳴るクラクションの音だ。
f0141310_094927.jpg

 更にビックリしたのは、交差点で左折の自動車(車両は右側通行なので、日本で言えば右折)が、直進車の間に無理やり入っていく。また、信号が赤でも注意しながら大丈夫と判断すれば右折は認められているそうだ。
 そして歩行者は、赤信号や横断歩道がないところでも平気で渡る。そこで、運転手は「どけどけ!」とばかりクラクションを鳴らす。
 聞くと、「中国では自動車優先です。だから歩行者も負けないように渡ります」

 静岡県に本社がある村上開明堂の現地法人を訪問したが、この工場では中国人の従業員約700人の内、マイカーを所有しているのは、わずか5人だそうだ。
 一般市民にはまだまだ自動車は高嶺の花だ。現在走っているのは社用車や公用車が大半だそうだ。
 それでいてこの怖い運転だ。今後、更なる経済成長が続き、一般市民に自動車が普及する前に、何とか交通安全対策を徹底しなければ、この国はパンクしてしまうのではと心配になった。
f0141310_0115650.jpg
f0141310_012443.jpg

 一方、車線数が多い道路は、明確に車道と二輪車道の区分がなされている。
 しかし考えてみれば、以前は自転車がこの広い道路一杯に走っていたのだから、自転車は自動車によって「端」に追いやられた格好だ。
 それでも、これだけ整然と路線が確保できるのは、土地が全て国有財産であり、道路拡幅やそれに伴う住民・建物の立ち退き移転も、国のコントロールの下で完璧に行うことができる土地制度の違いによるところが大きい。
f0141310_012204.jpg

 更によく見ると、自転車のマナー、というより走るルールは、車道の右側を通行することが徹底されている。
 日本のように左側通行がルールであっても右側を走ったり、歩道を通行する自転車は見なかった。
 この点については、明らかに日本における車両としての自転車の位置付けの曖昧さと、それによる歩行者、他の車両との接触事故の危険性が気になって仕方がなかった。
f0141310_0123964.jpg

嘉興市庁舎前広場と、そこから続く広い道路
f0141310_0124833.jpg

庁舎前には、幾何学模様の美しい庭園が
f0141310_0125762.jpg

アップで見ると、たくさんの人が手入れをしている

by koike473 | 2008-10-28 00:19 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(2)