2008年 10月 13日 ( 1 )

 

「宿場まつり」と、「つけナポリタン」のまち?

 11日(土)は、吉原宿・宿場まつりに出かけた。
 このまつりは、2000年の「東海道400年祭」をきっかけに始まったまつりで、今年で第9回目だ。
f0141310_21165522.jpg

 昨年は、ラクロス吉原前で開会式が行われたが、今年は「長さん小路」前だ。
f0141310_21171417.jpg

 私も来賓として紹介いただいたが、ふと空を見上げるとこんな横断幕が。
 いつの間にか「つけナポリタンの町・吉原」になっている。
f0141310_21173118.jpg
f0141310_21174517.jpg

 開会式の後は、市長等によるもちつきが。出来上がったもちは、その場であんこを絡めて「チャリティーあんころもち」に。
f0141310_2118290.jpg

 長さん小路には、さまざまな出店が並んだ。
 中でも、横断幕にある「つけナポリタン」と「みそ焼きそば」が、本町通り沿いに出店している。
 先日のテレビ撮影の際には、私は両方とも食べることができなかった。
f0141310_21182031.jpg

f0141310_2119586.jpg

 この日は、どちらにしようか迷ったが、やはり横断幕を信じ、つけナポリタンに並んだ。
f0141310_21184872.jpg

 待つこと数分、具がいろいろ入ったスープと、サクラエビを絡めたパスタが現れた。
f0141310_2119189.jpg

 ちょっと変わった味だ。タイのトムヤンクン?に似た感じか。
 それと少し麺が固い。
 それでもあっと言う間に平らげた。
 もう少し、何かパンチがあるともっといいのだが。

 後で家に帰り、「ナポリタン」を調べると、イタリアにはスパゲッティのナポリタンは存在せず、戦後、日本の帝国ホテルのシェフが、作ったスパゲッティの料理だそうだ。
 その頃は、固めの「アルデンテ」では日本人の口に合わなかったため、ずいぶんやわらかくなるまでゆでて作ったそうだ。
 私が「固い」と思ったのはこのためだ。
 日本で「アルデンテ」が定着したのは、「イタ飯」がブームとなったバブル期以降だそうだ。
 「イタ飯」に、とんと縁がなかった自分にすれば、当然の話か?
f0141310_21194465.jpg

 こちらは、みそ焼きそば。焼くのを見ていると、ずいぶん麺が平で太い。
 「どこの麺?」と聞くと、「すぎやま製麺さんで、うちのオリジナルとして造ってもらっています」とのこと。
 「つけナポリタン」で満腹になり、焼きそばはちょっと無理だった。
f0141310_2120915.jpg

 でもこの看板。今度は、店で一杯やりながら食べてみようと思う。
f0141310_21203116.jpg
f0141310_2120402.jpg

f0141310_21213787.jpg
f0141310_21214670.jpg
f0141310_21215497.jpg

 通りや駐車場では、いろいろな出し物で賑わっていた。
 毎週、週末にはこの位の人出があるようにしたいのだが。

by koike473 | 2008-10-13 21:26 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(2)