2008年 09月 24日 ( 1 )

 

秋の味覚 サンマの塩焼き!

 20日(土)は、大学生の娘2人が、夏休みの最後に帰省したので、夕方からサンマを焼くことにした。
 2人ともアパート暮らしで、魚を焼くことはないと言う。
 まずは、さぼりっ放しだった畑の整理だ。
 キュウリはとっくに終わっていたが、ゴーヤもこの数日、急に葉が茶色になってきた。最後に5本のゴーヤを収穫し、ツルと支柱を片付けた。
f0141310_22474656.jpg

 草を取り、スコップで土を起こし、石灰をまいた。
 来週あたり、秋まきの野菜を植えよう。
f0141310_2248678.jpg

ネギ、サラダ菜、シュンギク、ミズナが育っているが、草が出放題で、間引きもしなかったので、特にシュンギクとミズナは元気がない。
f0141310_22482114.jpg

でも、サラダ菜はなかなかの出来だ。
f0141310_22483812.jpg

サンマには焼きながら塩を振る。子どもたちには、小さな頃から「『塩振り3年』と言って、塩の加減が大事なんだ」と偉そうに言ってきた。塩は、なるべく高い位置から振り、万遍に行き渡るようにするのがコツだ(実はテレビで見たことの受け売りだが、これはホントに重要だ)。
f0141310_2250258.jpg

三脚につる下げたカンテラが一番の武器だ。この明かりで焼け具合がしっかりチェックできる
f0141310_22485764.jpg

おかげで、今回もうまく焼け、大好評だった。
f0141310_22491276.jpg

ついでに、あり合せのアジの開きと鳥のウィングも。やっぱり「炭火焼」はビールがうまい!
f0141310_22492442.jpg

最後は、「大人の火遊び」を楽しもうと、炭が燃えるのを見ていたが、急に雨が降ってきてお開きでした。

by koike473 | 2008-09-24 22:53 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(2)