2008年 09月 23日 ( 2 )

 

海上自衛隊の吹奏楽団

 少し前になるが、15日(祝)は、午後からロゼシアターで開かれた「静岡県防衛協会東部支部 第1回東部音楽フェスティバル」に出かけた。
f0141310_23275615.jpg

f0141310_23272840.jpg

 防衛協会とは、HPによれば「防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動の支援協力することを目的とする」とあり、県単位で設けられている組織だ。
 わかりやすく言えば、「自衛隊の応援団」だ。

 実は、私はこれまで深く自衛隊の必要性やあり方について、深く考えたことがなかった。
 しかし、現在大学5年(留年中)の長男が、来年から自衛隊に入りそうなこともあり、興味を持って出かけた。

 演奏するのは、「海上自衛隊東京音楽隊」と「第34普通科連隊ラッパ隊」だ。
f0141310_23284196.jpg

 プロフィールによれば、東京音楽隊は、「陸上自衛隊中央音楽隊、航空自衛隊航空中央音楽隊と並び、海上自衛隊を代表するセントラルバンドとして、今上天皇即位の礼、皇太子殿下ご成婚パレードをはじめ、オリンピック、世界陸上競技会、万国博覧会等の国家的な行事に参加しています」とある。
 「自衛隊の中には、世の中にある職業でないものはない」とよく聞く。自動車修理、食事、クリーニング、理髪等々などをイメージするが、プロの楽団も存在する。
f0141310_23291472.jpg
f0141310_2329214.jpg

 レナード・バーンスタイン、ジョン・ウィリアムズという、私も聞いたことがある音楽家の特集だった。
 「ウエストサイド・ストーリー」や「インディー・ジョーンズ」、「スーパーマン」など、有名な曲をさまざまな音色とすごい迫力で演奏した。
 特に「ウエストサイド・ストーリー」は、先月あった高校の同窓会で、富士フィルハーモニー管弦楽団の金管5重奏団による演奏を聴いたが、次元が違う感じだった。
f0141310_23293711.jpg

 ラッパ隊は、御殿場にある板妻駐屯地のラッパ隊だ。
 自衛隊の1日は、様々な号令がラッパによって行われるそうだ。
 起床、食事、仕事開始、終業、消灯等々。それらをコミカルに演奏し、会場の笑いを誘っていた。
 しかし、ピシッ、ピシッとした動作には目を見張るものがある。
 毎日の訓練の賜物だろう。
f0141310_23295518.jpg
f0141310_2330327.jpg

 市議会議員でも、現在の世界情勢を見れば、自国の防衛のあり方について考えないわけにはいかない。これを契機に勉強を始めたいと思う。

by koike473 | 2008-09-23 23:31 | 海上自衛隊 | Trackback | Comments(4)  

ふじ好奇心大学

 ブログを見ていただいている皆様、この数日間PCの具合が悪く、インターネットに接続できずブログへの書き込みが出来ませんでした。
 何とか復旧しましたので、書き溜めてありました日記を随時アップしていきます。相変わらず、ずらずら書いていますが、お読みいただければ幸いです。

 先週は、16、17日に19年度の企業会計(水道、中央病院)に関する決算委員会、18日に一般質問の通告と担当課との事前ヒアリング、19日に本会議があり、議会は忙しかった。
 それでも18日は休会日で、午前中、ロゼシアターで開かれた「ふじ好奇心大学」に出かけた。
富士市工業振興課が主催し、ファインネット協同組合が運営している。
 サブタイトルは「きっとあなたもできる!自分ではじめる仕事の一歩」、つまり「起業の入門セミナー」だ。
f0141310_845616.jpg

 計4回開かれるが、第1回目は、f-Biz(富士市産業支援センター長)の小出宗昭氏と、2人の女性企業経験者によるパネルディスカッションだった。
 私は、新聞でこの講座のことを知ったが、小出氏に加え、パネラーとして「北極しろくま堂 代表取締役 園田正世さん」の名前を見つけたので、すぐにこの回だけ申し込んだ次第だ。
f0141310_854974.jpg

 実は、彼女は以前、私の部下だった。私が最初に勤務した沼津の土木系コンサルタントで数年間一緒だった。
 その後、彼女が退社し、個人事務所「北極しろくま堂」を設立した後も、協力事業者(下請け)として、更に数年間いろいろな仕事に一緒に取り組んだ。
f0141310_865174.jpg

 彼女の経歴は多彩だ。
 小学校の時から愛知県の有名女子校であり強豪校に水泳留学し、インターハイなどで活躍。 高校卒業後、トヨタに入社し、広報部でお客さんへの対応・説明等を担当しながら全国実業団水泳大会で優勝。
 トヨタ退社後は、静岡大学の法経短大に入学。その後SBSラジオのスクーピーに乗り、県内各地の様子を毎日リポート。そして私が勤務していた会社に入社。
 仕事は、総合計画やさまざまな地域計画のとりまとめ、研修会の運営などだったが、水泳で鍛えた体力と根性、広報部やスクーピーで培った接遇や物怖じしないチャーミングな話し方などで、社内だけでなく、多くのお客さんから高い評価を得ていた。
 仕事の締め切りが近づくと、何度も徹夜をしたり、ウイークリーマンションに泊り込んで仕上げてくるガッツと知性を兼ね備えていた。(随分ほめて書いたが、私は本当に彼女には随分助けてもらった)
 ちなみに、ちょっと変わった「北極しろくま堂」という会社名は、彼女のおじいさんがやっていた和菓子屋(?)「しろくま堂」から付けた名前だと記憶している。
f0141310_873155.jpg

写真右側が園田さん、左側は「スポーツ弁当」で注目を浴びる古旗さん

 その彼女が、今や年商2億円、従業員を17名抱える企業の社長だ。
 スリングという「だっこひも」の製造・販売を行っている。
 結婚し、自分のこどもを育てている時に、おんぶするのでなく、体の前側に赤ちゃんを抱くように包み、なおかつ自分の両手は自由に動かせるような「だっこひも」だ。
 最初は、アメリカから輸入し、ネット販売で始めたが、その後当時小出さんがセンター長を勤めていたSOHO静岡や専門家の方々のアドバイスを受け、今では自社生産し、直営店を東京と神戸に出店している。
f0141310_881714.jpg

f0141310_884445.jpg

 この日彼女は、自分の起業の経緯や考え方をわかりやすく話した。
 「日本中のお母さんたちに喜んでもらいたい。ただそれだけが基本です。そのためには仕事が大変でとても忙しくなることもあります。でもスタッフにはやってもらわなければなりません。それが最終的には成果として還元されるのですから」
 私が言うのもおこがましいが、立派な経営者だ。

 パネルディスカッション終了後、久しぶりに話をしたが、明るく、気取らない、社長らしくない旧姓「飯塚」のままで、私はとてもうれしかった。

by koike473 | 2008-09-23 08:11 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)