2008年 07月 28日 ( 1 )

 

暑いぜ!田宿川たらい流し川祭り

 昨日(27日)は、朝から田宿川に出かけた。
 「田宿川 たらい流し川祭り 第22回大会」だ。
f0141310_2324342.jpg

 8:00から開会式だが、既にその前からカンカン照りで暑い、暑い。
 私は、来賓としてテントの中でイスに腰掛けていたが、暑い日差しの中で立っている皆さんに申し訳ない気持ちだった。
f0141310_23253100.jpg
f0141310_23251920.jpg
f0141310_23253058.jpg

 そして「たらい乗り」。
 私は、今年も白い長袖ワイシャツにネクタイを締め、「落ちる市議会議員」のつもりでたらいに乗った。
 毎年思うことだが、バランスがとても難しい。
 最初から落ちるつもりではないが、しばらく慣れる(重心を少したらいの前方にかけた方がいい)まで時間がかかる。
 まして、今年乗ったたらいは、22年前に造った小さめのもので、喫水線が、最初からグッと下がる。
f0141310_23261389.jpg
f0141310_23262285.jpg
f0141310_2326335.jpg

 スタートしたとたんに後ろ向きにひっくり返った。
 「ここで落ちて悪い運を流しておけば、次に選挙に出ても落ちないはずだ!」と自分に言い聞かせ、計4回落ちた。
 ゴールまでの50m位は、乗るのも面倒なので、たらいを押しながら平泳ぎで泳いだが、冷たい水は、太い身体をピシッと締め上げてくれるようで気持ちが良かった。

 その後は、アルミボートの船頭役だ。これはこの数年、NPOふじ環境倶楽部のメンバーの担当だ。
 今年は、前富士市議会議員の鈴木澄美さんと私という、環境倶楽部「ブー・フー・ウー」巨漢トリオの内の2人がペアで乗った。
f0141310_23323315.jpg

これは、ふじ環境倶楽部の他のメンバーが船頭を務めている写真。このように前後に乗ります。

 喫水線は下がったはずだが、今年は水位が高く、橋の下を通る時は、例年以上に身体を倒さなければならなかった。
f0141310_23273899.jpg
f0141310_23274876.jpg
f0141310_23275882.jpg

 暑い中で、子どもたちは大はしゃぎで、楽しそうだ。
f0141310_23283279.jpg
f0141310_23284137.jpg

 ゴールは、広い親水護岸が広がるところだ。こんな暑い日には、川を一部せぎって、自然の「流水プール」ができないかと以前、皆で話をしたことがあった。
 しかし、この日、たらいから落ちて平泳ぎで泳いでいて、改めて川底に堆積しているヘドロの多さが気になった。
 このブログにも以前書いたが、流入する小河川・水路への沈砂池(土砂が田宿川に流れ込まないような土砂だまり)の設置と田宿川本川のヘドロ浚渫が必要だ。

 この暑い中、ウォーキングで根方街道を歩き、「まちの駅 わきみず寺」に立ち寄るグループも。
f0141310_232941.jpg

 交通量が多いこの道路は、安心して歩けるような対策も必要だ。
 また、それを補い、水辺を楽しみながら歩けるルートとして、田宿川沿いの「水辺遊歩道」整備を改めて提案していく必要性を感じた。

by koike473 | 2008-07-28 23:35 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(6)